• [0]
  • アコアイドルへの道

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 9月19日(水)22時43分56秒
 
アコアイドルという言葉は英語にも、金田一京助の国語辞典にも無いが、アコをやる人なら、そうなりたい!という願望とともに、その意味するところのものを瞬時に理解してしまうところがある。 一般人には、意味不明と取られなくもないが、やがてはこれが普遍的な意味を持つようになりそうな予感がするのは、ほうぼうで、アコアイドルが誕生する可能性を秘めているからではないだろうか。 憧れと現実のギャップ、こんなのが目標のアコアイドル、そんなこんなの情報やアドバイスを、改めまして、管理人から大募集。 以前のスレッドにあった貴重な意見や情報の一部はそのまま転用して再掲載しました。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [231]
  • パンタローニ(pantaloni)---あらゆるズボンの総称

  • 投稿者:教祖様ってよばれてた男
  • 投稿日:2016年 5月12日(木)20時42分19秒
 
やから、パンタロンとゆーただけで、何もリンダさんや陽子さん風とゆいたかったわけとちがうし、いづれにせよリンダさんや陽子さんの歌は好きやけど、いちおお、こんなイメージでアコーディオン弾いたらカッコええと思った写真載せます。こういうファッションなら、男たちは、楽器を胸からおろした瞬間の想像が宇宙規模に広がり、聞こえる音楽は天国に一番近い音になることまちがいなし。

それでさあ、
『いっきに昭和のアコ弾きになってしまうよ』。。って、、ぼくもあなたもはっきしゆうて昭和のアコ弾きやん。。。なんで自分だけよそよそしぶるんかわけわからん、それとも桑名城跡公園ではギャル年齢をうたってる?まあ、20とはゆわんまでも30だいとゆうてもわからんから・・犯罪とはゆわんけどやあ。、、、

まじめな話し、ローマでは、橋を通るギャルは、橋を通ってるときのみ&道歩いてるときのみから、へそだし、背中丸出し、すけすけ、なんでもありやけど、
その場所にとどまってアコーディオン弾くとなったら、背中丸出しファッションは、絶対問題ある。それは紫外線から体守るためです。

まがりなりにも医学やってる静にゆわせると、『超曇天でも、日焼け止めクリームぬらなあかん』

雨なら野外で弾くことはないが、もちろん雨でも太陽が昇ってる限り、十分な紫外線が放射されてるらしいです。

そやからとーぜん背中丸出しファッション野外演奏は危険、そしてこれからの季節、皮膚がむき出しの場所は絶対クリームぬっとかなあかん。

飲み物と同様に日焼け止めリップクリームや日焼け止めクリームは野外演奏の命綱だよ。それにクリーム塗っとくことで、疲れる度合いがぜんぜん違う、家庭の主婦で、帰宅後すぐ家事せんとあかんとゆうなら、なおさらやねえ。

もちろんぼくの場合、クリームにもましてソンブレロが命綱、そやからそ~と~風が強い日も、ぎゅっと紐くくって必ずソンブレロかぶってます。


  • [230]
  • はいはい、兄さんの好みはようわかりましたよ

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 5月11日(水)09時46分30秒
 
これでもね、毎回服装はちゃんと考えてるんやから、そんなに攻撃せんといてよ、もう!!!

妹は真面目で気が弱く壊れやすいんです・・取扱いにご注意を(*^_^*)

ちゃんと兄さんのアドバイス受けて、演奏しているときの足の動きがよく見えるように、足にぴったりフィットのパンツはいていますよ

あっ、パンツってズボンのことね。

そして、せっかく女なんやから、女らしくありたいと思って Aラインのミニのワンピース着てるんです。そしたらね、前から見た時、

大きい楽器の横からスカートの広がり見えるでしょう・・。そうじゃなかったら、大きなアコ抱えて「ロボコン」みたいになっちゃって嫌だったんです。

「ロボコン」知らない人のために写真のせときます。

そのね、「パンタロン」っていうの、それは私がほとんど幼少のころに流行ってたラッパずぼんですね・。

ラッパずぼんのほうが、足の動きごまかしてるやん!!足のラインもわからへんやん!!しかも古い!!!

いっきに昭和のアコ弾きになってしまうよ・・山本リンダさんとか・・・(*_*)

かといって、ミニスカートでうすーいタイツやったらどうなるか・・・。

このまえ、兄さんところには、痴漢なんていないって言ってたでしょう。日本はたくさんいます。

薄暗くなった道を歩く女子中学生ねらった不審者もそこらじゅうにいます。私のケータイには、子どもの中学からの

不審者情報メールが1週間に1度は送られてきますよ。

だから、はっきり言って、こんなおばちゃんでも薄暗くなった公園を歩くのはとてもとても怖いんです。自分の身は自分で守らんとね(*^_^*)


超売れっ子アイドルになったあかつきには、兄さん、ボディガードになってくれるんやったら、セクシー衣装も考えてみるけど・・・(^_^;)

まあ、「郷に入っては郷に従え」When in Rome do as the Rome do・・というのとちょっとちがうけど、

日本人には日本人の好みや流行りがあって、私のステージ公園には私の演奏を聴きに来てくれるファンがいてくれるので、

人のまねをしない自分らしさを出した、品のあるアイドルをめざしていこうと決めてます。

ということは、いつかローマの橋に行って演奏することができたら、その時は背中丸出しファッションにしようかな・・。


  • [229]
  • 何でズボンはいてるのにその上からスカートなん?????????

  • 投稿者:Mr.アコリック
  • 投稿日:2016年 5月 9日(月)22時30分45秒
 
気になるポイントがそういうとこばっかりでわるいんやけど、まあそれ、正論でしょ?

現実問題、ここでは、むかしのことばでゆう、薄いタイツみたいなんだけ履いて、おしりから足までのライン全部あらわに見せたまんま、スカートはいてないギャルもいっぱい歩いてるのに、。。。

ちなみに、ちなみなはなしやけど、昨日橋の上通った、61歳スペイン本売りの橋の上の婚約者パトリツィアはおへそだしファッションやったでえ!、見本見せるために写真とっときゃよかったよもう。。。。

『いい音楽が聞こえる→近付く→アコギャル』こういう連鎖がないと、世界中の男は、幻滅して人生真っ暗になるよ、あなたそんなことするために弾いてるんとちがうやろ!!

それに、どこで書いたか忘れたけど、適切なアドヴァイスも書いたけどなあ、、、ミニでないのであれば、パンタロンって。。。

よ~するにこんな、ずぼん+中途半端な長さのスカートなんか、もうぜんぜんファッションの領域に入ってないやん、、、、、、、、なんとかしてえなあもう。

それに、ひとのゆうてることちゃんと聞くことできんかったら、ぜったいあかんでしょ?サイン下着てゆうてるのに、どんな勘違いでサイン上着になってしまうん?それとも、上着ってゆうことは上下の上のほうでサインブラって解釈したらええん?それやったらまあなっとくいくけどいづれにせよ、着用後、洗濯せずにサインしたものおねがいやでえ!

それでですねえ、要約していいたいことゆうと、介護が必要な老人に、アコーディオンやどじょうすくいも含めて、その人たちの目の前で音楽することで、その認知症とかゆうのんが、目に見えて回復するかどうかはともかく、悪化するはずはないんやから、どんどんやったらええに越したことはない!、ここで、きっと起こりうる問題は、実際に介護してるスタッフたちにとって、

そんな、老人一人ひとりの毎日の最低限の生活のために介護してるのに精一杯、精神力や体力使い果たしてるスタッフもいてるはずやろう、そんなスタッフにとったら、『もういま以上のめんどい企画のためにふりまわされたない』たぐいのひともおるかもしらん、

そんなスタッフにも目に見えた効果がないかもしれないことをやるためにスケジュールやなんやかんや協力してもらうこと、説得して協力的になってもらうためには、かなりの努力もいると思うけど、くじけず、すべては介護スタッフではなく、目の前の老人たちのためであることとゆう、強い信念必要だねえ。

ぜひ勇気出してがんばってやってほしい。きっと、目に見える何かの明るい変化があるよあなたがやれば。



  • [228]
  • ~10日目の記録~

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 5月 8日(日)08時00分59秒
 
笑星様、ありがとうございます。
義母のお世話になっているところは、とても大きな施設で、介護の必要度に応じて建物も分かれております。

入所の方、デイの方様々です。私は義母のところにしか入ったことはありませんが、その部屋には片隅にピアノが置かれていますが、音楽活動をされているような様子は感じられません。

もう、言葉を失われつつある方が多く、この方々に私は何をできるのだろうかと 不安ではありますが、歌えなくても懐かしい歌を、アコーディオンの音を聴いて頂くだけでもいいのかなあと・・・。

どこのグループに求められるかは施設の職員さんのご要望にお任せするとして、まずは自分の気持ちを申し出てみようと思います。

少し遠いので、また次回、母を訪ねて行ったときに勇気を出してみたいと思います。

笑星様、背中を押して下さり、ありがとうございます。笑星様のお顔を思い浮べて、行って参ります(*^_^*)

で、私はそんな褒めて頂けるようなもんじゃありません。いつも娘から「お母さん、メイク下手~!」とか、「その年じゃ、そんな恰好おかしいよ」とか、まあさんざんでございます(~_~;)

ちなみに写真の服は娘のおさがりです・・・(*_*)


・・・・・9日目の記録です・・・・・・

昨日は風は強かったですが、とてもいいお天気でした。

初めて聴いて下さる方もみえますが、「あっ、あの方、また来て下さったー」という人が何人かに増えて、嬉しい限りです。

回を重ねることで、離れて立ち聞きだった方が、私のすぐそばのベンチまで来て座って聴いて下さるようになってきたので、これまた感謝です。

当初、少しでも遠くの方に聴いて頂こうと、必死で蛇腹を大きく開き、腕が痛くなるほど力奏していましたが、
やっと肩の力を抜いて、表現を大事にしていい音楽をと、努力し始めた次第です。

どういうわけか無意識なのですが、家で弾いているときとはちがい、あわてないスローなテンポで、ゆったりと弾くようになっています。
そして自分の演奏する音楽に、必死で耳を傾け、常に確かめながら弾く、そんな風になってきました。

屋外で弾くことにほんの少し慣れてきたからでしょうか・・・?

また、兄さんからも、楽譜持っていくようアドバイスを受け、練習して完成させたいものをスクラップブックにすべて貼り、

持参しています。誰も来ない時はしっかりと練習が出来るようになりました。

もうリクエストもあまり聴かないようにして、自分の弾けるものを弾きました。管理人さんが、「また来てるね、頑張ってね」と

声をかけて下さるのがとても嬉しいです。地元の皆さんにも感謝して頑張っていきたいと思います。

  • [227]
  • ぜひぜひ

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2016年 5月 7日(土)14時34分3秒
 
勇気を出して、申し出てみてください!

介護現場側としては、喉から手が出るほど嬉しい申し出であるはずです。
年がら年中、お誕生日会やら、敬老会やら、次の出し物は何にしようと、頭を悩ませていますよ。

そんな時に、ボランティアの申し出が、しかも、プロの音楽療法士さんで、オカルト妹さんのように、利用者さんの心に寄り添える、優しく美しい方がきてくださるなんて!

本当ならお金を出してでもお願いしたいところ。大きい施設だと、予定調整に手間取るかもしれませんが、通常は、超ウェルカムに違いありません。

ボランティアにもいろいろな方がいらっしゃって、介護職側が気を遣うこともしばしばですが、オカルト妹さんのように、介護現場の場数を踏んでいらっしゃる方は、とても貴重なのです。

お義母さまのためにも、ぜひとも、「実は私…音楽療法士なのですが」から、相談員さんあたりに声をかけて下さい。皆さん、きっと喜ばれますよ。

  • [226]
  • 笑星様、NOEL様の行動力、分けてほしいいです!

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 5月 7日(土)10時50分25秒
 
川井様は、もうすでにちょっと不愉快な縄張り争いを経験されていたのですね。演奏しているすぐそばでワイワイやられたら、たまりませんものね。
よく兄さんの橋での体験談を読ませて頂いていたから、それに比べると私の泣きべそなんてのは、単なる我がままにすぎないです・・はい。

最近になって、お堀の向こう側の住民の方からの声が届いてくるようになりました。「最近、夕方になるといい音楽が聞こえてきて心安らぐ」というものでした。うれしいです。ありがたいです。

でも兄さんおっしゃる通り、裏を返せば、「夕方になると下手な音楽が聞こえてきてうるさい」と。きっとそういう声もあるにちがいない・・。
いつか面と向かって「うるさい、やめろ」と言われるかもしれない。

強くならないといけない。自分はまだまだものすごく弱いです。

で、演奏は、今ちゃんと演奏できるものを書き上げて順に弾いていくことにします。レパートリー少ないですけど・・。
昨日から降っていた雨も止んだので、今日は行けそうです。


笑星様、動画ありがとうございます。
とてもよく覚えています。可愛い女の子たちと、兄さんの近づきすぎない低姿勢にやさしい表情が好きで何度も見ました。

小さい子供たち、ベビーカーの赤ちゃん、車いすの高齢者、身障者の方には、ひざまずいて低い位置で演奏すること、アコーディオン立奏の定石ですね(*^_^*)私も必ずそうしています。

アコーディオン演奏に限らず話しかける時もそうですね。娘も、ベビー、子供服ショップでアルバイトをしていた頃から低姿勢はもう板についているようです。

そして、兄さんのように距離をとること、どれくらいとるか、とても気を付けています。そばに寄り添える方もいらっしゃるけど、近寄られて嫌がられる人もいますからね。お子ちゃまも逃げちゃったりしてね・・(@_@;)

身障者Rちゃんはひざまずいて手をさしのべること、2年継続したことで、やっと自ら両手を出し私の手を握ってくれるようになりました。
低姿勢はとても大事、そして、継続!根気!音楽演奏には必要ですね!(^^)!


笑星様
今回のボランティア?は自ら申し出ていかれたのですよね?あのね、私にはその勇気がないんです。

義母は重度の認知症でずっと施設でお世話になっています。そこはとても若い職員さんばかりなのですが、
それはそれは皆さん優しくして下さって・・いつもとても感謝しています。

それで、音楽療法やアコーディオン演奏なんかで、恩返しができないものかと、ずっと思っているのですが、
勇気がなくて、申し出ることができません・・・。こんなこといきなり申し出て、受けてくださるのでしょうか?

笑星様のような勇気、行動力がほしい・・。まだまだ臆病で消極的な自分です。
時の流れに身を任せてばかり・・・。


  • [225]
  • ごめんなさい

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2016年 5月 7日(土)09時02分58秒
 
リンクの張り付け方、よくわかってませんでした。223の投稿のは、開けませんね。ごめんなさい。これだから年寄りは…
2分40秒くらいから双子ちゃん?登場。可愛いですねぇ。

https://www.youtube.com/watch?v=snqeo4SxySY


  • [224]
  • こちらは続き

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2016年 5月 7日(土)08時54分32秒
 
 今回、アコーディオンという楽器は、ほんとうにすごいなぁ、と感じました。

 公園のお堀の向こうの遠くを歩く人にも心地よい音楽が届き、路上の雑踏の中、不特定多数の人の耳をとらえて心をわしづかみ(預言者さま風に)。

 かと思えば、孤独な魂にそっと寄り添うこともできる。そんなことを教祖様、と、掲示板の皆さんから教えていただきました。

https://www.youtube.com/watch?v=waUfhZnmuYs


  • [223]
  • アイドルの道は険し

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2016年 5月 7日(土)08時44分51秒
 
 オカルト妹さま、すばらしいですね!

 虫にもオバチャンにも負けず! オカルト妹さまのなんというか、根性(?)すみません、適切な表現が見つからず、この性根が座ったアコーディオンに対する姿勢、さすが、橋の上の兄上の直伝、とお見受けしました。

 ただし、おばちゃんを名乗るのは、まだまだ早いようですよ。この美しいお写真、魅力的な表情、それに見合わぬデッカイ、しかし美しいアコーディオン。
 私くらいの厚かましさが出てきてから、おばちゃんを名乗ってくださいね。

 このスレッドだけでなく、音楽の教室や、お気に入りYOU TUBEのスレッドを含め、ここ最近の、一連の教祖様、そして皆様の投稿、そても示唆に富み、深みがあると思います。

 路上で一日、強烈な日差しにあぶられながら、笑顔で「音楽」という幸せを届ける。そのニコニコ笑顔の裏に、どれだけの苦しみと努力が積み重ねられているのかは計り知れませんが、それを一切感じさせず、道行く人に「音楽の喜び」を与え続ける生き方。

 う~~ん、なんだか、感動してしまう。そして、それに触発されて、日本中、あちらでも、こちらでも、アイドルへの公園デビュー相次ぐ、の報が続々と…。



 ここに書く内容なのか、よくわかりませんが、先日、小さなデイサービスさんを訪問しました。施設のお便りに載せられていた、利用者さんの若かりし日の、アコーディオンを弾いていらっしゃるセピア色の写真がご縁でした。

 5月4日でしたので、民家を改造した施設のお庭には、新緑に映える鯉のぼりが踊っていました。

 まずは季節のお話から、「明日は何の日でしょう?」となって、「屋根より高い…」と「いらかの波と…」そいでもって「背くらべ」
 この曲は「一はやっぱり富士の山」で終わりますので、今度は「富士山」

 今回は、さっと見回したところ10数名の利用者さん、車いすの方はいませんが、表情のある方、ない方、落ち着きなく支えられてる方、いらっしゃいます。おそらく身体はお元気な認知症の方が多いとお見受けしました。なので、とっつきやすく、童謡あたりから始めてみました。

 乗ってきたところで、春の歌やそのほか、さまざま、「青葉しげれる」もあれば「芭蕉風」「湯島の白梅」「男の純情」もあり。もちろん定番の「青い山脈」や「旅の夜風」の二つはスルスルと歌詞が出てくる方、多いです。これは大盛り上がりです。

 落ち着きなく支えられていたHさんとおっしゃる女性が、アコーディオンを弾き始めた途端、後ろのほうの椅子にチョコンと座って、じっと動かず、やがて、次々に歌に合わせて、口が動くようになりました。旅の夜風は、しっかり最後まで。隣についていた看護師さんが涙ぐんでおられます。「Hさん、すごい! こんなに…」って。

 ちょっとしたストレッチや、私のお笑いしゃべくりもふくめながら、あっという間に40分、「おつかれでしょう」といったん「ふるさと」で終了。

 くだんの元音楽教師Mさんのそばにいってアコーディオンをかかえたまま、Mさんの椅子のそばの床に座り込んでおしゃべり。Mさんは「次、何歌う?」とまだ歌い足りないご様子。デイの歌集をしきりにめくっておられます。

 「椰子の実」と「荒城の月」を一緒にうたいました。Hさんも椅子をすぐそばにもってこられ、またもチョコンと。

 このときは、アコーディオンは皆さんの目線よりずっと下、Hさんの目線に合わせた位置で、ぐっと音量を抑えて、お二人の声に寄り添うように、弾いてみました。

 隣席のおじいちゃまも涙ウルウル、介護職の皆さんも「なだぐるぐる~(沖縄方言でうるうるすることです)」


  実は、これには、参考にしたお手本がありまして、それが、川井様ご紹介のこちら
 後半にかわいらしいお子チャマたちが出てきて、そのとき、橋の上の教祖様の演奏は、ぐっと身をかがめて…。

http://https://www.youtube.com/watch?v=snqeo4SxySY


  • [222]
  • 公園修行

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 5月 7日(土)07時09分29秒
 
オカルトマニア2号さん、お疲れ様でした。 その気分よくわかります。

実は、私も、先日の、近所の公園デビューの後半、のどが渇いたので、屋外舞台の脇の水飲み場で水を飲み、ついで、その裏手にある公共トイレで用を足し、約3-4分で舞台に戻ろうとしたら、その舞台はすでに4名の中学生か高校生かと思われるお嬢ちゃんたちのピクニックの場所と化しており、それぞれが持っているスマホでさらにほかの友達たちとLINEでおしゃべりをしている様子。
というわけで、舞台は占領されてしまったので、やむなく、今度は、舞台の脇の客席のほうに座ってアコを弾きだしたら、まず、舞台の上の4名の女学生がおどろいてか、そろってわたくしのほうを見ている。 その間、20-30秒ぐらいだけは、おしゃべりが途絶えましたが、やがて、元通りのおしゃべりに戻りました。 アコよりもおしゃべりや笑い声のほうが大きいと感じるほどに耳に入ります。
で、舞台の下の、席に座って弾き始めたので、なんとなく、力が入らない。 やっぱりアコは立って弾かないと、力が入らないと感じました。
で、どちらかというと、弱弱しい音色となり、なおかつ、舞台と違って、音が響かないので、さらに弱弱しく感じる。 一方、舞台の上の女学生たちの声や、笑い声は、そうでなくても大きいのに、そのうえに音響効果も手伝ってさらに大きいように感じる。
それでも、まぁ、練習と思って、小一時間ほどアコを弾いていたのですが、だれもいないけど舞台の上で弾く気分に比べると、目の前のこちらの音楽に一切関心を示さないばかりか、アコがおしゃべりの邪魔のようにむしろ無視しておしゃべりをつづける女学生の集団の脇の、舞台の下で弾くという気分はちょっと違う。
それでも、舞台の裏を通り過ぎる人に向かってアコを弾き続けるうち、多少は立ち止まって聴いてくれる人もいたり、ローラースケートの女の子が、植え込みの陰に隠れて、ずーっと聴いてくれていたりしたので、そのまま弾き続けました。 やっぱり、だれかに聴いてもらえるということはうれしいことですね。

そういえば、ロコトさんご紹介のIvan Hajekは前にも何度かご紹介をしたことがあるのですが、実際に、ドイツのNuernbergのホコ天で演奏しているのを聴いたことがあります。 目の前で聴くとさらに迫力がありましたが、やはり、人込みの雑踏の中で演奏するということは、かなりのパワーで、グリルもはずして、ときに叫び声をまぜながら演奏して、やっと聞いてもらえるというものだと感じました。
彼の場合は、どんな曲でも弾けるのだと思いますが、弾いている音楽は、はじめも終わりも無く、疲れるまでずーっと弾き続けて、通りすぎる人の注意を弾くための音出しという感じで演奏しています。 曲はすべて自作のオリジナルもので、その時の気分でどんどん変えてしまうようなところもある。 というか、一定のお客さんが立ち止まって、ずーっと聴いてくれるようだと、全く同じメロディーを流し続けても飽きられてしまうと思うと、別のムードのメロディーに変えてしばらくそれを演奏し続けるという具合だと思われます。
そのメロディーはメランコリックでもあり、情熱的でもあり、大音量でもあり、ときとしてピアニッシモに向かい、強弱をつけて通りがかりの人のハートをつかんだらはなさないぞ、もっと僕の音楽を聴いてくれ!という具合に引っ張っていくように、途切れも無く演奏をする。
ある一定の曲を弾いてそのたびに拍手などを求めるという風情ではない。 演奏をやめるのは、だれかがCDを買いたいと申し出るときだけだ。 何人かがCDを買いたいそぶりをしているのを感じた時に、まとめて何枚か販売するあいだも、自分の宣伝と自慢話を織り交ぜてビジネストークをしばしした後で、CD販売が一段落すると、また10分以上の連続演奏に戻るという具合の演奏風情でした。もちろん、この場合は彼はCDを売る、あるいは、おひねりをいただくための演奏をしているのであり、非営利で公園修行をしている我々とは、目的が異なるので、その演奏そのものは当然スタイルがことなるが、一方で、通行人に聴く興味を持ってもらうテクニックとしては学ぶものがあるかもしれないと思いました。
ある時代の曲を弾けば、その時代のことを覚えている人は反応を示すが、別の時代の人は興味を示さないこともある。
Ivan Hajekの場合は、どの年代の人もとらえてしまおうという音楽をやっている。もちろんそれでも、人には好き嫌いがあるので、100%の集客率は無理にしても、彼なりに、一番効率の良いメロディーと演奏方法を編み出しているのだろうと思われます。
我々の場合はローマの怪人のアドバイスにあるように、まずは自分が得意な曲を弾く、そして徐々にレパートリーを増やしていけばいいのだと思います。
リクエストに応えて何でも弾けるというレベルは相当に高いものだと思います。で、それは、振り返れば、いろいろな曲が弾けるようになっているということを感じるときが徐々にでてくるというようなことでいいのだろうと思います。 でないと、目標が高すぎて、つかれてしまいますもんね。 一つ一つ楽しみながら曲を増やしていければ、徐々にまた、楽しさも増えてくると気楽に考えればいいのではないかと自分では思っています。


  • [221]
  • 9日目の記録 ~虫にも負けず おばちゃんにも負けず~

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 5月 6日(金)23時53分37秒
 
うわーっ! 完全に兄さんに見透かされてる・・・(・.・;) 風の便りとやらで、泣きべそかいてるのが聞こえたんかなあ・・・

昨日5月5日、いつもの時間に公園修行、行きました。ゴールデンウィークのイベントとして、船でお堀めぐりみたいなの、やっていました。

そして、いつもの演奏場所には、な、な、なんと、小さな虫の大群!!でも、お堀の向こう側には座って

聴いてくれる人がいるし、水辺に一番近いところがいいので、しかたなく虫の大群の中で演奏・・・。

なんとか演奏終えると思いきや。。。やっちゃいました(*_*) 虫さん達、蛇腹でプレス!プレス!!

そういえば昔、兄さんがこんなことあるって話してましたよね~~。虫の大群ごときに私のステージは譲らない!!

これは縄張り争いなのだ!!(いざとなれば殺虫剤だってあるんだから!)

で、次の敵は犬を連れたおばちゃん!(私もおばちゃんだけど・・)一番近いベンチに腰掛けること約30分・・

その間しゃべりまくり・・。  他に通る人もいるし、おしゃべりはちょいと無視して弾き始めたんだけど、

実はおばちゃんが連れているワンちゃん・・・誰かが通るたびに大きな声で「ワンワン!」と吠えまくり!!音楽聴いてもらえるどころじゃない・・・(*_*)

もういやだ~~(~_~;) そこでまた、気の弱い私は、何を思ったかおばちゃんのリクエストを聞いてみようと思って・・。

そしたら、な、な、なんと「杉山清隆&オメガトライブの、サマーサスピションだとか、ぼくのシャツをきてなさ、だとか・・」

なにそれ????????聞くんじゃなかったあ~~


兄さん、、、これからは、自分でちゃんと曲決めて、演奏するようにします。

他のスレッドで、兄さんが書かれていましたよね「ぼくは曲を先入観を持って聴くのはいや」って。

いつも音楽の由来、歴史、歌詞ばかりにとらわれないで、音楽自体の、その曲自体の美しさを見つけ出すことも必要なんですね。

そしてそれを、通りすがりの人に伝える。心に届ける・・・。目標において、頑張ります。


昨日は終わるのが遅くなって、18時を過ぎてあわてて駐車場へ向かったら、もうすでに出口は閉められていて

私の車には警告状が・・・{当公園駐車場は18時までです・・」

ふと見ると、管理人さんが帰ろうとしているところ、「まって~~~~~!」アコを背負って初めて走りました(@_@;)

以後気を付けます。管理人さん、ごめんなさい・・。

昨日はなんだか疲れ果てて、台所の洗い物も、洗濯物もほったらかしで寝ちゃいました・・・。

今日は朝から身障者施設で仕事だったので、てんやわんやでした・・・(*^_^*)

それとやっぱり外での演奏は疲れます・・。たったの2時間半で、しかもまだ9回目ですでに弱音を吐いている・・

情けない・・・


これからももっとつらいこと、たくさんあるんでしょうねー。

強くなるぞ!! 頑張ります!! オカルト修行はそうあまくない!!

アコアイドルになれたあかつきには、サイン入り上着を兄さんにプレゼントね(*^_^*)




  • [220]
  • 雨にも負けず 風にも負けず

  • 投稿者: 代アコーディオン
  • 投稿日:2016年 5月 6日(金)21時17分30秒
 
てなことを以前、宮澤さんがゆうとったよ~なき~するけど、アコーディオンやったら、雨は、既に出動不可、ゆえに
太陽光線にも負けず 風にも負けず、ゆうかんじかな?

そして一般の人は強靭な精神力さえ持っていれば、かならずそんな自然の厳しさを克服することが出来る。

東北大震災にしてもそう、唯一福島原発の爆発も、人間がなせる業も自然に含まれるとゆう見方も出来るんやし、克服できる、

しかしながら、人間が一番恐れ、強靭な精神力をもつ人でさえをもどん底に陥れることそれは、人間そのものものの邪悪な行いだ。震災直後、人間の心を最も恐怖に追い込んだことそれは福島原発の爆発後の政府の隠蔽工作であったことにほかならない。

・・・・てなかんじのおおげさな人類学ゆいたいわけではないんやけど、


もちろん営利目的ではないにしても、コンスタントに曜日と時刻を決めて行くから、すでに地元住人のスターになってるオカルト妹、かっちょい~~!!今度サイン入り下着ほしいなあ。

まあ、ローマとは違うんやから、おおよそは大丈夫やろうとは思うけど、いちおお念押しときたいことがある。

今は、ポジティヴな老若男女ばっかりがちかづいてきてくれる、けれど、必ず、絶対必ずネガティヴな心でアコーディオンを弾く妹をとらえてる人がでてくる、いや、すでにもういてるかもしらん。

そんなネガティヴな誰かが、いつかきっと必ずあなたのまんまえに来て、攻撃する日が来る。

太陽光線にも負けず 風にも負けず、は、あたりまえやけど、
改善不可能な人間のネガティヴな心に真っ向から立ち向かう尋常ではすまへん強靭な心が必要やから、覚悟しとかなあかんでえ。

外での演奏、あるときやって、そしてまたあるときやって、場所をかえて時刻を変えて、それでは定着せーへん、決まったときに決まった場所でやることで定着しつつある地元のポジティヴな老若男女から授かっている愛情を守り抜くために、、まけたらあかんよネガティヴな誰かに。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それとは関係ないけど、もひとつ先駆者からのアドヴァイス。近づいて聴いてくれる人,じっと何曲も聴いててくれる人に、ひょっとしてリクエスト聞いてるか??

一般的には、相手側から何がしか、リクエストされるのでなければ、こちらからは、そんなことできるだけきかんと,どんどん思う曲を弾きつづけるほうがええでえ。

何でかとゆうとどじろーとは、アコーディオンやってるわれわれの感覚の想像を絶するレヴェルで、『どういう曲がアコーディオン演奏になって美しいか、楽しいか、感動するか』が、まるっきしわかってないんやからね。

つまり、ちょっと前にも どっかで書いたようなきーするけど、
『何かいままで未体験の新しいものが与えられて、そのとき初めて求めてたものに気がつく』のが、人間やからね。

つまり、アコーディオン演奏としてそぐいそうもないわけのわからんリクエストになんとかむりして答えようとするより、あなたが今から弾くこの曲いいと思ってるのを弾くほうがはるかに人はアコーディオン音楽に魅されるもんだよ。



  • [219]
  • 川井様~、素敵です!!  千明さんも可愛い!!

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 5月 2日(月)05時27分12秒
 
川井様、演奏されるお姿から、そして音楽から、本当にアコーディオンがお好きで、音楽がお好きであること、ものすごく

伝わってきます。とても温かいやさしいそのお声と音楽だから、次々と親子連れが川井様のお近くに集まって来られるのですね(*^_^*)

川井様の勇気、行動力、とても励みになります!ありがとうございました。

千明さんのお写真も拝見しました。

You tube の演奏からは、とても堂々とされていて逞しさを感じていましたが、何気ない楽器を抱いたお姿、お母様との会話からは

千明さんのほんわかとした、少女のような雰囲気を感じております。とっても可愛い!

千明さんの演奏場所も、とてもとても広いんですね、思い切り豪快に、蛇腹を広げられそう!!

千明さんが頂いたのはCDの曲目ですね。「いつでも夢を」「見上げてごらん夜の星を」

「サントワマミー」なんか、お好きな方多いですよ~(*^_^*)



さて、私も8日目の記録・・土曜日のことです。

先日一度、来られた松方弘樹によく似たダンディな男性、ほら、「乾杯」をリクエストされた方、今回は前よりも5メートルほど近くに来て下さって

座って演奏を聴いて下さいました。

3~4曲、弾くごとに拍手を下さり、最後に「乾杯」を弾きましたら、笑顔で拍手して帰って行かれました。「乾杯」、練習しといてよかったです。


新しく40代?の女性、「AKB48の 365日の紙飛行機が好きなんです・・・」と。

わっ!!どんなんだったかなあ・・・(*_*)NHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」

の主題歌!!!ほとんど毎日見てたのに・・・そういや、主題歌聴きながらバタバタ家事をしていて、

いざとなると思い出せない・・・。ケータイで You Tube を聴いてみたんだけど、途中までしか弾けなくて・・

ごめんなさい・・・わからないです・・・・とあやまってしまいました・・・。

女性は笑って帰って行かれました・・・(~_~;)反省・・・

絶対今度来られるまでに弾けるようにしておかないと・・!!!

この日はあまりにもお天気のいい日で、時計を見るのも忘れて弾いていたら、5歳と2歳の兄妹とパパさん登場!

アンパンマンの靴を履いていたので、アンパンマンマーチを弾いてあげたら、大喜び!さらに

またまた「夢をかなえてドラえもん」で歌い出しちゃいました。

気が付いたら18時を過ぎていて、慌てて公園を出ました。

家に帰ってきたら、娘と中3の息子がふたりで仲良く晩御飯を作ってくれていました。

ありがとう!子供達!勝手な事してるお母さんを許してね(*^_^*)


昨日は公園でお祭りがあるので、公園演奏はお休みでした。

実家に行き、両親にアコーデオンを聴いて頂きました。今頃になって、母親が洋画が大変好きだったこと、

ロシア民謡をたくさん歌っていたこと、ヨーロッパの音楽をよくしっていたこと。。。知りました。

申し訳ない思いでいっぱいでした・・・。今度会うときまでには、母の好きな音楽をもっとちゃんと弾いて聴かせてあげたいと思いました。

反省の2日間でした(#^.^#)

写真が大きくてごめんなさい


  • [218]
  • 私の後だと、やりやすいはず。。。

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 5月 1日(日)22時39分9秒
 
カラオケでも、アコ演奏でも、私が先に歌ったり、弾いたりすると、あとの人が歌いやすい、あるいはアコ演奏しやすい、といわれており、本人はほめられていると思いこんでおります。
旋律で間違っているところがあるのですが、それも愛嬌、と自分でいっちゃだめですよね。
この勢いで、明日もいってしまうつもり。
人前で弾くと、自分だけで弾いているときの間違いやミスタッチをよりはっきりと認識できるのは、勉強になります。

みなさんも、ぜひ、連休デビューをなさることをお勧めします。

  • [217]
  • 川井さまYoutubeデビューおめでとうございます!

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2016年 5月 1日(日)22時33分42秒
 
鼻歌がはいっているのがいいですよね!
より、楽しそうな雰囲気が伝わってきました。
表情もいいですね。間違えたときの表情も、「あわわわ、どうしよう、、、」とならないのがさすがです!

わたしもテネシーワルツを線路の公園で撮った時にはものすごく緊張しました。手が震えてしまいました。

あまり慣れていない外での演奏と、カメラが回っているという、ダブルの緊張をものともしない楽しそうな演奏ですね。
親子連れのかたもきいていってくれて、アコゲリラは大成功ですねっ。

次回作もたのしみにしています♪


  • [216]
  • 楽器フェアですでにデビューすみですから 

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年 5月 1日(日)21時32分47秒
 
4年くらい前の楽器フェアで川井さんのブースに伺ったときに、いろんなアコで朗々と演奏なさっておられた川井さんでしたね。亡くなられた角谷さんとお逢いしたのもこの日この場所でした。

 優子さんの素敵な演奏もありましたが、おひげの伯父さまがアコを楽しそうに どうだい~弾いてみないかい? と話しかけるようなパフォーマンスに
 2台目のアコ 買うぞ! と決心したものでした。

演奏課題につぶされ アコ弾けない日が3日目 指を立てずに静かに弾く練習ができなくて前に進めません。なのでガーデンデビューもあれっきり。



 

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [215]
  • アコアイドルに年齢制限はなし?

  • 投稿者:hideshikibifan2008
  • 投稿日:2016年 5月 1日(日)20時49分3秒
 
川井様、You Tubeデビュー、おめでとうございます。
堂々とした素敵な演奏ですね。
日比谷野外音楽堂のようなステージですね。
僕は川井様のアコーディオン演奏を聴いて、本当に心が和みました。
アコアイドルに年齢制限は必要ありません!
★★★★★Daisuke

  • [214]
  • 凄い!うまい!

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2016年 5月 1日(日)19時51分23秒
 
さすがアコの花園の主ですね!

私の100倍うまい。恐れ入りました。

立奏がすごい。暗譜が凄い!楽しそうな表情が素敵。

  • [213]
  • 屋外アコ演奏+You Tubeデビュー

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 5月 1日(日)17時26分55秒
 
4月31日にやります、なんてことは、2月30日にやりますと同じ意味で、けっしてやりません、という意味になってしまいますね。
5月1日、今日のことを言いたかったわけです。 これまで、他人にはやれやれ、突撃せよと命じておきながら、自分ではやらない、岩陰大佐のようなことではいけないと思い、実行して、証拠を提出します。
下手ですが、聞いてください。

Hiroshi Kawai - La Montanara at Haramura
https://www.youtube.com/watch?v=m5cubfMqAAM&feature=youtu.be

公園に遊びに来る親子づれがアコーディオンの音に気がついてくれて、入れ替わり、ちょっと聴いてくれたりしてくれました。
おもてで演奏するだけではなく、さぁ、You Tubeに出す映像を取るぞとなると、やはり緊張しちゃいますね。
家内が飽きちゃうので、なんどもTakeを頼むわけにはいかず、とりあえず、証拠映像として、なんとか聴けるやつをUploadしました。

でも、屋外演奏は、やってみるとほんとうに楽しい。 特に、今回のように、舞台があるところだと、多少は音響もましで、全くの更地で弾くよりは、音が豊かに響くようです。

で、舞台にいると、こそこそするわけにもいかず、覚悟のようなものができる。 聴く人が現れると、手を振ったり、目線をあわせたりして、挨拶をすると、観客との関係ができあがり、聴いていただきますというやる気が高まるような気がする。
気が動揺すると、ベースを間違えたりしても、わからなくなり、パニック状態になることがある。 そうならないように、客を飲み込む度胸が必要だ。 この勝負に勝てば、かなり楽に、楽しく弾けるような気がします。
それでも、人前で弾くと自分の間違えや、弱点にも気がつき、そこをさらに練習して、この次は間違えないようにしようという、レベルアップのモチベーションが高まる。
僕も、顔になにか虫がとんできたような気がして、右手を離したら、そこから乱れてしまいました。 もっと余裕をもって、顔や頭をかけるように練習しよう。



  • [212]
  • 屋外演奏レポート

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2016年 4月30日(土)23時06分29秒
 
アコゲリラはどうでしたかー?もしかして明日ですかね?
オカルトマニア2号さんも今日は公園営業の日ですね。
シスト橋は今日はお休みですね。
わたしも今日は公園に行きました。岡山は風が強かったけれど、いいお天気でした(^◇^)
いつもは一人で行くのですが、今日はお母さんに、「いこうよ~」といってみたら、お弁当を持って2人でいくことに決まりました。

アコーディオンをリュックから出してる最中から、公園の管理をしているおじさまがやってきてくれました。
わたしは曲を弾き始める前から注目されると、相手が一人でも緊張してしまい、出だしをものすごく間違うことがよくあります。
今日もひどくうやむやな出だしのテネシーワルツになってしまいました。
一度軌道に乗ればなんとか弾けるし、曲の途中なら人が来ても大丈夫なのに。
どうも右手の和音の下の音が何の音だか自分で分かっていなくて、手の動きだけでしか覚えていなくて緊張するとわからなくなる、ということが原因だと思います。

「青い山脈」、「鉄腕アトム」も聞いてもらいました。
このおじさまと結構話し込んでしまい、午前中は数曲しか弾きませんでしたが、日々のリハビリが効いて脳こうそくから回復している最中だと、良いお話を聞かせてもらえました。そして園内の竹やぶの管理のためにとった小さなタケノコを5本もいただきました!
聴かせてもらったおかげで体が軽くなったと言って帰って下さいました。
お世辞でもうれしい(ノД`)・゜・。
しばらく弾いているとおじさまが戻ってきて写真の紙をくれました。
私が「今、お年寄りの集まりで弾く曲を練習しています」と話していたので、「参考になるから」とくださいました!

お弁当を食べて、木影があるところに移動して、歌伴スレッドに書いた曲を中心に練習しました。
わたしはオカルトマニア2号さんのように子供さんに囲まれたりしないのですが、にこやかなおばあちゃん?と3人の子供さんがゆっくりと前を通って会釈してくれました。
通り過ぎた後になってしまいましたが、「ポニョ知ってるかなぁ?」と思って弾いたら、何度か振り返ってくれました。かなり遠くから「なんだ??」といった感じで見ている子たちもいて、囲まれてしまっても弾ける曲がない私には、ちょうどよく、嬉しかったです。

園内の私がよく行く場所はお散歩やウォーキングの人がほとんどですが、公園の反対側には遊具があって子供たちがいるところがあります。いろいろ弾けるようになったら、そっちにもいってみたいです。

お母さんには下手な演奏をたくさん聞かせてしまったけど、「たのしかった。」といってくれました。
もらったタケノコの下処理もしてくれました。あした、お刺身でいただく予定です。

なかなかいい一日でした。



  • [211]
  • 屋外アコゲリラ予告

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月29日(金)23時54分13秒
 
4月31日(土)、八ヶ岳山麓の原村の八ヶ岳自然文化園という公園の野外ステージ(コンサート広場)に、アコーディオンを担いだおじさんが現れるかもしれない。
http://www.yatsugatake-ncp.com/guidance/index.html
特に、事前の使用許可とかを申請していないので、ほかの催し物とかちあったり、どこか、ほかに行きなさいと、言われたときは、別の場所でアコヲ鳴らしていることになるかもしれませんが、鳴らしていれば、音は聞こえる、かもしれない。
で、そんなわけで、突然のアコ・ゲリラが出現するであろうということを予告します。

で、その近くにいらっしゃる方は、ぜひ、アコを担いで、Joinしてください。 Very Welcome!

  • [209]
  • この突風の中、屋外演奏!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月29日(金)23時21分51秒
 
オカルトマニア2号さん、いよいよ筋金入りのストリートミュージシャンになってきましたね!
この突風では、わたくしだったら、しり込みしていたでしょう。 でも、その子供らの反応、素直に興味を示すところ、いいですね!
その子たちの素直な感動や、喜びは、通り過ぎる大人のハートにも必ず響いているはずです。
ただ、大人になると、子供のように素直に感情を表現できにくくなるものなんですね。 なんででしょうね?
きっと、いろいろなことがあって、その感情をすぐには表にはあらわせなくなってしまうのでしょう。 でも、その分、心の奥底では、かならず、何らかの反応が起きているはずなのです。
そこの、傷つきやすいハートの扉をアコーディオンのサウンドで、優しく開けてあげると、きっと、子供たちと同じ感動があることに気が付くでしょう。
現に、飲み会に来てほしいとか、演奏に来てほしいとか、もう、素直に気持ちを表現する人たちにもお会いになっているから、わかりますよね。

いよいよ来週からは風薫る5月! 屋外演奏に一番いい時期。 オカルトマニア2号さんや、千明さんに続いて、ぜひ、みなさんも、アコをかついで、表に出かけましょう! で、外でアコを弾いちゃいましょう!
これが楽しいし、で、うまくなる! いつかやろうかな、じゃだめ! 今、やるべし。 もう、今日から連休だし、今日やらなかった人は、明日からね!
で、そのレポートをこの掲示板でお待ちしています。 

  • [208]
  • うれしいです!!笑星様ありがとうございます

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月29日(金)22時49分10秒
 
ちょっと練習に行き詰っていて・・・そしたら、笑星様のお褒めのお言葉!素直に泣きたいくらい嬉しかったです。

ありがとうございます。また頑張れそうです!(^^)!


今日も書きます!

公園行きました。第7日目の記録!

公園に着くやいなや、お堀の向こう側がものすごくさわがしい・・・。どうやら明後日行なわれるお祭りの準備で、子供達と役員のおじさんたちが

わいわいやっている様子。うーん、第1曲目は、家を出る前に覚えてきた「夢をかなえてドラえもん」を弾いてみると・・

「わあわあーー」とさらにさわぐ子供達、私の方を一斉にみんながみてると思ったら、

子供達7~8人が猛ダッシュで、ぐるりと橋をわたってこちらに来てくれました!あとはもう楽しくて、子どもたちとさんざんおしゃべり!!

でたリクエストは「キラキラ星」「思い出のアルバム」「ようかい体操第一」そして最後に「忍たま乱太郎」!

なんとか弾いてみせると、またわあわあとはしゃいで、とにかくかわいい!

「それ、アコーディオンでしょー?」「重い?」「ランドセルみたいやん」「なあ、こっちのボタン見んでも弾けるん?」等・・!(^^)!

今日は着ぐるみなくてもみんな集まってきてくれたので、嬉しかったー!みんな、ありがとう!


そして、公園デビューした初日から、欠かさず聴きに来てくれてるおじいちゃん、詩吟10段の腕前を、前回披露してくれようとして、

詠いをど忘れしちゃったみたいで・・。

今日は詩吟で使う楽器「コンダクター」とかいうものや、詩吟の教本5~6冊をわざわ持ってきて下さって教本を見ながら、詠われること10分・・・

(*^_^*)(*^_^*)(*_*)(~_~;)

今日は晴れていたけど冷たい風が突風のごとく吹いていて、演奏しないで詩吟をじっと聴く10分は体が冷えてしまって・・。

でも大切なお友達なので、聴いていたら、満面の笑みで帰って行かれました。おじいちゃん、また来てね。ありがとう!


その後は相変わらず知らぬ顔される人も多いけど、もう平気!!

この日公園の整備に来ていたおじいちゃん達が、軍手はめたまま拍手をくださったことも嬉しかったです。

そして、ついにはお祭りの準備を終えた役員のおじさまが自転車に乗って、お堀の向こうからやって来られて、

「ぼくら地元民はね、近くのカフェでみんなっで集まってお酒のむんやけど、弾きにきてくれんかなあ・・・」って。

またまた嬉しかったです。実は、このカフェのママさんが以前にここにやってきて演奏を依頼して下さったことがあってね、

でもまだまだ人に聴いて頂ける完成曲は少ないんで、もうちょっとレパートリーが増えたら、演奏に行きますって言っちゃいました。

目標ができたので、頑張ります!おじさまたち、ありがとう!!

最後はますます寒くなって、腕は動かなくなり、それでも無理やり弾いてたら指の感覚がなくなってしまって、

いよいよ寒気がしてきたので、今日も17時半に帰ってきました。兄さん、、こんなに指しびれても橋で演奏されているんですね・・・

明日も行ってきます。つつじがきれいだったなあ・・・(^。^)y-.。o○



  • [207]
  • ブラーヴォ!!

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2016年 4月29日(金)20時15分11秒
 
素晴らしいですね!  何だか感動してしまいました。こんなにも、ズドーンと響く音!
私も153センチなので、同じくらいの体格なのに、あの大きな1号機を、教祖様直伝のステキな自在な演奏で、心にしみる音楽を届けて下さってる…。やっぱり感動です!

音楽への愛情が溢れてて、たしかに映像はよくないのに、涙が出そうです。それにしても、すごい努力をなさったんですね…。頭が下がります。

私はすっかり仕事にかまけて、アコーディオンに触れる機会も減ってしまって、かなしいです。お写真拝見しても、とっても魅力的な若々しいお姿、まさしくアコアイドル2号ですね!

ノエルさんのお写真もとってもステキでした。ローズガーデンに響くブランドーニ、いつか私も実際に伺ってみたいです。

  私も、白髪いっぱい、孫を待ってるちっこいオバアですので、オカルト妹さまのように1号機サイズへの挑戦はちょっと厳しいかもしれないのですが、せめてノエル号機くらいへの挑戦は、いつか、してみたいですね。

屋外での演奏は、昔はかなり、やっていました。阿蘇の草千里のような場所でやったときは、必死でしたねぇ、音が響かない。蛇腹をめちゃくちゃ頑張った記憶があります。

いまは屋内が多いのですが、やってみようかしら、海に向かってバカヤローみたいな、ひと気のない海岸で…。

  • [206]
  • 見づらい動画を見て頂きありがとうございました。

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月29日(金)00時27分40秒
 
まずはオカルト兄様、ケータイでの撮影動画を紹介して下さり、ありがとうございます。とてもびっくりです(#^.^#)

実は娘が勝手に撮影してくれたようで、それを私のケータイに送ってくれたものはもっと鮮明に映っていました。それで家のパソコンに

送ってみたのですが、パソコンではファイルを開けられず見ることが出来ませんでした。兄さんに送ってみたら、

見られたけど、画像が悪いとのこと。こんなに悪いとは知らず、ごめんなさい。ただ自分の演奏している場所と様子をお伝えしたかっただけでした.

演奏を聴いて頂こうとしたものではなくて、音も悪くてほんとうにごめんなさい。

川井様、NOEL様、hideshikibifan2008様、見て頂きありがとうございます。お堀の向こう側で聴く様子こんな感じです。

実際にはもっとクリアな音で聞こえているそうです。お堀の向こう側と公園サイドの両方に聴いて下さる方がおられたので、演奏も

180度体を回しながらの演奏でした。とても嬉しかったです。

千明さんも見て頂きありがとうございます。演奏を聴いて頂くようなものではないので、ごめんなさいね。

今のところまだ、時間的余裕もなく、仕事でのアコ演奏を優先的にしなければいけないので、自分の演奏を

YouTubeにアップロードする余裕がないんです。ていうか今は目の前で聴いて下さる方々のために全力をつくしたいので・・。

瀬戸の花嫁も仕事で弾いているそのままのものなので、あまり深く考えていません。

でも千明さんや皆さんの演奏動画、楽しみにしております。頑張ってくださいね。


hideshikibifan2008様

兄さんの「パリの空の下」アップロードして頂きありがとうございます。やっぱり全然ちがいます。兄さんの演奏は繊細でスマートです。

hideshikibifan2008様や兄さんご本人に、「兄さんの演奏ととてもよく似ている」と言って頂けてすごく嬉しいです。私も兄さんみたいに

ダイナミックだけでなく、もっと繊細で丁寧な演奏を心がけたいと思います。


そして、屋外での演奏は、小物は持ち運びが便利だけど、大型でリードのよいものにはかなわない・・・。確かにそうですね。

それにしても、「アコアイドルまであとバスト5㎝アップ!」って何?!/・・・(~_~;)

言わせて頂きます!橋でイタリア女性の胸のトレモロ楽しんでる兄さん、アコとバストはちがうのです。大きければいいってもんじゃない・・。

これ以上バストが大きかったら、華麗な演奏をしているアコの下で胸がつぶされてたれちゃうよ!(^^)!

 ~~ アコアイドル プレスされては なげく胸 ~~ 直球~   スレがちがう~~

ということで、大きさよりも形が大事!! The shape of the breasts!   La forma del seno!

ですよね?(*^_^*) Nude大好きtachinonさま~~~

こんな発言をお許しください・・・。平気でこんなこと書いてしまう私じゃなかったはず・・・。

掲示板で、鍛えられたからか、オカルト修行のおかげかしら・・心臓に毛がはえちゃったかな・・

負けず嫌いにもなったかも・・・(もとからでした・・)


ということで、師匠(公園デビューでに兄さんに弟子入りの許可を頂いたので)、Entertanz,イエンカの楽譜を

ありがとうございます。イエンカはだいたい弾けると思うけど、Entertanz(なんて読むの?)は知らない曲やったんで、楽譜あると

音とる手間省けて助かります。


NOEL様、

決して長身ではないんです。身長154㎝です。NOEL様おっしゃるように1号機、大好きです!

初めてアコを購入の際、NOEL様にはメールで相談させて頂き大変お世話になりました。ありがとうございました。

いつも前向きでパワフルでいらっしゃるNOEL様のように、私もなりたいと思っています。これからもNOEL様、そして

笑星様はアコアイドルの大先輩!!相変わらずのご指導、アドヴァイス、よろしくお願いいたします(*^_^*)


川井様

火事場の馬鹿力とふんばるほど、演奏中は、楽器の大きさ、重さを苦に感じたことはありません。兄さんは当然のこと、NOEL様も

千明さんも立奏されているので、体の一部であるような感覚、実感されていらっしゃいませんか。

座奏だとひざの上に乗せるので、一体感、少し欠けるような気がします・・。

もちろん、座奏でも素晴らしい演奏が出来ると思いますが、立奏だからといってアコを重く感じるということは

私はありません。

ただ、公園演奏をしていて、感じたことあります。私は音楽をとめたくないので、2時間半ほとんど続けて演奏していますが、

最初の2~3日は演奏終了後、すごく腕がだるくなりました。(特に左腕)自分では気づいていませんでしたが、

屋外での演奏、このお堀のむこうの人に音を届けたい、一人残らず振り向かせたいと、風の強い日は風に逆らって届けよと、

室内で弾くよりはるかに力を込めて演奏し続けていたようです。夕方は寒くなって指はかじかんでくるし・・

ああーー、兄さんはこれを7時間も・・極寒の日も酷暑の日も・・・・兄さんの身体はどうなっているのでしょう・・。


最期にローマ中心街の路上演奏・・たった数行で書かれていましたが、すごく大変だったのでしょう。つらい出来事も数知れずあったことでしょう。

そんなたくさんの苦難を乗り越えられ、テヴェレ川の橋の上、ポンテスィスト・・地元住民の皆さんの温かい心だけを支えにして決して負けなかった兄さんの根性!!

私もオカルトの根性を受け継いでいるはず!頑張ります。

自分の修行はまだまだこれからで、レパートリーを増やさなければいけない目先の目標はあるけれど、一番大切なこと、

ダイナミックな演奏だけでない、繊細で丁寧な演奏をすること、大きな目標にして頑張ります。




  • [205]
  • ビデオ観ました

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2016年 4月28日(木)22時29分11秒
 
もう少し音がいいといいのにな~。といいながら見ました。
でも、お堀端の様子と揺れながら弾いているのがちゃんとわかりますね(^^)
瀬戸の花嫁が、おもしろいなーと思いまして。
アコリックさんのアレンジを参考にされていますよね。聴き覚えがあるところがあります(^^)
私も瀬戸の花嫁がレパートリーにありますが、けっこう違うと思って見ました。
音がよくないのでわかりづらいですけど、繊細さのある演奏なのでしょうね♪
自分も弾く曲の他の方の演奏を見るのって面白いですね。
瀬戸の花嫁は私もそのうちUPしたいと思っているのですが、2号さまの動画を見て、公園で撮るのもいいなと思いました。
キツネより人の方がずっと多い公園まで勇気だして行ってることも証明したいですし…。

今、ふと、課題曲を決めて、みんなで独奏版でも伴奏版でも自分なりの演奏動画をUPして見せ合うコーナーがあったら面白そう、なんて思ったんですけど、参加者が集まらないでしょうね(・。・;

アコリックさんのパリの空の下は、さすがの安定感!。指が虫みたいにすばやく動きますね! この見た目ですでに釘づけですね。
私もパリの空の下弾きますが、2~3年前にYoutubeのいろんな演奏の中からまねできるものを盗んできてつなぎ合わせたようなもので、自分では納得できないのですが、弾くと意外と好評なようで、もう少しなんとかしたいと思いながらまだそのままです。
聴くと素敵だとも思うのですけど、弾くとなると「パリのなんちゃら」はちょと苦手です。足のみじかい日本人なので。




  • [204]
  • パリの空の下

  • 投稿者:hideshikibifan2008
  • 投稿日:2016年 4月28日(木)14時17分29秒
 
皆様、ローマのkibiさんの「Amigos para Siempre」のビデオを見てくださり、ありがとうございました。

皆さんの公園デビュー情報がとても嬉しいです。僕の近所にも、アコーディオンを公園で演奏してくれる方が現れないかなぁと、いつも思っています。

オカルトマニア2号さんの「パリの空の下」は、ローマのkibiさんの演奏と、本当に良く似ていて驚きました。1号機が現役で活躍されていて、実際のサウンドも聴くことができて嬉しく思っております。

オカルトマニア2号さんの「パリの空の下」の演奏を聴いて、僕が以前ローマ近郊のアッピア街道で撮影したkibiさんの「パリの空の下」の未公開演奏があったのを思い出しましたので、先ほどそのビデオを編集してみました。

★ パリの空の下


写真は、ローマ帝国時代に造られたアッピア旧街道(Via Appia Antica)です。

  • [203]
  • 見ました 聴きました いいですね~

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年 4月28日(木)10時27分24秒
 
オカルトマニア2号さんの演奏いいですね~。とても長身に思えるのは、すらりと伸びた足や腕のせいでしようか。

瀬戸の花嫁 アンサンブルで弾きましたがとてもいいアレンジですね~。
重くて大きいアコなのに、安心してみていられるのはご自分のアコを名器として、だ~いすきという想いがアコに伝わっていて、アコも嬉しそうに歌っているということではないでしょうか。

大好きな楽器ということは演奏者にとってとても重要な要素ですよね~。しゃらしゃら感のアコはもともと好きではなかったので、今の楽器がとても気に入っています。

オカルトマニア2号さんもそうですが、私の最初のアコは30鍵の5キロ程度のヴェルトマイスターでジャバラの練習を、無理なく大きく広げる訓練をしたのでしたが、約10か月でブランドーニの音色にはまってしまいました。最初から9キロもあるアコでは途中でダウンしていたかもしれません。

アコ初めて一年半ででたコンクールの時はすでにブランドーニで立奏でした。小さな賞を頂きましたが、立奏は中級になつてからでも遅くはないとの審査員の助言でした。ベローイングに限界があったのだと思いますね。

素晴らしい演奏者に育てられたすごいアコーディオンですから、ぺローイングもとても滑らかなのでしょうね。私はまだまだ硬いといわれていますが。

アコリック様 ガ―デンデビューの写真見ていただいたのですか、豚もほめられれば木に登るそうですが、71歳のおばちゃんはとてもうれしいです。ありがとうございます。
でも特定の場所での演奏は数多いですが、不特定の人の前での演奏はとても不安で一杯になってしまいます。目立ちたがり屋の私なのに、この不安の原因はどこにあるのだろうと考えます。
私はいつも聴いて下さる方たちの反応を大切にしているので、野外での演奏の反応がとても怖いのだと思います。


レパ曲の全く少ないこと 暗譜が弱いことも大きな要因ですよね。特定の人たちの前では間違えたのに笑顔で許して~ と全くくじけることを知らないので、向上しないのでしょう。

落ち込むのは、指導者との演奏方向が違ったりした時で、アコを何日も弾きたくなくなってしまいます。誰のために弾くアコなのかと。 それで今はまた新しい指導者で方向性が同じなので、安心して
レッスンを年に2回程度ですがお願いしています。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [202]
  • 屋外アコ演奏

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月28日(木)07時33分16秒
 
いやー、営業で屋外でアコ演奏するのと、趣味で屋外でアコ演奏するのとは、似て非なるものですね!

しかし、アコの屋外演奏に共通しているのは、アコーディオンの音量が必要ということだ。 もちろん、のども乾くので飲み物は必携だし、トイレの位置の確認も必要だ。
不意の地震・雷・雨・嵐にも対応できる準備が必要だ。  楽譜や楽譜スタンドなどに頼らない演奏、曲目の多さも、必要だろう。

それにしても、オカルトマニア2号さんのお写真やお嬢さんの携帯撮影映像を拝見すると、小柄な方でも、恐れずに、41鍵120ベースチャンバー付のアコーディオンでも立奏ができるという証明になりますね。
ついつい、そのサイズは重すぎてつらいのではないかと思い、軽いアコを求めてしまいがちですが、なせばなる、やる気があればできる、火事場の馬鹿力、恐れずに大きなアコで演奏していただきたい。 特に、屋外では。

もちろん、小型のほうが、持ち運びに便利に違いないけど、やはり、音量では大型のもので、リードの良いものにはかなわない。

ためしに、大小、いろいろなアコで試してみると、どのアコ弾いたときに、人々の反応があったかがわかるようになると思います。
これを理解するには、人に言われるより、自分で体験することが一番近道でね。



  • [201]
  • アコ・アイドルを探せ!

  • 投稿者:スィルヴィオ・アコタン
  • 投稿日:2016年 4月28日(木)04時05分9秒
 
Ententanzは、ドイツビアホールやってたら、弾けへんことありえないお客参加型の名曲、ぼくも何年間も弾くのん忘れてたから、今度また橋でやってみよっと!

しゃーけどこの手のもんは、ほんま『お客参加型』やからねえ、まんがいちノリのええヨーロッパの観光客にぴたっときたら、かってに参加はじまってコインほりこむどころやあれへんたいへんなさわぎになったり、ただ単に橋を通っていきたい人を妨げる大迷惑になったりとかってありうるからどおしょおかなあ。。。


あ、それからですねえ、ジェンカは、この前、フィンランドから来てた観光客に『ほんまにこの曲はだれでもしってるんか?』ってたずねたところ、ジェンカとゆっても通じなくって、それで、正しいフィンランド語の発音は、イェンカだと、教えてもらいました、なんか演歌みたい、、まあ、弾きゃあええはなしやから正しい発音は参考までに。、

チキンダンスもイ演歌も、若い世代は初めての人おおいかもしらんとおもたから、こういう類はメロディわかりやすく音取りするまでもなくすぐ覚えれるやろうけどネットでも簡単に手に入るからねんのために譜面載せときます。写真①、②、


路上や公園とゆうても、実際にはぼくは、日本ではデビューしたことなかったことを思い出した。

そのころ練習は雨でない限り必ず外やったけど、藪蚊がわんさかおるとこや、まだ山を崩して建造中の公園敷地ってゆう、おおよそ誰もこ~へん場所えらんどったからね、

人前で弾く練習ではなく、ただたんに大きい音でする練習が目的やったから、とーぜんメトロノームや譜面たて、練習に必要な道具は全部持っていってしてたなあ、

何でかとゆうと、当時、アコーディオンやってる人らの演奏の音、みんなちいさすぎてちいさすぎて、迫力がなさ過ぎてぜんぜんええことないとおもたからやった。

そんな中でもゆっちゃあわるいけど、ちゃんとゆわんとだれもゆわへんからゆうけど最悪の記憶は金 秀光ってゆうひとのソロリサイタル、100人は入る会場でアンプ拡声なしやって、もう蚊の鳴き声に等しい小さい音しかよおだせへんかった演奏の彼が、当時、恐れ多くもアコーディオンを指導する立場の人であったことは、ぼくは非常に幻滅した気持ちになりました。

アコーディオンって、本来いつでもどこにでも持ち運んで、キャンプファイアーでもスターになれる野外の楽器、なのに、どいつもこいつもちちこまちちこま弾きやがって!!・・・・えらそぶった室内楽楽器にさせようさせようとする風潮に断固として反対してどこでもおおきいおとで演奏してたなあ。

そんな中でダントツぬきんでてダイナミック&パワフルなでかい音の演奏するワダミチオ氏の生演奏を見たとき、『ぜったいこおでないとあかん』って思ったのはぼくだけじゃなかったはずやけど、他の先生方のメンツあるから、だ~れもそんなことゆわへんのよね日本は。

そんなこんなで当時の日本のアコーディオン団体・組織は、どれもこれも腐っていったんだよなあ、ついでにゆうとそんな腐った連中には、当時、サンレモ音楽祭でアコーディオン弾いた日本人なんて、あんまりにもめざわりだったんやろうなあ。

そんな時代の腐っていく連中の同じ穴の狢にとどまることなく、どんどん自分本来の芸術を磨いていった桑山哲也君とか檜山学君とか、そう思うとやっぱし偉大で、次の時代を担うひとたちになっていくんやろうなあ、ぜひとも腐った連中の色に染まらないでがんばってほしいなあって、、、、何をひとりごとゆうとるんやゆうかんじやけど、

92年から始めたローマの中心街の路上演奏・・・・それは、騒音に悩む住民との戦い、警官たちとの戦い、縄張りを主張する他国民たちとの戦い、この3条件が常に付きまとう厳しい戦いの連続だったよ。

イタリア観光したことある人はなんとなくわかると思うけど、繁華街でいろんなお店が軒並み並んでてもその建物の階上は、おおよそ住民の住む家であることが極普通なのです。
今ざっと記憶にある限りで、

地下鉄構内、
トレヴィの泉の近く、
コンドッティどおり、
パンテオン付近、
トラステーヴェレ民家の間の路地とか、、、、いかに音量おさえながら弾いて、地元住民が文句ゆうてけえへんようにするか?が、大きなポイントだったよ。

そんな中で、うれしい記憶がひとつある、トラステーヴェレ民家の間の路地でいつも、文句ゆいにきてたフランチェスカとゆうおばちゃんが、あるときぼくにあやまりにきたんよ。

その内容は、ぼくの演奏はちゃんと音量考えて、ゆるく小さく、住民に迷惑かからないように弾いてる、しかし、ぼくがいなくなっても、どおせどこからともなくあらわれるほかの路上弾きやバンドは、住民への騒音迷惑など全く考えない礼儀知らずの連中ばかり、だから、今まで、怒って悪かった、この場所にきたときは、これからは出来るだけぼくに長くいて演奏続けてほしい。。とゆうものでした。

橋とはくらべもんにはならんけど、まあ比較的大きな音でも大丈夫やったのは、

スペイン階段の上からボルゲーゼ公園方面
ナヴォーナ広場
コルソどおり
とかだったかなあ。当然音量が比較的自由なわりに警官とか、なわばりとかのリスクは大きくなったよ。

テヴェレ川の橋の上・・・・・・この『音量無制限で楽器本来の音&実力を試しフルパワーでなおかつ音楽を豊かに表現する修行』とゆう究極のアイディアまでたどりつくためにすでに10年以上かかってたわけだ。でもテヴェレ川の橋ならどこでもよかったとゆうわけでもなかった、川の中州ティベリーナ島の橋、サンタンジェロ城の橋、ポンテミルヴイオ、この3つの橋にも交互に何度も行ってそれぞれの場所の諸問題と闘った時期もありました、そしてとうとうポンテスィストの地元住民の心がとってもあったかいことに気づいたわけです。

ポンテスィスト・・・当初は橋の上で朝まで寝てる浮浪者たちとの騒音問題で喧嘩もしたよ、いまは朝っぱらからやかましすぎてもう誰も橋の上では寝なくなったのかどうかは定かではない。7時45分到着、8時営業開始も縄張り争い解決策で始まったこととゆうはなしも、なんどもしたよねえ。

予言者ピロシーストラ氏は、まあそのご本人の貫録的に、特に音量にこだわらんでも迷惑がる人もおらんやろし、おのずとだれかが近寄ってくることはもう実証済み、アコリュック背中は重心取りにくいから、バイク運転だけしたら千葉柏市のコロッセオでいつでもリサイタルできるわけだ。

手塚千明さんの場合はゆっちゃあわるいけど、近寄ってくる人の数より、気配を潜ませてる狐のほうがはるかに多い地域やから、音量制限とは全く縁なく論外であることは、ご本人の証言済み。

オルガンサロンノエルさん、ガーデン演奏写真見たよ!!!、なかなかええやんさまになってる!!!ぽつんぽつんとしか人が通らないとゆうても、、ガーデン演奏であるだけで既にそれは、見知らぬ人に向けての公開演奏やねんから、続けることで度胸もつくし、広く済んだ空気の中でのアコ本来の音を体感できる!!ノエルさんのガーデン演奏はそのうち、あれよねえあれ、ドライブスルーアコ鑑賞スポットになること間違いなし!!

一番最初に記事内容読んですぐぴ~んとわかって、格好の場所みつけた!ってゆったように、
オカルト妹は、実際ほんまに、難しかったとおもう場所選び。

じじばばあいてに音楽療法してるゆうことはまあつまり地元老人住人もおる地域やねんし、(地元老人から迷惑って一回ゆわれたらもうその場所おしまいやからね、)たけのこやふきやはまぐりがとれる田舎とゆうても、長島スパーランドみたいな大規模行楽施設もあるとこねやねんし、

『最初から演奏をあたたかく受け入れてもらえる場所』は、アコーディオン弾きにとって天国のグリーン指定席手を入れたのと同然!!・・・・・あのねえ、わけのわからん自分の経験談だらだら書いたけど、場所選びも本人の努力の賜物に間違いないんだって!!妹の努力の連続、勇気の連続、音楽をささげる愛情の維持は、最大限にほめたたえたいねえ。

具体的には、桑名城あとの、今は川になってるのであろう堀を隔ててることが非常に程よい住宅地区との隔たりになって、さらにアコーディイオンの音が障害物なくきれいに響いて聞こえるんだと思います。

どういう位置で演奏してるのか?が写真③

それと、娘さんがケータイで録画してくれたとゆう様子、まあ、ケータイなんで非常に画質悪いですが、どういうような条件のところでどんな風にして彼女ががんばってるのかを垣間見ることができる貴重な録画なんでここに掲載します。

瀬戸の花嫁やってるとこ
https://youtu.be/A0yniE7gpSc

パリの空の下、堀の向こう側からの拍手があります
https://youtu.be/9OqGwaRkxU0
これは、ぼくの演奏とうりふたつで、とってもうれしかった。

・・・・・真実のアコスター、アコアイドル、アコヒーロー&ヒロインはマスメディアが作り上げるものじゃあない、地域住民とのふれあいで生まれるものなのだ!

オカルト妹もアコアイドルまであと一歩、バスト5センチアップで確実であることはゆうまでもない。



★Amigos para siempre、(アミーゴスパラスィエンプレforever friends)

2008年、ローマのカンツォーネレストラン『ダメオパタッカ』に、hideshikibifan2008さんと一緒にいきなりアコーディオンもっていった夜、バンドの彼らと一緒に演奏してて、ほんならひとつのテーブル、スペインの観光客きててんね、インターナショナル楽曲に彼らより長けてるぼくに、お前に任すってゆわれて弾いたアミ-ゴスパラスィエンプレ(Amigos para siempre)が大うけ!!その弾いた直後バンドのメンバーが言った言葉はスペイン語ではなくイタリア語でアミーコスパーラセンプレ『amico spara sempre =(自分の)友達は(女の子と)いつも一発やる』。イタリア人の冗談についていけるようになったら人生は2倍楽しいよ。





  • [200]
  • Amigos para siempre 素敵な曲ですね

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月28日(木)03時15分35秒
 
hideshikibifan2008様、兄さんの演奏をアップ、ご紹介して頂きありがとうございます。

斜め後方、足元からの撮影、とても新鮮な気持ちで観させて頂きました。

別曲「サントワマミー」でも大好きな兄さんのビギンのリズム、左手の動きとともに楽しませて頂きました。

安定感のある、穏やかでやさしい波のようなリズムがとても好きです。私はどうしても急いだりムラが出来てしまって、

こんなに穏やかに安定して弾くことができません。心落ち着きます・・。

左右の音のバランスもとてもいい・・・。私が演奏していても左右の音はバランスよくでているのかなあ・・・。

ビデオでは、演奏を続けながら橋行く人との言葉のやり取り、相手に身体を向けて音楽を発信する兄さんの様子がよくわかり、

大変勉強になりました。

こうしてhideshikibifan2008様のビデを今まで数多く見させて頂いているからか、自分が演奏するとき、兄さんの身体の動きみたいなものが

インプットされていて、どうも似たような演奏フォームになっている気がします。

演奏内容は雲泥の差ですが・・・(*^_^*)

そして Jose Carreras &Sarah Brightman の歌を聞きました。兄さんがこの曲を演奏された思いがなんとなくわかりました。

とても美しく素敵な曲ですね。私もいつか弾いてみたい!


♪幸福を売る男・・・そうそう、子どもの頃?いつか覚えていませんがこの歌を知った時、大好きになりました。何度も何度も口づさんでいました。

そしてもう一曲、思い出しました。 ♪小さな靴屋さん・・・・こちらも大好き!!

どちらもシャンソンだったのですね。わからず、なんとなくお洒落で可愛らしい歌に惹かれていたんだと思います。だから、パリのお嬢さんも大好きなんです。

たぶん子供の頃、入っていた合唱団で歌ったような気がします。どっちも弾きたい!!

そして高校生くらいから始めたエレクトーンでも弾いたたくさんの曲・・その時は、それがどんな音楽なのかわからずにただ弾きまくるだけ

だったけど、今あらためて楽譜を出してみるともう一度弾きたい曲ばかり!

・・ああ、時間が足りない・・。ひとりで思い切り弾ける時間、ほしい・・・。

  • [199]
  • 素敵な演奏動画ですね。

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2016年 4月26日(火)22時18分5秒
 
hideshikibifan2008さんこんにちは。
通りかかるおじさんもいいですね。
ひとくくりに屋外といっても、公園と道では違いますよね。
公園は基本的に弾いていいところ(禁止なところもありますが。)、よく路上をやってる人がいるような駅前などの道は基本的にいけないとされている所です。
日本ともまた事情がちがうかもしれませんが、どんなにいい演奏でも「ここは弾いていいところじゃないだろ!?」ということで不快な人も少なからずいるのでしょうし。
路上演奏、いちどはやってみたいと思いながら出来ないでいます。
まだまだ緊張するのでもうしばらく公園で遊んで慣れようと思います。。

私、この「Amigos para Siempre」、知らなかったですが、特に興味のあるわけでもない人に知らない曲を最後まで聴かせる演奏ができるってすごいですよね。(私は興味あるんですけど!)
技術的なことはよくわからないのですけど、曲がいきいきして聞こえるのですよね。

「幸せを売る」かぁ。。。買う方も売る方も幸せ、いつまでもごみにならない、素晴らしい商品ですね。


  • [198]
  • 屋外演奏の師匠

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月26日(火)07時28分34秒
 
hideshikibifan2008さん、ご投稿ありがとうございます。 あらためて、吉備さんの演奏を拝聴すると、やっぱり、うまいなー!と思います。
べつに超絶技巧をひけらかすという演奏ではなくて、その曲のムード・イメージを大事に演奏なさっていて、また、お客様がいてもいなくても、ちゃんと弾いているし(それは私が現場で確認してきました)、もちろんお客様へのアピールも、感謝の気持ちの表明も音楽に乗せて、笑顔で。 素敵ですよね。
で、通りがかりの人が指を鳴らして、いっしょに鼻歌を歌って、その日が素敵な一日なる、かもしれない。

そんな吉備さんの演奏を聴いていると、昔のシャンソン、「幸せを売る男」という曲を思い出します。 高英男さんの歌の印象が強くて好きだったのですが、芦野宏さんも歌っていました。
https://www.youtube.com/watch?v=qPxCi1B6CxI

元歌はジョセフィン・ベーカー
Joséphine Baker Le Marchand de Bonheur 12/1959
https://www.youtube.com/watch?v=3lfHOO8tCGo

今後とも、みなさんも表に出て、施設で、幼稚園で、ピクニックで、楽しい集いで、公園で、アコーディオンを弾いて、「アコで幸せを売る男」や「アコで幸せを売る女」になりましょう。



  • [197]
  • 皆様、屋外デビューおめでとうございます

  • 投稿者:hideshikibifan2008
  • 投稿日:2016年 4月26日(火)06時22分38秒
 
千明さん、オカルトマニア2号、皆様、屋外デビュー情報ありがとうございます。機会があれば、皆様の演奏を聴きに行きたいです。

さきほど、ローマのkibiさんの演奏をアップロードしましたので、ご紹介します。

1992年に開催されたバルセロナオリンピックのテーマ曲です。
★ Amigos para Siempre


  • [196]
  • Chicken Dance !

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月26日(火)00時22分17秒
 
川井様、ご紹介ありがとうございます。

ダンスはとても簡単、練習なしでも皆さんですぐに楽しめそうですね。


ただ、今自分が接している高齢の方々に楽しんで頂こうと思うと、一ひねりも二ひねりも必要かと・・・。

なにせ、田舎のおじいちゃま達、お仕事はせっせとこなされるのに、一度でーんと腰を下ろしたら、なかなか動きたくないご様子・・・(*_*)

そこをなんとかして体操して頂くのが毎回の悩みのたね・・・。

「年寄りをそんなに動かすもんじゃねえー」なんておじいちゃんもおられまして・・・。


それと、この曲とダンス、意外と難しいのは曲のフレーズに合わせていて、1拍目でないところから振付けが始まっています。

こんなこと、なんでもない人もいますが、結構、音楽に慣れ親しんでいないと難しいかもです。


いくらか振付けを少しアレンジして、そしてテンポをかなりスローにしちゃう等・・・工夫すると使えちゃうかもしれません(*^_^*)

それにしても可愛いらしい曲なので、いつか音とってレパートリーにしたいです。ありがとうございます。

そういえば、川井様お勧めのジェンカや、わらの中の七面鳥なんかも使って身体活動を考えるといいかもです。

昔踊ったフォークダンスの思い出なんかも懐かしいでしょうしね(#^.^#)

  • [195]
  • Ententanz = Chicken Dance

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月25日(月)08時33分53秒
 
Ententanzはドイツ語でアヒルのダンスの意味、Chicken Danceは英語で文字通りチキンダンス。
永年ローレンス・ウェルケ・オーケストラのメイン・アコーディオニストだったMyron Florenの往年の演奏で、娘婿のボビーがコーチするチキンダンス。
これは、陽気な曲で、簡単なダンスの振り付けはすぐに覚えられるので、足腰さえしっかりしている人なら、すぐに踊れるし、施設でも椅子に座ったきりでもアレンジ次第で楽しめるので、ぜひともみなさんのレパートリーに入れることをお勧めします。
https://www.youtube.com/watch?v=6UV3kRV46Zs

では、踊り方のレシピは下記の通り:
1) 両手のひらをかざしてアヒルの口ぱくぱくの真似をする。4拍。
2) 両肘を張ってアヒルの羽ぱたぱたの真似をする。 4拍。
3) ちょっと膝をまげて、アヒルが歩くときに揺れるお尻の羽のようにお尻を振り振りする。両肘は、羽を広げたように、上げたままお尻をふりふりする。4拍。 ここが楽しい! (立てない人、座ったきりの人は、両肘を張って体を左右に回転させるようにするだけでもOK)。
4) 手拍子。 4拍。
5) お隣さん、パートナーがいれば、お互いに右ひじをからめて回転。4拍。
6) 次に、左ひじをからめて回転。4拍)
7) 右ひじを絡めて回転。 4拍。
8) 左ひじを絡めて回転。 4拍。

5)-8)は一人なら、一人で回転してもOK、腕を組まずに両手をつないで回転してもOK。 踊り方は自由!してしまう手もある。
パートナーを決めずに、ランダムに近くの人と腕を組ませると面白い騒ぎになる。それを4拍ごとに、Change Partner!とすると、さらに会場は盛り上がる。 そこにいる一緒に踊る人たちとのスキンシップができて、雰囲気が和らぐ。
一曲が終わるころには、みんな友達になっている。で、結構運動にもなるので、椅子に座りきりの人にも良い体操にもなる。

パーティーの初めにこれをやると、楽しいムードにもなり、盛り上がる。

パーティーの終わりにはジェンカも入れるといい。
https://www.youtube.com/watch?v=4wRS2y4UB4c&list=PLNheyAYRHkKgkblSCA3XYYiZXpEbUBDwF

車いすに乗っている人をこのダンスで踊らせるのは難しいかもしれないけど、座っていても左右の足の運動ということに使えればいいかも。
若い時にジェンカを踊った人は結構いると思うので、リアクションはきっとあると思います。

この踊りはほかの曲でも踊れてしまうので、アレンジはいかようにも可能だ。
https://www.youtube.com/watch?v=ubpEe0HIoZY

寒い国ではLet's Kissジェンカがペンギンダンスになっているようだ。 この曲も混ぜて弾いてしまっても面白そうですね。
https://www.youtube.com/watch?v=gsn3b233m5k
https://www.youtube.com/watch?v=ZzoVTbiS95g



  • [193]
  • 第6日目のちょこっと記録

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月25日(月)00時34分59秒
 
まずは、川井様~~

さすがにBWHはお教えしておりませんよ・・・(#^.^#)

でも4年前、初めてアコーディオンを購入する際は大変お世話になりました。おっしゃる通り身長は155㎝以下、体重は45㎏以下で

ございます・・。ですので、Brandoni Piccoloは入門者の私には丁度よかったのです。

しかも本当に素敵な音色で、弾けば弾くほど甘い音色にうっとりしていました。今でも大好きです。

前回の大きなコンサートでは、メンバーとの演奏「枯葉」「パリのお嬢さん」を皆さんに聴いて頂きました。

「枯葉」はピアノ、ドラムに歌、そして私のアコーディオンでしたので、何度か音合わせをして、一番ピアノとの相性がよかった

piccoloを使用しました。これからもオカルト1号機と共に、場面に合わせて 皆さんに聴いて頂こうと思っています。

ただ・・オカルト1号機を演奏したあとに抱くPiccoloちゃんは あまりにも軽くて力をもてあましてしまいますが・・・^_^;

たぶんですが、3人の子供達をこれでもかというくらい、抱っこしておんぶして育ててきたので、足、腰、腕はかなり鍛えられていると思うのです


それで、川井様、とても素敵な野外ステージでの演奏、2時間半の間、思う存分好きな曲を演奏・・・

川井様の貫録ある演奏のお姿、優しい笑顔が目に浮かぶようです。

「Ententanz dance Little bird」という曲、初めて知りました。こちらでは田舎ですので、知っている方はどれくらいみえるのかしら・・。

とても明るくてノリのいい曲ですね!私もひいてみたいです(*^_^*)


千明様・・・黒木渚?の「アーモンド」??曲名初めて聞きました。当然、私の持っている1300曲入りの赤本にはのっていませんから、

その場で弾いてと言われても、知らない曲で楽譜もなければ無理です・・・(#^.^#)

音楽聴いてみました。なんか、語りかけるようなちょっとさみしい歌ですね・・・・千明さんのお好きな曲ですか?

アコというより、ピアノやギターでひき語りをされた方がぴたりとくるようですね・・。

そして数々のイベントでの演奏、すごいですね・・頑張ってくださいね!


NOEL様・・・お写真拝見いたしました。Brandoni木目のボデイが、本当によくお似合いでいらっしゃる!

いつかいつか、NOEL様のところにおじゃまさせて頂きたいと・・・勝手な夢をみさせて頂いております。

まだ、3番目が中学生ですので、のんびりお出かけがいつできるものかと・・・(*^_^*)


今日は娘が聴いてみたいというので、日曜日もいいかなと、また公園に行ってきました。

またまたちょこっと記録です。


毎回必ず来て下さるおじいちゃん、

「昨日は時間がずれて会えなかったけど、来てた?ここに来てもあなたがいないと、張り合いがなくてさみしいよ」

とうれしいお言葉(*^_^*)すっかりお友達にして頂いたようです。おじいちゃんは30年間、詩吟をされていて、

10段とやら、師範の腕前をお持ちだそうです。それで披露して下さるといい、大きな声で詠い始められたのですが・・・

どうも、途中を忘れてしまったようで・・・・(*^_^*)

今度は詩の書いた紙面を持ってくるわ」と言って帰られました!(^^)!


今日はお堀の向こう側と私のすぐそばに、聴いて下さる方が一度に5~6名集まられ、今までにないたくさんの拍手を頂きうれしかったです。

いや、当然、知らぬ顔の方もいらっしゃいますが、もう全く気にならないです。


日曜日なので、お子ちゃまもいるかなあと、保育士である娘のアドバイスも受けて「アンパンマンマーチ」も家でさっと弾いていきましたら、

なんと大当たり!!!

可愛い男の子がパパさんの足に隠れながら笑顔で近づいてきてくれました。

よく見るとアンパンマンのタオルを持っていて・・・パパさん曰く「アンパンマン大好きなんですよ~」って!

3歳になったばかりのとーっても恥ずかしがり屋さんの男の子でした。パパさんは「昨日も演奏がきこえていたので、気になって、

今日は子どもを連れて来てみました。また来ますね~」と嬉しいお言葉!(^^)!

さらに「昴」も大当たり!!

ワイシャツにネクタイの60歳前後?のおじさま、じっと聴いて下さいました。「昴」の演奏を終えて次の曲になったら帰っていっちゃいました(*^_^*)


明日からはピアノ教室・・がんばります(^^)v





  • [192]
  • 皆さまデビューまつりですね

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2016年 4月24日(日)22時28分28秒
 
オカルトマニア2号さま、初めての曲でも譜面があればいきなりひけるなんてすごーい!(完全でなくても、です)
さすが、展開が早いですね。今までの歴史がちがいますもんね!
私も前を通りかかった時には、黒木渚さんの「アーモンド」をリクエストしたいです。
それにしても週に3日、2時間半て、すごい活動時間ですね。あまりお疲れを出さないようになさってください。

川井さんのところの公園はステージがあるのですね。川井さんもレパートリー数がすごそう!
のどかそうな公園の様子が伝わってきます。

そういえば子供の頃、夕方、近くの公園に遊びに行くと、時々大きな犬を連れてトランペットを吹いているおじさまがいました。
話したことは無いですが、気になる存在で、おじさまと犬がいる日は、ちょっと嬉しかった記憶があります。おじさまが吹いていたのは知らない曲だったと思うのですが、それが余計、夕方の公園を異空間にしている感じがして、好きでした。

公園で演奏するおじさまは、絵になります!

たくさん弾ける曲があるといいですね。私は同じ曲を何度も弾きます。
以前よりましとはいえ、おどおどして、着いて早々弾く前から「まずはお茶にしよう。」
30分弾いたら「あー疲れた、おやつにしよう。」などといってる私はどうしましょう(;´Д`)

NOELさんのガーデンも、お手入れが行き届いてきれいですね。練習するにも気分がよさそうです。
私も今日は庭ですこし弾きました。今は矢車草と金魚草とツツジが咲いています。
庭に出るだけでも風が気持ち良くて、気分もかわって楽しいですね♪

慣れないイベントに立て続けに、弾かせてもらっていたのがひと段落して、緊張の糸が切れて、さらに冬から春の変わり目に体がちょっとついて行けてなくて、
しばらく、アコーディオンを弾く時間が減っていていたのですが、6月にはおじいちゃんおばあちゃんの小さな集まり、7月初めにお寺のお祭りで弾かせてもらえることになったので、またしっかりやります。
私も今度の土曜日に天気がよかったら公園にいってこようかな。
やる気になりました!ありがとうございます。

  • [191]
  • ガーデンデビューおめでとうございます。

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月24日(日)21時43分7秒
 
オルガンサロンNOELさん、一歩でも外に出るのがいいですね。 素敵なお庭での素敵な写真拝見しました。
次は、もう一歩外に出て弾く。 もっとも、オルガンサロンNOELさんはもうすでに、人前で十分弾く度胸と、Motivationをお持ちなので、後は精進あるのみ、というか、楽しく弾いていれば、どんどん楽しくなるというレールに乗っていますね。
カラオケでもアコーディオンを演奏してしまうところなどは、筋金入りのアコファンですね。 

  • [190]
  • 私はガーデンデビューしました

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年 4月24日(日)20時16分16秒
 
公園デビューなどとても恥ずかしくて不可能な私なので、せめてというわけで、自宅の小さな庭で、ガーデンデビューしました。
いつもはデッキで弾くのですが今日は思い切って。すぐ道路ですが別荘地なので車の往来は少なく、ほっとしたりちょっと期待外れだったり。。
 写真は恥ずかしいのでNOELのHPに載せました。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [189]
  • 私も公園デビューしました

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月24日(日)19時18分46秒
 
昨日は雨でやむなく延期にした公園デビュー、今日は、午前中で雨が上がり、午後から薄日が差してきた日曜日。 行ってまいりました私も、公園での屋外アコ演奏に。
アコを車に積んで公園の駐車場までいったら、そこの駐車場の料金が4時間までは一律300円。 まぁ、目が出るほどの値段ではないのですが、5分でも300円、4時間でも300円といういかにも気の利かない役人が決めた首都高の料金みたいな公園の駐車場の利用料金が気に入らず、一度戻って、バイクを倉庫から引っ張り出し、アコはリュックに入れて担いで、公園まで出直しました。 バイクは広い歩道の隅に勝手に青空駐車。300円セーブ。

乗っていったバイクはKawasaki W650というかつてのBritish Motorcycleのデザインをパクったちょっと恥ずかしいデザインながら、Triumph Bonnevilleとか買えないので、デザインコピーのバイクですいません、と、いつも、自己卑下する気分で乗るバイク。 シートは高めながら、あるいは、高いから、後部シートとの高さの差がなく、それが不便なわけは何かといえば、背負ったアコーディオンが後部座席に着席してくれない。 背中におんぶしたまんまなのだ。 これだと、路面の衝撃を受けた背骨の椎間板に多大の負担がかかり、健康に良くないが、公園までは5-6㎞の距離。 我慢して、これで公園に急ぐ。
日曜日の昼下がりのぶらぶらと散策する人、ジョギングする人、友達と集まってスマホでチャットしている中学生たり、などなどで結構にぎやかながら、僕が演奏場所に決めていた、野外ステージとその周りの客席には、一組の中年のカップルが仲良くおしゃべりしているだけだった。
その野外ステージの後ろ側は、レンガの丸い壁となっており、そこには蔦が一面に絡みついている。 多少の音響効果は期待できる。 客席はゆったりとした円形劇場のような作りで、まぁ、ローマ時代の円形劇場のような風合い。

そこで、午後2時ごろから4時半ぐらいまで、思う存分好きな曲を弾きました。 その中年のカップルも席を真ん中の一番前の席まで移動してきて、一曲ごとに拍手をくれたり、声かけてくれたり、これはうれしい。 20曲ぐらいお付き合いをしていただきました。 途中から、若い女性がいちばん遠い席に座り、なんどか、僕のことを写真をとっていました。 その人も、10-15曲は聴いてくれたかな。 あと、数人が入れ替わり、音に誘われて円形劇場の中に入ってきてくれました。 あ、そうそう、小学1-2年生と思われる女の子とワンちゃんをつれた若いママさんも何曲か聴いてくれました。 It's a small Worldを弾いたときは反応がなかったけど、Ententanz dance little birdを弾いたら、ママさんが踊りだしたけど、女の子はちょっと恥ずかしくて、知っているけど、おどらない、てな風でした。
https://www.youtube.com/watch?v=-yGrHNvbWeM
もちろん、関心を示さない人、遠回りに歩いて行ってしまう人も大勢いましたが、全く気になりませんでした。

日曜日の午後の陽だまりの屋外の円形劇場の舞台で弾くアコーディオン。 うーん、これは楽しい。 実際に人前で弾くことをやってみると、自分の指使いの不安定な部分があぶりだされる感じ。 もっと、しっかり練習せねば、というモチベーションが高まる。

この場所でまたアコを弾いていれば、徐々に、固定客が出てくるかもしれない。 あ、そうなるように、うまく弾けるようにならないとね。

また、この場所で、今度、フラッシュモブとか、アコマーチ、あるいは、屋外アコピをやりたくなってきました。 その日のために、場所は次の公演の地図の「屋外ステージ」と書いてある場所。
http://www.cue-net.or.jp/kouen/kasiwa/pdf/map_parkmap.pdf

柏の葉公園のWeb Site:
http://www.cue-net.or.jp/kouen/kasiwa/map/index.html

 

  • [188]
  • ストレートサウンドの実力

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月24日(日)10時36分35秒
 
オカルトマニア2号さんのBWHを伺ったかどうか定かではありませんが、とてもスマートで小柄なので、重いアコは絶対無理! とおっしゃって、でも、いい音のアコをお探しとのことでしたので、Brandoni Piccoloをお勧めしました。 それはそれで携帯に便利だし、屋内で弾くにはそこそこいい音色で耳にやさしい音色ということで、お気に召されていたと思います。
それが、どうでしょう、方や6-7㎏のBrandoni Piccoloと比べて、12-13㎏もある、5リード、41鍵120ベース、チャンバー付のアコ軽々とダイナミックに演奏なさっていること自体が驚きですが、そのHMMMLマシンのストレート(ドライ)チューニングの実力をやっと発揮させられるアウトドアでの演奏に目覚められたのですね。

千明さんのSiwa & Figli Cobraもコンパクトな作りながら、HMML、ハンドメードリード、チャンバー付、ドライチューニング。 まさに、アウトドアで音が通る、迫力をキープできる作りなのです。

くしくもご両人のアコの特徴は非常に似ています。 で、それは、ローマのテヴェレ川にかかるポンテセスト橋の上で毎日アウトドア演奏しているローマの海神のSiwa & Figli Super Ponte Sestoとも通じるコンセプトのアコーディオンなのです。

このアコを屋内で弾いたら、それまで普通にあるトレモロで聞かせるアコとは全く別物で、聴く人によっては、しゃらしゃらとしたいわばアコーディオンにつきもののトレモロが無いので、物足りなく感じる人がいるかもしれません。 それはその楽器にふさわしい演奏方法があるということも一因しているかもしれません。 しゃらしゃら鳴るアコーディオンはそのしゃらしゃらとしたサウンドを聴いて居てもらえばご満足いただけるという部分があります。
それと同じ演奏方法でこのストレートサウンドアコを弾くと、どこか、音はきついし、波が無いサウンドはどこか退屈、というふうになりかねないのではないかと思われます。
この、ストレートサウンドのアコには、チャンバーのまろやかにして響く音色があり、ハンドメードリードはその広いダイナミックレンジでずっと豊かな音楽表現ができるのです。

もちろん、そんなストレートサウンドの高級アコにトレモロをつけて、音色にに甘みを加えることもできます。 ただ、屋外で演奏しようとすると、そのトレモロがむしろ邪魔になる。 つまり、ストレートサウンドの力を殺ぐことになります。 トレモロというのは音の干渉のことで、周波数の違う音が重なり合えば音量が増幅し、反対側に回れば音量が減少することから、うねりとして認識されるわけですが、増幅されるといっても、本来の音量が倍に増えるということはありません。
ストレートサウンドの場合は、トレモロの音の減少を無くすということですので、常に最大限の音を出せるので、実効音量が高いのです。
だ・か・ら、ドライチューニング、ストレートサウンドは戸外で演奏するとその実力を発揮するのです。遠くまで音が届くのです。

不思議なもので、屋内にいると、むしろ時として耳障りとさえ感じるトレモロが、戸外に出ると、むしろ、蚊の鳴き声のようにしか聞こえず、期待した音量を発揮できないことに気づかれると思います。 まさに、それはオカルトマニア2号さんが証言してくれていますよね。

そして、この高級ハンドメードリードがチャンバーを通して、出てくる音と絡み合って、何とも深い音色を発揮するわけですね。 そして、自分で歌うように、むしろ、自分で歌うよりもうまく歌ってくれるわけです。

そして、それが、公園を行き来する人々のハートにダイレクトに響く。

もちろん、トレモロを聴かせたアコでも屋外演奏は可能です。 ただ、その場合は音量は思ったほどでないので、お客さんには、近くによってきてもらって聴いてもらわないといけない。 お濠の向こう側に人にはなかなかそのサウンドが届かないのです。

舞台やホールで、マイクに向かって演奏するなら、アンプで増幅できるので、トレモロを効かせた普通のアコでも十分実力を発揮できます。 でも、表にでて、あるいは、もっと広い場所で聴いてもらいたいときには、ダイレクトサウンドのドライチューニング、それも、できれば、ハンドメードリードのチャンバー付のアコがいいですね。
それは、単に高級品を持ってるぞという成金趣味でみせびらかすということではなく、素晴らしいアコで奏でる音楽を素敵な形でほかの人のハートに届けるためのスペックなのだと考えることが正しいと思います。

もちろん、そんな、アコはお安くはありません。 高級です。 でも、その価格には価値があります。 そんなアコを持っている人は表で弾くときに有利な条件を備えているといえます。

しかし、とはいえ、どんなアコでもいいんです。 表で、それも人前で弾く、ということが、アコ上達のための最短距離を走ることになるのです。 人前で弾くのははずかしい、ですよね、初めは。 でも、聴いてもらえると嬉しい。 反応があれば楽しい。弾けない曲をリクエストされれば、頑張って練習するので、レパートリーが増える。 唯我独尊に陥っていた自己満足が崩れ去る。 それは悲しけど、だから、人に認められるようになる。

知らない人とおしゃべりができるようになるから、人見知りしなくなる。 人へのアピール仕方が学べるので、自分のプレゼンテーションがうまくなる。 だから、人から好かれるようになる。 世代を超えた友達も増える。 屋外演奏とは、人格形成の場でもあるのです。 

  • [187]
  • 日ごとに感動がふくらむオカルト1号機!!

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月24日(日)07時55分32秒
 
皆様、

連続の投稿、ごめんなさい。不愉快な方もいらっしゃるかもしれない・・。

こんなにも連続で書いてしまうのは、公園で演奏することによる感動が、あまりにも大きくて、どうしても伝えたいから・・・。


ずっと施設や宅老所ばかりで歌伴奏をしていた頃は、オカルト1号機、少々きつい音だなあと思っていました。最初の頃はいわゆる、よくBGMで

流れているようなシャラシャラした柔らかい音色を求めていたからです。

そして外で初めて弾いた時は、今度は あまりにも自分の演奏が響かない、なんとも物足りなさを感じたものです。


それがどうでしょう!!!

公園修行、日を重ねるごとに、響く、響く!!! 演奏はともかくとして、ここまでアコーディオンは音が出るのか!!!と

自分でも信じられないくらい、素晴らしい音です!!

それは、コンサートホールでオーケストラの演奏を聴く、その響きよりも素晴らしい・・・MMMの柔らかくても太くて芯の通った音・・

マスターの、お堀の水を波打たせてしまいそうな重低音・・なんていっても、自分の身体に密着した、いわば自分の身体から発信していると

言っても過言でないその音色・・!

オカルト1号機の本当の力を、初めて感じることが出来て本当に感動です。

夕暮れ時に、公園中を、そしてお堀の向こうまで、さらに空高くまで 届けよ、響けよと、演奏すること、

なんて素晴らしいことか・・。


こんな感動を知ることができて、本当によかったです! 4年前から、楽器の抱き方すらわかっていなかった私に

手取り足取りご指導、アドバイス頂いた掲示板の皆様、1号機を譲って下さり、野外での演奏を

勧めて下さった兄さんに、感謝の気持ちでいっぱいです。

とにもかくにも、練習に励まなければ・・こんな情けない演奏では楽器に申し訳ないです・・・・(*_*)



  • [186]
  • またまたオカルト修行第5日目のちょこっと記録・・・

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月24日(日)01時30分55秒
 
川井様~~
「アコの伝道師」の認定、ありがたくお受け致します。とても光栄です(*^_^*)

今日も修行に行ってまいりました。いや、毎回書くわけではありませんが、今日もいろんなことがありました。

まずはお堀の向こう側に、演奏を聴いていて下さるご夫婦を発見!(私は視力がいいんです。)演奏が荒くならないように、響きに集中して

できるだけ大きな音で、そして、私もお堀の水ぎわまで行って演奏しました・・・。終わるとすぐに、お堀の向こう側から、ご主人が

ものすごい大きな音で拍手をして下さいました!あんな大きな拍手ができるんだってびっくりでした。

嬉しかったです!(^^)!


そして、若いパパ、ママと1歳半くらいの女の子は私の前に来て下さり、ミッキーマウスマーチに合わせて手拍子を(*^_^*)

また60歳前後?の松方弘樹さんそっくりの男性は、目の前で「朧月夜」を聴いて下さり、拍手を頂きました。

「お好きな音楽がおありですか?」と尋ねてみると、な、な、なんと、、、「乾杯!」?!

思わず聞き返してしまいました。「えっ?」・・・・・「乾杯!」(・.・;)

それって長渕剛のやん・・・たしか、昔、私も歌ったし、、だいたいはわかるかなあ・・

と思いながら、ここで赤本登場!!ちゃんとのっているではありませんか~。

まあ、メロデイは歌いまわしがあるんで、楽譜どおりではないけど、とりあえず赤本様のお蔭で、安心して演奏することができました。

いつここで弾いているのか、聞いて下さったので、お伝えしてさよならしました。いやーー、「乾杯!」が出てくるとは・・・・初めて弾きました。

でも、なかなか アコーディオンでの「乾杯!」・・・よかったです。

この時代の曲なら「昴」もいいんじゃないかと思い、ついでに公園で練習してきました。

これから、松方弘樹さんのような方がいらっしゃったら、この路線でいこうかな・・(*^_^*)


それにしても、私はたったの2時間半ほどで、しかも、大きな松の木の木陰もあり、夕暮れ時には周りの木々や鳩たちが演奏を

いっそう楽しいものにしてくれます。

これ・・・太陽の照りつける中、固いアスファルトの橋の上で、7時間も演奏を続けていらっしゃる兄様のこと・・・

考えると・・本当に信じられない・・

これから益々、日差しがきつくなります。どうぞ無理をされないで下さいね・・・。




  • [185]
  • エルビスブレスリー メドレー!!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月23日(土)21時52分10秒
 
きゃーっ! 当時の若い女性が舞台のエルビスに向かって叫ぶような声をあげてしまいました。

どじょっこふなっこと、監獄ロック、なんという組み合わせ! でも、素敵!

で、その屋外演奏の体験談も、す・て・き!

なんと楽しい修行なんでしょう! 僕もその場に居合わせたかったです。 こんな、オカルトマニア2号さんや、千明さんの屋外演奏レポートを読むと、きっと、勇気をもらって後に続く人が出てくると思います。

また、コンサート、発表会、高齢者クラブ連合会総会と縦横無尽の大活躍ですね。 すばらしい! もう、アコの無い人生なんて、考えられない、とお見受けします。 このアコーディオンの楽しさをもっともっとみなさんにも知ってもらいたいですよね!
オカルトマニア2号さんと、千明さんをアコの伝道師と認定します。 アコリックの教祖はローマに鎮座しておりますが。

  • [184]
  • 何度もごめんなさい・・書き忘れ・・

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月23日(土)06時51分56秒
 
というか、自分のために書かせて下さい。

5月半ば、高齢者クラブ連合会総会というものに、行ってまいります。総会の後の1時間、音楽療法を行ないます。

参加者120名、その8割が男性とのこと・・・^_^;

ペアで行くのですが、計画、司会、進行をすべて私がやることに・・。

で、入れちゃいました!

鑑賞コーナー「アコーディオンの魅力を皆様に! 」 アコ独奏を2~3曲聴いて頂きます!! 頑張らなくっちゃ!


さらに5月末、アコーディオン発表会、

独奏で、先生選曲の「ハンガリー舞曲第5番」、そして私が選曲の、とても大好きな「パリのお嬢さん」

そして、昨年はまだ聴いているだけだった合奏隊メンバーに、今年は入れて頂けることになりました!曲は「バッハのコラール」だそうです。

公園での修行を大いに生かして、堂々と演奏できるよう、頑張ります!

と、宣言させてください(*^_^*)

  • [183]
  • 書き忘れました。川井様~聴いてくださーい!

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月23日(土)05時23分5秒
 
今週水曜日、私達、音楽療法士コンサートメンバーによる、毎月1回のコンサートがありました。

毎回会場の皆様が主役で歌って頂くのですが、その中でも鑑賞コーナーを設けています。

いろんなジャンルの音楽を提供しています。

私はサブメンバーなので、今回はお手伝いとしての参加でしたが、ここにプログラムをご紹介させて頂きます。

以前から、川井様が、「私はもし施設でお世話になっても、昭和歌謡なんぞは・・・」とおっしゃっていましたが、

私達音楽療法士は、変わりゆく高齢対象者の方々のために、日々研鑽を重ねております。

お一人おひとりに寄り添い、向き合った音楽を提供しています。

川井さんのように演奏が出来る方でいらっしゃるなら、まちがいなく、私達とともにスタッフに加わって頂き、お得意の

アコーディオンを皆さんに聴かせて頂けることでしょう。

ざっと曲目だけあげますね

ソーラン節、俳句を楽しむ
春の唄~どじょっこふなっこ~めだかの学校、
埴生の宿、 朧月夜、 花

鑑賞コーナー
エルビスブレスリー メドレー!!
監獄ロック~ ハードブレイク・ホテル~ ラブミーテンダー、ほか1曲

アカシヤの雨が止むとき
赤いハンカチ、
春の日は花と輝く
この道、みかんの花咲く丘、
蘇州夜曲
東京ラブソデイ


  • [182]
  • オカルト修行第4日目の記録

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 4月23日(土)05時02分57秒
 

もう決めているんです。オカルトの修行は毎週木、金、土の15:00~17;30までと。

木曜日は激しい雨でしたので行けず、今日行ってきました。

公園について、ふとお堀の向こう側を見ると、先週3日連続で聴きに来て下さったおじいちゃんが、ベンチに座って

こちらを見ておられ、私が歩いてきたのを見つけると大きく手を振って下さったのです(*^_^*)

嬉しかった~~~

それから橋を渡ってこっちに来られ、にこにこ笑顔で2~3曲聴いて帰って行かれました。 おじいちゃん、ありがとう!

その後は女性が何人か立ち止まって聴いて下さり、おしゃべりをして行かれました。

とってもおかしかったのは、ある女性が近づいて来られたんです。「みかんの花咲く丘」を弾いていてね、途中からその女性が、

ケータイを取り出して、どなたかと電話で話し始めたんです。それで、私は、音量を少し控えて演奏し、弾き終ったんですけど、

な、な、なんと、その女性は「今、電話で、おばあちゃんにアコーデイオンの音、めずらしいから、聴かせてあげてるんよ。

もうちょっと、弾いてくれんかなあ・・」っておっしゃって・・・・・!(^^)!


それで、一層軽やかに、はっきりと音を出してもう一度「みかんの花咲く丘」を弾いてあげました。

そしたら、女性が「おばあちゃんが電話口で歌っとるよ」って・・・笑って言われました。嬉しかったです!今度はここまで一緒に連れてきてもらえるといいなあ・・・って思いました(*^_^*)


そして、17:00を過ぎて、風が冷たくなった頃、赤いジーンズはいたイケメンお兄さんが歩いて来られたかと思いきや、私から15メートル程離れたベンチに、ごろりと横になられたのです。

ちょっと距離があったので、声はかけず、演奏を続けていたのですが、15分くらいそこで寝そべっておられて、、思わず子守唄でも弾こうかと思っちゃいました(^。^)y-.。o○

で、春といえどもだんだん冷えてきて、指も冷たくなってきて、温かいお茶を飲もうと演奏をやめたら、お兄さんはむくっと起きて立ち上がり、こちらを見て

「もう終わりかな・・?」という表情で、帰って行かれました。(一応聴いていてくださったのかな・・^_^;)


こんな第4日目、とても風が強く、そんな中ではよけいに大きな音を出そうと、知らずのうちに力が入ってしまいます。

自分の演奏を少しでも遠くの人に届けようと、必死になってしまい、楽しかったけど、とても疲れた日でした。


そうそう、楽譜はね、自分がちまちまと譜面を見て弾いているのではなく、聴いて下さる方から突然頂いたリクエストに対応するために持って行ってるのです。

音楽療法士がモットーとするところです。相手の方と音楽を通して出会い、言葉をかけて心を通わせ、個々のお好きな音楽、

想い出の音楽を引き出し、またはそれに即座に対応して提供すること・・・・。

何もかもが、修行です。 楽しい修行、頑張ります。





レンタル掲示板