• [0]
  • アコーディオン川柳

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 5月 7日(月)21時16分31秒
 
息抜きに、一句ひねってください。 お待ちしています。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [410]
  • ちょっと一句、季語を入れてみました。

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 5月26日(木)21時11分25秒
 
アコのほか よぶ友もなき 夏の雨

卯の花や となりはアコを そっと弾き

葉桜に 花見のアコを 思いだす

青葉雨 公園アコの 中休み

いかがでしょうか?



  • [409]
  • サラリーマン川柳

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 5月23日(月)18時32分48秒
 
第一生命保険の募集したサラリーマン川柳のトップ10。 アコとは関係ないけど、笑えます(あるいは、泣けます)。 よって、番外編として掲載します。

(1)退職金 もらった瞬間 妻ドローン

(2)じいちゃんが 建てても孫は ばあちゃんち

(3)キミだけは オレのものだよ マイナンバー

(4)娘来て 「誰もいないの?」 オレいるよ

(5)福沢を 崩した途端 去る野口

(6)カーナビよ 見放さないで 周辺で

(7)決めるのは いつも現場に いない人

(8)妻が見る 「きょうの料理」 明日もでず

(9)ラインより 心に響く 置手紙

(10)愛犬も 家族の番付 知っている

  • [407]
  • 座布団忘れ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 5月12日(木)11時46分34秒
 
千明さんの漫画に笑いすぎて、座布団を出し忘れてしまいました。

笑い過ぎ 出し忘れたり 座布団3

山田クーン、千明さんに座布団3枚、差し上げてくださーい。 

  • [406]
  • 春の川柳

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 5月 5日(木)08時12分46秒
 
そうですか、そろそろ山里にも春が来て、窓を開けてもアコーディオンを演奏できる季節が来たということですね。 目に見えるようです。 もう、蛙さんももギャラリーになっているわけですね。 早いなぁ。
なるほど、春の風がリードの音に染まって、蛇腹の中まで吹き抜ける、音を色で表す、なかなか凝った句ですね。

春のムードがでていて、すばらしい。

でも、ご紹介いただいた坂本九のみんなで笑いましょの歌がインパクトが強くて、川柳のほうを忘れそうでした。
みんなに愛されていた九ちゃんの在りし日の姿、いいですね。 この歌も、アコーディンを弾きながら、聴いてくれる人たちの輪を和ませるのによさそうですね。 施設での演奏にもぜひ取り入れたらいいのではないでしょうか?
九ちゃんのみんなで笑いましょのご紹介で、座布団一枚! (そっちか!)

  • [405]
  • 皆んなで笑いましょ

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2016年 5月 5日(木)01時37分48秒
 
山笑う 駄奏のギャラリー 蛙ども

薫る風 戯れ音に染まり 腹を貫け

kyu sakamoto Live minnadewaraimasyo (Let's laugh together) 坂本九

皆んなで笑いましょ

  • [404]
  • イタリアには痴漢がいない!?

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 4月23日(土)22時58分16秒
 
そうでしたか。。。 確かに、秘め事、タブー、隠す、文化、では、痴漢の度合いが増えるのかもね。
儒教の教えの厳しい韓国における性犯罪の高さも知られているようだし、女性は人前で顔を見せてはいけないという厳しい掟のイスラムの男性の性欲はドイツでも爆発しているみたいだ。
戒律があるから性欲が爆発するのか、性欲が爆発するから戒律があるのか、鶏と卵の関係のようにも思えるが、カトリックという厳しい掟がある一方で、デカメロンに語られているような世俗の世界もあり、イタリアという国・国民性は面白い。 こちらも、人間的な開放があるから、戒律が厳しいのか、戒律が厳しいから、人間臭さ丸出しの人たちが多いのか、迷うところだ。

それにしても、日本におけるセクハラそのものも陰湿でいやだけど、セクハラにならないようにびくびくしなくてはならない男たちもまたあわれだ。 電車のなかでは痴漢もいるし、エスカレーターのミニスカ盗撮野郎もいるけど、冤罪で捕まってひどいことになる人もいる。

それにしても、イタリア人男性の女性へのアタックはすばらしい。 ある意味、あこがれます。 もっとも、これがマザコンとの裏表という部分もあるらしいので、物事は一面だけを見て判断はできない。

ただ、隠す文化の人が、見せる文化の人にあうと、まさに文化の差を感じちゃいますね。

好色男 イタリアならば ただのひと



  • [402]
  • いよいよ橋の上も露出度八部咲き!!

  • 投稿者:アコキメデス
  • 投稿日:2016年 4月22日(金)00時19分33秒
 
Татьинон氏が待ちに待った、いや、男なら誰でも待ちに待った満開まであと2週間もかからんとおもう。

あのねえ、イタリアには痴漢って存在せ~へんからね。

よおするに、少女、ギャル、おばちゃん、さらにまだもっといっても世代を問わず既に、見せてる、『見せて魅せる』のが、女性であることの存在表示やから、だんだんあったかなってきたらここぞとばかりに

超ミニスカート
へそだしはまあふつう、
ぴちぴちタイツ
したぎまるみえ、したぎまるだしも、よくあるパターン、
下着省略でシャツの下ダイレクト胸も、めずらしないし。

家の外に出ればもうこんだけ見せてくれてるのに、男はわざわざリスク犯してこれ以上突っ込んで見る必要性はないってば。

逆に日本は隠しすぎでしょ??痴漢を正当化するわけないけど、隠されてるものを見たいのは人間の心情&本能、
日本の慢性痴漢男はここで1年体験生活してみたらぜったいなおるでえ。

●世界の露出ファッションをめくるめく閲覧&体験できる格好のチャンス、それがローマの橋の上のアコ演奏だ!

暗譜なら
胸のトレモロ
見放題

●向こうから勝手に接近してくれるからスキンシップもラ~クらく、路上の幸せってこれにつきるぜ!!

おへそまで
腕を回して
記念フォト

●さきほどまでの内容は、あくまでも一般論&Татьинон氏用の句。
個人的な本音の一句はこれにつきる!!

わき見せず
オカルト妹
一筋よ

(ぼこぼこにされる前に、こういうアフターケアは必要不可欠な~んちゃって。。。。)



  • [401]
  • あ、そうやあ、時代的に当然そうやなあ、セッティミオはパオロの弟かあ。。

  • 投稿者:美しい未来マニア
  • 投稿日:2015年12月31日(木)17時36分24秒
 
さすが、あれこれいろんな業者と実際に取引してる予言者は、こういう人脈の歴史に詳しい!!

おおよそ楽器に限らずそうやけど、アコーディオンメーカーの名称もたいがいが、実在する、あるいは実在した創始者、よおするに人の名前やからさあ、、ちゃんとゆってあげるのが、礼儀にかなった敬意ある態度だよねえ、*あ、きめつけるのはよくないけどすくなくともぼくはそうおもう。

『間違えて、名前呼ばれりゃ 気が引ける』

そやから、
いまでもかたくなにダラッペ、ゲリーニ、バロンブリーニと唱えつづけてるトンボ楽器スタッフの道徳観をうたがうよなあ、わからなければその取引先にきけばすむはなしなのに。あ、ごめん、もう、この3社は存在せ~へんのや、たづねようがない

谷口楽器もトンボとどっこいどっこいやで、いまだにエキセルシャーで通してるし、それって昔、金子さんがそうゆうてたからかねえ??

『黄色でも 裸の王様 赤とゆえ!』

あ、やばい、これ言いはじめたらまた昔のうらみつらみ番町皿屋敷にすぐ話が行ってまうから注意せんとあかん、いま現在の人はおおよそすべてそんなことやアコーディオンジャーナルなんて関係ない世代なんだてゆう認識が自分には必要なのかも?いまのままじゃあ浦島太郎続編とおんなじや。

とゆうわけで、ここきて初めて買った楽器はセッティミオ・ソプラーニ・アルティスト・セストに一番近かっただろうスカンダッリスーペルセストやった。でも自分の耳はおぼえてて、セッティミオのより、音の線が細いとおもた。

ほいじゃあとうとうオーダーメイドで、あのオカルト1号機つくってもろたわけや、

そしてオカルト1号機はじめて触ったときの第一印象が、『こんなもん使いもんにならへん』

デコレーションデザインまで自分の案やったから、かろーじてほかさへんでこれで何とかしていくきいになったねえ、そやけどできてから約15年かけて何度も改造工事したよ、ある程度納得いくもんになるまで。

『だめだァコりゃ 手塩にかけて 絶品に!』

とゆうわけで、2号機はSIWA & FIGLI 、このメーカー名こそ、間違いなくイタリア人ではない、支離滅裂な発想に注目あれ!!スィワ、ゆうのんがやっぱりスラブ系民族のみおじ、そこまではええとして『&』つかうんやったらそのまんま英語でSIWA & SONS にしときゃあええもんを、英語のSONSやめてイタリア語でFIGLIともってきたもんやからスィワ・アンド・フィーリ、この発想でメーカー名決めたやからはいままでなかった!

まあ、商品名も蛇にしてるくらいやから一般現代人とはソートー違った感覚の工場である事は間違いなかったけど、ちなみに彼らのソリッドウッドボディモデルに使う木材は40年シーズニングされたボスニアの木だそうです。

『コブラだよ、マムシはいない セルビアに』


  • [400]
  • セチミオ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年12月31日(木)10時13分50秒
 
いや、セッティミオ・スプラーノをセチミオと言っていた、ということを知らなかったということです。
言葉で伝えるのは時として難しい。。。

セッティミオはパオロ・ソプラーニの弟だと思いましたが。。。 もしかして7番目の息子だったので、日本名な七郎さんということになる。 Settimioとはイタリア語なら、わたくしの(かわいい)7番目(の息子)とでもいうことになるのかな? 最近の少子化ではつきにくい名前ですね。
ずーっとPaolo Sopraniで仕事をしていたが、たしか1910年に独立したはず。
Paolo Sopraniが何人目の息子だったのかは知りませんが、Paolo Sopraniは1918年に亡くなっている。
Paolo Sopraniのアコーディオン製造ビジネスのほうは息子のLuigiとAchilleが継いだはず。

あのLegendのSettimio Soprani Artist VIがどのように生まれたのか、Frontalini ArstとScandalli Super VIとの関係はどうなのか、すべてFARFISAのビジネス展開のなかで生まれたことなのか、いまだに情報を探っているところです。

いずれにせよ、その衝撃的な品質はすべてのアコプレーヤーの垂涎の的となり、すべてのアコメーカーのトップモデルは、これらのモデルがベースというか、ターゲットになっていることは今日でも変わっていない。
それだけ、普遍性のある品質だったということだ。 ただ、だれでも作れるわけではない。 だれでも買えるわけではない。 トップ中のトップのモデルであり、製品であるということだ。

どのメーカーも競って、今でもそれに近いアコを作ろうとしているわけですね。

どのアコが 一番似てるか 競ってみよ


  • [399]
  • いや、だからその、むかしセチミオとみんながゆうてだれもうたがえへんかったもんがセッティミオソプラーニです。

  • 投稿者:美しい未来マニア
  • 投稿日:2015年12月31日(木)01時20分33秒
 
間違いなくアコ製造で一気に金持ちになったソプラーニ家の7番目の息子がセッティミオのはず、そして彼は親を抜くアコーディオンを製造したのだ!!

はじめてみたんは杉村寿治氏のだった、当時自分が弾いてたヴィクトリアの『良かろう重かろう』とは、相反してそんなに重くないセチミオが、あんなに奥行きのある深く太い音が出たこと、その痛烈な記憶、、いまでもわすれられへん。

あ、でもおなじ機種その『セッティミオソプラーニアルティストセスト』、藤林克寿さんってゆうひとやったっけなあ??あの人が弾いてるのは、あれから30年近くたったいまさらゆうのんも悪いかもしらんけど、正直ゆうてぜんぜんあかんかったわ。

達人が、弾けぞ名器は、ええ音よ。

ほんま予言者のゆうてるように、この辺の時代のええ楽器の話についてきてくれる人はもう、すくないよなあ、まあそれも時代の移り変わりやし、古いもんのイメージにとらわれんと新しいええアコーディオンを探すことのほうが大事なんやとおもう。


  • [398]
  • セッティミオ・ソプラーニはセチミオだったんですね!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年12月30日(水)23時22分44秒
 
その当時の思い出話や自慢話をできる人が少なくなってきているような気がしますが、セチミオでしたか。。。

食べるっつうなら、ベルトゥーナで、お餅がのどにつっかえそうな気分になりましたが、努力賞で、山田くーん、座布団1枚差し上げてください。


  • [397]
  • 苦手な川柳コーナーでひさびさの座布団うれしい!

  • 投稿者:美しい未来マニア
  • 投稿日:2015年12月30日(水)22時42分18秒
 
ロコト氏や手塚千明氏のような聡明なアイディアが出てけーへんで苦戦しました。
よ~し、調子付いたところであともうちょっといくぞ!

特別光るような要素はなかったけど、別に悪い製品作ってるわけではなかったから残念。
つぶれれバ ロン外なのか?バッローネブリーニ

讃岐の光源氏氏をはじめ、もちろん、故カブトガニ氏ご用達やったし、やっぱし一昔前はみんなの憧れだった
セッティミオ ソプラーニだった セチミオは

ビルディングとまではゆわんまでも、一番工場の建物が日本の感覚で見て近代工場らしいのはこのメーカー、クリスタベーンケ氏やピーノモドューニョ氏御用達、この音は旨い!!
いいアコを 食べるっつうなら ベルトゥーナ


  • [396]
  • アコメーカーの正式名称ブランドの川柳

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年12月30日(水)21時21分36秒
 
秀逸です。 山田くーん、座布団2枚差し上げてください。

  • [395]
  • イタリア人は何でもイタリア語発音でないときーすまへん民族やよってに

  • 投稿者:美しい未来マニア
  • 投稿日:2015年12月30日(水)18時16分54秒
 
やっとここ10年くらいで、オンダ・ヤマ~とちごて、ホンダやヤマハとちゃんと発音できるようになって来た話なんどもしてるけどさあ、

ドイツ語かってぜんぜんうけつけへんよ、AKGだってアーカーゲーてゆうても誰もつうじへん、アーカッパジーやないとあかんし。

西洋音楽の父は、バックです。・・ここまでゆうか?って、イタリアはこうなんだってばほんまに。


ほいじゃあ日本はどうなの??とゆうと、やっぱ、そ~と~ど田舎もんのアメリカ人志向だよねえ。

たとえばピッツァも、ピザとゆうやんかあ。

マカロニとゆう名前のパスタは、イタリアには存在しません。それにやや近い感じのがマッカローニmaccaroniやけど、もっと薄くて輪そのものが大きいのが一般的でふつうはそやからとうていマカロニっぽくみえません、つまり日本のマカロニは、アメリカ人の考え出した形。

せっかく何とかイタリア人もホンダ、ヤマハってゆえるようになってきたよってに、日本でもイタリアンアコーディオンメーカー名をど田舎もんのアメリカ人の発音に習うんとちごて、ちゃんとした名前ゆってあげてほしいもんだと常々思ってます。


エキセルと ゆうてもわからん エクセルスィオール

ダラッペじぁ 東北弁だべ ダッラペが

ゲリーニじぁ トイレいきそう グェッリーニ

まちがうと スキャンダルだよ スカンダッリ

品物が 良質だから ブランドーニ

創設は イタリア人だぜ カヴァニョーロ



  • [394]
  • 川柳を探せ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年11月 7日(土)23時32分13秒
 
「一人で十分キマる(上手に弾ければ、だけど…)アコーディオン」とお書きになられたそのなかに、みつけました、千明さんの隠し川柳。

一人でも 十分キマる アコーディオン

これ結構、アコの核心をついていると思います。

投稿の題名の「ひとりでもいいかな。。。」をお題としていただいて、
一人でも やっていけるわ アコーディオン (どこか悲壮)

二人なら もっと楽しい アコーディオン (。。なら、というところが仮定をあらわす)

テーマを戻して:
アコ伴は ベースが伴奏 アコ主役

アコ伴を やらせてみたい コーラス部

アコ主役 やらせてもらう 間奏部










  • [393]
  • ひとりでいいかな。。。

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2015年11月 7日(土)20時15分0秒
 
川井さんのたくさんの川柳を見ておとといから何とかいい川柳ないかな~?と考えていたけれど、、、

川柳が 思いつかない 悔し泣き(T_T)

そしてTachinonさんご提案のウッドベース!
低音いいですよね。空気を震わせるような低音好きです。
これはまた、アコーディオンよりはるかに運ぶのが大変そうですが。中身は空洞とはいえこれだけ大きいと重そうです。軽トラの荷台にのせて運ぶのでしょうか。
楽器が出来るというのは、カッコ良く見える魔法みたいですよね。

現実にはアコーディオン運んでくれなきゃ。とか楽器弾いてくれなきゃ。とか、そんな
贅沢なこと言っていいようなわたくしではないことはよーくわかっています。
恋人同士やNOELさんのところみたいにご夫婦でデュエットできるなんて、実際にはなかなかないですよね。

ところで、この方は多重録音もしていますが、体一つで3つ?弾いてます。
真剣にやっている所がすごいです。https://youtu.be/4FYbpT7Nqug

わたしはそもそも一人で十分キマる(上手に弾ければ、だけど…)アコーディオンだから、えらんだんでした~。



  • [392]
  • アッシーだけでは勿体ない !

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2015年11月 7日(土)07時42分1秒
 
 千明さま、彼をただの「軽トラック」にするのはものすごく勿体ないですよ。

 できたら、「自分をひきたててくれる楽器」を演奏してもらえれば。
 こんな感じで・・・但しこの例は、男女ベアではないけれど、彼氏に、できたらウッドベースを弾いてもらう。
・・・ウッドベースを弾く人を彼氏にする。あるいは、彼氏にウッドベースを覚えてもらう。
La mer / Beyond the sea - Duo ⇒https://www.youtube.com/watch?v=HcqNls5-8N8
如何でしょう。
 ベースを覚えてもらう口実は「私は16分音符たくさん曳いて大変だけれど、ベースは2分音符ばっかりだから、2/16の苦労で済むわよ」・・・と騙してしまう。
如何です?
 私アコ あなたはベースで支えてね。・・・なんて

 サークルの中で、(右手が苦手なので)ペース部ばかりひいていて、本物のウッドベースに憧れてたところに、先日、中古を格安で譲るというおいしい話があったものの、運搬と保管スペースの問題で、断念、知り合いにその話を譲ってしまったtachinonでした。

欲しい楽器はたくさんあれど、身体はひとつ、同時に弾くのはかなわない。

  • [391]
  • おみごと!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年11月 5日(木)20時29分52秒
 
座布団一枚!  では、お題をいただいて;

アコしょえる 人なら彼に してあげる

アコほめる 人なら彼に してあげる

和トイレも 彼がしょうから 大丈夫

彼マッチョ 姫様抱っこ 背にはアコ

彼奴隷 首には鎖 背にはアコ

彼キャリヤー アコ奏中は カメラマン



  • [390]
  • あーー!

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2015年11月 5日(木)19時28分41秒
 
川井さんのくださった投稿で分かりました!
『デートにいったり…』
そうです、アコーディオンを持っていくお出かけは、デートにすればいいんですねぇ。
彼氏が見ておいてくれますから。

ケツ論は 彼氏を作って しょわせよう

足腰鍛える必要もなく、お茶も飲み放題。はぁ。すばらしく壮大な夢です……

  • [389]
  • おー! 締めも五七五!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年11月 4日(水)20時21分59秒
 
やられました。 私が575の無い投稿をこのコーナーでしておいて、千明さんにやられてしまいました。

絵だけでは 無いのが与謝の 蕪村だよ

確かにソフトケース、便利だけど、トイレの時はどうする? 新しいお題をいただきましたねー。 みなさんも考えてみてね。 川柳で発表してね。
やっぱり背負ったまましゃがむことになるのか・・・ それにしても、千明さんの漫画の文字が、ほぼすべて575になっていることにみなさん気づかれましたか? 凄いですね! アコ+絵心+文才=千明>絵心+文才=蕪村 つまり、蕪村を超える千明さん、という方程式になります。

それにしても、アコを背負っていくには、背負った状態でいろいろなことができないと困るということになるのかもしれないとなると、あとは、スクワットしかないか?

千明さんのご投稿は立奏で軽快に体を動かしながら弾かれていますね。 ソフトケースにアコを入れて、公園や、休業中の列車の線路にいったり、山に登ったり、デートにいったり、ご近所の揚げ物やのコロッケを買いに行ったりしていることで足腰が鍛えられ、長時間の立奏に耐える体が作られる、と考えれば、トイレなんぞは、なにくそ、ということになるのかもしれません。
いわばストレストレーニング。 これを高地で行えばさらに効果的。 地元のハーフマラソンにもアコを背負って出場するようになれば本物だ。
いざ100m走となれば、アコを外してDashすれば9.78秒の世界記録が待っている。

結論: ソフトケースにいれがアコを担いで、どこまでも出かけていってアコを弾きまくることですべてが解ケツする。

おー、575で絞めてないで、ケツで絞めてしまった! なんとお下劣な! すみません。





  • [388]
  • 与謝蕪村??

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2015年11月 4日(水)16時21分20秒
 
聞いたことあるけど、何した人だっけ?俳人なのかな?と無知な私は調べてみたら、
春の海 ひねもすのたり のたりかな
…の人ですね。

ありがとうございます!

漫画をとり出したおかげで、爆発寸前の頭がすっきりしました。投稿するのはドキドキですが、

どうなれど はずかしいだけ 死にゃしない♪


  • [387]
  • アコーディオン ラップ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年11月 3日(火)22時55分20秒
 
千明さんの川柳連作をラップ風に読んでいくと、以外にはまる、感じがしました。

絵もうまい千明さんは現代の与謝蕪村かも。



  • [386]
  • 今日は文化の日だから

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2015年11月 3日(火)22時23分8秒
 
川柳日和ですよね。?
ちょっと下品かもしれないですが、、、悩みませんか?



  • [385]
  • 6つの病

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月27日(月)21時36分11秒
 
自分の病の数を数えたことはありませんが、うーん、肥満、老眼、記憶減退、浮気性、衝動買い、アコ病!
ありました、僕も6つ。 でも実際はもっと多いんです。
頭髪減少、小じわ増殖、しみそばかす、出腹出尻、過飲過食症、あ、数えればきりがない。

ところで、アコを弾きたい気分にしてくれる秘薬。 それは愛の言葉。

自作の手直しで。。。

愛してる って言えば弾くわよ アコーディオン (字余り)

ご主人を脅してはいけません。

  • [384]
  • ヘロヘロもへじのロコトさん お大事に

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2015年 7月27日(月)09時30分21秒
 
東北 宮城蔵王もとうとう梅雨明けし、暑さ本番到来です。
6つの病気に悩まされつつ、新しい投薬予告に反逆しつつ この夏こそ体重減量の大きな目標をもちつつも、小さな目標一つもクリアできずに悪戦苦闘している私です。
 ロコトさん ご無理なさらず お大事になさってくださいね。

 この夏になると、別荘地には沢山の方が一斉にくるので、アコ練には時間帯やら音量やら おまけに温泉も濁ってしまうし、別荘地は夏が一番大変です。

 小鳥さん 聴いてくれてありがとう (さびしいアコーディオン弾き)
 誰も来ず 小鳥だけが寄ってくる  (昨日の来客5名です)
 透明な  小鳥のさえずり理想的  (遠くまで響き渡る泣く鳴き声)

あっ 遊んでいられない、沢山やることがありました。


 

  • [383]
  • ひねり

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月27日(月)08時24分33秒
 
へろへろもへじさんのへろへろ度がストレートに伝わってくる作品群ですね。 第一句などは、芭蕉の辞世の句を思い出させる響きです。 わびしさを通り越して、心配になります。 早くよくなることをお祈りします。

ストレートといえば、自分の作品もストレートに記述しているだけで、川柳独特のひねりが全くないなー、と思っていたところでした。

で、やりなおし:

クーラーが あれば弾くぞよ アコーディオン

別荘が あれば弾くぞよ アコーディオン

愛してる と言ってくれたら 弾いたげる

。。。なんて、だだをこねてみれば、どこからか聞こえてきそうな;

橋地獄 弾いて見せよう アコーディオン

夏地獄 弾かなきゃ食えない アコーディオン

夏の橋 代わって弾いてよ アコーディオン

夏アコを 奏でつ夢は 冷えビール

夏アコの 中ではピザが 焼き上がり

夏アコの 上ではもんじゃ 焼き上がり


であれば、自宅にいられる幸せをかみしめて、窓をしめて、パンツとTシャツになって、頭には濡れタオル、ペットボトルには氷水、背中には氷嚢、たらいに氷を入れた水を張って、アコを弾けば極楽、極楽。 これで、ビールがあれば、この部屋の暑さが、バリかフィージーに思えてくるはずだ。
トイレも近いし、冷蔵庫も近い。 こんな別荘は無い。
ロコトさんのへろへろもへじ状態や、ローマの怪人の炎の上の演奏を思えば、窓を閉め切った自宅でのアコ連をさぼる理由はすべて却下!
頑張りましょう!


  • [382]
  • 夕涼みがてら

  • 投稿者:”へろへろもへじ”なロコト
  • 投稿日:2015年 7月26日(日)19時31分25秒
 
体調優れず、夏なのに冬眠してるみたいな沈滞状態。
医者が読むような漢方専門書を紐解きながら医者通いしてます。
自分に合う漢方処方薬を探りながら変遷している最中で、
もう何か月もアコを弾いていないへたれです。

  病みて詠む 気力を測り アコ川柳

  夕涼み アコの肌にも 寄り添う蚊

  寄り添うて 想い出滲み 音の侘しき


  • [381]
  • 真夏のアコ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月26日(日)14時59分58秒
 
クーラーの無い部屋は蒸し風呂気味。 扇風機をかけて、パンツ+Tシャツ、襟にぬれタオル。
アコの蛇腹に湿り気がいってはまずい。 窓を開けてはお隣さんにご迷惑。
夏のアコは何かと対策が必要だ。

というわけで、わたくしの場合は、アコの狂気の館に来ています。 アコ用にはエアコンを入れてあるので、ここでちょっと涼んでおります。

で、ここならアコも鳴らせる。

真夏にアコを弾くにはエアコンは必須ですね。

そこで一句:

クーラーが 無いと弾けない 夏のアコ


  • [380]
  • 心を慰めてくれる楽器

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2015年 7月26日(日)09時21分38秒
 
最高に嬉しくて華やかな気持ち溢れる時のピアノ曲(演奏)は、やっぱりピアノが最高だと、深い感動を与えてくれたことは数多く経験している。

心がとても疲れ果てた時 大きな悲しみを乗り越えそうにない時 この苦しさからどのように解放されるのか 等におかれた時に、私はピアノ曲ではなく、NOELのリードオルガンの演奏を聴きます。このようなときに置かれた時の自分を受け入れて心を満たしてくれるリードオルガンの演奏は格別で温かく優しく慰めてくれる楽器だと自負しています。

リードオルガンのように、アコーディオンで優しく心を癒してくれるような演奏ができないものかと、いつも考えています。
そのためには自分の心が満たされ優しさと柔和な心に満たされている事が大事だと思いつつも、何かがあるとレッスンを6か月もお休みしてしまう70歳のおばさんです。



  • [379]
  • Happy Feeling makes Happy Music

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月26日(日)07時38分36秒
 
なるほど、心の状態は素直に音楽に表れてしまうものなのですね。 音楽が心に与える影響のことばかりが気になっていたものの、今になってはっと気がつけば、その心が沈んでいてはハッピーなサウンドがだせない。
音楽というものが常にハッピーなサウンドである必要があるかといえば、そうとも言えない部分もある。 むしろ、沈んだ心に寄り添ってくれる音楽があり、沈んだ心で奏でる音楽に慰められることがある。
あるいは、オルガンサロンのご主人やお友達のように、演奏なさる音楽を聴いて、オルガンサロンサロンさんの心を汲み取ってくれることがある。
音楽ってコミュニケーションでもあり、心の会話であり、心の表現なんですね。
で、アコーディオンに限ったことではないとは思いますが、アコーディオンを弾くときも自分の心の持ちようで、弾きたい曲も変わるし、逆に聴いてもらいたい曲も変わるのかな。
小さい子供たちの前で演奏するときは往々にして楽しい明るい曲を弾いて元気にさせ、楽しくさせる、というワンパターンになっていることはないか?
子供にも大人と同じようにつらいことも悲しいこともある。 そんな子供もいるわけなので、はやり歌とか定番のお子ちゃま向けの曲ばかりではなく、しんみりとした、悲しみやつらさをわかってあげる曲があってもいいかもしれない。
子供心にもつらいのに楽しいふりを演技してしまう子供さえいるのだから。
まして、お年寄りとなれば、長年のさまざまな経験や、徐々に薄れゆく最近の出来事の向こうの幼いころの思い出が優勢になってくる記憶状態からすると歴史的にさかのぼった選曲と当時の世相に関する理解が不可欠だ。
お子ちゃまと年寄の中間の、といってもおおざっぱすぎるけど、そこの人々も人生模様は様々だ。

楽しい音楽を奏でようとすると、自分が健康で、満足していて、仕事でも勉強でもなんでも楽しくできている状態が必要だ。
音楽は幸せのバロメーターの役目も持っているのかもしれない。

オルガンサロンさんの句に触発されて、やっとひねり出した、一句:

アコの音は 君の心の バロメーター

前置きが長すぎてすみません。

  • [378]
  • 飲めない私はどうすれば

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2015年 7月25日(土)19時03分34秒
 
お酒はワインすら飲めない私たち夫婦。

アコを弾く気分にならない、弾きたくない、音が聞こえないとアコを弾かない日数が最長で14日間。レッスンを休んだ期間は6か月。お酒にも頼れず独り悶々と、過ごしていたときに、主人の「いい加減 練習したら」の言葉に、弾かない理由を理解してくれたと想って、練習再開するということが度々ある私です。

 またお店にアコを担いで遊びに来られるお客様にリクエストされて低空飛行中なのに、間違いながら弾くことがあります。アコの演奏法についての疑問等を聞かされたお客様は、「私は 貴女の音色が大好きですよ」といってくださる優しいお客様がいるので、本当に幸せだし、救われます。

 演奏を 聴いて心を 知る貴女 本当にいつも励まして下さってありがとう。



  • [377]
  • ガス欠

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月25日(土)18時17分12秒
 
自分の演奏が、とくに、へったくそやな~、と思える時がある。 なんだか曲の中に気分的に入りきれてない。 雑念が浮いては消え、消えては浮く。
商売のことだったり、家族のことだったり、人はなにかとしがらみにとらわれがちで、音楽の世界に漂うにはある程度の心の安定が必要だ。

今現在は、それほどの大事件に巻き込まれているわけではないが、いまいち、音楽に入りきれない。。。 どうやら、ガス欠かも。
ここで、ちょっと、高揮発性飲料を体内に取り込めば、気分も変わって、あーら、いつの間にかうまくなってるじゃんかー、気分も乗っているし。。。てな具合になる場合がある。
でも、それに頼り過ぎてはいけません。 依存症になる危険がありますので。 でも、まぁ、週末の夕方、一杯ぐらいいいか、と自分を甘やかす。

アコのため という言い訳 でのむ一杯

アコちゃん、ありがとう。




  • [376]
  • 通行人に買い物も頼めるStreet Musician!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 5月 9日(土)08時08分19秒
 
これは、まさに、もうご近所付き合いとしか言いようがないですね。 町のみんなに愛されているということだ。
どこからか流れてきた人では無い、ということが町の人に伝わっているということですね。
日本でもギターや三味線で演奏してお店を回ったりする人たちを「流し」と呼んでいました。
そんな人たちがとりあえず生活できる余裕が江戸時代からしばらく前まではあったんですよね、日本にも。
庶民がそんな「芸」を楽しむゆとりがあったということかなぁ。
今は、なかなかゆとりが、ないですね。 夫婦共働き、子供は一歳保育、たまには週末はファミレス、いつもはコンビニ。
で、分刻みの生活に、テレビ、パソコン、メール、インターネットにYou Tubeとくると、なかなか「芸」にお金が回らない。
いつの間にか、「流し」も死語になっているような気がする。
もっとも、ギターをつまびいて湯之町エレジーでも歌ってもらって、しんみりする、なんてことが国民一般に共有されていた時代とは異なり、アッカンベー48などの大勢の少女たちが歌い踊るのがはやるようでは、それを「流し」が「芸」で見せるわけにもいかない。
Kibiさんの場合は流しをしているわけではなく、実際のところ定点演奏、橋という屋外ステージでの定期演奏と考えられる。
そのアコを演奏をする音楽家を庶民がメセナとして支えている。
ローマには古より、芸術を保護する秘密結社があると、静さんがその本部の入り口でそっと教えてくれました。 そのメンバーになることは大変な誇りであり、世界のセレブの勲章でもあるらしい。 それは、メディチ家以来の伝統に基づくものに違いない。
そんな、お金持ちやセレブに庇護を受けているのではなく、一般庶民の庇護を受けている、というところがすごいよね。
Kibiさんの生き方はまさに芸術家としての生き方なのだ、ということがここで証明されているのだと思います。



  • [375]
  • 夕食の食材を橋の上でそろえる男

  • 投稿者:料理研究家1号
  • 投稿日:2015年 5月 8日(金)22時52分12秒
 
アコ弾いて
献立決める
橋の上

日本のことわざに、石の上にも3年、ゆうのんあったけど
石橋の上で10年、、、歴史だよねえ。。。

もちろん、じぶんからなのりでてたのむわけとちがうんやけど
『なんかいるもんある?』・・・ってきかれるからさあ、

家では食事つくるのんが唯一の楽しみやから、(あと最近ウクレレも楽しいかなあ、いきなり弾いて歌えるから・・)やっぱ『今晩の献立』しか、かんがえることないのよねえ、露出丸出しのギャルたちはあんましにも日本人の感覚とはかけ離れててちっともかわゆくないし、、、。
けど、7時間勤務のあといったん家帰って、その足でスーパー行くのんは、やっぱなんぼ超人でも、きついん、ほいじゃあおもいついたんが、

『なんかいるもんある?』・・・で、食材頼めばもう、かえってそのまますぐに調理開始できる!!!

もちろん一人の人に複数食材頼むこともできるし、頼んだあとで、『あ、忘れとった!』ゆうもんがあれば、次に橋通る人が補ってくれるから、勤務終了、帰る時刻までに材料足らんこと・・は、ありえへん。

写真①・・きゅうり、にんじん、セロリ、なすび、あとパセリとオーヴン料理のときとかに使う香辛料になる葉っぱ。

写真②・・バジリコもこーてきてくれたから、飼育しながら使います。

お肉類こーてきてもろたとしても、いつも凍らしたジュースもてきてるから、それと一緒に保管して、ものがいたむことはないよ。

、、、、、現実は、橋行った日は、帰るとそのまま、ばったんきゅ~で永久の眠りで夕食抜きとか、翌日朝方になってから夕食作り始めることがおおいけどね。


  • [374]
  • 怪人の返り討ちにあったあわれなアコ弾きによせて

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2014年 7月 4日(金)07時34分53秒
 
Fiat 500といえばいまや粋がるおじんにも人気の車ですが、いざ勝負となると車格の違うランボルギーニなどとは勝負にならない。
LLMMH+かまぼこ研磨型Hand-Made-Reedの5気筒エンジンのうなりの前に勝機無し。
アコ500 アコボルギーニにゃ 勝ち目無し

それも、それを運転するのが、Michael Hide-Macherでは、07:50のPole Positionも意味が無い。
アコ戦を 挑んだ相手が 悪かった

そんな5気筒エンジンの大馬力を引き出せるアコだから、ピアニッシモで泣かせることができる。ずっと音量の出せないアコでのピアニッシモではその寂びが効かない。
大音響 出るアコだから ピアニッシモ

そもそも座りっぱなしで音だけだして、お金頂戴、という輩が多すぎる。 とつぜん隣にパバロッティがくれば素人のど自慢さんは退却せざるを得ないだろう。
座奏では 開店直後 閉店だ

そのパバロッティでさえ、座ったままではあの迫力ある歌声は難しかっただろう。
立ってこそ アコの全力 出し切れる

で、そんな、大馬力のアコを最大限の馬力で演奏しながら、鍵盤に触れる指先は恋人をを愛撫するかのような繊細で柔らかなタッチでなくてはならない。 そうでなければ単なる感受性の無いゴリラだ。
満身の 力奏の指の 軽やかさ

できるだけ多くの人に弾いてもらいたいアコだから、価格を抑えたアコや、グレードの低いアコも製造・販売しないといけないし、それはそれで意味があるものの、残念ながら、価格を抑えて、グレードを下げたアコというものは、やはりそれなりの音しか出ないという厳しい現実がある。
人の耳は想像以上に敏感で贅沢好きだ。 一度いい音に触れてしまうと、元に戻ることは難しい。 できればいいアコの音に触れずに一生を送れれば、その分の出費はしなくて済むことになるが、この素晴らしいアコ本来の本当の味を知らずに死ぬということは、一度も恋をしないで死ぬことに等しい。
安アコや 蚊の鳴き声に かき消され






  • [373]
  • この至近距離で演奏始めだした男!!!!

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2014年 7月 2日(水)20時33分25秒
 
この写真、まさしくぼくの立ってる場所からです。

ぼくが準備してる最中に買い物キャリーに楽器乗せてやってきて、ぼくの楽器もすでにリュックから出してたから、これからどーするかわかってるのにもかかわらず、
この至近距離でぼくよかはやく7時50分に演奏始めだしたよ!!!!!

世の中には『 信じられへん!!』ことがときどきあるもんやけど、ほんま信じられへんようなことしてくれるよなあ。

こんな至近距離、何の躊躇もなくできた理由??????
それは紛れもなくアコーディオンが、こんなにも大きい音が出るもんやってこと、わかってなかったからにほかならない。

『みんなの橋』やからね、橋の上のどの位置で誰がなにをしようが、一切文句ゆうたことないよ。

しかし同様に自分のやることにも、だれにももんくゆわせへん。

なんにもきにせず、そして何事も異変が無いがごとく定刻どおり8時ジャストに開演。
とーぜん彼のアコーディオンはオカルト号演奏に比べれば蚊の泣き声にひとしく、休符や曲間でないと、聞こえてこないようになる。

あのねえ、チャンバーこそ無いみたいやったけど、決して小さいアコーディオンではなかったとおもう。蚊の泣き声でも、密集した建物の並ぶ路地なら結構それなりに響くんやと思うけどね、

普通みんなオカルト男みたいな、ほとんど何の反響音も無いとこで演奏するためしがないからオカルト男まで大きい音なかなか、出せないよ。

つまり日ごろ大きな音出してないのにきゅうに出そうとして蛇腹推し引きにちから入れても、同様に手首以降、指先にまで力んでしまうから、ちゃんとした演奏できないわけだ。
それにリードが風を受けてちゃんと音が鳴るそのキャパスィティーも把握して風送るタイミング上手でないと、でたらめに力いっぱい風送ってるだけではちゃんと音出てけーへんしね。

橋の上10年やってるオカルト男&オカルト号の何もかも違う音量すなわちアコーディオン一本でアウトドアーでも十分活躍できる楽器であることも、次回の日本公演の折、みんなに体感してもらいたいことのひとつです。
ちなみに、この彼、割と ものわかり悪いみたいで、とーてい歯が立たないことがわかって橋から退散するまで40分かかってたわ。

橋の上ではもちろんその環境状況ゆえに、いつも最大音量目いっぱいになってしまうけど、

より大きい音出すこと可能だとゆうことは、小さい音から最大音量までのよりダイナミックレンジの広い演奏が可能だとゆうことやし、よりいっそう、さまざまな環境条件の違う場所での演奏に余裕ができるとゆうことやから、だいじなことなのである。

つまりここでいいたいことはね、蛇腹を少なくしか使わないで、つまり音量小さいのなら、指先の繊細な表現はよりたやすくできる。

しかし、アコーディオンは、大音量でなおかつ荒っぽくない繊細な表現が可能になるようになるまでに、ただならぬ熟練を要する楽器であるとゆえよう。

時々おるんだよね、大型のすごいいい楽器抱いてるにもかかわらず、蚊の泣き声みたいな演奏しかできない人、そういうのん、見ててもぜんぜん音楽の躍動感を感じられないからおもろない。
蛇腹をめいっぱいまでおおきく使う瞬間がある、聴衆に音のダイナミックレンジの広さを感じさせること、も、アコーディオン音楽の重要なポイントだ。

そこで短歌を一首

広げねば
真冬になれど
蚊の鳴き音
魂命蛇腹ぞ
アコ心泣く


  • [372]
  • お弾き初め

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2014年 1月 3日(金)01時19分20秒
 
ロコトさんの「初抱っこお屠蘇が効いてウマく弾け」、ひねりましたねぇ。 山田くーん、座布団一枚!

私もうまく弾けてるように聞こえるまでワインをやっちゃいました。 翌日はなにをやってもだめでしたが。

お弾き初め 蛇腹のシワも フィリりんりん (字余り、意味不明) 座布団返却。

  • [371]
  • アコ川柳 温しあうなり 発句回廊

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2014年 1月 3日(金)00時37分3秒
 
初音だし 希望をのせて アコ歌う

初抱っこ お屠蘇が効いて ウマく弾け (錯覚してるだけ?)

漏れないで 気密が肝だ アコ蛇腹  (テクマクマヤコン 機密のアッコちゃん?)

膨らめよ 夢と蛇腹と お財布と   (我が腹はデブ猫ではない)

  • [370]
  • しばし投稿の無いアコ川柳スレに思いを致しまして

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年11月30日(土)06時41分36秒
 
アコ川を やる暇もない 猛練習 (かな~?)

アコ川を やめて演奏 うまくなる (だといいね)

息抜きは アコ川でなく アコ演奏 (これが本来の姿だ)

アコ川が アコよりうまいと ほめられる (これうれしい、かな~?)

アコ練習 する時見つけ アコ川柳 (あ、私のこと。。)

アコ練に 疲れたときは アコ川柳 (こうじゃないとね)

さぁ、今日の練習、今日の演奏、今日のさぼり、などの折に感じた心のひだの揺れを音楽にするもよし、文字にするも良し。 アコ弾きにしかわからない川柳、アコ弾きならわかるその気持ちを五七五になさってください。 アコ練習の合間にね。



  • [369]
  • ナヴォーナ広場にあるスペイン書籍専門店を経営するパトリツィア

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2013年 4月17日(水)15時07分52秒
 
ガラス玉
春のテヴェレで
役に立て!!!!

写真①が、その彼女です。(これは今年の2月ごろのお写真)
トラステーヴェレ側から、いつも、この橋を渡りナヴォーナ広場に向かいます。2週間ほど自転車通勤もしてましたが、すぐ自転車盗まれていました。

このおばちゃんがね、いったいどーゆーつもりなんかわからんけどこの前の土曜日
写真②、このガラス玉の、いったい何なのか?文鎮なのか、さっぱりわからんけど、よーするにこれをもってきてプレゼントしてくれました。ちゃんと空気のプチプチにくるんで、さらに箱に入れて、結構重たいのに、わざわざぼくにわたすためにもってきたんだよねえ、、。

いろんな貢物があるけどさあ、、一体こんなもん持ってきて、どーせーとゆーんだい???????????????????????

まあええかあ、自分だってしょっちゅう意味不明の記念撮影してんだし、
意味不明の貢物があってもなんらおかしいことはない。

家においといてもどーしよーもないんで翌日は
賽銭リュックの中に置いてみたら(写真③)なんと、これが太陽光線を受けてよく光るから
みんなが通り過ぎる際に『ここにお金ほり込めばいいんだ!! 』、てゆーことが、とってもわかりやすっくなった!!、、、、かど―かは不明です。


  • [368]
  • 別スレの「退散」をいただいて:

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 4月 2日(火)20時49分8秒
 
アコ弾いて 野道を行けば 熊退散
自宅にて アコ弾きだせば 嫁退散
来年は 弾くぞと励めば 鬼退散


  • [367]
  • 来年のことを言えば誰かが笑うらしい

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2013年 3月31日(日)11時59分14秒
 
「早春賦 弾くぞそのとき 来年は」---川井さんの作句を受けて---

   春霞 山の端陰で 鬼笑う

  • [366]
  • 不安定、それが春 - 早春賦をいただいて

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 3月31日(日)05時33分53秒
 
「春」と聞けば、お日様ぽかぽか、小川がさらさら、お花が満開、というイメージを抱きがちだが、実際は、三寒四温、行きつ戻りつ、寒いかと思って厚着をすれば汗をかき、油断して薄着をすれば風邪を引く。 梅にうぐいすもあれば、梅に雪もあり、桜が咲けば、必ずと言っていいほど、花に嵐、春一番か2番が来る。
人生の春にしてもこれまたしかり、美しく変貌していく時期の不安定な時代だ。 それが青春だ。
で、たしかに、そうこうするうちに、冬は去って行ってしまったことを実感するころには、初夏の5月の風が待っている。 こいのぼりが上がるのももうじきだ。 季節は巡り、移ろい、その時の気分をアコで表現できたらいいですね。 旬を逃してもまったく問題ありません。 春は必ずまたやってくる。

早春賦 弾くぞそのとき 来年は

でも、暑い日もあり、寒い日もあるのが春なんですから、まだまだバスには乗り遅れてはいないのかもしれませんよ。 葦が角ぐんでいるうちは春。 もしかして人生の春も結構長いのかも。 気分さえ若ければ人生は春である。 恋せよ乙女。 

  • [365]
  • 今朝は雪が降る、見おろす里は梅桜

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2013年 3月31日(日)00時17分8秒
 
季節の旬を味わいたい気分と、実際の季節とがミスマッチしてしまいやすいのが、この頃の極端変動気象。着るものを思案しているうちにどんどんと季節が移ろい、いつの間にやら他愛のない情感だけが取り残されて、バスに乗り遅れた気分だ。

   早春賦 弾かむと思えど 旬を過ぎ

  • [364]
  • ゆっくり再生にもほどがある

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2013年 2月22日(金)12時13分33秒
 
未熟者はつらい道のりが長く続くのである。指の動きがもどかしいので、音符の数が少ないゆっくりな曲を奏こうとする。練習時にはさらにテンポも落とすので一小節に全音符があると、和音出しながらじゃ最後のほうで腕伸ばしめいっぱいで息切れ状態となる。ワンピースというアニメの主人公であるルフィーのように、腕が伸びたらいいなって時があるのだ・・・。

   全音符 ベローよ伸びるか もうちょいだ

  • [363]
  • 「お世事」抜きにうまい

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 1月14日(月)07時20分30秒
 
「アコに惹かれてアコ園に?」なんて、お世辞まで入れて点数を稼ごうという魂胆丸見えながら、言われて嫌がる人も居ないのがお世辞。 そんなお世辞は抜きにしても、また、あぶなげなシモネッタの境目ぎりぎりを通過しつつ、出ました、名品:

「リード片 人生のごと 傷まみれ」。 うまい!




  • [362]
  • 尻窄む 途切れてしまうか への河童 

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2013年 1月14日(月)01時45分31秒
 
牛に引かれて善光寺、尻に敷かれて東照宮、アコに惹かれてアコ園に?

   三猿じゃ 知り尽くせぬわ アコ世界

   尻過ぎて 片腹痛し 腰膝も

   リード片 人生のごと 傷まみれ



  • [361]
  • .....

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 1月12日(土)05時48分9秒
 
うーん、即座にコメントするには時間が足りない。 アコ川柳としては独自の世界観と生活感のある句だと感じます。 一般のアコユーザーには膝をたたいて「おもしろい!」と言ってもらえないかもしれないが、その手のことに興味を持っている人にはピンとくるという、その専門性が、足をひっぱり、うーん、高級すぎてわかりにくいかも。

しっている しりすぎている しりつぼみ

あ、しりにもっていくのはやめましょう、としりに言う。


レンタル掲示板