teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. アコーディオン紹介(271)
  2. お気に入りYou Tube映像(308)
  3. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(133)
  4. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(243)
  5. アコラッピング(30)
  6. ボタンかピアノか?(165)
  7. アコde歌伴(131)
  8. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(159)
  9. Steirische Harmonika(40)
  10. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(396)
  11. アコのさまざまな音色について(137)
  12. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(62)
  13. アコ・スマートコーチ(1)
  14. アコーディン教室(1)
  15. アコで弾いてみたい曲(5)
  16. 音楽の授業(97)
  17. アコーディオンサークル紹介コーナー(56)
  18. アコーディオン川柳(391)
  19. アコ演奏に欠かせないアイテム(112)
  20. アコアイドルへの道(228)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:80/4860 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

脳内活性化

 投稿者:川井 浩  投稿日:2017年 7月26日(水)06時39分42秒
  通報
  アコーディオンを弾くと脳が活性化することはすでにいわれて久しい、と思います。 左右の指の動きをそれぞれコントロールしながら、蛇腹を押し弾きするのも、手の長さの限界と、その反対側の蛇腹を縮めた場合の行き止まりの限界、空気の消費量や折り返し地点への配慮、音量の増減やビブラートなども蛇腹で表現ができるわけです。 これにさらに同時に歌を歌えば、歌詞の記憶や発声の調節が必要だし、空いている両足でドラムをたたいたり、小太鼓を叩けば完璧に5体をすべてコントロールして演奏をすることになるので、脳内は活性化せざるを得ない。

歌ったり、両足を使わなくても、アコーディオンだけでも相当なエネルギーというか、脳や神経の働きが必要だ。 ときどき、疲れているときに、眠気覚ましにアコーディオンを弾こうとすると、うまく弾けないどころか、余計に眠くなってしまい、ふらふらしてしまうことがある。 まるで、弱ったバッテリーをいれたトランジスタラジオ(古い!)の音量を上げようとするとかえって音質が悪くなってしまうような感じ、といっても伝わりにくいなぁ、車のバッテリが上がり気味なのにクーラーをマックスにしてしまいバッテリー上がりを起こすような感じ、かなー。
脳が疲労しているときは、いくら活性化しようとしても無理で、かえって疲れてしまうとか、なにもできなくなってしまうということがあります
やっぱり、アコーディオン演奏は脳に相当の負担をかけているのだと思います。 この負担が脳の疲労につながって悪いことがおきる、なんてことにならないといいのですが、いまのところそのような情報がないのはありがたい。
小腹がすいてつまみ食いをしたくなったときでも、アコーディオンを演奏すれば、そんなことは忘れてしまい、音楽の世界で楽しい時間が過ごせる。 アコーディオンはダイエットにもいいみたい。もっとも、ワインでもちょっとすすりながら、アコーディオンを弾くともっといい気持ちになるので、ダイエットに100%効くかどうは自信が持てません。 現実問題として、なかなかダイエットに成功していないので。。。
 
 
》記事一覧表示

新着順:80/4860 《前のページ | 次のページ》
/4860