teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ボタンかピアノか?(156)
  2. アコde歌伴(131)
  3. お気に入りYou Tube映像(300)
  4. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(159)
  5. アコーディオン紹介(266)
  6. Steirische Harmonika(40)
  7. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(128)
  8. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(395)
  9. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(236)
  10. アコのさまざまな音色について(137)
  11. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(62)
  12. アコ・スマートコーチ(1)
  13. アコーディン教室(1)
  14. アコで弾いてみたい曲(5)
  15. 音楽の授業(97)
  16. アコーディオンサークル紹介コーナー(56)
  17. アコーディオン川柳(391)
  18. アコ演奏に欠かせないアイテム(112)
  19. アコラッピング(29)
  20. アコアイドルへの道(228)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:19/4794 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

伴奏用のコードを弾けるということ

 投稿者:川井 浩  投稿日:2017年 7月19日(水)23時05分43秒
  通報
  アコーディオンを弾く人はもう当たり前のように弾いているコード付きの伴奏だけど、左手で毎回形を作って演奏するピアノはやはり格段に難しいのだろうと思います。 私もよう弾けません。 だからコードを簡単に弾けて、伴奏が簡単にできる、ということを人は求め続けているのだろうと思うのです。

Bontempiブランドの楽器の紹介がありましたね。 Bontempiはアメリカの巨大電子楽器メーカーだと思いますが、かつて、イタリアのFarfisaというメーカーを持っていました。 Farfisaとは,
"Fabbriche Riunite di FISArmonicheの略称で、英語に訳せば"united factories of accordions"ということになるようです。

で、このFarfisaがBontempiの会社だったときには、Scandalli、Settimio Soprani、Paolo Soprani、Frontaliniなどのブランドを有するアコーディオンも含む巨大企業だったのです。
そのころから、すでに、電子アコーディオンも製造をしていたようです。
https://www.youtube.com/watch?v=YMS1AByJuvQ

しかし、Bontempiはアコーディオンの将来には見切りをつけて、アコーディオンのブランドからは撤退してしまった。 現在でもFarfisaブランドの電子ピアノ・電子オルガンは存在しているようだが、そこにBontempiの資本がからんでいるかどうかは興味がないので、調べていません。
ただ、Bontempiがベースだからか、もともとFarfisaの電子楽器の舞台が熱心だったせいか、コード付きの電子オルガンにはご執心ですね。

特にアコーディオン製造も行っていたからということが直接の原因ではないにしろ、広く楽器を販売するためにいかに演奏をしやすい楽器を作るかということに熱心なメーカーだったということでしょう。

で、アコーディオンにはこれに蛇腹がついているというのがすごいのですよね。 蛇腹が無い電子オルガンはベースがコードで弾けて楽だけど、蛇腹が無い分、音に表情が無いように思えてなりません。

そういえば、別の話題で、いつかも述べたことがあると思うのですが、いつもは弾けないピアノですが、ピアノの椅子にあおむけに寝そべり、左に寝返りを打つ姿勢で、右手でピアノの鍵盤を、アコーディオンのつもりで、叩いてみたら、右手だけですが、ピアノが弾けちゃった! というのが、自分にとっては自慢の喜び。 いつか見た映画「Amadeus」で若いモーツアルトが即興であおむけになって頭越しにピアノを弾いていた場面を思い出して、ピアノ椅子に横に寝て、ピアノを弾くということを、普通のピアノを弾いている人がみたら不思議に見えるのではないかと内心ほくそ笑んでいる次第です。 アコ弾きだからできるこの芸当、機会があればやってみて、ほかの人の反応を見るのも面白いかも。
 
 
》記事一覧表示

新着順:19/4794 《前のページ | 次のページ》
/4794