teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. ボタンかピアノか?(171)
  2. お気に入りYou Tube映像(328)
  3. Steirische Harmonika(116)
  4. アコーディオン紹介(333)
  5. アコーディオン教育、ないし教師資格認定制度(72)
  6. アコで弾いてみたい曲(25)
  7. アコアイドルへの道(230)
  8. アコde歌伴(140)
  9. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(242)
  10. アコのさまざまな音色について(140)
  11. アコラッピング(31)
  12. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(65)
  13. オカルト小噺スレッド(90)
  14. アコ上達のヒント(636)
  15. アコ・スマートコーチ(1)
  16. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(433)
  17. アコーディオンサークル紹介コーナー(76)
  18. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(247)
  19. 音楽の授業(98)
  20. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(134)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:13/5283 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Brandoni 68C Infinity Black

 投稿者:川井 浩  投稿日:2021年 3月30日(火)22時07分28秒
  通報
  6月に日本に初入荷するBrandoniのFlag Ship ModelがInfinityシリーズだ。 Infinityモデルの最大の特徴は最小音量のPianissimoがどの音でもきれいになり鳴り始まり、鳴り終わることです。 これまで味わったことの無い演奏表現が可能となります。 大音量では無く、Pianissimoで泣かせるアコのチャンピオンと思っていただければ正解です。 もちろん、最高級のHand Made Reedが使用されているので、音量・レスポンスは申し分ありません。 その繊細なサウンドは、演奏者の隣にいても、ささやくように演奏されると、心をわしづかみにされてしまうというモデルなのです。 これは、リードメーカーと、Brandoni社による共同研究から生まれた、他社には無い特性で、ほかに表現のしようがないので、「Infinity Reed」(Reedだけの問題ではなく、構造上・製造技術上のSkillも関係している)と呼ばれている。
ここまで文字にしても一体それがなんなのか、十分にお伝えできていないことは、承知しています。 これまでになかった感情表現豊かなPianissiomoが特徴のある、Hand Made Reed使用の高級アコーディオンです。 現在のところ、このシリーズはBlack Bodyのみ製造されています。
これは6月に入荷したら、弾きにきていただかないと、これ以上の説明は難しいです。HMMLにすべきか、MMMLにすべきか、かなり悩みましたが、今回はMMML、Slovenian Double Tremolo Tuningで発注しました。 繊細で甘く、かつ、力強い、コンパクトアコらしからぬアコになっているはずだ。Wood Bodyじゃないので、価格をこれに抑えることができました。
予定売価、送料・税別で、745,000円
 
 
》記事一覧表示

新着順:13/5283 《前のページ | 次のページ》
/5283