teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. お気に入りYou Tube映像(314)
  2. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(403)
  3. アコーディオン紹介(290)
  4. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(245)
  5. アコラッピング(31)
  6. アコ演奏に欠かせないアイテム(113)
  7. アコーディオンサークル紹介コーナー(57)
  8. Steirische Harmonika(59)
  9. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(172)
  10. アコで弾いてみたい曲(7)
  11. アコde歌伴(137)
  12. アコ上達のヒント(633)
  13. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(62)
  14. ボタンかピアノか?(165)
  15. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(133)
  16. アコのさまざまな音色について(137)
  17. アコ・スマートコーチ(1)
  18. アコーディン教室(1)
  19. 音楽の授業(97)
  20. アコーディオン川柳(391)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:6/4949 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

いい音のアコーディオン

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年 9月21日(金)07時01分13秒
  通報
  とは、何か? それは客観的には、大概の場合には、値段の高いアコーディオンほどいい音がする、というのが残酷な現実のように思えますが、それは高級なリード、高級な素材、時間をかけた作りこみ、などなどコストをかけたアコーディオンはおおむね、いい音がする、といえるのは、やはり、ダイナミックレンジが広い、レスポンスが良い、音の響きが良い、など素材や手間暇をかけた結果が「差」として現れるからだと思います。 ま、当然といえば当然のことですが、実は、「いい音」というのもかなり主観的なものであるということをつい見落としがちです。
ミュゼットの音をこよなく愛する人もいれば、それは耳を刺すようで嫌いだ、という人もいるし、バルカン風ドライサウンドを愛する人もいれば、それは典型的なアコーディオンのトレモロが入っていないから、アコーディオンを聴いている気がしない、という人もいる。 一般的な中ぐらいなトレモロを聴くと、あ、アコーディオンの音だ、と喜ぶ人もいれば、あ、また、例のやつね、退屈だ、と感じる人もいる。チャンバーの音だ、いいだろう、と自慢する人もいれば、こもった音だから嫌だね、という人もいる。
いわゆる、音色の好き好き、好みの違いによる「いい音」の「差」だ。

さらにあるのは、弾く人の腕前、表現方法により、聴く人が、「いい音だ」と感じる具合が異なる場合がある。 自分の持っているアコーディオンが、まぁ、普及型のアコーディオンだとして、常々、ほかの人のアコーディオンと比較したくなるのは、まぁ、人情としてわかります。
それを、例えば、プロの人や、別の演奏方法をする人が演奏すると、やたらと「いい音」に聴こえることが多々あります。

実際に、私のところに在庫してある様々な種類のアコーディオンも、それぞれのアコーディオンの特徴をつかんでいたつもりでも、いらっしゃるお客様の演奏スタイルや技量により、見違えるように輝いて、これまで思いこんでいたサウンドと別の「いい音」鳴ることがあります。

あ、アコーディオンというのは、その持って生まれた特性と限界をどのように生かしてあげて演奏をするかで、そのアコーディオンを最大限に輝かせてあげることができるんだ、ということを実感する瞬間です。

ということで、子供用の小型アコーディオンでも、十分その魅力を引き出してあげて、輝かせてあげることができるわけですので、他人のアコーディオンと比較して、優越感に浸ったり、落ち込んだりしないで、持っているアコーディオンから最大限のいい音をだしてあげるように、練習したり、工夫したりすると、さらに味わい深いアコーディオン人生が送れる可能性がある、と感じます。 
 
 
》記事一覧表示

新着順:6/4949 《前のページ | 次のページ》
/4949