teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(128)
  2. お気に入りYou Tube映像(298)
  3. Steirische Harmonika(39)
  4. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(395)
  5. アコーディオン紹介(263)
  6. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(236)
  7. ボタンかピアノか?(139)
  8. アコde歌伴(129)
  9. アコのさまざまな音色について(137)
  10. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(157)
  11. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(62)
  12. アコ・スマートコーチ(1)
  13. アコーディン教室(1)
  14. アコで弾いてみたい曲(5)
  15. 音楽の授業(97)
  16. アコーディオンサークル紹介コーナー(56)
  17. アコーディオン川柳(391)
  18. アコ演奏に欠かせないアイテム(112)
  19. アコラッピング(29)
  20. アコアイドルへの道(228)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


愛知でアコーディオンを担当してくださる方募集

 投稿者:  投稿日:2017年 3月22日(水)17時53分39秒
  愛知のグループでアコーディオンを担当してくださる方を募集しているのでよければURLも参考にしてお返事ください、見学できます。

よろしくお願いします。

http://music-square.jp/membo/m265661.html

 
 

HP復活してたのですね。

 投稿者:tachinon爺  投稿日:2017年 3月21日(火)21時22分30秒
  この前、アコーディオンドットピーシーのサイトが開けなくなって、数日たってからトライしてもだめで、川井様の本業のサイトしか出てこなくなったので、「こりぁ、もうなくなったの?」と思い、諦めて「お気に入り」のところから削除してたのですが、・・・・
 今日検索してみたら、ちゃんと元通りありました。すぐ、「お気に入り」に登録しました。・・・・ちゃんと登録しておかないと、どこから探したんだか、キーワードはなんだったんだか、老化したNo味噌には記憶しきれないところが、バーチャル空間の辛いところですね。
 必要な情報は、自分のハードディスクにコピーして「ちゃんとわかりやすく分類して、必要なら自分用に編集して」置かないと結局ただのハードディスクのゴミになってしまうのですね。
 私にとって貴重なこのサイト、消えないようにお願いいたします。
 

立奏か座奏か

 投稿者:川井 浩  投稿日:2017年 3月16日(木)05時21分24秒
  どちらが良いか? という議論になりそうですが、どちらでも弾けるようでありたいと思います。 重いアコだと、長時間の立奏はやはり、肩や腰に負担がかかるし、だんだんとつらくなります。 立奏のほうがダイナミックな演奏ができるような気もするのですが、座奏だからといってダイナミックな演奏ができないわけでも無い。 歩きながら弾くとか、ステップを踏みながら弾く、なんて場合は座ってはいられないのは当然ですし、聴いている人の中に入っていくなんて演出も立奏だからこそできますよね。
座奏の場合は、重いアコでも担ぐよりはずっと楽に弾けるし、肩や腰への負担も軽減されます。 肩甲骨の間を走る神経や、脊髄の椎間板などへの負担を考えると、無理をして立奏にこだわる必要はないと思います。アコを弾いて、身体や健康を壊してはいけません。
立奏をして聴いている人のなかに入りこんで、迫っていく、という演奏ができるのはアコーディオンの持つ優位性です。 遠くの舞台にポツンと座って弾いている人を聴く、というのと、そのアコ奏者が目の前まで押し寄せてきて、自分のハートのバイブレーションを直接共鳴させてくれる時の背筋がぞくぞくするような感動はやはり立奏で客に迫るから効果が出せるということは、ご経験のある方もいらっしゃると思います。
舞台を見るならかぶりつきで見る方が、天井桟敷の安いチケットで見るよりも感動が大きい。 だから前席のチケットはお値段が高い。 アコーディオンの場合は、別にチケットを買って聞いてくれる人ばかりでは無い一般の通りすがりの人にでもこちらから迫っていける。 追いかけていける。 そこで、至近距離でアコ砲をぶっ放せば、命中率高く致命的な感動を与えることが可能となる。 それは立奏ができればのことだ。 それも単につったっているだけではなく、移動しながら、ステップを踏みながら迫れば、敵はもう逃げることができない。 それができれば、獲物を見つけたパンサーのような気分になるかもしれない。 そのためには、軽量な小型のアコーディオンが有効だ。 ただ、小型のアコになればなるほど、通常は、音がだんだんど細くなる、あるいは、ボディが小さい、あるいは、薄いため、軽めの音になりがちだ。 小型のアコで、大型並みの音を期待することは難しい。 演奏方法もそれに合わせて若干演出が必要となるだろう。 座って弾く場合には大型でチャンバー付、とくれば、リードもハンドメードの高級リードがついてくることも可能となるので、よりダイナミックなサウンドで、より緻密な演奏が可能となるだろう。 小さいアコで担いでも楽なら動き回って客の中に入っていこう。 もちろん、大型の重いアコでも、遠くで弾くより、人の輪の中で演奏できれば、そのほうがもちろん音量も大きく聴こえるし、より感動が高まる。
 

T.Tanakaさん、助太刀かたじけない

 投稿者:川井 浩  投稿日:2017年 3月15日(水)21時25分57秒
  T.Tanakaさん、ありがとうございました。 要約されていますが、ポンタさんのご参考になればいいですね。  

Cobaのワンポイントレッスン

 投稿者:T.Tanaka  投稿日:2017年 3月15日(水)17時28分25秒
  基本的な事だけですがこちらに出ています。
”アコワンポイントレッスン へこきあさね”
http://queue-pin.tea-nifty.com/hekokianesa/2016/06/post-22ba.html

httphttp://queue-pin.tea-nifty.com/hekokianesa/2016/06/post-22ba.html://

 

ポンタさんのボタンアコ

 投稿者:川井 浩  投稿日:2017年 3月15日(水)07時02分59秒
  は、どんなサイズのアコですか? フレンチタイプの小型アコ? フルサイズの大型アコ? ベースの数はいくつありますか? 右型の音域はいくつですか? リードの数は?

そんな情報をいただけると、イメージがわきやすく、みなさんもアドバイスをしやすくなるかもしれません。

ところで、名古屋アコーディオンクラブのWeb Siteにかつて掲載されていた「Cobaのワンポイントレッスン」というとても参考になるアドバイスが、名古屋アコーディオンクラブのWeb Siteが消えてしまっているようで、ご紹介できなくなってしまいました。

どなたか、この情報をお持ちの方、公開をしていただけないでしょうか? Cobaさんにお尋ねするのが筋かもしれませんが。。。
 

ベルト問題

 投稿者:ポンタ  投稿日:2017年 3月14日(火)21時00分35秒
  こんにちは。コメントありがとうございます。
今日、カラオケで練習してきました。
ベルトは左を少し短くして練習しています。
今日気づいたのは、左のベルトをあまりきつくするとどうも左手が弾けなるなるみたいでした。
途中でベルトが緩まっていることに気付いて、体にフィットするようにきつくしたのですが、
とたんに左コードが押さえられなくなり気づきました。
以前蛇腹が伸びて弾けないと言っていたのはこれが原因だと気づきました。
左もほどよく短く左寄りに構えるのがベストみたいでした。
あと座ったほうがやはり楽でした。笑
川原だと椅子がないので、立奏もちょくちょくチャレンジしていこうと思います。(携帯椅子も買ったのですが重くって。。)
今日は落ち着いて室内で練習でき、2,3時間くらいは正味練習できたと思います。
まだ全然まともに弾ける曲もないのですが、多少なりとも弾けるようになると楽しいですね。
 

RE:ベルトの左右の長さ

 投稿者:ATSUO  投稿日:2017年 3月14日(火)14時14分40秒
  私は左を短くした方が弾きやすいと感じていますが、人それぞれなのですね。
 

ベルトの左右の長さ

 投稿者:川井 浩  投稿日:2017年 3月14日(火)12時46分26秒
  かつて、Romaの橋の上でアコを弾いているHideshi Kibiさんのご投稿で、やはり右側のベルトを短くして、アコをできるだけ、右に抱いて、左手の蛇腹の開閉量を最大限にするという情報がありました。 これを実際にやってみたら、確かに左側に蛇腹をよりおおく広げられるようになったように記憶しています。
ただ、そのあと、右肩にアコ全体の重量がかかるため、右側の肩甲骨の間を通る神経が圧迫され、右手がしびれやすくなったり、右肩に重量がかかるため、右手の動きがぎごちなくなったという気もしました。
で、最終的に、左右バランスをとるというよりは、より右肩の重量を減らして、右腕・右指の動きが楽になるように弾いている気がします。
 

私の悩みは

 投稿者:オルガンサロン NOEL  投稿日:2017年 3月12日(日)18時38分2秒
  新しい方がたの記事を興味深く拝読いたしました、現実をしっかりと把握 分析 確認なさっておられるので驚きました。とても参考になります。

67歳から始めて今72歳 その間右腕の骨折等があって、実質なんとか4年目のおばさんです。
 テンポのゆっくりした曲だけしか弾けないのですが、最近特にベローイング 特にインのときのジャバラ返しのときの空気抜けが早いように感じて悩んでいます。
変な所でジャバラ返しをしてしまったりと、力が入り過ぎているのでしょうか。

コンクールに出た時に、初級ということと年齢 体格の関係で今は坐奏がいいとの審査員の
アドバイスで、現在は坐奏てす。腰痛もあるので立奏は難しいですね。
余り練習しない怠けものなので、じっくりと基本の練習に励みたいと思います。
機種はブランドーニ 9,2キロ ベースの音が気に入っています。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well

 

レンタル掲示板
/474