teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. アコーディオン紹介(264)
  2. Steirische Harmonika(40)
  3. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(128)
  4. お気に入りYou Tube映像(298)
  5. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(395)
  6. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(236)
  7. ボタンかピアノか?(139)
  8. アコde歌伴(129)
  9. アコのさまざまな音色について(137)
  10. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(157)
  11. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(62)
  12. アコ・スマートコーチ(1)
  13. アコーディン教室(1)
  14. アコで弾いてみたい曲(5)
  15. 音楽の授業(97)
  16. アコーディオンサークル紹介コーナー(56)
  17. アコーディオン川柳(391)
  18. アコ演奏に欠かせないアイテム(112)
  19. アコラッピング(29)
  20. アコアイドルへの道(228)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ポンタさんようこそ!

 投稿者:川井 浩  投稿日:2017年 3月11日(土)16時48分11秒
  今、上海から戻りました。 中国に入るとメールも、インターネットも検閲されているようで、この掲示板に入ることができないのです。 ということで、今、やっと、この掲示板をあけることができました。

私はピアノ鍵盤型しか弾けませんが、ボタンアコと違うのは右手だけなので、左手の重さや蛇腹については共通の経験をしてきたのだと思うのですが、河原で弾くと、蛇腹が開きやすい、とい感覚は、もしかしたら、河原に入ると、あるいは、戸外に出ると、それも周りに音の反響の少ない広い戸外にでると、部屋で弾くときにくらべてアコーディオンの音量がずっと小さく聴こえると思います。 反響は周りの雑音の関係もある場合もあると思いますが、部屋にいるときより、自然の蛇腹を大きく動かして弾かないといつもの音量が聞こえないので、勢い、蛇腹の開閉する勢いが増すということが考えられます。 外を吹いている風が影響をしているとは思えません。

で、それは結構、良いことで、お部屋で弾いていて、普通に聞こえていても、ちょっと広い場所で弾いてみると、その音が結構貧弱というか、弱弱しくて、聴いている人にも聞こえにくい、なんていう場合があります。 お隣さんを気にせず音をだせるようであれば、ForteはForteらしくしっかりと音を出して演奏なさることをおすすめします。 その音のの強弱が演奏に味を付けてくれるので、音楽に表情が生まれます。

蛇腹は延ばせば、下のほうに垂れ下がり気味なることはありますね。 これを、垂れ下がらないように左手で常時上に持ちあげているようだと、確かにいらない筋肉を常時緊張させていることになります。 蛇腹を支え続けないと、伸ばしたときに下のほうに行きすぎてしまい、指が届かなくなる、ということであれば、アコーディオンのショルダーベルトを少し短くして、アコーディオンの抱く位置を顎に近いほうに持ち上げてあげるだけで、蛇腹が多少下に下がっても、すなわち、いつも左のBodyを左手で持ちあげて居なくても、左指がボタンに届くので、左手がずっと楽になるはずです。 左のボディを持ちあげて閉じるということをわざわざする意味合いは私は特にないと思います。

基本的に蛇腹は、左手で上に持ち上げてあげなくても真下に垂れ下がることは無く、ある程度横方向に伸びてくれます。 もちろん、グーッと伸ばせば、徐々に下に垂れ下がることになりますが、そこまで伸ばさないうちにリターンして、閉めてあげれば基本的に、左手がBodyをずっと支えて上に持ちあげようとする必要がなくなりますので、おそらく左手は、かなり楽になると思います。 蛇腹の開閉に使う筋肉ははっきり言って、ミニマムです。

ただし、戸外にでて、いつもより音量をアップして弾こうとすれば、いつもより蛇腹でより多くの空気を送る必要があるため、屋内で弾くよりは筋肉を使うことはあるでしょう。 これは、音量を大きく出すための筋トレと割り切るよりほかは無いでしょう。

左のボディの重量をささえることをやめることで、左手の疲労度はほぼ感じなくなると思います。

いかがでしょうか?
 
 

Re アコーディオン初心者です

 投稿者:tachinon爺  投稿日:2017年 3月11日(土)08時05分3秒
  ポンタ様、はじめまして、この掲示板にときどき出没しているtachinon爺です。

私も、ひょんなことから、ボタンアコ(6kg程度)をアコ仲間を介し入手し「それなり」(つまりテキトーかつイイカゲン)に練習しているものです。
私のつたない経験ですが、・・・通常はピアノキーの「エクセル308 41鍵120Bass9kg弱」がメインですが・・。
 〇 「左腕がつかれて・・」 仕方ないと思います。私も体力・腕力ないので、座って、しかも、左箱を左の膝に載せて練習しています。
でも、慣れてくると、それなりに「立奏」もなんとなくできてきます。まずは、座って練習してみたらいかがでしょう。
腕の知からあったとしても、「アコの操作に使う筋肉」は普段使う筋肉とは違うでしょうから・・・。
 あと、フランスあたりのおんちゃんみたいに「格好つけて」、ヘソアコしていると、左手が疲れますね。
私もピアノキーのアコは、顎のすぐ下まで(たしか「拳ひとつとか・・」)胸に抱いてますが、26鍵の小さいヤツとボタンは、(出来もしないのに)ヘソアコに近く、ベルトを長くしてます。非常につかれるし、腕が届かなかったりしますが・・・まぁそれで練習してますよ。例えばギターも「胸に抱く」と楽だけれど、「金隠し」風に腰あたりまで下げて弾くとカッコいいけれど、弾きづらい・・のと同じですね。

〇 空気抜けが早い・・・私もボタンアコではじめて経験しましたが・・・もしかして、無意識に「エア抜きボタン」触ってませんか?・・・特に「腰アコ」風にしてると左手が上のほうに来て、無意識にエア抜きボタンに触ってしまいましたよ。
〇 練習場所ですよね。・・・昔ぁーし、一寸だけ習ったとき、「会社の寮に住んでいて練習場所ないんですよね。」といったら、先生が、ある人は、河原で車の中で練習しているよ・・なんておっしゃってました。
 河原で、野外で・・・良いじゃないですか。アコ本来の場所かもですね。
 室内でも「ピアニッシモ」で音を出す練習するのも良いかもですね。

〇 よけいなことかもしれませんが、教則本は、日本語のは少ないかもしれませんね。
アコ仲間(フランス語できる人)が持っていた、こんなフランスの子供向の本あるようですよ。・・・フランス語わかんなくても・・譜面と図を見ればなんとなくやれそうな気がします。

〇 最後に、私は、万年チョー初心者のままで、ボタンアコも最近です。でも、だから、同じ初心者として、見えるものがあるかもしれないと思い、書き込んだものなので、ベテランの方がおっしゃることと違う場合には、ベテランの方のほうのアドバイスを優先してくださいね。
あと、若いなら、キチンと教則本を手に入れて少しでも先生について習うことをお勧めいたします。すくなにくとも、「練習方法」「練習手順」を習い覚えることは、上達の早道です。自己流で練習することは、かなりの回り道&行きどまり道だつたりします。
 

アコーディオン初心者です

 投稿者:ポンタ  投稿日:2017年 3月10日(金)13時38分20秒
  初めまして。ボタン式のアコーディオンを始めて1か月程ですが、疑問だらけで、いくつか聞いてみたいことがあるのですが、もしよろしければ聞いてください。
・練習をしててとにかく左腕が疲れて蛇腹を支えられなくなってしまう。30分~1時間くらいで疲れてしまう。蛇腹を開くと下に下がってしまうのですがやはり腕の力が足りないのでしょうか。筋力が元々ある方はそこまで気にならないのかもしれませんが、かなり体力が無いほうだと思います。皆様はどうやって克服?していったのでしょうか。動画で自分と同じ楽器を演奏している男の子はちなみに体を右に倒して蛇腹を閉じるときは若干上から落とすように弾いている気がします。
https://www.youtube.com/watch?v=YW6fIkeofTE
・今日、川原(3mくらいは離れて)で練習していて、風のせいなのか水分かわからないのですが、蛇腹が開くスピードが異様に早くて弾き辛かった。音を出さなくても開いてくるような気がした。蛇腹が開きやすくなる?という現象はあるのでしょうか。閉じるときは普通に重たく開くときと閉じるときのバランスの悪さを感じた。私の弾き方が悪いのかもしれませんが、何かわかる方いらっしゃいますか。外で弾くことは普通だと思うのですが、風があると弾きづらいとかありますか?
・練習はやはりカラオケでしょうか。家で昼間練習と思ってもそもそも全く上手くなく、音も響いてしまい萎縮してしまいます。私はカラオケで何回かと近所の公園で何回か(でもやんわりと止められて川原を勧めてもらった)その後川原で練習を始めた次第です。外で練習をするのは風が落ち着きませんね。カラオケで週1,2回だと物足りない気がします。あとは専ら家で音を出さずに指の練習をしてます。
 

ミニコンは3月3日です

 投稿者:オルガンサロン NOEL  投稿日:2017年 3月 2日(木)22時28分24秒
  失礼いたしました。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well

 

仙台福祉プラザでミニコンがあります

 投稿者:オルガンサロン NOEL  投稿日:2017年 3月 2日(木)22時26分8秒
  視覚障がいのお二人をメインに、リードオルガン アンデス アコーディオン の楽しいミニコンがあります。

関東アコにアンサンブルで出場した仲間の3人にリードオルガンの友人を加えての楽しい
30分のミニコンサートです。
私は相変わらず 津軽の故郷の一曲をぶら下げての友情出演です。

所  仙台福祉プラザ
時間 午後12時20分~50分 30分のミニコンサートです。お近くの方 お時間のある方 是非
   遊びにいらして下さい。楽しい唱歌などもご一緒に謡いましょう。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well

 

嬉しいエールをありがとうございます

 投稿者:オルガンサロン NOEL  投稿日:2017年 2月 4日(土)19時58分34秒
  AtUO様 ありがとうございます。

極めてまじめなNOELさんというのは全くお門違いだということが判明いたします故 是非
NOELに足をお運びになって、私の御姿をご覧くださいませ。

しかし同じような体験がおありとの事なんだか嬉しいですね。
必死にベースラインを弾いていて上手く弾けなくてだらだらと弾くのがもう嫌になって楽譜をみるのもいやになって練習をさぼっていた時期がありました。
簡単なベースラインですが、結構かっこいいので弾けないのが悔しくてイライラの連続でした。
練習をせずに布団の中でベースラインの指の動きをゆっくりとボタンを思い出しながら、何度も練習したことがありましたが、数日のブランクの後になんとスラスラと弾けたことがありました。一歩楽器から離れて心落ちつけて頭にいれることもたまにはいいこともあるのですね~。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well

 

re実践の賜物

 投稿者:ATSUO  投稿日:2017年 2月 4日(土)11時40分42秒
  >ちゃんちゃら~とできるという事はそれだけ余裕があるということで、すました笑顔で歌っ
>ちゃうパフォーマンスができることですよね。

毎回とは言いませんが、私の発言には、若干のくだらないジョークを含んでいることが
あります。
極めて真面目な性格のNOEL様におかれましては、その分差引いて理解して頂けますよう、
宜しくお願い致します。

ところで、

>ここ10日ばかり弾く時間がなかったのですが、えいっと弾きました。
>なんとノーミスで弾けたのです。

これ、私の拙い経験でも実際にありますね。
私はこれを勝手に「積分効果」と名付けておりますが、練習の効果は、時間(日)が経って
から現れることが少なからずあるようです。
つまり、練習した効果はすぐには表れないが、体はそれを覚えていて、時間が経つにつれ
て徐々にそれが積分されて(=累積されて)表れてくる。

「勉強した後は、十分に睡眠をとった方が記憶に残りやすい」、つまり「休憩時間をとる
 ことによりその間に実際に自分のものになる」というのと似ているような気がします。

うろ覚えですが、「セロ弾きのゴーシュ」の物語とも似ているように思います。

「ある日、ゴーシュが難しいセロ曲を練習していたがなかなか弾けないでいるところに、
 いろいろな動物達が訪ねてきて、次々と簡単な曲を弾いてくれるようにリクエストして
 ゆく。
 最初は、練習で行き詰っているときに面倒くさいと思いながらも、それに応えていた
 ところ、簡単な曲を何曲も弾いているうち、だんだん楽しくなってきた。
 その後動物達が帰ったあと、試しに練習曲を弾いてみると、いつの間にかこれも楽に
 弾けるようになっていた。」

というような粗筋だったと思いますが、思い違いが含まれているかもしれません。

多分、上達には、習ってから→捨てる(頭では一旦忘れる) というプロセスが必要なので
しょうね。
 

それも実践の賜物ですよね~

 投稿者:オルガンサロン NOEL  投稿日:2017年 2月 4日(土)09時27分4秒
  ATUOさん ちゃんちゃら~とできるという事はそれだけ余裕があるということで、すました笑顔で歌っちゃうパフォーマンスができることですよね。
その余裕が聴く人たちに伝わっているということで、笑いを取ること請け合いですよね。
聴く人たちに合わせたパフォーマンスができるという事はすごい強みだと思います。

わたしもそのように臨機応変なパフォーマンスができるように、まちがっても止まらない
笑顔でちゃんちゃら~と謡えるように頑張ります。

先日いらしたお客様に津軽の故郷を是非~といわれここ10日ばかり弾く時間がなかったのですが、えいっと弾きました。
なんとノーミスで弾けたのです。主人からも初めて75点!を。

ずうずうしいのか 集中力が持続しない事につながるのか う~んです。
こういうわけだから練習しないことに甘んじてしまい、レパが増えません。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well

 

楽しく弾くこと

 投稿者:ATSUO  投稿日:2017年 1月29日(日)07時44分34秒
  >わかっちゃっても、本人がそれで演奏を止めたりしたら、余計だめ。
>正確に弾けることはもちろん大事だけど、ミスタッチを恐れてちじ
>こまってはだめですよね。 楽しく弾くことが一番大事、と思います。

「楽しく弾くことが大事」・・・おおいに共感します。

私の場合、殆どが歌伴ですが、絶対にやらないように心がけていることは、
「間違っても曲の途中で絶対に止めないこと」です。
尤もこれは単なる「心がけ」ですから、実現できないことも間間ありますが。

故横森良造氏が生前に
「若いころは、難しいフレーズで正確に弾けないところがあって、その時に
は ♪チャン~チャカ~~♪ と口三味線ならぬ口アコでごまかしながら弾
いていたことがあります」
と笑いながら語っておられたことがあります。

プロでもこういう時代があるのですから、アマチュアはあまり気にせず、
楽しんで弾くことが大切と思います。

因みに私の場合は、曲の大部分が♪チャン~チャカ~~♪になってしまって、
1曲が終ってしまう・・・・という恐れが多分にあります。
これはこれでまた困りものですが。
 

心に沁みるアコのsound

 投稿者:川井 浩  投稿日:2017年 1月28日(土)22時15分56秒
  年末から、今年にかけて、福岡、大阪、仙台、福島、福岡、札幌、と出張がつづいていて、なかなかアコに触れない日が続きました。 朝は4時起きで、成田7時ごろのフライトにのり、大雪の札幌へ、で、最終便で成田に戻り、真夜中に帰宅なんて生活をしていると、本当にアコには触れません。 でも、今日は、久しぶりに1時間、思いっきり触れたので、心が満たされました。
毎日触らない分、ミスタッチが増えているけど、逆にミスタッチを恐れずに、止まらずにどんどん弾くという感じが大事のような気がする。 でも、聴いている人にはミスタッチって、よくわかっちゃうもんですよね。 でも、わかっちゃっても、本人がそれで演奏を止めたりしたら、余計だめ。 正確に弾けることはもちろん大事だけど、ミスタッチを恐れてちじこまってはだめですよね。 楽しく弾くことが一番大事、と思います。 半分は練習不足のいいわけですが。。。  
 

レンタル掲示板
/476