• [0]
  • アコde歌伴

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2014年 5月11日(日)23時42分35秒
 
すでにかなり論じられていますが、アコで歌の伴奏をするときのむずかしさやコツ、練習方法など、あらためて、アコの歌伴初心者にもわかるようなアドバイスがありましたら、ぜひご経験や知識から情報をください。 また、悩める初心者は先輩に教えを乞うことにしましょう。 歌伴での失敗談なども、大歓迎。 失敗は成功の母。他人の失敗談は対岸の火事にあらず、それを他山の石とするか単なるエンターテイメントと読むかは読者次第ですが、失敗から学べる人はさらに進化する可能性を秘めていると言えるかもしれない。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [133]
  • 素敵なモーニングコンサートでした

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2017年 8月 2日(水)06時42分7秒
 
昨日韓国の観光客に朝食提供後 専務さんのリクエストでアコで津軽の故郷を弾きました。そのあと専務さんの素晴らしい情緒豊かな歌唱に応えて、
主人の歌と私のオルガン伴奏で讃美歌を一曲演奏しました。

そのあとでした、お客の家族のお一人がTYで活躍しているプロの歌手の方がピアノ演奏 続いてボーヤーレ(?)を素晴らしいハイバリトンで謡われました。そのごクリスチャンファミリーだったこともあって、現行讃美歌をファミリーで謡ってくださいました。

素晴らしいモーニングコンサートでした。

http://www1.hita-net.jp/~one-well/


  • [132]
  • ちょっとしたアコの伴奏がいいですね。

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2017年 7月29日(土)19時03分26秒
 
The Lawrence Welk Show: Marie Elena
https://www.youtube.com/watch?v=Tkg23m9Kwxg

ANACANI - "SPANISH EYES"
https://www.youtube.com/watch?v=_qVby3bp4rw


  • [131]
  • ド レ ミ~は何読みか?

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2017年 1月18日(水)16時59分44秒
 
今日は呼吸法があり4人で一時間の体操後 お茶お菓子などで楽しいお話をした中で、ドレミは何語読みなのか の話題になりました。

4人とも仙台のミッションスクール出身で、音符はドイツ語読みのC D  E
で、H(B)はティ だったよね~など。宣教師から英語でドレミの歌をおぼえさせられたけれど、確かにティだったね~と。 何十年も前の話題になり、ではドレミは何語なの? の話題になりました。
 調べたらラテン語から始まって イタリア語になったらしいと分かり、みんなで納得したわけでした。
 中学校の時には、手鏡で口だけをみて R と L  の発音の練習 上下の歯の間に舌を出す TH の発音の練習をさせられたね~などと タイムスリップした時間を楽しみました。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [130]
  • 126のの表について

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2017年 1月 9日(月)16時14分30秒
 
とても綺麗に書けたようですね。見やすいです。

ハ長調の同名調は主音をドとよむとあって、ラ A をド と読むとありましたが。

ハ長調の同名調はハ短調で主音はハ長調の  日本名のハ、ド C をDOとよむのではないでしょうか。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [129]
  • なんで Ebであり、F#でありAbでありBbなんだかが

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2017年 1月 8日(日)22時42分17秒
 
理論的にはともかく、実用上 なんで Ebであり、F#でありAbでありBbなんだか、(そのように表記するのか)D# Gb G# A#でないのかわかりました。

ATSUO様の表見て、・・なーるほど。似た発音にならないようにするには、
do- di -re -ma -mi- fa -fi- so- lo- la- ta- ti -do
ド- ディ-レ マ -ミ ファ-フィ- ソ- ローラ- タ-ティ -ド

紛らわしい音ないような気がしますね。
diはすなわちC#であり、maは Eb、fiはF# loはAb taはBb

これが、ri D#  si G#  li A#だと 紛らわしい発音になるのかもしれませんね。
          リ   シ   リ

これ、日本語の発音でもなんとなく区別ついて・・・・

などと勝手な解釈してしまうんですが・・・ほんとかな? 自分でも信じられないけれど・・・
ちなみに、アコやオルガンを分解してリードをみると、リードの刻印はべて「#」表記ですね。

  • [128]
  • 懐かしい読み方です

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2017年 1月 8日(日)21時57分59秒
 
私の母校私立ですが 中高校ではそのように読んでいました。大学に音楽学科があったので、公立より時間数が多かったかもしれません。意味が分からずド ディ レ リィ ~と読んでいました。


 Cツェ     D デ     Eエ   Fエフ       G ゲ     Aア        H(B) ハ

ド ディ   レ リィ  ミ   ファ フィ  ソ スィ  ラ  リィ  ティ

7音のシは5音のスィと区別するために ティと読んでいましたので、シと読むまでとても苦労したものです。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [127]
  • コダーイ・メソッド

  • 投稿者:ATSUO
  • 投稿日:2017年 1月 8日(日)21時06分14秒
 
階名唱で半音を明確に区別する一方法として、コダーイ・メソッド(画像)があります。

確実なもの(オリジナル)ではありませんが、私は数十年前に覚えて、便利よく使用しています。

tachinonさんが過去述べられているように、

ド→レ→ミ→ファ→ソ→ラ→シ→ド の音間隔は
 全・全・半・全・全・全・半

したがって 短調の音階は

la→ti→do→re→mi→fa→so→la

が素直なように私には感じられます。


  • [126]
  • 説明の図一寸直してみました。

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2017年 1月 8日(日)17時40分49秒
 
「同主調」とは「主」が同じ・・つまり「主音」が同じということですね。
だから、Cの「同主調」はCmなんですね。

Amは「使う鍵盤の位置がCと同じ」なので、「平行調」と考えればよいのですね。
CmとEb とかAとF#m の関係ですね。

で、「短調」の場合「主音」を「「ラ」とよむか「ド」とよむか・・・
 私は大人なって・・というよりほとんど爺にちかくなってから、アコ教室で「短調でも「主音はド」とよむべきだ」・・といわれて、「へぇー・・そうなんだ・・でも短調は「ラ」で凝り固まってるからいいわ」で、現在に至っているのです。

 よくわかんない私は、歌伴のとき、よく知らない曲の楽譜の#bの数だけみて、「3つだからEb !」なんて言って、先輩から、違うでしょ「Cm」だよ・・といわれたり、「マイナー」聞こえなくて、別の調になったりして・・・
はい、いまだに「長調と短調」の区別が・・・あやふやになってます。・・・中学校で習った記憶はあるんだけどね。・・・「ラ」で始まるとか・・・「書いて覚える」ことをしないといつまでたっても、覚えられませんね。自分で楽しんでいる分にはあまり支障がないので、余計に覚えない。

  • [125]
  • 平行調と同主調の違い

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年12月31日(土)22時23分51秒
 
なんだか高校の楽典を思い出しています。

ハ長調の平行調はイ短調なのでラシドと読みますね。今練習を始めたのはハ長調の同主調(同名調)です。主音が同じ調なので、ハ長調の同主調であるハ短調なので、ドレミと読んでいます。このように理解していました。

アコの先生の作詞作曲のハ短調の曲なのですが、高校時代を思い出しながら先生の楽典の話を聞いておりました。
では同名調と平行調の違いをどこで区別するのかというと、どんな臨時記号がどこについているのかで判別できるそうです。それぞれに長調と短調があるので楽譜をみて判別するのは、私にはまだまだ 即するのはできません。

ではどこが違うのかというと、臨時記号がどうなっているかで、短音階の調の3種類を見分けるそうですが、その点については全く理解するに至っていません。

平行調については、ほぼ3度下げてと考えられますが、同主調についてはあまり知られていないようで
理解力は低いのが私の現実のようです。


http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [124]
  • 文字で書くとフォント幅でずれるので

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2016年12月31日(土)09時07分8秒
 
図にしてみました。
で、私はATSUO様と同じくイ短調は「ラシドレミファソラ」ですね。

  • [123]
  • 訂正の訂正でした。

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2016年12月30日(金)19時35分35秒
 
ATSUO様にいわれて・・ミスに気づきました。

イ短調 のミはC#なので Cはミb
ソはG#なので Gはそb と書いたつもりなのです。
イ短調でなくて「イ長調」でした。

危ない危ない・・最近Face-Bookの入力の癖・・何故か「一気に書かないと挿入・修正がぐちゃぐちゃ」になってしまって、・・・私のパソコンだけかも・・・普通の掲示板等の書込みまで、戸惑つている私です。

  • [122]
  • RE「移動ド」のでの「短調」の階名

  • 投稿者:ATSUO
  • 投稿日:2016年12月30日(金)11時55分46秒
 
tachinonさん、度々興味ある話題の提供、ありがとうございます。

わたしも日本の音楽学校教育に毒された「移動ド」派なので、ある面共感を覚えるところがあります。

話が大分ややこしくなっていますが、イ短調(4)は、#もbもつかないので、(4)のままで良いと思います。 ひょっとして誤記でしょうか?

>ある先生が「短調であっても『主音』は『ド』であるべき」、
>と(5)の読み方で読むべきだ、とおっしゃっていた記憶がありました。

を見て、今までの疑問が半分解けたような気がします。

過去の宮川あきら氏がMCをされていた音楽番組で、「ソドレミ」シリーズを取り上げたことがあります。
曲の出だしの階名が「ソドレミ」となっている曲を集めた趣向だったのですが、その中で、短調の曲にも「ソドレミ」曲がたくさんあるということで、例として荒城の月を出されていました。
私の階名唱感覚では、
♪ミミラシドシラ♪
なのですが、宮川氏は、これを
♪ソソドレミレド♪
と紹介されていました。

大いなる違和感を感じました。
番組を面白くするために、かなりこじつけて拡大解釈しているな!
と感じていたのですが、これまさに(5)の読み方ですね。

NOELさんの投稿で、
>ハ短調の曲に入っていますが、たまたまハ長調と同じ階名読みなので
>何とか頑張っています。

というのを拝見し、ハ長調と同じ階名読みの短調はイ短調でしょう?
と突っ込みを入れたかったのですが、あまり変な書込みをすると、
何か揚げ足を取っているようにも思われるので、やめていました。

NOELさんも移動ド派で、(5)の読み方をされているのですね。

謎が解けたような気がします。
が、感覚的には私にはしっくりしません。

PS:暫く留守にしますので、即RESできないかもしれませんが、悪しからず。


  • [121]
  • 下の表訂正

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2016年12月30日(金)09時58分15秒
 
フォントの幅の関係で・・・イ短調階名のところずれちゃいました。

イ短調 のミはC#なので Cはミb
         ソはG#なので Gはそb と書いたつもりなのです。

  • [120]
  • 「移動ド」のでの「短調」の階名読みは?

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2016年12月30日(金)09時55分21秒
 
 私は「移動ド」なんですが、「短調」の場合の読み方が、なんかいろいろあるように感じました。

実際の音  A B C D E F G A B C・・・・(1)
ハ長調階名     ド レ ミ ファソ ラ シ ド・・・・(2)
イ長調階名 ド レ ミ ファソ ラ シ ド・・・・・・・・(3)
          b            b
イ短調階名 ラ シ ド レ ミ ファソ ラ・・・・・・・・(4)
イ短調別な ド レ ミ ファソ ラ シ ド・・・・・・・・(5)

で私は イ短調の場合ラシドレミファソラの(4)で読むのですが、ある先生が「短調であっても『主音』は『ド』であるべき」、と(5)の読み方で読むべきだ、と
おっしゃっていた記憶がありました。
・・もしかして、私の聞き違いなのかもしれませんが

「移動ド」の利点は、ドレミファソラシドの音の間隔が「全全半全全全半」でどの調でも一定なのが利点・・と思っていたのですが・・・いかがなんでしょう。



  • [119]
  • 瞬間移調のコツは~

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年12月27日(火)21時45分15秒
 
私のアコの先生は瞬間的に移調演奏ができるのです。

 まづ階名でしっかりと読める事 その調のスケールを練習すること 移調する曲の調で階名読みをし
 てスケールの練習をしたのちに演奏する

私は固定度で楽譜を読むのには疑問を感じています。移動度読み 階名読みに賛成です。というのは半音感 例えば ミフア シド の様な半音階をどのように感じ取るのでしょう。

スケール練習の必要性は、このような移動度で読み込む必要から発生した楽典と考えています。
今 ハ短調の曲に入っていますが、たまたまハ長調と同じ階名読みなので何とか頑張っています。




http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [118]
  • 賛美歌の伴奏

  • 投稿者:川井浩
  • 投稿日:2016年12月27日(火)17時44分58秒
 
うる覚えですが確かに旋律と歌詞しかなかったような気がします。マンボやチャチャチャのリズムは聞いた事は有りませんが、いつもベターっとしたリスモ感のない伴奏だったような気がしますけど。

  • [116]
  • Re いい加減調 

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2016年12月27日(火)09時13分22秒
 
下の記事に関連することで、聴いた話なので・・どこで聞いたかも忘れましたが・・
ドイツの讃美歌の伴奏譜は、「メロディ」しか書いてなくて、伴奏者が、自分で考える(簡単にいえば、自分でコードつけする・・ということに)・・ということですが・・・
ドイツ事情に詳しい川井様、いかがなんでしょうか。

  • [115]
  • Re いい加減調

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2016年12月27日(火)09時08分28秒
 
>その音にあったベースを選んで弾いてしまっていたりすることが往々にしてあり、自然に移調している・・・・

 知り合いに、ちゃんとした音楽教育をうけたかたが何人かいらっしゃいますが、音大でてたとしても、それだけでは上記のことは難しいとのこと・・。
 あるオルガン奏者(ピアノが専門だったかな?)は「コード」は、卒業してから、「はぁ?なにそれ?」で、自分で学んだそうです。

 一寸ギターかじった程度の人なら、たいていできる「曲のコード付け」もなかなか難しい・・とのこと。

 音楽は音楽の時間でしかなら習わず、楽典も音楽の教科書に書いてある程度の知識しかない、・・しかも五線譜は#bが複数になったら「数えていた」私めにとって、「まさかぁ」であり「へぇー・・・!」なのですが、そんなものだとのこと。

 川井様、それは、弾っている本人が自覚してないだけで、結構大変なことだ・・・とのことだそうです。
 もちろんそうでない方もたくさんいらっしゃるとは思いますが、・・・・


  • [114]
  • 移調、変調、いい加減調

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年12月27日(火)07時09分58秒
 
私の場合は、楽譜を読めるのはbも#も2個までが限界で、そもそも苦手です。 楽譜を見て即弾けるなんて芸当は夢のまた夢です。
私の場合は自分の頭に残っている音楽や、You Tubeなどでの音楽を聴いて、即興で真似して弾いているだけなので、ATSUOさんのおっしゃる「即興派」に属するのだとおもうのですが、なんとか調子を見つけてその音に合わせて弾いていて、それにあうベースもなんとなく見つけて、弾いているうちはまだいいのですが、しばらくすると、何調だったかを忘れてしまい、自分で弾きだすときには、いい加減な、別の音からスタートしてしまい、その音にあったベースを選んで弾いてしまっていたりすることが往々にしてあり、自然に移調している、といえば聞こえがいいのですが、「いい加減調」になっております。 で、また、言い訳も用意してあって、その時の気分の音で弾けば良い。、その時の自分の気分に合えば良い、弾きやすい調で弾けば良い(結局、白鍵が多い調になっている)という具合で、オリジナルの調にとらわれないというか、無視というか、そういう体たらくなの自称「テキトー派」です。

  • [113]
  • Re RE_アコ歌伴練習  追加

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2016年12月26日(月)23時34分59秒
 
楽譜は、パソコン・・Print Music2001(最近はプリント時のみフィナーレ ノートパツドという同じファミリーのフリーソフトの最新版)を使用してますので、一度入力してしまえば、移調も一瞬です。
とはいえ、・・お玉が上下するので、歌詞やコードネーム等レイアウトの変更は必須ですが・・これ以外と手間取る・・(笑)

  • [112]
  • Re RE_アコ歌伴練習

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2016年12月26日(月)23時28分23秒
 
ATSUO様 レスありがとうございます。

>移調の練習をされるとき、全てのキーでそれぞれ移調した楽譜を準備されていますか?


すべてのキー・・今のところA・D・G・F・Bb・Ebの#b3つまでですが、をプリントしています。もっとも練習できているのは、上記の3つだけです。・・C調は無しでも打てますが。

>それとも楽譜は「F」の1種類だけで、頭の中で「Bb」、「Eb」、「D」に移調しておられるのでしょうか?

これが出来れば・・というか、これが出来るようにこの練習をしているのですが・・・ギターのカポタスト、アコの左手・・のようにはいきませんよね。

というか、私がとりあえずの目標にしているのは、右手が「前奏メロ、コード打ち~間奏&オブリガード、後奏」。左手が「普通のベース・コード打ち、コード打ち、ベースソロ」というところです。

 とはいえ、現実は、右で「ベタコード」レベルなので、まずは、右手で#b3つまでの調の3コード+副3和音を「指をなるべく動かさないで」(つまり転回形も含めて)を「無意識に押える」ことです。

ので、楽譜というか、コードネームを表記したカンニングペーパーの類が必要になります。

 それに、楽譜を初見で・・なんてとてもできません。たとえハ調で書いてあっても、リズムがとれない。・・結局、機械に頼り、機械に模範演奏してもらい、耳コピです。

 ちなみに、私も一寸だけかじったギターでは、「オリジナル(Vo)Eb Capo3 PlayC」なんてバンドスコアがあるように、カポタストがあるので、「絶対音感」の人以外は、自然に、トランスポーズ出来ますね。(PP&Mのバンドスコアとか昔買いました。)

 最終目標は「即興派」ですが、道は遠く険しく・・地図もない・・(笑)。

  • [111]
  • RE_アコ歌伴練習・・・

  • 投稿者:ATSUO
  • 投稿日:2016年12月26日(月)22時30分40秒
 
tachinonさん、伴奏練習の紹介、ありがとうございます。

tachinonさんは、
>「オリジナルKeyの「F」調で練習し、次にフラットを増やして「Bb」「Eb」、
>そして、意外に多い「D」(#2つ)

と移調の練習をされるとき、全てのキーでそれぞれ移調した楽譜を準備されていますか?
それとも楽譜は「F」の1種類だけで、頭の中で「Bb」、「Eb」、「D」に移調しておられるのでしょうか?

過去、私が逢ったアコ演奏者は、概ね「楽譜派」と「即興派」の2種類に分れるように思います。

前者は、几帳面に自作の楽譜を用意されている方が多いようです。
このタイプの方は、初見が効く方が多く、キーを変える場合は、それぞれのキーの楽譜を複数用意されることが多いように見えます。
絶対音感を持っているかどうかは別として、楽譜をそのまま音名で読取って弾かれているように見えます。所謂「固定ド」の方法ですね。

一方、私もそうなのですが、後者のタイプは楽譜を読むのが苦手で、覚えたメロディを(音名ではなく)階名で頭の中で再現して適当に弾きます。こちらは「移動ド」に該当します。
移調時も、全て階名で再現するので、楽譜は使いません。

勿論、どちらでも自由自在に操れる羨ましい方もいらっしゃいます。

どちらが便利かは一長一短があって一概に断定できませんが、私は後者のスタイルでもう固まってしまっているので、#やbの多い楽譜を見ながら初見で弾くような芸当は絶対にできません。
ただ、過去少し齧っていたギターの演奏では、#4つくらいまで、前者の方法ができていたように思います。

世の中、特にアコ歌伴の世界では、どちらのタイプが多いのでしょうね?
興味のあるところです。


  • [110]
  • 下の投稿の経過報告

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2016年12月26日(月)17時08分40秒
 
 とりあえず、「青いジャバ」をオリジナルKeyの「F」調で練習し、次にフラットを増やして「Bb」「Eb」、そして、意外に多い「D」(#2つ)で。
同じ調で何度も何度も、飽きるくらい・・別の言い方をすると「惰性で」・・・

でも、練習しても時々間違う。
そして、譜面(コードのみ見てるだけ)を見ないとだめ・・・・

でも、100回以上・・Net情報によれば500回くらいすれば覚えるらしい・・・当然正しくやって500回・・ということは、間違わないスピードで・・ということは、超スロー・・・で繰り返して・・

「手が勝手に動く」までできることが、目的

・・道はかなり遠い・・・・はず・もしかすると「練習方法が間違っているのかも・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今月の歌声喫茶の伴奏のお手伝い・・・「枯木も山の賑わい・・」にいったところ、「それなりに」手が動いてきた・・。
 少し、ほんのちょっとだけれど手ごたえがありました。
 もうすこし×1000倍くらいやれば、もしかすると「メロを聴いて手が勝手に動く」かもしれない・・・
 などという妄想を信じて・・・
 まぁすぐにはできないけれど、まずは Bb・Eb・D位までできればなぁ・・・

来年中にできるかなぁ・・無理かも・・
でもやらないよりは、やった方がいいから、飽きずに「惰性で」やりたいなぁ・・・・希望


  • [109]
  • アコ歌伴練習・・・

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2016年11月 8日(火)19時55分44秒
 
 今日は、某所でツキイチの歌声喫茶のお手伝い。・・といっても私の場合「右手でべたコード」のみ・・・(涙)・・・なのですが、
で、夏に「伴奏講座」で教えられたこと、

〇 「すべての調(12調)で、自然に「主3和音」「副3和音」を右手で自在に押えられるように」・・・・ということで、
つまり、C調(ハ長調)なら、C-F-G と Am-Dm-Em(E7)を「自在に押えられる」こと


 これができるようになるための練習方法を工夫してみました。

 まぁ私の場合、「万年チョー初心者」レベルなので、この掲示板を見ている方には、「何ぁーんだそのレベルか」かもしれませんけれど・・・


 それは、「カラオケ」ならぬ「逆カラオケ」で、上記6和音が入っている曲の「逆カラオケ」・・・つまり、メロのみを作って、それにあわせて練習すれば良い・・・と考えました。

 曲(メロ)をシーケンサー(機械に音符を入力すればその通りに「機械的に」演奏してくれる、いわば「音楽専用コンピューター」)に「メロディ」を入力して、それに合わせて、右手でコード、左手でベース音を鳴らす練習をすれば、「手に」覚えさせられるかも・・・・

 シーケンサーで音を出す・・ということは、テンポもきっちり正確だから、メトロノームに合わせたのと同じ効果。

 ということで、アコーディオンが合う曲で、6コード全てはいっている曲は・・・
 見つけた曲が「青いジャバ」 6コードすべて出てくる3拍子、


 手もとにあったその楽譜のキーは「F」(つまり「へ長調」) F Bb C7 Gm Dm(D7) A7が散りばめられている。

 まずは、楽譜をみてシーケンサーにメロのみいれて、・・・メロのみだと早い・・・。

 装飾音符もオブリガートも(譜面にかいてないので)なし。シンプル メロディ で・・

 それから、 タイミング用に 頭に2小節くらいリズム(どん・ちゃん・ちゃん・・位)をいれて、それを鳴らしながら、アコを弾く。

 勿論テンポは、教祖様のお教え通り、半分以下にまで落として、超ゆっくり・・・でないと、手が追い付かない・・・
「眠くなるくらい」ゆっくりまでは、機械の制約もあり半分とか1/3程度が限度・・・それで正しく弾けるようになったら・・スピードを上げよう・・・。

 同時に、その楽譜を楽譜清書ソフトで描き直して(つまり電子楽譜化する。)コードネームも入れる。
 すると、必要なときは、一瞬にしてF調をG調 Eb調・・・にできるのが、電子楽譜の良いところ。

 C調ならともかく、F調でメロ聴いて、譜面(コードネーム)見ないで6コード押えられるほど上手くない・・・それが出来るように指に叩き込むのがこの練習の目的

 まずは、F調でうまくできたら、「キーチェンジ機能」をつかって別の調にして、・・・まぁ全音ずつキーチェンジさせるのが妥当かと・・・

「F♯調」みたいに半音あげなんて、今の時点ではとんでもない。・・・でも、いつかはできるようになりたい。

・・・・ということで、少し練習してみたら、今日はC-Am以外のでも、少しだけだけれど、みないで「手が動いた」・・もしかして、効果あったなかなぁ・・・??・・・きのせい・・かも。

  • [108]
  • 印象深いアコーディオンの伴奏に注目

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 9月 4日(日)09時56分3秒
 
歌っているスイスのSchuepferi Meitleの二人の歌もとても素敵なのですが、そのわきでDEGAのアコで伴奏をする男性の伴奏が控えめなのに光っている。 歌をしっかりとした支えして出しゃばらず、しかし、おかずをそっと効果的に入れる。 にくい演奏だ。

Schüpferi Meitli mit dem Siegertitel S' Härz vonrä Muetter - Alpenrose
https://www.youtube.com/watch?v=TmrWZyVD1BQ

こちらはオーストリアのMargret Almer。 こちらは映像の編集時にアコのおとをチューニングしてあるのだろう思いますけど、アコの音を際立たせていて、掛け合いで演奏するアコのサウンドが素敵。
Margret Almer - Kuckucks-Jodler
https://www.youtube.com/watch?v=FhYVWGRQcAE

伴奏のしかたで、アコの存在が、横森良蔵さんスタイルといってはなんですが、もうちょっと素敵な、印象深い演奏になるんだなぁ、と感じた次第です。


  • [107]
  • あるところで弾いてきましたが~

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年 7月11日(月)21時52分56秒
 
同窓会支部で演奏した時のことです。独奏後に私のアコ伴奏で全員合唱を2曲しました。
津軽の故郷 水色のワルツの2曲でしたが、なかなかどうして難しいものでしたよ~。
メロディーをしっかり弾けたのですが、謡われる方たちのテンポ クレッセンドの部分のリツトが気分を出して出して リツトのダブル ということで、アコでリードするということは今回はしないで、乙女にタイムスリッフして歌っている気分を大切にした演奏を心がけました。

いや~歌伴は難しいですね。でも気持ちよさそうに昔乙女が謡う伴奏って、なんて気持ちがいいものなのでしょうね。
勿論アンコールがかかりましたが、「次回は一曲でいいから準備 練習してきてね~」ですって。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [106]
  • 川井さん、はなまる、ありがとうございます。

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2016年 7月 6日(水)20時34分4秒
 
6月に調律してもらって調子がよくなったコブラも一緒にがんばりました。コブラもよろこんでいると思います。
決していい出来ではなかったですが、アコーディオンだから、なんとかできたのかもしれないですね。
私はもうちょっと距離がありましたが、笑星さんのようにおばあちゃんの隣まで来て同じ目線で弾かれるのは、ステージ的な部分と、客席的な部分にわかれてやるのとはお互い気持ちも違うでしょうね。

わたしはアコーディオンだから呼んでもらえたのかな??という気もしています。ものめずらしさには頼っていられないですね。ステキに弾けるようにがんばります!
ありがとうございます


  • [105]
  • 千明さんの勇気に拍手!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 7月 6日(水)05時31分43秒
 
千明さんのレポート読んで、感動してしまい、いろいろと書きだしているうちに、まとまらなくなってしまって、いつもの脱線が始まり、ついに、時間切れとなり、投稿が遅くなってしまいましたが、素晴らしい! よくできました。 良い子です。 はなまる。

千明さんのレポートを読めば読むほど、アコーディオンという楽器と、その演奏方法というか、聴く人との距離感が、庶民的というか、気取らないというか、本当の心の触れ合いにつながる、建前とか義理ではなく、人情だなぁ、と感じる、そんな世界を作り出す楽器であり、文化なんだなぁ、と感じます。

そういえば、笑星さんのご投稿やお写真を拝見したときも、これまた感動してしまい、いろいろと書きだしているうちに、いつもの脱線が始まり、ついに、時間切れとなり、投稿がおそくなってしまいましたが、これまたすばらしい! よくできました。 良い子です。 はなまる。


  • [104]
  • ありがとうございます

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2016年 7月 5日(火)20時51分6秒
 
オルガンサロンNOELさん、いつも応援してくださってありがとうございます。
NOELさんもいろんなところに弾きに出かけてすごいなといつも思っています。
会合での演奏がんばって下さいね。みなさんを魅了しちゃってください!

笑星さんもありがとうございます。嬉しいです。
「すごい、かっこいい!」の男の子はお琴などにも興味しんしんで、とてもかわいくて、彼のおかげで心が和みました。
アコーディオンから話はそれますが、息子さんのアトピーがよくなってよかったです。
わたしもずっと薬は使わず、食事を見直したり薬草を摘んでみたり、いろいろやりました。何が効いているのかよくわかりませんが、おかげさまで今は夏以外はほとんど気にならないくらいになりました!
お気遣いありがとうございます。

tachinonさんも、こんにちは!
tachinonさんのお写真も拝見しましたよ。どうみても「爺」なんてまだはやい!です。
わたしだったら、グループでやるのもみんなの足を引っ張ってしまったらどうしようとか、合奏するには楽譜がちゃんと読めないと困りそう、、とかいろいろ考えてしまいます。
グループだから楽というわけでもないですよね。
グループの演奏も、歌伴もがんばって下さいね。

ATSUOさんもありがとうございます。
私が行ったのは介護施設ではなくて、公民館のようなところで元気なお年寄り(、というにはお若い皆さまばかりでしたが!)の集まりでした。つたない演奏でもみなさん盛り上げてくださり、
しゃべるのは本当に苦手なのですが、お世話係の方がMCも助けてくれて、演奏は一人ですが、自分一人の力でやったというわけではなかったです。
私は歌伴奏は初めて。独奏含め人前での演奏もまだ5回目です。
呼んでいただいたので弾きに行けましたが、まだ自分から押しかけていく勇気はありません。ATSUOさんの方がよほど経験も行動力もおありだと思います。


今日お世話係の方から、ご自分で描いたと思われる素敵な椿の絵はがきのお礼状が届いてうれしくなりました。
全然うまくはできませんでしたが、アコーディオンをやってよかった!いい演奏ができるようになりたいです!
皆様ありがとうございます。


  • [103]
  • 伴奏デビューおめでとうございます

  • 投稿者:ATSUO
  • 投稿日:2016年 7月 5日(火)12時21分45秒
 
千明さん、伴奏デビューおめでとうございます。

施設への単独ボランティアデビュー、初めてでしょうか?
もし違っていたらごめんなさい。

私も時々気まぐれにおしかけボランティアもどきを行うことがありますが、一人ではなかなか行けません。

”誰かMCと歌のリードをやってくれる気の合った相棒”がみつかれば と無いモノねだりで、社協等にも打診してみたこともありますが、なかなか思うようにはゆきません。

音楽療法士の資格を持った方でMCも歌リードも上手い方はいらっしゃいますが、そもそもそのような方は、自分で歌いながら伴奏もこなせる方が多いので、わざわざ下手なアコ伴など必要とされていないようです。

千明さんはMC兼アコ伴を一人でこなして、皆さんを楽しませておられるとのことで、その行動力に脱帽です。

益々の御活躍を期待しております。


  • [102]
  • 千明さん すごぉぉぉぉぉぉい!

  • 投稿者:朝からネット徘徊しているtachinon爺
  • 投稿日:2016年 7月 5日(火)09時58分18秒
 
千明さん、ひとりで、弾ったんですね。・・すごぉぉぉぉぉぉぉーい。
私もたまに、歌伴の真似ごとをすることがあるけれど、「みんなでやれば怖くない」で、ひとりで弾ったことほとんどないですね。
すごいなぁ・・やつぱり若さと、バイタリティと努力と、基礎と、才能・・・
先週、アコ歌伴講座に行ってきたけれど、・・習ったことを自分のものにするのに、1年以上かかりそうですね。


  • [101]
  • すごいすごい!!

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2016年 7月 5日(火)01時52分1秒
 
 千明さん、素晴らしいですね!

 誰にでも、どんなことにも、「初めて」というのはあるもので、キンチョーしますよね。それを乗り越えて、挑戦するあなたの勇気と、アコーディオンへの愛情があふれるリポートで、うれしくなっちゃいました!
 ありがとうございます。元気をいただきました。

 それにしても、この掲示板で、教祖様や、オカルト妹さんのご指導を得られたこと、またとない経験ですね。オカルト妹さんの歌伴講座は、私もメモメモでした~。選曲や、曲順、どれも「なるほど」ですし、「いいね、いいね~」って思いますもの。

 ことに、男の子に「カッコイイ」って言ってもらえたのは、うれしいなぁ。彼は将来、アコーディオンを弾くようになるかもしれませんよね。うふふ。

 夏場のアトピー、大変ですね。うちの長男も、ある時期ひどい症状でしたが、おばあちゃんが摘んできてくれたドクダミを乾燥させたものを、煎じて麦茶代わりに飲ませていたところ、格段に良くなりました。まぁ、こういうのは、おひとりおひとり、違うので、なんともいえませんが、暑い夏を、どうぞ、少しでも穏やかにお過ごしくださいね。

  • [100]
  • 千明さん 素晴らしい!

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年 7月 4日(月)22時46分56秒
 
久しぶりのホットなニュース、千明さんの素晴らしいご活躍の様子に大きな拍手を送ります。
随分沢山の曲を弾かれたのですね~。71歳の私は今週の土曜日にある会合で弾くのは2曲だけなのに、すごいです。

オカルトマニア2号さんのアドバイスも的確で、実践できて良かったですね。またお気に入りの映像をアップしてくださいね。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [99]
  • 2か月前に歌伴奏のアドバイスをたくさんいただいていました、千明です

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2016年 7月 4日(月)20時48分35秒
 
先週、行ってきました。

車で会場に向かう途中、念のためトイレに寄っておこうと家具屋さんのトイレに寄ったら、、、ズボンが後ろ前でした。。
(自作のゴムズボンだったのでファスナーがなく、間違えた)
うわ!はずかしい、良かったこのまま行かなくて。。
ズボンの前と後ろもわからないほど緊張していたのです。。。

会場につくとすでに30~40人ほどの方(ほぼ女性)が体操をしていました。
孫でもない私がおばあちゃんと呼ぶのは失礼な若々しい方ばかりだし、
「あれ、10人くらいと聞いてたんだけど、聞き間違い!?選曲古かったかな?」と
リサーチ不足に冷や汗をかきながら始めました。
あちこち間違えてしまうし、伴奏の曲はみなさんの歌う速さに合わせようとしてしまい、安定しなくて歌いづらかったのではないかと反省しています。
曲の合間合間にはちょっとしゃべったのですが、何をしゃべったか思い出せません。。

そんなでも皆さんやさしくて、ちゃんと聞いて、歌って、時には手拍子やちょっぴり歓声をいただいたりしました。
「北海道から嫁いできたので「瀬戸の花嫁」は初めて見た瀬戸内海の景色を思い出す」
「テネシーワルツは世代なので嬉しかった」、など言っていただけて嬉しかったです。

初めての曲が多く不安で譜面台を置いたのですが、緊張で譜面を目で追うことが出来なくて、覚えさせた指がたよりでした。結局、笑いながら客席を見たりしているので、かえって余裕そうに見えるという、何がなんだかな状態でした。
譜面台が邪魔で、向かって右側の方たちからアコーディオンが見にくかっただろうとか、一曲位は客席を歩きながら弾けたらよかったかな、とか、、
後になって、こうすればよかったということが出てきます。

オカルトマニア2号さんに教えてもらった曲順、キー、何番まで歌うかなど、実際やってみてバッチリだと思いました。さすがプロ!感謝しています。
自分のぶんも歌詞カードを用意してもらうと記念になりますよ、ということで私ももらったのですが、曲目をお伝えする時に送った手紙に書き添えた猫のイラストを歌詞カードにのせてくれていたのです!本当にいい記念になりました。アドバイスありがとうございました。

笑星さんの施設訪問の写真も拝見しました。
大きく口を開けて歌うおばあちゃんたちと笑顔の笑星さん素敵ですね!
私は、「どうしよう、もう笑うしかない!」という顔なので、笑星さんのような自然な笑顔に憧れます。
またきてねと言ってもらえたので、私も今度行くときにはもう少しいい演奏、たのしいおしゃべりも少しはできるようになりたいです。



その3日後にはお寺のイベントでパリの空の下、上を向いて歩こう、人生のメリーゴーランドを弾きました。3拍子のアコーディオン定番曲のようなのを2曲入れてしまい、1曲は違う曲にすればよかったと思いました。
100名くらいのお客さんを前にものっすごい緊張で、またもやあちこち間違えるし、大量の汗がどんどん目に流れ込んできました。
もう、下手だから、間違うと恥ずかしからと、音と動きが小さくなってしまわないように、
ダイナミックに弾くのだ!というローマのkibiさんの教えを実践することだけでした。。。
ここでもみんな優しくて、「よかったよ、がんばったなぁ。」と何人に声をかけていただき、
「すごい!かっこいい!」といって(誰にでも言ってくれるのですが笑)寄ってきてくれた男の子がいてとてもうれしかったです。


先週の2回の演奏で、落ち込んでしまいそうなところも沢山出てきましたが、直していけばよくなれると前向きに考えようと思います。

それに沢山の方に支えられて弾けてるんだと改めて気づきました。
いろいろアドバイスしてくださる掲示板の皆さまにも感謝しています。
いつかも言いましたがアコーディオンを始めなければ、弾きに出かけなければ、一生ないような体験ができてよかったです。その分悩むことも増えますが。4年前までの私が知ったら驚くだろうな。

私は夏にひどくなるアトピーで、これからあまり弾かない日が多くなると思いますが、秋になったらまた、たくさん楽しく弾きたいです!

今後もご指導よろしくお願いいたします。



  • [98]
  • 大事にしたいこのExcelsior

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 6月11日(土)07時05分4秒
 
MM、34鍵・120ベース、まさに、歌の伴奏専用に作られたようなモデルですね。 小型軽量、で、12ベース。 音域は、人が普通に歌える範囲内で十分。
今は、なかなかこういうアコのモデルを探すことは難しいです。 このアコは大事にしたいモデルですね。 特に、笑星さんのお年寄りへの応援歌をサポートするにはベストのマシンだと思います。
アコラッピングでも、ときおりデザインを変えて登場すると、これまたお年寄りたちの話題となり、脳の活性化に役立つかもしれません。
で、笑星さんはお若くて美しいだけでなく、ユーモアたっぷりで、お年寄りたちを喜ばせる愛情に満ち溢れている。 お仕事の一環とはいえ、ある意味で様々なつらい経験をしたうえでの、強靭な精神と信念をお持ちの方だとお見受けしております。
それが、人の、笑いを誘い、楽しさを誘う。 その人間的な魅力が一番の魅力ですね。 で、アコと歌があるからお年よりもつい大きい声で歌っちゃう。
こうなると、それは単なる技術では無くて、人間力なのだ、ということがだんだんとわかってくる。
アコで人を楽しませるということは、人格を形成し高めてていくことなのだと。

と言って、ピロシーストラは今日も地方巡業のセールスで、アコを弾く時間が無い、とぼやきながら、安ホテルの食べ放題朝食に向かった。


  • [97]
  • ありがとうございます

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2016年 6月10日(金)07時16分27秒
 
NOELさま、讃岐のアコ吉さま、写真を見て頂き、ありがとうございます。

そうなんです、とっても皆さん、楽しそうでした。大きい口でしょ?
このお口を見ていただきたかったのです。

写っていませんが、10名くらいの利用者さんでした。ちょっとした体操や、おしゃべりで、大笑いもしてもらいましたので。

 アコラッピングは、今の川井さんちのチロリアンベルトにあったものを考えなくては、と思っています。

 このときはまだ、ベルトが古くて下がりっぱなしでしたので、今現在のピタッとフィットしたのを見ていただきたいのですが、その後も2か所ぐらい訪問はしてるのですけれど、現場の方に写真を撮ってくださいとはお願いしにくくて…。ほんとは、動画があればいいですけどね。皆さん介護中ですので、お願いはむずかしいですね。



  • [96]
  • 写真に学ぶ

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2016年 6月 6日(月)22時37分28秒
 
笑星様

超多忙にもかかわらず私の質問を気にかけていただきすみませんでした。

写真を見て笑星様は色白でシワ一つ無く明るい美貌のご婦人であることがよく

分ります。若々しくて本当にうらやましいです。

写真から現場の素晴らしい雰囲気がとてもよくわかります。

笑星様の表情いいですねえ。勉強になります。

  • [95]
  • 施設のあり方の原点を見ましたね

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年 6月 5日(日)21時26分42秒
 
笑星さん 寄り添うケアのあるべき姿を教えられました。いいですね~
少人数のグループでまさににスキンシップができる距離にあって、この姿が理想的だという証拠が、利用者さんたちの大きく開けて歌っているお口のおおきさでしようね。

 楽しそうです。笑星さん自身も本当に楽しそう。久しぶりの現場での実践を楽しんでいらっしゃる姿は、とても美しいですよ~。

 私も8月に仙台の施設での実践があるのですが、一人でご訪問するのですが、レパートリーが少ないので、アコ オカリナ アンデス なども使いながら、一緒に楽しむ事ができたらいいのですが。

 アコラッピングもかわいいですね~。高齢者への寄り添う姿を勉強させられました、ありがとうございました。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [94]
  • 宵待草の思い出

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2016年 6月 5日(日)15時50分10秒
 
 讃岐のアコ吉さまのご質問に何も反応できず、申し訳ありませんでした。私も月末の異様な量の業務に忙殺されており、気になりながら、投稿できませんでした。オカルト妹さんの素晴らしいアドバイスに、ほっとし、私自身も勉強させていただいています。

 宵待草の曲を、必ずリクエストされる利用者さんがいらっしゃいました。90代女性。リクエストはされるのですが、決してご自分では歌われず、「お願いだからあんた歌ってちょうだい」と言って、目を閉じて聞いておられました。
 この方は戦争未亡人。ごく短い結婚生活から戦地に送り出されたご主人は戻られず、女手一つで子供さんを育て上げるため、公務員の資格をとり、エネルギッシュにいろんなことに挑戦し、常に新聞も読む方でした。

 普段は明るい、意欲的なこの方が、「宵待草」を聴くときだけは、瞑目し、じっと祈るような姿でおられた。どんな思いで「待てど暮らせど来ぬ人を」と歌ってこられたのか…。はかり知れませんが、その方も一昨年、お亡くなりになりました。
 けれど、その方のお姿は、私がこの曲を聴くたびによみがえります。何か不思議な気がします。




 以前報告しました5月初旬の、デイサービス訪問時の写真ができました。お便りには、このように記されていました。なんだか気恥ずかしいのですが、転載させていただきます。許可は得ていますが、個人名は伏せますね。


   笑いあり、涙あり感動の60分

 先月の「うむい」の○○ちゃん先生の記事を読んで「ぜひ○○先生のお会いしたいです!」と言って訪ねてきてくれたのは○居宅介護支援事業所の笑星さんです。細身の体に重さ7kgのアコーディオンを抱え、ステキな歌声を披露してくださいました。若かりし頃、何度も口ずさんだであろう懐メロや童謡を聴き、○○先生は教壇に立ったあの頃のようにおなかの底から声を出し、ある人は記憶をたどるかのようにゆっくり目をとじ、ある人は満面の笑顔で手をたたき、ある人はしっかり笑星さんを見つめ、ある人はあふれる涙をこらえようと口をしっかり閉じました。お一人お一人のこれまでの人生を垣間見たような気がしました。


 利用者さんに寄り添うケアがなされている、とてもあたたかい施設でした。このときはまだ、新しいベルトが届いておらず、アコーディオンが下がり気味で、老眼鏡も下がってます。大村崑ちゃんみたい(古いですね~)。





  • [93]
  • オカルトマニア2号様

  • 投稿者:ATSUO
  • 投稿日:2016年 6月 2日(木)20時57分4秒
 
オカルトマニア2号様

「音の出るルービックキューブ(ボタンアコ)」で少しばかり悩んでいるアラカン(♂)です。

音楽療法、施設訪問、公園演奏等、実行力に感心して拝見しております。

私の実力・行動力はとてもそこまで及びませんが、こちらこそどうぞ宜しくお願い致します。


  • [92]
  • アコ吉の涙やまず

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2016年 6月 2日(木)19時51分43秒
 
オカルトマニア2号様

多忙にもかかわらず心のこもったコメントありがとうございます。

うれしさと感謝と感動で老アコ吉は涙ぐんでおります。

宵待草・・・・間奏の部分が大好きで深い想いを感じられる妹様の感受性と
       音楽の魅力を伝えるために間奏をこそ大切にされていることに
       感銘をうけました。とても教えられました。
       妹様の一言一句身に沁みます。

平城山・・・・解説ありがとうございます。感動的なお話が隠されているんですね。
       伴奏の際にこのお話、引用させていただきます。

いつもながらの素晴らしいコメントありがとうございました。

アドレスつきましては怖れ多いので本掲示板でいろいろと教えて
いただければありがたいです。
       

  • [91]
  • 宵待草=オオマツヨイグサ

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2016年 6月 1日(水)21時00分45秒
 
宵待草という名前の草は存在せず、wikipediaによれば「宵待草」の呼び名は竹久夢二の作詞による流行歌の題名に誤記された名称が定着したものだそうです。

【マツヨイグサ】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%A8%E3%82%A4%E3%82%B0%E3%82%B5

また、この花は散ることはなくしおれるのだそうです。以下のサイトで二番の歌詞のエピソードを知ることができます。

【二木紘三のうた物語】
http://duarbo.air-nifty.com/songs/2007/01/post_dab8.html
引用始め---
夢二が亡くなってから4年後の昭和13年(1938)、夢二人気に便乗して『宵待草』という映画が企画されました。その際、3行詩だけでは映画の主題歌としては短すぎるということで、夢二と親しかった西條八十が2番の歌詞を作ることになりました。八十は最初、2番の2行目を「宵待草の花が散る」としていました。しかし、宵待草の花は、散らずに、茎についたまましおれるのが特徴です。それを人に注意された八十は、のちに変えました。
---引用終わり

田畑と鼻をほじくるだけでなく、重箱の隅もほじくってしまいました~ <(_ _)>

オカルトマニア2号 さんへ
いつも丁寧な説明をありがとうございます。


  • [90]
  • 宵待草の伴奏について

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2016年 6月 1日(水)18時25分51秒
 
遅くからの投稿、ごめんなさい・・。


讃岐のアコ吉様

つまらない質問だなんてとんでもないです。とても忙しかったことと私事情により、掲示板を開く事が出来ず、今になってしまいました。

今回もアコ吉様のご質問により、この2曲について深く勉強させて頂くことができました。ありがとうございました。


「宵待草」

♪待てど暮らせど 来ぬひとを

 宵待草の やるせなさ

 今宵は月も 出ぬそうな


1番の歌詞は、大正浪漫を代表する竹久夢二が詠んだ三行詩でしたね。

恋多き夢二は明治43年、妻子と千葉、銚子の海岸に旅行に行った時に、19歳のカタという女性と禁断の恋におちてしまう・・。

文通を続けあまりの会いたさに翌年また会いにいくが、カタは、醜聞を恐れた親の意向からか、鹿児島の地に嫁いでしまっていた。

この歌は、夢二のカタを想うやるせない気持ちが込められた詩でありますね。

宵待草は日暮れを待ちかねたように月を映して咲き始め、一夜限りにはかなく散ってゆく。きっと実らぬ恋を重ねて詠ったのでしょう。


私は「宵待草」は、途中の歌の無い音楽のところが一番好きです。

なぜなら、夢二が、待てど暮らせど来ることのない、愛する人をじっとじっと待っている・・

もう来ないとわかっているのにあきらめられない・・・その長く苦しい時間の経過をぐっと感じることができるからです。

最後のフレーズ「今宵は月も出ぬそうな」・・・こんな思いに簡単にたどり着くものではないと・・。


私は、歌がお好きで集まられる方はきっと その歌の歌詞や音楽、歌から広がる情景、感情、そういったものをとても

大切にして歌われたいのではないかと思うんです。そうでない方もいらっしゃるかもしれませんが、音楽を提供する側として、出来る限り

その歌や音楽の持つ魅力を伝えたいと思っています。

もちろん、ただ歌うだけでとても楽しく、心身ともにリフレッシュできるものは それで十分ですけどね(*^_^*)


私は 「宵待草のやーるせーなさー・・まで歌ったら、4小節、間奏を弾くので、それをたっぷり聞いてから、次の

 こーよいーは 月も 出ーぬそうなー・・を歌って下さいね」 と、皆さんにお伝えしています。

私の場合は、前に大きく書いた歌詞表をはっているので、その歌詞表に明記しています。歌の休みのところは大きく空白を作って( 間 奏 )と

書いています。皆様が、歌集を見て歌われているのでしたら、鉛筆などで、(間奏あり)などと書き込んでもらっては如何でしょうか。


間奏は、次の歌詞を歌うための心の準備ができるので、特別に長くなければ 入れた方がいいのかなあと思っています。

アコーディオンの聴かせどころでもありますしね。

ちなみに2番は、夢二と仲良しだった西条八十が、昭和13年「宵待草」という映画の主題歌にするために作り足したものでしたね。


もうひとつ、余計なことですが、この歌の歌い出し「待ーーてーど・・・」のところ、音が一気に1オクターブ高くなりますよね。

これってね、楽器で弾くのは、指を広げるだけで簡単に弾けるけど、歌うとなると、これだけ音程を一気にあげて声を出すのは

ものすごいエネルギーがいるんですよね。

昔、ピアノの恩師に教わりました。音が大きく飛躍しているところはその分だけもっともっとエネルギーを感じて演奏しなさいと。

なので、私は、この歌から、すごく深い熱い想いを感じるのです。

そのエネルギーを、歌のない間奏のところで感じとれるのではないでしょうか。


これは「宵待草」の原詩だそうです。

「やるせない釣り鐘草の夕の歌が あれあれ風に吹かれて来る

 待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草の心もとなき

 想ふまいと思へども 我としもなきため涙 今宵は月も出ぬさうな」



「平城山」

♪人恋うは 哀しきものと平城山に もとおり来つつ堪え難かりき

 いにしえも つまに恋いつつ越えしとう 平城山の路に涙おとしぬ

 歌の意味

(人を恋することは哀しいものです。平城山にさまよってきましたが、やはり耐え難いものです。はるか昔にも

 夫を恋しいと思いながら平城山を越えてきた女性がいました。その平城山の道に私も涙を落としてしまいました。)

 (つまは夫のことです)


歌人、北見志保子が奈良県平城山の磐之媛御陵の地をテーマに詠んだ2首に、昭和10年平井康三郎が曲をつけたものなんですね。

志保子は夫の弟子(浜)と恋におちてしまうのだが、浜は、それを知った夫により引き離されフランスに留学させられてしまう。

この2首は、志保子が、奈良の磐之媛御陵周辺をさまよった際のこと・・。

千数百年も上古の、平城山なる御陵に静かに眠る磐の媛の、仁徳天皇を恋い慕う深い想いと、時空を超えて結びつけ、

浜への深く哀しい恋しい想いを重ねて詠ったものです。


私はこの歌を知りませんでした。女性が男性を恋い慕う気持ち、その想いは千年以上も昔から今現在までなにも変わることのない、

同じ涙を流しているという・・・・なんだかとても感動します。こんな歌が残っていること、そして教えて頂けたこと、嬉しく思います。

それで、本題ですが、この歌は2首の歌でできているので、やはり、間奏はあったほうがいいのではないでしょうか。

長々とごめんなさい。



厚木の権兵衛様

介護施設での歌伴奏お疲れ様でした。東京ラプソデイといえば皆さん馴染みの深いイントロですね、アレンジして努力されて素晴らしいですね

私はイントロの出だしを忘れちゃって、仕方なく歌の最後の4小節をイントロにしちゃったこともありました。

他には、リンゴの唄のイントロを弾いているつもりが、高原列車のイントロになっていて大笑いされたこともありました。まあ、失敗は数知れずです(*^_^*)

ちゃんといつも努力を怠らないようにしないといけない・・・反省です。


ATSUO様

ご挨拶がおそくなりごめんなさい。高齢者施設、宅老所、身障者施設などで、音楽活動を提供しています。

童謡唱歌、昭和歌謡等の歌伴奏は頑張ってレパートリーを増やしています。よろしくお願い致します。



ですが、ちょっと事情があって、なかなか掲示板が書けないかもです。

アコーディオンの練習は努力を怠らず、がんばっていきます。

もちろん、週3日の公園演奏も、雨の日以外、欠かさずずっと続けています。(アコアイドルのコーナーで記録を書いてきました)

これからもずっとずっと続けていきます!


讃岐のアコ吉様・・もしもまたご一緒に勉強させて頂けるお話がありましたら、急ぎでしたら

川井様に私のアドレスをお聞き下さいませ。いつもありがとうございます。




  • [89]
  • RE: 5月の歌伴活動が終わりました

  • 投稿者:ATSUO
  • 投稿日:2016年 5月30日(月)20時43分18秒
 
厚木の権兵衛 様

はじめまして。宜しくお願い致します。

施設訪問お疲れ様でした。
お近くで活躍されておられる御様子。
どのような活動をしておられるのか、是非差し支えの無い範囲で私にも勉強させて頂ければと思います。

勿論、時の女神からの"love call"が一段落してからで結構です。

今後とも宜しくお願い致します。


  • [88]
  • 5月の歌伴活動が終わりました

  • 投稿者:厚木の権兵衛
  • 投稿日:2016年 5月30日(月)17時20分22秒
 
今後に新たな課題を残してしまった感がありますが、いずれにしろ、この先は秋までないかもしれません。

先々週は介護施設へ訪問し、利用者10数人で数曲歌ってもらいました。「東京ラプソディ」を歌いたいという要望を聞いていたので練習を始めたのですが、前奏部分が16分音符が多くて既定の速さで弾けません。テンポが遅いと利用者が息切れして酸欠になり倒れられては困ると脅かされてしまいました。そこで16分音符を8分音符でそれらしく聞こえるようにして当日はなんとか乗り切りました。

実は、今月初めごろから人生に消極的にさせられる事態が起きて、書き込みする気力が出ませんでした。そのうち、時の女神が救いの手を差し伸べてくれると期待しております。

そのような事情で、ニューカマーのATSUO様に御あいさつもできず、失礼いたしました。ペンネームも厚木にちなんででしょうか。先輩が厚木にいらっしゃることがわかって心強く思っております。

歌伴活動が一段落したので、しばらくは好きな曲に腰を据えて取り組もうと思います。

  • [87]
  • 75歳の目に涙

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2016年 5月25日(水)22時02分5秒
 
宵待草の伴奏に関する質問がつまらなくて皆様からのコメントはいただけないものと

半ばあきらめておりましたところ、思いがけずATSUO様からの暖かいお心遣い

を戴き思わず目頭が熱くなりました。

ATSUO様のコメントを読ませていただき宵待草の伴奏は歌う方にきちんと

説明して間奏入りでやってみることにいたします。

ありがとうございました。

  • [86]
  • RE:宵待草の伴奏

  • 投稿者:ATSUO
  • 投稿日:2016年 5月24日(火)22時17分10秒
 
讃岐アコ吉様

はじめまして。 アラカンの新参者です。

何方かもっと上手い方、詳しい方からコメントがあるかと見ていたのですが、2日間反応が無いので、賑やかしに投稿します。

以下あくまでも私見ですが;

歌う方が予め決まっていて伴奏する場合(ソロ等の場合)は、その方との相談で、どうするかを決められては如何でしょう。
多くの場合、楽譜どおりに4小節の間奏を希望されるのではないでしょうか。

歌声のように、不特定多数で歌う場での伴奏なら、歌う前に、例えば
「♪今宵は月も出ぬそうな♪ の前に4小節間奏が入ります」

とか

「本当は4小節間奏が入りますが、今日は省略してそのまま続けます」

等の説明を入れて、リードすれば良いと思います。
要は、楽しく歌うことが目的ですから、歌いやすいように適当に編曲することは可と思います。

もし私が伴奏するとしたら(あくまでも"れば" "たら"の話ですが)、
多分間奏を入れると思います。


  • [85]
  • 宵待草の伴奏について

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2016年 5月22日(日)21時06分33秒
 
このスレッドに寄せられた皆様のコメントの数々、とても参考になり

大いに勉強させていただきました。特にオカルト妹様のノウハウの

素晴らしさには驚くばかりです。

さて、初歩的質問ですみません。以前からなんとなく気になっていたのですが

「宵待草」の楽譜では1コーラスの途中に歌詞の無い4小節があります。

歌の伴奏の場合この4小節はとばして歌を続けても差し支えないのでしょうか?

それとも楽譜通り4小節の演奏のみを入れるべきなのでしょうか。

「平城山」にも同じような箇所がありますね。

私は不精して歌詞の無い部分は省略しています。


  • [84]
  • うるさくなんてないです!ありがたいです。

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2016年 5月 4日(水)23時11分19秒
 
オカルトマニア2号さん、ありがとうございます。
なるほどー、そうですね!
川の流れのようにの歌詞のこと、お世話役のかたにお伝えします。

お話のことも、そうですよね、つまらない話しを聞かされるより、自分の話を「へぇー!」と聞いてくれるほうがうれしいですよね。やる気でますよね。
きっとみなさん物知りだから、いろいろ教えてもらおう(^^)
ありがとうございます。

笑星さんや、オカルトマニア2号さんくらいベテランでも、一人芝居練習をするんですね。
私はまだ歌詞がちゃんと覚え切れていないので、紙に書いてトイレの壁に貼りました。
落ち着いて丁寧に書いていると、歌詞の光景が頭の中にうかんでなかなかたのしいです。夏は来ぬ、美しいです。


笑星さんのお写真も拝見しました!
優しい表情に、スカーフの色味もきいて素敵なお写真でした。

う~ん、やっぱりアコーディオンのお姉さまがたは、お綺麗なのですね。おじいちゃんはもちろん、おばあちゃんたちにも、モテモテなのでしょうね♪


レンタル掲示板