teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(399)
  2. アコーディオンサークル紹介コーナー(57)
  3. Steirische Harmonika(59)
  4. アコーディオン紹介(275)
  5. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(172)
  6. アコで弾いてみたい曲(7)
  7. アコde歌伴(137)
  8. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(244)
  9. アコ上達のヒント(633)
  10. お気に入りYou Tube映像(312)
  11. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(62)
  12. ボタンかピアノか?(165)
  13. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(133)
  14. アコラッピング(30)
  15. アコのさまざまな音色について(137)
  16. アコ・スマートコーチ(1)
  17. アコーディン教室(1)
  18. 音楽の授業(97)
  19. アコーディオン川柳(391)
  20. アコ演奏に欠かせないアイテム(112)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:59/4922 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Dragan Stojkovic BOSANAC

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年 1月 3日(水)21時17分1秒
  通報
  セルビアのアコの巨人Dragan Stojkovic BOSANACの昔の映像がこれ。 彼の愛機はSettimio Soprani Artist VIだが、そのデッドコピーモデルのGuerriniも使用していたようだ。 それもそのはず、GuerriniのモデルはSettimio Soprani Artist VIをモデルにして製造されたモデルなので、音色も極めて似ている。

Dragan Stojkovic BOSANAC
https://www.youtube.com/watch?v=N-AYgW0MiRk&index=1&list=PLW2HgaJE7JCK9OMrAAZeBDLJJNzWY62FN

Settimio Soprani Artist VIはScandalli、Settimio Soprani、Frontaliniなどが吸収合併さてFARFISAというイタリア最大のアコーディオンメーカーとなり一時は5000人もの従業員がいたとされる絶頂期を過ぎて、1950年代をピークにアメリカのアコブームが終わり、同時にアメリカ資本が引き上げることになる段階で、整理の対象となり、そこで一度Settimio Sopraniブランドは表舞台から消え去った。

それを埋める形で、GuerriniブランドのSettimio Soprani Artist VIデッドコピーモデルがバルカンを中心に市場を広げたが、Guerriniは最終的に数年前に消滅し、逆に、Settimio Sopraniブランドが復活した。 実際に製造しているのは昔の工房とはことなるものの、できるだけ、オリジナルのSettimio Sopraniブランドのアコ、とくにフラッグシップのArtist VIモデルは、オリジナルに忠実に復元させているといわれている。
The NEW Settimio Soprani Artist VI Accordion
https://www.youtube.com/watch?v=ARa_xYalO00

一時は姉妹機としてScandalli Artist VI、Frontalini Artistがあったが、現在ではScandalli Artist VIがその流れを汲むモデルとして進化している。 Siwa & FigliもターゲットにしているのはかつてのSettimio Soprani Artist VIやScandalli Artist VIというコンセプトだ。

セルビアのDragan Stojkovic BOSANAC以外にも多くの、とくにバルカンで、多くのファンがいるようです。
Borko Radivojevic 37
https://www.youtube.com/watch?v=uuuVwqiLsU0&list=RDuuuVwqiLsU0




 
 
》記事一覧表示

新着順:59/4922 《前のページ | 次のページ》
/4922