• [0]
  • アコ上達のヒント

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 6月 5日(火)01時10分10秒
 
旧、森のくまさん(現、さぬきのアコ吉さん)のリクエストにお応えして開設します。 あゝ、そうだったのか! それが知りたかった! なんて情報が出てくるといいですね。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [100]
  • スイッチが見つかるといいですね

  • 投稿者:スズラン
  • 投稿日:2012年 7月21日(土)08時31分49秒
 
コロポ様、笑星様、教祖様、オルガンサロンNОEL様、そして掲示板の皆様が、多くの方々に心のこもった音楽を奏で、心の支え、励まし、時には生きる力を注いでいらしたことは計り知れず、私は掲示板を読ませていただいて、ただ畏敬の念を抱くばかりです。私はまだまだ経験も浅く、お導き頂きたいことが山のようにあります。掲示板の皆様、世間知らずで何の力もない私ですが、今後もご指導の程、どうぞよろしくお願い致します。

私が今、通っています所は高齢者と言っても宅老所、地域イベント(高齢者集会)、デイサービスセンター、身障者施設等が多く、老健施設あまり行っておりません。しかし療法士仲間には老健に行かれている方もいて、その方によると、月に1~2回のセッションで、1回目で知り合え、次回お近づきをとあれこれ悩んで選曲して行ったら、もう亡くなられていて何もお力になれずと・・・。こういう方がとても多いそうで、いかに早く一人一人のスイッチを見つけられるか、お力を注がれておられます。

この療法士も含め私たちは、セッション事前に施設スタッフと連絡を取り(個人でも集団でも)、対象者さんのアセスメントをわかる範囲で詳しく教えて頂きます。年齢、心身の状態、家族など、個人情報に注意しながらですが。何度か伺える所でしたら対象者さんが好まれる音楽、テレビ番組、若い頃の趣味などをお聞きできる場合もあります。それによって選曲と提供する内容をかなり時間をかけて考えます。比較的お元気な方は発言してくださるのでわかり易いですが、そうでない方には特に難しいですよね。

セッション中には、歌の背景からその時代と思われる映画の画像(拡大コピー)、花の画像、お手玉なども手にとって頂き、何か心を開いて下さるものはないかと・・・。

5月のセッションでは花シリーズで、「リラの花咲く頃」を歌いましたら、あまり表情の変わらなかった男性が「リラ~リラ~」と小さな声で歌い出しました。よくお聴きすると「リラ~・・」ではなく「リル~リル~」だったんです。今まで童謡唱歌などあまり歌われていなかったので、自ら口ずさんで頂いたことがうれしく、急遽「上海帰りのリル」を皆で歌いました。この男性は歌唱後「あんたらにはゆうてもわからんやろうけどな、わしらはずっと満州行っとってな・・」と話され、少しお近付きできた気が致しました。

ご高齢や心身の状態から、耳の遠い方、こちらの話を理解して頂けない方、全く表情が変わらない方、言葉の出ない方に対して、皆さんのおっしゃる通り、音楽、言葉(優しい口調)、笑顔により、こちらの思いを伝え続けることで必ずその方の心に灯りをともすことができると信じています。たとえその灯りが私たちに見えなくても、それでも音楽療法を続けていきたいと思っています。





  • [99]
  • 表面に浮き出してくる反応がないのなら、なおさらのこと 表に反応が出てくるまで、何回も何回もくりかえしくりかえし、!!

  • 投稿者:出会い系教祖
  • 投稿日:2012年 7月21日(土)02時27分23秒
 
訪問販売、あ違う、訪問演奏活動をつづけるべきでしょう。

確かにその笑星さんがなんどもゆうように

『反応を表現できないだけ』

あるいは、当座は
『理解不能』

あるいは、あたまんなかが寝ちゃってて
『意識不明』

なのかもしれない。

ええとしこいてきて、波乱万丈の人生体験の末、
脳みそのなかみにもんだいおこしてたら、

そういうことは、お~お~にしてあるやろう。

だからこそ、その脳みその中に、閉ざされた心の中に光さすまで、
今回も、次回も、そしてまたその次も、そしてまた明日も、、、、、、、くりかえしくえりかえし、

続けていかんとあかんのんとちゃうのん?

それはまあゆうて見たら、ちゃんと表に反応表してくれる人なら軽症やよってに、オルガンサロンノエルさんでなくとも、介護の人やそのほかの周囲の自然界の出来事に生きる喜びを得ることができるやろう。


あなたが音楽を通じて、音楽で、アコーディオンを選んで、もとめてるもんは、やらなあかんとおもてることは、

いま、反応せーへんひとが


音楽の喜び、生きる光をもういっかいとりもどすために

繰り返し、繰り返し、周りのすべての人があきらめたとしても、あなたはあきらめずにつづけることなんやとおもうよ。

金剛コロニーのノータリン重症連中たちのことは、もうはるか20数年前やから

はっきりと、こうでこうで、、てゆうふう風な記憶はもうないけどね、



脳みそ物理的には障害なくても、

心ん中が閉ざされた重傷者はいっぱいおるやんかあ。
ほんならね、

毎回毎回、橋を、自分の前を通り過ぎるとき

ぼくはね、
そのひと、とても心ん中が閉ざされた重傷者だってわかるから、
『ボンジョルノ』

とあいさつする。

もちろんしかと、つまり反応ないよ。

おなじひとが再び通り過ぎるときも
『ブォーナジョルナータ』、、(キョウガイイヒデアリマスヨウニ)

もちろんしかと、つまり反応ないよ。

デモね、この繰り返し、何年も何年も、このくりかえしでね、あるときね、とつぜんね、


このぼくの声 『ボンジョルノ』と、
まさしくそのとき演奏していた曲目が、
ぴたっと、シンクロするときがいつか来るの。

まさしくそれは笑星さんのゆう
『どこにそのかたのスイッチがあるかは、探すのはとてもむずかしいです。』

それが、あたるんよいつか。

もちろんそれは偶然と違うよ、偶然は存在しない。
ぼくの、毎回毎回の、繰り返しの結果だよ。


そしたらその人の顔が始めて笑顔になる。

まだ、はなしかけはしない。

もちろん銭もほりこまない(がんばれあとひといき!)

しかしながら、その人は、今までとは違う、すっかり違うよ、橋を毎回歩く姿勢ですら違う。

ピッツァに乗っけるつもりでバジリコこーてきたんやけどね、

最初の写真は、スーパーで売ってるとき。
ひょろひょろで、ピッツァ5枚くらいにのっけたら、もう、おしまい、いのちからがらやった。


でも、ぼく、ここでひとりやんかあ。

消費量が追いつけへんから、飼うことにしたんよ。

バジリコはイタリア人やよってに日本語わからんにきまってるやんかあ。

でも、毎朝おはよう!てゆうて、なでなでしながら水あげて、
夕方もただいまてゆうてなでなでしながらみずあげて
飼育してる。

毎日目に見える反応はゼロやけどね、ことばもわからんやろから。

家にベランダないし、地下やよってに。


でもさあ、見て!、今ではこんなに成長してお化けバジリコみたいにおおきなったよ。


  • [98]
  • 無表情な方は

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2012年 7月21日(土)01時20分21秒
 
 やはり一概には言えず、さまざまな理由からの「無表情」が考えられます。パーキンソン病によるものや、認知症、精神疾患の場合、ほかにもさまざまな病気も考えられますし、あと、性格とか、そのときの気分とかもあると思います。

 でもほとんどは、病気によるものが多く、それは、ご本人の意思とは、遠いことが多いのです。以前も書きましたが、表情に出したいのだけれど、それができない。そのかたが受けた感動を、わずかな変化から読み取るのは、やはり、日ごろその方に、そば近く接している人だと思います。

 普通の反応をされる人たちと生きていると、無反応な人に出会ったとき、どうしていいか分からなくなります。職場体験でくる学生たちも、そこでよく躓きます。

 でも、くどいようですが、反応がないのではなくて、反応を表現できないだけなのです。反応はないけれど、できるだけ、ふつうに、ゆっくりと接してみてください。
 ドライヤーで髪を乾かしてもらって、整えてもらって、「ああ、いい気持ち、ありがとう」って言える人もいるけれど、同じように感じていても、いつもの、しかめっ面にしか、顔の筋肉も動かせず、ものも言えないだけなのです。

 言葉がむずかしいときは、音楽の力が発揮されることもあります。けれど、どこにそのかたのスイッチがあるかは、探すのはとてもむずかしいです。

 以前の施設で、胃ろう(胃にチューブを入れて栄養をとる)を造設され、口からは一切のものを受け付けず、言葉も発しない女性がおられました。でも、医学的には、言葉は発することができるはず、とのことでした。
 そのかたと、少しずつ距離を縮めていって、おむつ交換や、清拭の際に、いろんな歌を口ずさんでみました。童謡、唱歌。反応はないのですが、ほんの少し、表情がゆるむような気がしていました。そして、あるとき「青葉茂れる桜井の…」と歌ってみたら、急に目に力が入って、唇が動き出したのです。その後、ずっとこの歌を歌うようにすると、だんだん、口が、歌詞のとおりに動き出しました。すこーし、空気も出てきたようでした。

 そこまでで、私が引っ越すことになり、その施設とはお別れしてしまったので、その後のことは分かりません。けれど、音楽の力、を、感じた事例でした。

 オルガンサロン様、表情のないかたとは、たしかにコミュニケーションとりづらいですが、あまり気になさらず、現在の活動をお続けください。すばらしいと思います。ほんとにありがたいです。

 音楽療法士のスズランさまのお話も、うかがってみたいですね。

  • [97]
  • 音楽の力 言葉の力 を信じていますが

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月21日(土)00時02分51秒
 
笑星さん いつも一貫した御考えに実践の深さを感じて納得しております。
早速のご助言ありがとうございます。
 首をうなだれていた方は眠っていたのではなく、私が話している言葉を理解できない様子でした。
 一言でも多く言葉掛けを努めているので、演奏の合間に楽しい話を入れる自分のスタイルは今後も続けていきたいのですが、100%対応できるとも思っていません。

 このような高齢者の姿に、言葉の働きかけよりも音楽の力のもつ働きかけのほうが、より効果があるのではないかと思ってしまいました。
笑星さんのおっしゃるように機会があつたら個人的にアプローチも試みてみたいですね。でもどちらが一番ということではないのでしょうね。

 コロボさんのおっしゃる通りですが、無表情の方へのアプローチが今一つ
わかりません。施設で御見かけするくらいなので、どのようなレベルなのか 一人ひとりそれは違うことでしょうけれど、言葉の力が難しければ音楽の力のほうがより効果的なのか それとも区別せずに両方のいいところを用いて働きかけていくことが大切なことだとは思っているのですが。

 自分でできる事がないかなと考えているのです。ボランティアは、演奏の他に入浴後の髪を乾かしたり、話し合い手等もしましたが、やはり無表情の方への介助が全く分かりませんでした。

  • [96]
  • 答えになっていないけど

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 7月20日(金)21時28分29秒
 
私も老健施設に以前何回か行ったことがあります。
どのようにがんばってみても(老健施設に限りませんけど)
そこに居合わせる方100%満足させる気配りはできないじゃないですか、
殆どの方が演奏,歌、話しを楽しんでくれたならそれで良しと思いますが、
それじゃあいけないんですかね。
無反応のように見えてても楽しんでいたのでしょうか。、、これは施設の方に聞いてみるのが第一だと思います、あと同行の二人の意見は?
文面だけではいまいちわからないですから。
ここはやはり第一人者の笑星さんの出番だ。

  • [95]
  • ご活躍に感謝

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2012年 7月20日(金)21時23分0秒
 
 いつもながら、積極的に活動されているオルガンサロンさんに、心から感謝です。今回の場合、多くの入居者さんがいらっしゃったようですので、お話も、演奏も、両方あって、とっても楽しまれたと思いますよ。

 おたずねの、眠っておられた入居者さん、ですが、もしかしたら、前の晩、全然眠ってなかったかもしれません。昼夜逆転は、高齢者によくあることです。眠っておられたとしたら、よい音楽が聴けて、心地よかったと思います。

 お話が理解できない、という症状の方も、もちろんおられます。その方と、一対一で接するならば、もっと別のアプローチがあるとは思います。聴力や視力に問題がある場合も多いですので、低めのはっきりとした声で、ゆっくりと、お顔をしっかりと見て、話しかける、とか…。

 無反応のように見えても、音楽は、ことに、生の演奏は、心の深いところに届くのだと、私は信じています。

 今日も、ほとんど無反応の方の、食事介助をしました。摂取量も落ち、ほとんど少量のゼリーくらいしか召し上がれません。けれど、嚥下マッサージをしながら、耳元で「〇〇子さんからですよぉ」と、娘さんの名前を言うと、ぱくっと口を開けたりされます。

 脳にどんな障害があっても、認知症がどれだけ進んでも、かならず通じるものがあるのだと、私は思います。医学的には、どうか知りませんが、経験上は、そうなのです。

 結果は、目に見えないものかもしれません。そうすると、とてもむなしい、徒労のように感じられるでしょう。けれど、その方が、天国に行かれるときの、お土産になれば、いいじゃありませんか。
 なんだかしらないけれど、いつかきいたことのある曲。なんだったっけなぁ、これ…。いい気持ち…。
 きっとそう感じておられますよ。表現できない、ということもあるのです。

 爆睡しておられたとしても、深層意識に働きかけろ力が、音楽には、生の、音には、あるはずです。アウラ、ですかね。

 どうぞ、続けてくださいませ。そして、もし、一対一の、機会がありましたら、そのときはまた、別のやり方も、いいと思います。



 ところで、このスレッド、すごいですよね。コロポさま、アコリック教祖様、どちらのお言葉も、ありがたくて、ははぁ~って、拝みたくなります。童謡、唱歌の世界の深いこと、深いこと…。もう、どっぷりです…。

  • [94]
  • 終始眠っていた入居者さんがいたのですが

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月20日(金)20時30分40秒
 
先日老健施設にオカリナ 大正琴の仲間で訪問してきました。当日になり今回のMC担当が欠席なので私がする事になり、40分担当しました。模造紙の歌詞カードを見ながら手拍子も交えながら楽しく歌って下さいました。

 歌の合間には必ず楽しい短い話を入れ、一人ひとりに話しかけるように顔を見ながら、時には御元気そうな入居者さんにインタビューを入れながら話を進めました。中には痴呆が入ったおばあちゃんが、私の言葉にいちいち反応してよく聴き取れない言葉をかけてきたり、楽しい会話を多く取り入れました。

ところが終始車イスに座り首をうなだれ、同じ姿勢でじっとしているおばあさんが居りました。話に反応するわけでもなし、顔の表情が見えないほど下ばかりを見ているのです。職員の話しかけにも反応しないようでした。
皆さんが笑っているときでも身じろぎもしませんでした。

 話を理解できない症状があったのかもしれません。このような方には、話
よりも演奏のほうが心に響くのではないだろうかと思いつつ、話の合間に演奏、歌を入れるスタイルを続けました。殆どの方は演奏 歌 話を理解でき楽しんでいただけたのでしたが、中にはMCの話が理解できない高齢者もいるのだという現実にぶつかり、課題がひとつみえた今回の訪問でした。

 無反応のように見えてても楽しんでいたのでしょうか。このような方には、話をいれるより演奏だけのほうがより効果が出るのでしょうか。
 御教えくださいませ。

  • [93]
  • あまりにも奥深い童謡の世界

  • 投稿者:童謡唱歌教祖志願
  • 投稿日:2012年 7月20日(金)04時54分2秒
 
童謡教祖やるんは30ねんはやいか?
すごいなあやっぱり歌声師は!!
てっきり雨天決行したことないことばれたから
童謡してあわててるんやとおもてたら、、、

実際の研究はそ~とお核心まで探求できてるんやあ。

しかしでも、その歌声師のバイブルすっごいですねえ!

3点ぼくにはおおきなまちがいがあった。

その1、、学童保育とかなんとかのもんだいじゃなくって雨が降り出したからその日は、わざわざ母さん迎えに来てくれてんだあ!!(つまりこの幸せの陰にはおおくのお迎えのない、まあゆーてみたらかわいそうなづぶ濡れ帰宅学童たちが存在したにちがいない。ちなみにぼくの場合は迎えに来てくれへんことが確定してたから朝から傘持たされてか、あるいは、違う学年の下駄箱付近で傘盗んだよーなキーがする)

その2、、、、『かけましょ、』が、雨なんでぼくの飛躍した想像で雨をかけてるんやとおもたんですべてが狂ってきたから、とうとう『ゆこゆこ』がlet’s go とゆうことやとゆうことすらわからんかった、ジョーだん抜きで、『ゆこゆこ鐘』とゆうようなものがどっかのお寺に存在するのか?とおもてたよもう!!。

その3、、、、『あのこ』とゆううたいかたが、ぼくの飛躍した想像で『気になるあの子』的になり、勝手に女の子やとおもてた。確かに実際のところの性別は不明なまま幕を閉じてる。

ただ、個人的にぼくとしては、女の子であってほしいね、なんてゆうの、いまふうのことばでゆう男女の
『出会い系』、のたのしみてゆうかそういうやつ。


しかしながら、かもめの水兵さんの前半部、

に関してはちょと、当宗派としては異説をとなえます。

やかもめの水兵さんのたぐいは、

かの有名な花さかじいさん刻み、すなわちブ~ンチャッカブ~ンチャッカ

ブ~ン (渋おんぷ)  う~
チャ(フーテン8ぶおんぷ)  らっ
カ(十六分音符)  の
ブ~ン (渋おんぷ)  はった
チャ(フーテン8ぶおんぷ)  けっ
カ(十六分音符) で
ブ~ン (渋おんぷ)  ぽっち
チャ(フーテン8ぶおんぷ)  が~
カ(十六分音符)  な
ブ~ン (渋おんぷ)  く~~
チャ(フーテン8ぶおんぷ)  ~~
カ(十六分音符) ~~

の繰り返し、ぼくやったら、推奨する。

花さかじいさん刻みが、いちおおちゃんとできるようになったら、まあゆーてみたら童謡師一人前の仲間入りとゆうても過言ではない。、

2年かかるかもしらんねえお~ばんこばんでてくるまでに。。。がんばれ!!



  • [92]
  • 忘れるとこだった

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 7月19日(木)22時35分36秒
 
歌詞がぜんぶカタカナなんですね、かえってチンプンカンプン
②カケマショ カバンヲまさに昔のアコーディオンのソフトケース
(ランドセルではなく、肩掛けかばん)をイメージするとわかりやすい。
あくまで自分の肩に掛ける
カアサンノ アトカラ ユコユコ カネガナル/かあさんの後からついて行こう行こう、カネガナルは流れとしては意味がないとおもうけど。
韻を踏むためとの説明があります、
この辺は川柳師の専門分野ですね。
泣いていた子は実は男の子かもしれないですよ。
昔の挿絵はそういうのもあるみたい。
*池田小百合さんのなっとく童謡・唱歌を参考させていただきました、
これって童謡書のバイブル、昔からお世話になっています。

  • [91]
  • 白状します。

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 7月19日(木)20時45分51秒
 
この「アメフリ」だけは実際に伴奏したことはありません。
他のはそれぞれ100回以上は伴奏してると思うけど。

でコロポもおそらくじっさいに弾くときはベースもやはり付点で弾くと思います。
同じように弾くのは童謡のさんぽ(若草もえる丘の道・・・)雪、
やかもめの水兵さんの前半部なども。

童謡教祖さんがいみじくも言われたようにこの弾き方、実は難しい!
で具体的にどうしたらいいかというと、
ブン、、、、(フーテン八分音符)
チャ、、、、(十六分音符)
の一拍目より2拍目、3拍目より4拍目に少し強めに蛇腹を引くことにより摩訶不思議、聞いている人にはバランスよく聞こえる。

私はアコーディオンレッスンはやっていないし、
教祖さんもしかりだけれど、
実際にレッスンしている方で掲示板見てる人いるのかな。

そうそう、わたしも「からす」の子は7つ(歳)だと思います。諸説あるのは重々知っておりますが。


  • [90]
  • 使いのアリや雨降りのときはきーつけなあかん。

  • 投稿者:ブンチャカワールド
  • 投稿日:2012年 7月19日(木)18時22分55秒
 
おかあがむかえにきてたとゆーことは、
幼稚園か?
保育園か?
学童保育か?

ぼくにはジョーだん抜きで2番は完全に意味不明だが、

3番4番で続いていくストーリー展開から推測すると
ガキそのものはそんなにも年齢小さくないと想定できるゆえ、ぼくなら学童保育と解釈します。

泣いてた女の子に即席かさわたすちゅーことは、
おそらく、この女の子とガキは自宅の近所かどっかですでにお互い面識があると判断するが、

ひとつゆえることはその子は、学童保育ではないとゆーことや。なぜかとユーと、もしその子が学童保育なら、学童保育から傘さして出発したこの母親とガキが彼女と途中の木のたもとで出会うことはありえない、そう、もし学童保育ならその女の子は学童保育内で、雨がやむのを待てばよかったからだ。


さて、話戻ってそのガキと泣いてた女の子との面識についてやけど、なんで面識あるかとゆうと、
やっぱり後日、近日中に、貸した傘、返却してもらわんとあかんよってに。

あるいは、半永久的にその女の子に貸しちゃったわけか?

マア、そのガキん家が金銭的にソートー裕福であるか、あるいはもしかして、貸した傘に宣伝の入ってる、

つまり、『ガキん家が実は傘屋さん』なら、じゅーぶんそういう状況も考えられる。

結論的にこの母親は歌の中で話題が爆発してるそのじゃのめ傘をさしながら、さらにガキ用傘も持ってきたことだけは明白である。

さて、ここで問題!!、当時その木の下で傘借りた女の子と、貸したガキの二人が傘がきっかけで愛が芽生え、20年後、めでたく結婚する確率は何パーセントでしょう?

答えはわりと明白ほぼゼロパーセントだ。、答えをとくカギは5番にあった。

普通の感覚の女性はマザコンの男と結婚したいとは思わないからだ。



歌声師コロボさんがこの前ゆーてくれてた
『メロディーの付点弾んで、ベースはそれをしっかり支えて』

ぼくやったら、左の刻みそのものも完全に右とおんなじ
ブン、、、、(フーテン八分音符)
チャ、、、、(十六分音符)
にするねえ。

もちろん使いのアリのときもそうするとおもうけど、

これがクセモン要注意だよ。!!!!
この
ブン、、、、(フーテン八分音符)
チャ、、、、(十六分音符)
の繰り返しが、ソートー熟練しないとインテンポで弾くことはむつかしいのだ!!絶対自分の感覚のなかにあるテンポ感をしんじたらあかん!!。

どーしてもメトロノーム様におでましなさってもらわんとこまる。26年やってるアルコリック教祖のおことばしんじなはれ!!あ、ちがうメトロノーム様のカチカチあがめるのじゃあ~~

なんでかちゅーとね、
ピアノやったら重い鉄板には張り付けられた弦がどつかれるんをただたんに待ってるだけやからタイミング狂いにくい。

アコーディオンの場合はどついただけでは泣かすこことできへん、さらに自分の力で息おくったらんとあかんからね。

だからそれもピアノとは発想がちがうんよ。当たり前かも知らんけど、それを意識することでどんどん息のおくり方が変わってくるはず。

左右の腕の筋肉痛が・・ヤバいのは、最初のうちはねえ、どおしても必要ない部分の筋肉を硬直させてしまうんで、いかに、今のアコーディオンの姿勢角度で、ちから抜くか??は、やっぱり最低1ねんかなあ。

しかしそれは決して悲観するようなモンではない。はんたいもまたしかりで、

ぼくは、どちらかとゆうと曲の音とりのときはアコーディオンではなく普通のピアノ鍵盤のキーボード使うけど、ピアノは実際弾いたことないに等しいから、その腕と手の姿勢がものすごちからはいってしもて、
5分もせんうちに手首に激痛くるもん。

あとひといき、そのいきおいでまけてえなあ!!
3年を、2年にもうちょとべんきょうでけへんもんでっかねえ?

ちょっと疑問、もうすでにずぶぬれになってる状態でいまさら傘さすひつようあるかい?
ぼくやったらモウそのまま傘なんかドーでもええから家帰るけどなあ。



  • [89]
  • 唱歌の伴奏はせめて3年は・・

  • 投稿者:スズラン
  • 投稿日:2012年 7月18日(水)03時21分24秒
 
教祖様のお答えは、楽器の構造から教えてもらえて、ほんとにほんとにわかり易いです。
たぶん無意識のうちに、右のメロディを綺麗に歌いたいときは、タッチもレガートで鍵盤をゆっくり押していく感じやし、同時に左でリズミカルなバッキングをするときは素早い鋭いタッチで指先にの瞬間に力が入ってるから、これだけで左右違うニュアンスが出るんですねー

あとは、原曲を聴いて、どんな背景のどんな表情の曲かを自分なりに理解して、「一曲の全体像」を描き、そこから強調したいところをストレートに演奏に出していけばいいんですよねー。

なんかね、アコは両手で抱きかかえてるし、今後努力して蛇腹の押し引きや演奏のテクニックを向上させれば、ものすごく自分の思いを伝えられる楽器であるような気がします。それだけにこわいですが・・。

今日のセッション曲は♪花火(スカーフ体操) ♪浜辺の歌 ♪故郷(手振り付き歌唱) ♪南国土佐を後にして ♪憧れのハワイ航路他、でした。浜辺の歌はとてもスローに歌われる対象者さんでしたので、キーボードでアルペジオで伴奏しました。こういう時はアコならブチャチャチャブチャ~みたいな感じでいいのかなあ・・?

まだまだ蛇腹の押し引きが不安定なんで、練習して早く安定したブン、チャッが弾けるようになりたいです。たかがブン、チャッ、されどブン、チャッ・・・いろんなブン、チャッを弾きこなせれようになりたいです。

しかし、左右の腕の筋肉痛が・・ヤバいです・・

  • [87]
  • 今度はうまくいきましたので3度目の書き込みです

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月18日(水)01時09分25秒
 
教祖さま大変詳しいアドバイスをありがとうございました。曲理解が大切なのですね。左が強いのはボタンの押し方が早過ぎ鋭すぎなのですね。
また伝えたい部分をどのように表現するか曲理解も大事なのですね。
その意味でもいい音楽を沢山聴いていい音楽がどのように表現されているのかも勉強なのでしょうね。

 新しい先生のもと第一回のレッスンでは、サードベース(カウンターベース)の付け方の指導を受けました。初めての演奏法ですが、稚拙なために単調で余り乗らなかった唱歌が、やつと曲に深みが出てきてフレーズの入り方がとても優しく滑らかに生き生きとしたように思います。
左の伴奏を変えただけで、不思議にメロディーも豊かな表現になりつつあります。完成には時間がかかりそうですが、楽しみです。

  • [86]
  • 書き込みがうまく反映できません

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月18日(水)00時46分32秒
 
2度も書き込みしましたが何故かできません。テストをお許しください。

  • [85]
  • やはり七つの子も迷宮入り世界のなぞと不思議か?

  • 投稿者:世界のなぞと不思議にいどむ勇敢な教祖
  • 投稿日:2012年 7月17日(火)16時07分55秒
 
だじゃれは、くだらんければくだらんほどおもろいけど、ちょとまってくれ、ちがうとおもう。

親にとったら子供は何歳になってもかわいい子供だ。

それは、78歳になり、まだ息子のことが心配やよってに、まんがいつ日本に戻ったときにふじゅうないようにとおもて、いまだに働いてるアルコリック教祖の母親見てわかる。

もし、7匹なら
か~わい~い~な~なひき~のこがおるか~ら~

に近いような歌詞になり、さらに、落ちが
ま~る~い~め~お~し~た~い~こたち~だ~よ~

になってるはず。

実際には、もう7歳になって、子供自体大きいから、かならずしもいつもいつもは巣のなかにおることもないゆえ、

〔子がおる〕に似たような歌詞にならず、

〔子がアル〕、、つまり、7歳の子が『存在する』とゆう意味を強調したいゆえ

ある、、、とうとてるに違いない、と、私は解釈します。

おとたま、てゆうサイトでは
この歌ができたときは現在のように医療が発達しておらず、幼い子供が原因もわからないまましんでしまうことも多く、子供が生まれて7歳まで成長すればひとまずは安心とゆわれていた、、
てなこと、かいてあった。

ドーでもええけど、やっぱり7歳のガキか7匹のガキかでは、うたいかたもかわってくるとおもうからっす。

それでその、七つの子の7歳説、7匹論にひとしいくらい奥深いアコーディオンのブンとチャやけど

10年かかるてゆーたっけ??
スズランさんは『歌われる方々の声量やテンポ、表情にも合わせなあかん』そーやから、そらも~、あかん、大ピンチやねえ。

けどマア10年ただ、まってるだけでもあかんよってに、

できる限り論理的に、ここで何とか説明して、その10年を、できれば、1年余りくらいまでにちぢめることができたらええんやけどねえ。

当たり前のことやけどピアノのなかあけてみたらわかる。
各鍵盤ごとに独立して弦はってあるよってに、
『左でどんなにメリハリのあるリズムを弾いていても、右では滑らかにメロディを歌うことが』マア、ユーてみたら物理的に可能なわけや。

さて、そこで、問題のアコーディオンやけども、
蛇腹の使い方、、、とゆーても、実際にはつかうんは蛇腹だけとちごて、空気噴出口の操作、つまり、扉の開け方がだいじなわけです。

蛇腹、=  笛に空気送っておとださせるだいじなもん。たったの一個しかない。
ピアノは88個独立型

しかしアコーディオンは現実には右の鍵盤や、左のボタンは、ばねが独立して、その数の分だけはいっとるから独立してるんでんがな。

とゆうことはね、右手で弾く内容にアクセントつかへんのに

左のリズムにアクセントつくのはね、

まず、とにかく、指が、左のボタン押すときの押し方が、『速く鋭い』のです。

ソシテね、1曲の中で、すべての小節が、アクセントつくのかとゆうと、じっさいにはそーではないからね、
そして1曲の中で、ここはドーしても、左の『ブン』のアクセント聴かせんとあかんとこの『ブン』を、強調するわけです。その部分は左の『ブン』が音楽の中で、強調されるべき部分なので、アル程度蛇腹の引っ張りでそのアクセントが入って実際には、右手のメロディにもそれが影響していてそこのとこの右の音に、アクセントと入っていても、聞き手にとっ、そこは、ひだりのアクセントが大事な部分なので、左の『ブン』に、注耳してるゆえに、案外、それに影響を受けてる右の音には気づかないものなのです。

結論的にもっと端的にゆうと、アコーディオンは、ピアノのように完全にすべてのセンスィティビティが独立してるとゆうわけではないので、ピアノで演奏するとき以上に、『一曲の全体像』を、より意識して把握して、右手側を強調するとこ、左手側を強調するとこを、より明らかに強調してやることにより、臨場感のある音楽になるわけです。

も一度言います、左、あるいは右、おのおの強調したい部分があって、強調すると実際にはかなりうまく指を使って操作してもおーおーにして強調したくない側も強調されてる、しかし、音楽的にその部分の強調される側の音がだいじなゆえ、聴き手にとって、その強調される部分意外には、きがつかないのである。

童謡唱歌は、きれいな音楽にするのがむつかしいけど、そのぶんおもろいよ。
これで、オルガンサロンノエルさんもスズランさんも10年を、1年余りに短縮すること可能なはずです。


  • [84]
  • 唱歌の伴奏は難しい

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月17日(火)14時30分57秒
 
と感じています。唱歌のメロディー テンポ 曲想が比較的に緩やかで、素直な曲作りが多いようなので、伴奏いかんでは とても歌っていてしっとりして味がある歌になったり、また反対につまらない表情のないなつかしさも感じられない歌になってしまうことがあって、本当に難しいと思っています。伴奏一つでその歌が生き生きとした歌になるか、反対につまらない歌いたくない唱歌になったしまうか とても伴奏部分が難しいジャンルと思えて、私は現在は不得意分野です。
  持っている唱歌集のほとんどが伴奏つき楽譜ではないので、この素直な
心模様をどのような伴奏をしたらよいのかと正直迷っている状況です。
 アコリック様 笑星様 コロボ様 すずらん様 さぬきのアコ吉様の実践を踏まえたアドバイス を参考に一曲一曲唱歌を増やしていきたいです。

  • [83]
  • 童で唱歌~?

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2012年 7月17日(火)08時50分11秒
 
 あ、アコリックさんにならって、だじゃれ、やってみました(恥)。

 コロポさんのおっしゃるように、童謡、唱歌、あなどれませんが、私も現場で一番弾く機会が多いのが、やはり童謡、唱歌。
 ご自身でリズムを取るのがむずかしい、高齢者の皆さんが相手ですので、ゆっくりな曲はとくに、(4拍子)ブン、チャッ、チャッ、チャッ、では、無理です。ほぼ倍に刻みます。
 旅愁なら、ブ、チャ、チャ、チャ、ブ、チャ、ブ、チャなどを、なるべくなめらかに、やわらかく弾くようにしてます。
 ふるさと、なども、ベース音ボタンを半分くらい押すような感覚で(感覚ですが)押し続けておいて、ブ、チャ、チャ、チャ、ブ、チャ、みたいな刻みを入れます。

 それと、アルコリックさん、コロポさん、ともに触れておられますが、展開部分は、やはり、それなりの変化が必要かと思います。そのほうが、歌いやすいようです。

 コロポさんの一曲一曲への的確な指示。これは宝物ですね。

 スズランさまが、ベース音に蛇腹でアクセントをつける、ということですが、これも、皆様のお言葉を待ちたいところです。アルコリックさんの動画などを見ますと、メリハリのある曲でも、そんなに蛇腹はゆれておらず、メロディはなめらか。こんなになるには、ウン十年、ですか。

 うんともどって、歌いだしですが、私も、声かけは、ほとんどしていません。前奏の後、曲に入る直前に、なるべくブランクをいれるようにします。で、わたしは、ですが、顔で、つまり表情で、歌いだしを合図します。頭も思いっきり動いてると思います。自分が歌いだすときのように、ブレスして、眉上げて、少し口あけて、アホみたいですが…。
 今のところ、これで、何とかやっています。

 アルコリックさま、七つの子、は、カラスで七歳のヒナがいるなんてありえないでしょうから、七羽の子、ということだと思います。

  • [82]
  • ド素人の歌伴奏・・

  • 投稿者:スズラン
  • 投稿日:2012年 7月17日(火)01時14分26秒
 
そろそろ始めています。歌伴奏・・大先輩様がおっしゃる、ブン、チャッ、ブン、チャッですが、1、3拍にアクセントをつけると、メロデイが一緒に揺れてしまいます。ピアノでは左でどんなにメリハリのあるリズムを弾いていても、右では滑らかにメロディを歌うことができますが、アコでは蛇腹でアクセントつけますよね?メロディにもついちゃいます。これは、左右がお互いに少しずつ歩み寄ればいいのでしょうか?

蛇腹の使い方は本当に難しく、自然にできるまであと10年かかると思うと、溜息が出てしまいます。しっとりとした歌の伴奏では、メロディを滑らかに歌う、リズムをしっかりとキープすることに気をつけて自分の音を必死で聞きながら弾いていますが、歌われる方々の声量やテンポ、表情にも合わせなあかんので、なんか、めちゃくちゃ焦って下手くそな気がします。
でもいつか必ず、アコーディオンならではのブン、チャッ、ブン、チャッを、可愛らしく、優しく、時には鋭く、恰好よく、気分よく弾きたいと思うので、練習あるのみです!!!


  • [81]
  • 童謡、唱歌伴奏

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 7月16日(月)22時55分30秒
 
いざ、投稿しようとしたらアコリック教祖がまとめてコメントしてくれた。まあ云いや。

荒城の月 ;
余りに立派な第一人者の演奏、アレンジ譜が出ていますが、
例えば1番は右でメロディー、ベースはブン チャッ チャッ チャッ 。
4番までやるでしたら持たせるのが大変でしょう。
ベースは通奏低音風にし右で和音をと言う具合に。

茶摘み:ブン チャッ ブン チャッ でいいんじゃないですか(但しベースのブンは荒城の月とは違う音が要求されてくると思います。)

朧月夜;ちなみにこれは三拍子ですから、
ブン チャッ チャッではなく、ベースとコードを同時押しのほうが上手く行くみたいです、「
春風そよ吹く」の部分は違う展開が必要。この曲はかとうかなこさんが好んで弾いていますね。

旅愁:ブン チャッ チャッ チャッでもいいですが倍にきざんでやるのも一興。

紅葉 ;その場の雰囲気でカノン形式になる場合があります、(あるいは意識的に)その辺を意識して。

冬景色:これも三拍子です、ブン チャッ チャッがワルツ風にならないように下記の故郷も同じですが右手は旋律もいいですが簡単な分散和音がきれいに聞こえます。
        ・
七つの子;歌の歌詞付けも、コード付けもむづかしいね、
考えすぎないでやってみたらいかがですか。

赤い靴;ブン チャッでいいんじゃないすか。

三拍子のふるさと ;先ほどの冬景色と同じように考えてみてください、ただその場の感じで3番こころざしからの部分は少し力強くいきたいな。

浜千鳥;どのように弾いても結構曲になるような、
皆割りと早めに歌う(息が続かないのかも)

二拍子の ・あめふり ;アメフリが正しいです、メロディーの付点弾んで、ベースはそれをしっかり支えて

村祭り;ブン チャッブン チャッあまり重くならないで。

6/8の   ・早春賦・みかんの花咲く丘;
三拍子のワルツにならないで。


ブンも チヤッもアコーディオン楽譜にすると簡単だけど奥が深いと言うか面白いです。はっきしゆってそれを意識して弾いても10年かかる(第一人者に言い方が似てきた、まずい)でもここがアコーディオンの生きる道の一つ。
童謡、唱歌の左手はなかなか手ごわいです。

  • [80]
  • 単純に歌のメロディーとコードを、弾く場合ねえ、 こんなんでどうよ~?

  • 投稿者:不死鳥のアルコリック教祖
  • 投稿日:2012年 7月16日(月)22時19分28秒
 
わらってくれた?

ほんまにアルコリックは、教祖自体、さいて~だじゃれしかよーゆわんおとこやからねえ、

もっとアコ川柳コーナーで修行つまんと、まことの教祖にはなられへん。

実はね、むかしからきになってってんけど、
7歳のガキがおるんか?
それとも
7人のガキがおるんか?
どっちなん??????

いづれにしても、ぼくやったら、
か~ら~す~(ブンチャチャチャブンチャチャチャ)
なぜなくの~(ブンチャチャチャブンチャチャチャ)
で、終始8ビートにすると思う。
なんでかゆうと、
一拍目ベース
2,3,4拍、チャ、チャ、チャ、
とゆう、あんまりにもシンプルなままでは、テンポのわりにあんまりにも、左ボタン押さえない空白がありすぎるよってに、ソートーうまくないと、リズムキープがむつかしいから。

たとえば、そやねー、
大きな栗の木の下で、やったら
大きな栗の木の下で、は最初も最後も4ビート、
盛り上がる部分のあと~わ~た~し~な~かよ~く~O Oしましょう~、の部分はやっぱり8ビートにする。そのほうがO Oのところが、臨場感きてもりあがるし。

なんかのこの曲エッチなことない???

もちろん
びゅわ~~んびゅわ~~ん、はしる~~あおいひかりのちょうとっきゅ~~、じそーくにひゃ~くごじゅうきろ~
なんかも、もちろん、8ビートでないと臨場感でてけーへんもんねえ。

もみじ、、はぼくやったら終始ブチャ~チャブチャブチャのビギンでいくねえ。

チューリップやったら
咲いた~ から 赤白黄色 まで4ビートで
その後のフィナーレ、どの花~~、から最後までは8ビートにしたら臨場感くるやろし、

う~み~は~ひろい~な~おおき~い~な~や、グリーンスリーブス
なんか、も、ぼくは6ビートにするとおもう。

4ビート8ビート,ビギン、の、3種類でリズムに変化つけるだけでも、かなり臨場感でてくるし、

実際問題、ゆったりしたテンポの同様を、拍とおんなじカズだけ刻むだけとユーのは、ソートーうまい人やないと、ちゃんとした音楽に聞こえてケーへんモン。

単純発想で、ひだりは刻むカズ多いほうが、リズムキープしやすいことはまちがいない。

もちろん、ゆったりした童謡を、ゆったりしたリズム刻みで、きれいに音楽できるのであれば、それはすばらしいけど、ものすごいハイテクニックいる。


  • [79]
  • うたごえ伴奏の童謡

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 7月16日(月)21時14分23秒
 
例えば、   ・荒城の月        ・茶摘み
        ・朧月夜         ・旅愁
        ・紅葉          ・冬景色
        ・七つの子       ・赤い靴   など

三拍子の   ・ふるさと        ・浜千鳥

二拍子の   ・あめふり        ・村祭り

6/8の   ・早春賦         ・みかんの花咲く丘

ブン チヤッ  とか ブン チャッ チャッ  とか単純なリズムをくずさない程度のことを意識して弾いています。 歌謡曲などとのニュアンスの違いというようなことは意識してませんがどんなものでしょうか?   

  • [78]
  • どうよう

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 7月16日(月)18時03分44秒
 
う、、-ん
例えば、具体的な曲はなんですかね?
>例えば4拍子の童謡ですとごく単純にブン チャッ チャッ チャッ と伴奏しながら何も意識せずに弾いてますが特に問題ありませんか。
まァ、「何も意識せず」と言うことはないんだろうけど。

  • [77]
  • 質問: 童謡の弾き方

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 7月16日(月)17時09分14秒
 
童謡には童謡向きの弾き方といったものがあるのでしょうか?

私の場合、例えば4拍子の童謡ですとごく単純にブン チャッ チャッ チャッ と伴奏しながら何も意識せずに弾いてますが特に問題ありませんか。

家のカミさんがNOELさんから座布団一枚戴いて大喜びしております。

  • [76]
  • アコリック教祖様 目から鱗でした

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月14日(土)10時43分25秒
 
私が今 演奏を聴いてもらっているところは介護施設がおもで、それは
職員から誘導されて参集している人がほとんどで、一方的に演奏を聴かされているという現実でした。それでも楽しく感じていただければその意図は達成できたとは思います。

 教室の発表会の聴衆とは全くちがつた、不特定多数の方たちの前で演奏はしたことがなかったのでした。そんなある意味で厳しい中での演奏を経験したことがない自分でしたから、とてもショックをうけました。

 視点を変えられるならばどんな状況でも演奏できる技量と心の訓練を重ねていきたいと思いました。アコ歴2年目に入った自分ですが、新しい指導者にめぐり合え、心もアコ信仰(?)も新たなスタートラインについた気分です。またご指導くださいね。


 

  • [75]
  • 言い過ぎる教祖様に座布団一枚

  • 投稿者:ぞう
  • 投稿日:2012年 7月13日(金)22時14分19秒
 
オトコですねえ。素浪人花山大吉のすがすがしさを、かんじます。失礼。

  • [74]
  • ちょっと、忙しくって今まで投稿できなかった。

  • 投稿者:教祖登場!!
  • 投稿日:2012年 7月13日(金)21時34分40秒
 
アコリックが、しばらく投稿せーへんかったら、
と~と~くたばったか、、、、て思う?

教祖不死鳥の如し。

まあさあ、ほんまもんの練習そのものはとてつもなく陰気くさいもんやからね、家族から苦情出たり、ノイローゼ者発生の可能性は、毎瞬間あるとゆっても過言ではない。

家族崩壊の危険の前に、なんちゅうかその、ゴマすりとか、別件の目くらましを与えるとか、そーユーことがやはり、ちゃんと練習こなすことができる上達のコツであることは、よく川井氏がゆーてるよねえ。

いつもそーやねんけどさあ、
日本の第一人者tacaさんに関しては、辛口とかゆ~つもりとちごてまあ、YOUTUBEのヴィデオ見て思たこと、ゆーたまでですが、

ぼくの感覚では、多くの人が,『音楽が歌わへんなあ』と感じると思うけどねえ、まあゆうたらしろーとにけーがはえたよーなもんや。

そ~いや~、歌わん音楽ヴィデオにひつこく毎回『パリ在住 』、、てうたってたよーなきーがするけど、音楽聴いてもらいたいんでしょうが??どこに住んどるとかドーでもええやないか?ちょっと『売り』のポイントまちごーてるよねえ。

さらに、『JAPAN TOUR 』、『JAPAN TOUR 』、のヴィデオばっかで、フランスおるんやったら、
『フランス田舎どさまわり演奏ツアー』
のヴィデオとかみたいのに、ぜんぜんないねんもん、
毎回次はもちょっとおもろいノンなるか?次は?次は?次は?も、もうあきてしもたあ。

いづれにしてもCD発売なんかしちゃってるみたいで、その、『JAPAN TOUR 』、できるくらいやねんから
辻音楽男よりは、はるかに金回りええよーなキーがするから尊敬に値するかもしらん。

そらイタリアの経済大危機に比べたら、フランスはそーでもないから、マアゆーてみたらそおゆうちがいはあるんかもしらんなあ。

しかし、ほんとおに、さぬきのアコ吉さんの
『素人の方の言われることが的を得ている』てゆうのは、ほんとおに『しかり』で、



実際てえねえに愛情こめてゆーてくれる人はごくわずかであったとしても、ゆーてくれへんかわりに入金するか否かとゆうリアルタイムの切迫した現実の厳しさの元に、アコリック教の悟りが開けていったとゆっても過言ではない。

* 上達のコツ、、のやはりこれも第一歩、
川井氏がよーゆーてることやけど、音楽教室の発表会は、残念ながらその筋や関係者しかみにけーへんから、どしろーと衆の前でやってるんとはやっぱし、なにもかもちがうんだよ。

どしろーと衆の素朴な感性にどーうったえることができるか??が音楽の重要根源であり、

どしろーと衆なればこそ、みどころききどころが、単純に『音楽うたうかうたわんか??』で速攻決まる。

さあ、あなたも、表出て、不特定多数の前で弾いいてみい。もちろん趣味やったら入金気にするひつよーもないし罰金もない、そしてどしろーとの反応に気づくことができるよーになったら、もうそれでずいぶんあなたは上達してるはずや。

日本の第一人者taca君も、今後、どれだけどしろーと衆が、『自分の演奏は歌ってない』と感じることにじることに気づくか否かで、大成するか否かがきまるだろう。

そして、せっかくパリに住んでるのなら、わけのわからん『JAPAN TOUR 』はもおええよってに、
パリの住民相手にもっと勝負してほしいね、パリのフランス人どしろーと衆に『日本の第一人者』とゆわしめてこそ、初めてまことの、サムライアコーディオニストとゆえよう。





  • [73]
  • 言い過ぎる奥さんに座布団一枚

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月13日(金)17時58分51秒
 
それにしても、奥様は素晴らしい音楽評論家じゃ~あ~りませんか。です。
よくもまあ次々と言葉が出てくるものと感動さえ覚えました。
音が途切れる演奏 軽やかでない演奏を聴かされる方も大変な被害者ですものね。大いに私も反省します。
 毎日の練習をきいている家族こそが一番の評論家といえるのかも知れませんね。

 我が家の評論家はアメとムチを交互に発砲します。それも私が主人に対するアメとムチの発砲如何にもよるらしいと、近頃判明しました。
判明続きの我が家からのリポートでした。

 

  • [72]
  • 辛口批評は素晴らしい上達のヒント

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 7月13日(金)15時30分8秒
 
アコを始めて十年が過ぎました。練習していると家族から時々、批評されます、妻の批評は「メロディーが途切れる」「速すぎる」「遅すぎる」「もっと軽やかに」「もっと滑らかに」「もっと歯切れよく」など辛口が殆どです。初めのうちは腹がたって「わかっとる」などと言い返していましたが、古希を過ぎた今では、私も少しは人間が丸くなったのか、そんな辛口批評をありがたいと思えるようになりました。今では私の方から「ちょっと聴いてくれ」と言って批評してもらっています。以前チェロの先生から家族や友人に聴いてもらって感想を聞いてみなさい、案外、素人の方の言われることが的を得ていることがあるものです、と言われたことがあります。

実際、私にとっては家族の忌憚のない辛口批評がなによりの勉強になったと思っています。そういえば、アコ教室ではあまりキツく言われた覚えはありません。

それと以前にアルコリックさんが言われてた自分の演奏を録音して聴いてみること。これもすごく勉強になります、欠点がまる分りです。

それにしても超辛口の川井節、アルコリック節、ともに当掲示板の名物なんじゃないのでしょうか、たまにはお目にかかりたいものだと、秘かに期待している向きもありやなしや。イヤー、言い過ぎたかな。

  • [71]
  • 甘口よりも辛口

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 7月13日(金)06時27分27秒
 
甘口の酒は飲みやすいけど、飲んでるうちに、その甘さが邪魔になる、無理して飲んで二日酔いで頭が割れるように痛い。 辛口の酒は飲み始めはとっつきにくいが、飲むほどにスムース、飲みすぎれば二日酔いの道からはの荒れられないものの、頭の痛みは不思議と無い、場合もある。 量にもよりますが。
辛口批評とはいじわる批評ではなく、正直批評ということだと思います。 辛口批評を言われた本人にとってはいじわる批評と聞こえるかもしれないけど、それはその人の人間としての修行不足。 もちろん、世間にはいじわる批評そのもの、いじめ批評ややっかみ批評もある。 それらを含めてどのようにそれを受け止めるかかは本人次第。 逆に甘口批評は耳に優しいが、ときとして、ウソの甘口、あるときは、悪意をもったほめ殺し超甘賛美もあるので、要注意だ。 そして、そんなおべんちゃら批評は賛美が充満しているのがおけいこごとの演奏発表会だ。 初心者へのちょっと甘口の拍手はいいでしょう。 ほほえましい。 アコ教室の大先生や先輩へのお世辞拍手やおべんちゃら拍手は二日酔い以上の吐き気がする。 でも、大先生はそんな甘い拍手が大好物だ。 お世辞や、おべんちゃらは甘くておいしい。 人間だれしも褒めてほしい。 甘いお世辞にほだされて練習に励む生徒がでれば砂糖はサッカリンの使い道もあろうというものだが、それは学校を卒業するまでのこと。 世間の風や、ローマの橋の上の通行人の批評は辛口だ。 甘口の賛美があったら注意すべきなのが大人としての生き方だろう。  

  • [70]
  • 歌い出しの合図

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 7月11日(水)22時43分6秒
 
「どうぞ」「ハイッ」を入れるタイミングよくわかりました。
そして良く知っている歌では必ずしも必要ではないということですね。
NOELさん、アルコリックさん、コロポさんありがとうございました。

それにしてもアルコリックさんのtaca評は超辛口ですね。まあ、別格トリオ(御喜、kibi、coba)の一員であるアルコリック氏から見ればそういうことなんでしょうか、tacaさんも災難でしたね。

  • [69]
  • 一つの疑問が解けた感じです

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月11日(水)20時47分7秒
 
アルコリック派様 成程一つの疑問が解けました。というのは習いはじめたころ、アコ先輩の方から、ベローイングは規則的に折り返さなければと。でも和音だったりクレッセンドにすれば空気の使用量は変わってくるので、そのようにはいかないはずと思っていました。

 ゆっくり弾いたときと普通の早さで弾く時の、ベローイングは違ってしかるべきなのですね。ベローイングは空気の量と次の曲の流れをよく考えて演奏すれば、規則的ではない折り返しになってくるのですね。ずっと疑問に思っていましたので、ありがとうございました。

 そういえば、リードオルガンのペダルもいつも決して右 左と規則的には踏みません。曲の流れと空気袋の残量を考えながら、途中で足をとめたり、交互に踏んだりします。

 どこで折り返すかゆっくり弾くことでそれが身体で感じるようになれば、
ア テンポの時に それが生かされてくるのですね。

 学生の頃 音楽の良さを知るためには、いい音楽と良くない音楽を比較するような聴き方をするのがいいのかなと思っていました。でもそうではなく
いい音楽を沢山聴くことが、いい音楽を聴き分けるコツだと教えてくれたのが、主人でした。
 アルコリック派さんに教えていただいた様に沢山いい演奏を聴くようにしますね。ありがとうございました。

http


  • [68]
  • ゆっくりゆっっくり弾くと、

  • 投稿者:アルコリック派
  • 投稿日:2012年 7月11日(水)18時59分5秒
 
ゆっくりゆっっくり弾くと、とーぜん同じ時間たりの蛇腹の空気使用量が、普通の速さで弾くときとは違うので、曲中の蛇腹折り返しポイントが、かわってきます。

けっきょくね、曲のどのポイントからでも蛇腹折り返しを無意識のうちにできるようになれば、そういうへんな心配をしなくてすむんだけど、

ぼくの経験では、そうなるまでに10年は、まずかかると思います。

ゆえに、今のうちは、蛇腹気にしないで、とにかくゆっくりで何度弾いても同じよおに間違えず弾くことだけかんがえたらいいとおもいます。

ほんとおに、ものすごい遅いテンポで確実に弾くけるよおになれば、

そのときあなたが、急に、速い正常なテンポに近いテンポにしてみても、必ず予想をはるかに上回って、ちゃんと弾くことできるはずです。

そして、4拍子、3拍子、とゆっても、必ずしも1泊目がいつも強拍なのかとゆうと、そうとはかぎりません。

むしろ、練習で頭ごなしに、1泊目にアクセント、と意識するのではなく、いかにボタンおさえたら?、いかに蛇腹つかったら?原曲っぽく聞こえるようになるか??を、意識して弾くことがだいじですねえ。

美しい3拍子のニュアンスをつかむためには、ミュゼット係のジャズワルツよりも、とりあえずヨハンシュトラウスのウィーンのワルツや、ホイリゲで演奏される音楽などを良く聴いて、アクセントのフィーリングをつかむことが大事でしょう。






  • [67]
  • なかなかゆっくりテンポで弾けないのです

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月10日(火)23時48分5秒
 
眠くなるようなテンポで練習しなさいとのアドバイスがあったので、試みているのですが、鍵盤はゆっくり弾けても、ベローイングがだめなのです。
どうしてもグイっと弾いてしまうのです。スケールの基礎ぴきなど怠けて余りしないので、その結果なのでしょうか。

 また私はどうしても左の音量が強すぎて、特に3拍子は苦労しています。1拍目にアクセントをつけるように長めに 2と3拍目を軽く弾こうとするのに、3拍目がやや強くなって垢ぬけないのです。
 いいご助言をお願いいたします。

 

http


  • [66]
  • 歌いだし

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 7月10日(火)21時10分51秒
 
私は
「さんはい」と言うような声にしての歌い出し合図は基本的に入れていません。
それで問題ないみたいだけど、、、。
もっとも自分で歌っちゃうことが多いからかも(なるべく歌わないようにとは思いますが)
これは普段主催している歌声喫茶の場でも老人施設など初めの場でもまずしないです。
 だって大抵の曲は皆さんよく知っているから大丈夫だと思います。
トロイカ、青春時代、水色のワルツは当然合図なしです。他の曲は経験なし。
確かに歌謡曲の本など「さんはい」と書いてあるのを見かけますが、なんだかいやだな。

ただし「高校3年生」待てないで出ちゃう人がいることがあるから、時々入りの指示を出すことはあります。

 歌伴の場合、いつ歌われてもいいように心構えを持つことが大事だとは思います。
それといつもローマの大御所さんがコメントしているように
まずオリジナルの前奏をよく聞くことだと思います。

オルガンサロンの「どうぞ」はやはり経験がなせる技だと感じます。
確か「かあさんの歌」の作者アコーディオンの名手でもある)の窪田 聡さんもどうぞを効果的に使っています。


  • [65]
  • 歌いだす直前にハイ!!があればやっぱしうたいやすいでしょう。

  • 投稿者:ハイハイハイ~~のアルコリック
  • 投稿日:2012年 7月10日(火)21時10分44秒
 
もちろんオルガンサロンノエルさん式、どーぞ!!、も、女性っぽくていいけど

一拍目の、後半から歌登場なら
サン-シー-ハィあなた~かわりは~~ないで~~すかああああ
ハイ、のとこは1拍目なんで左のベース音も、アクセントつけて『ブン~~~』


4拍目後半からなら
サン-ハィゆき~~のしらかば
つまり、どちらもハィとゆったとたんに歌いだすことになるねえ。

4拍目ちょおどからだと
イチ-ニー-ハイ-りんご~~~のふるさと


3拍子の一拍目からならイチニーハイがうたいやすいでしょう
イチ-ニー-ハイ-別れ~~る~~こ~~と~~は~~つらい~

てなかんじでいいんじゃない???


『実に多くのyoutubeを』見てますが、ふだん見てるのは、漫才、落語,笑点、のどれかです。
YOUTUBEで、音楽聴くのはほぼ、自分が弾こうとしてる曲聴くときだけです。このときは、確かに徹底的に聴きまくりますが。なんせ、音楽きくんはものすごつかれるんで、そやから、当掲示板で紹介されるYOUTUBEの数々にもできるだけついてくよ尾にしてるけど、なかなか根気がついてけへんですぐ疲れてしまいます。、、こーゆーのをやきがまわったってゆうんかなあ。

外山雄三作品にかんしてもそうですが、昔レコードしこたま聴いてたものが、最近は、はいってるかなあ?とおもてみてみるとYOUTUBEにアップロードされるようになってほんとおにべんりになりました。ありとあらゆるものをとにかくしこたま聴いてましたねえ。

音楽は、どんなものすごいものでもその原点は必ず創造者の経験と記憶から生み出でたものです。

その中で、明らかにあるときのこの作品から引用したと分析できるものを世の中ではパクリといってます。

どんなジャンルであっても、陶酔するのではなく、ありとあらゆる曲を聴いて曲が人々に受け入れられるゆえんを解析しようとする努力が、音楽演奏の第一歩なわけで、

現存する音楽を聴くことを怠って、自分の勝手な感覚で、音楽を創造しようとしても、それはもちろん多くの人の心に受け入れられるものではないし、ましてや現存する音楽をよく聴いてる人にとったら、『こいつは音楽知らん』ことがあからさまにわかり、聞き苦しいです。たとえば、この前さぬきのアコ吉さんが、みてきたとゆう日本の第一人者tacaさんなんかもそおですねえ、まだよー音楽しらんのにじぶんのうたいまわしかたばっかしに走ってるから人の心には伝わらんできそこないだねえ、マア、まだ若すぎるんか、それとも、そこまでの男なんか、これからがみものだけど、彼に限らんよ、よー音楽きいてへんと独りよがりな演奏するやつは、星の数ほどおる。

ぼくも若いとはゆわれへんよーになって、なかなかあれこれがんばって楽曲を聴こうとする根気がなくなってしもたけど、それでも、できる限り、いろんなものを聴いて、音楽の把握を続けていくことが、忘れてはならない進歩の第一歩だとおもっています。

自分が、いいと思う曲、こういう風に弾きたいと思う曲を、聴いて、聴いて、聴き倒して、ソシテ、ゆっくりゆっくり練習して、少しでも、求めてた演奏のまねっこができるようになったら、それでかなりの進歩であるはずです、つまり、まず、現存する演奏を真似することですねえ。


  • [64]
  • 恥ずかしい

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月10日(火)20時25分37秒
 
入力した数字がなんだか前に進んでしまうようです。
今度はHPのアドレス入力がうまくできません。ご覧になる方は
オルガンサロン で検索していただけると嬉しいです(グスン)

http


  • [63]
  • またちがっています(笑)

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月10日(火)20時19分4秒
 
 何故かまたちがった部分に表記されています。
 か~くした  い~の  よOO  OOき  み~に
             123  456  123
  言葉で書くと、4と5拍の部分に 「どうぞ」を入れます。             

http://www02.jet.ne.jp/~one-well


  • [62]
  • 記入間違いでした

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月10日(火)20時10分59秒
 
すみません。「どうぞ」の声をかける部分は、よOO  OOき み~に
                        (どうぞ)
です。

http://www02.jet.ne.jp/~one-well


  • [61]
  • 歌い出しの合図は

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月10日(火)20時04分41秒
 
私は、独奏は別としても、歌曲の伴奏を演奏する場合 前奏曲の部分を弾きますね。前奏の部分がない時は、大体は最後のワンフレーズ(何小節か)を弾き、しかも最後はリタルタンドで次第にゆっくりと弾き、もうすぐ歌い出しですよという感じで弾きます。「合図は さん はい」でもいいですが、
3拍子ではリズムが合いません。
 シンコペーションでも 1拍目からでも どちらにも通用できるように
私は「どうぞ」という声掛けにしています。

 たとえば水色のワルツですが弱起のリズムで3拍目が歌い出しですね。前奏として
「な み~だ の~あ と~をそっ と~ か~くした い~の よoo  ooき  み~に、、、
(どうぞ)

わかりにくくてすみません。さいごの よ~で5拍を伸ばす部分の4拍目
あたりで、「どうぞ」と声をかけて誘導します。

 どんなに知り尽くした歌でも、テンポやキー(調)を知らせるためにも、
できるだけ前奏を弾いて、歌の出だしを誘導するようにしています。
 また歌詞をちょっと前に教えてあげる 歌詞コールはなかなかできませんが、ある程度弾きこんだ曲は歌詞コールをしています。

 もしかしてもっと別の事をおききになっていたのかもしれませんね。

 

http://www02.jet.ne.jp/~one-well


  • [60]
  • 質問: 歌伴奏の開始の合図

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 7月10日(火)15時59分6秒
 
老人施設等で歌伴奏をする際に歌いだしの合図として「サンハイ」を入れると歌いだしやすい場合もあると思いますが、たとえば4拍子の曲で1拍目から歌がはじまるものは、3・4拍目で「サンハイ」でいいとおもいますが、「津軽のふるさと」や「トロイカ」などは4拍めから歌いますし、「北の宿から」や「青春時代」などは2拍めからはじまります。

1拍目以外で始まる歌の歌い出しの合図はどのようにやればよろしいのでしょうか?

  • [59]
  • 民謡の雰囲気の出し方

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 7月 7日(土)22時46分9秒
 
コロポさま、アルコリックさま、早速のコメントありがとうがざいます。
民謡はコード付けは複雑に考える必要はなく太鼓など打楽器のリズムをまねて雰囲気を出すことが大事というわけですね。

コロポさまの「日本音階にコード付け」は私には難解な感じですが印刷して参考資料とさせていただきます。

アルコリックさま、「オーケストラのためのラプソディ」は打楽器のリズムが重要な役割を担っているように感じます、それに管楽器一本で尺八的な表現があったりして日本の民謡的ムードがいっぱいです。
民謡には尺八のみで伴奏しているのをよく見かけますがアコで民謡を弾く場合も右手でメロディーのみというのもありというわけですね。
それにしても実に多くのyoutubeをごらんになっているのですね、感服いたしました。

  • [58]
  • スレッドワープ

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 7月 6日(金)22時44分53秒
 
あらら、またやちっゃた♪お手数をかけます。
『オーケストラのためのラプソディ』今聞いているところです、
躍動してるね。ベルリンで大受けだ。

  • [57]
  • 太鼓や木槌などの打楽器系で演奏されてるリズムをよく聴いて、そのリズムをまねして弾くことが、雰囲気を出す基本だ!!

  • 投稿者:アルコリック教団教祖第一人者
  • 投稿日:2012年 7月 6日(金)22時33分30秒
 
とりあえず、まず最初の最初に絶対忘れたあかんのは、西洋の楽器で、どうやって日本民謡の心を歌うか?を説いたとゆっても過言ではない外山雄三氏の
『オーケストラのためのラプソディ』
もし、まだ聞いたことないなら、とりあえず聞いてみたら、なんかぴ~んとくるヒントがえられるかもしらん。
http://youtu.be/fGWxYEFgcvk

この曲だけでも今じゃあYOUTUBEでいろんなえんそうがきけるみたいやからべんりになったもんだあ。

まあ、とりあえずこれチラッと聞いてもわかるよおに、日本民謡の打楽器系リズムの要所要所をちゃ~~んとおさるとこからこの曲の音楽の原点を作り上げてる。

左手での和音作りは歌声師のゆうとおり、C調ならC, F, G, G7, Dm, Em, Am,、までであてはめりゃあもう十分、で、気の利いた経過和音はかえって民謡的雰囲気を乱すことがある、もちろん経過進行させるベース音もきーつけんと日本的情緒を乱す可能性があるからなれへんうちから、できるからといってどこもかしこもやったら、いんちき外山雄三風になっちゃってかっこわるいよ。

そして太鼓や木槌などの打楽器系で演奏されてるリズムをまねしてアコーディオンの右や左でリズムうちすることが雰囲気を出して臨場感を高める基本とゆえるだろう。

逆にたとえば尺八ソロみたいな部分があったとしてその尺八旋律を右手で弾くなら、左手は、何にも弾かなかったり、コードボタンだけ押さえて決してベースボタン押さえなかったりして、日本的な希薄な和音感覚を強調することが大事だねえ。


  • [56]
  • 歌声師の投稿のスレッドワープ

  • 投稿者:第一人者です
  • 投稿日:2012年 7月 6日(金)21時56分13秒
 
投稿者:コロポ  投稿日:2012年 7月 6日(金)21時47分2秒
   F→G
気になって改めてやってみました。ジャンプ(ただしあくまで低空ジャンプ)でした、
私は間違えようがないですが、
個人差があるみたいでに隣のベースへ移るのがやっとなんて方もいたな。
(実際には練習していないのかもしていない)

で民謡の伴奏
もともと日本民謡には西洋音楽でいうところの和音の概念がないのですが、日本民謡のアコアレンジの譜面など見ていると(今手元にないので記憶にたよって)
例えば#や♭が付いてない楽譜の場合、Ⅰの和音(C)Ⅵの和音(Am)とⅤの和音のみで大体構成していた様な気がする。
もっとも私はCはC、Gの同時押しAmの部分はA,Eの同時押しすると和太鼓の感じが出てよく使っていた。
もっとも今は日本民謡はまったく弾きませんので自信はないです。
あらためて手元の飯塚書店発売の日本民謡集みると、コード付けしてあるのとないのが混在してますね。
アコーディオンでこの方面結構研究されている方もいるはずですので、コメントを私も待っています。
ちなみに下記UR参考になります。
http://www1.c3-net.ne.jp/com-s8/hojo/HarmonizationOfHonkyoku.html

あんまり参考にならんですみません。


  • [55]
  • 質問: 日本民謡の演奏について

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 7月 6日(金)20時10分51秒
 
日本民謡の演奏は歌、尺八、三味線、太鼓などで構成されることが多いように思いますが、このような民謡をアコーディオンで独奏したり、歌伴奏する場合どのようなことに留意すべきなのでしょうか? 童謡や歌謡曲などと同じように考えてよろしいのでしょうか、民謡には和音的なものが希薄であるように感じられるのですけれど。

  • [54]
  • なるほど考えすぎ

  • 投稿者:ぞう
  • 投稿日:2012年 7月 5日(木)22時54分40秒
 
>教祖様
 なるほど。
 先生から聞いた話では、指先で確認しないとどのボタンを打っているのかが分からなくなる、めくら打ちになるから、ということだったのですが、アコーディオン教室によって教え方が違うということも分かりました。
 どちらが合理的なのかは、教祖様には申し訳ないですがまだ判断保留にさせて下さい。でももしどう考えても不合理なローカルルールを強要されるようなら、ちょっと考えようとは思ってます。
 さっそくのレスポンス有難う御座いました。

  • [53]
  • ええ~~~、なにそれ?そんなんありえへん。

  • 投稿者:怪しい宗教第一人者
  • 投稿日:2012年 7月 5日(木)20時49分34秒
 
本来指先が当てるべきボタンではないボタンに接触させることじたいが、音楽演奏的にドーかしてるって、だれでもわかるよねえ??

たしかにまんなかのCには、どのアコーディオンも、陥没、あるいは、サファイア、ついたりしてるけども、それは、E、やAbが、同様なごとく、指のポジションが飛ぶときの目安のためで、
ひつようでもないのにわざわざ接触させるひつよーはないにきまってるし、接触しないほおがええにきまってる。

FからGなら、あいだいっこあいてるだけやから、不自然なてのかたちしてないかぎり、
練習怠らなければ必ず命中できるよ。

ちょとそれゆってるひとは、かんがえすぎのひとやねえきっと。

  • [52]
  • ボタンの飛び越えについて

  • 投稿者:ぞう
  • 投稿日:2012年 7月 5日(木)20時27分14秒
 
初心者の質問ですみません。
 左手ベースボタンで、たとえばFからGに音が飛ぶとき、間のCのボタンに指先を接触させながらGへ飛ぶように練習しましょう、と聞いて練習しているのですが、力が入ってしまってなかなかうまく出来なくて苦労しています。
 今後のために今から苦労したほうがいいのか、それともそんなにウルサく考えなくても良いものなのか、よく分からないでおります。

  • [51]
  • 教科書的な運指と個人差

  • 投稿者:ZEN
  • 投稿日:2012年 7月 4日(水)15時57分23秒
 
教科書的には一応平均的な人にとって最も合理的と思われる運指がのっているけれど体格や手の大きさなど個人差が大きいので必ずしも教科書どおりでなくともよいということですね。

  • [50]
  • あ、おもいだした。

  • 投稿者:カトリック総本山近くの教団教祖
  • 投稿日:2012年 7月 4日(水)15時10分51秒
 
もちろん指ずらしてそのフィーリングを楽しめばいいけど、注意点あります。。

白鍵、から、白鍵、は、とりあえず、一番簡単な元祖指ずれで

黒鍵、から、白鍵も、、やればできる。

ただ、

白鍵、から、黒鍵、は、普通の感覚なら、やらんほおがええ。


しかし、

黒鍵、から、黒鍵、は、やろとおもたらできるよ。

すべてにおいて基本だけど、とにかくずらしたときの音の変化をちゃんとよーくじぶんのみみでたしかめて、非音楽的に鳴らないようにすることに細心の注意を払うことが大事です。



  • [49]
  • とりあえずしゃしんとりました

  • 投稿者:カトリック総本山近くの教団教祖
  • 投稿日:2012年 7月 4日(水)15時01分33秒
 
きのう写真とったんだけど、そのまんまねんねの国。
きょう朝はまだなんとなくねむいけど、とりあえず、写真。
なんかね、10秒タイマーついてんねんけど、けっきょくわかりやすそうなんんがあんまりとれなくって、、、とにかくちょとでもわかるとおもうんで。

  • [48]
  • 指ずらしOKですか これはいい

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 7月 4日(水)00時08分0秒
 
アルコリックさまのコメントにあります白鍵でひとつ上を弾く時、親指をとなりのキーへずらせて弾いてもOKなんですね。私はグリッサンドのみに指ずらしが許されるとばかり思っていました。指ずらしを効果的に行えば運指がシンプルになり弾きやすくなるでしょうね。今までそうしたいと思ったことが何度もありましたが、そうした指使いは良くないとばかり思っていました。

左手ボタンですが私は今押しているボタンから2つ上とか3つ下というように相対的な距離を推測しておりましたが、アルコリックさまが言われるのはボタンの配列を頭に浮かべる即ちボタンの地理的位置を頭に描いて、あたかもパソコンのキーを押すがごとくに距離を推測することなくダイレクトに指を運ぶということなのでしょうか、これが出来ればいいですねえ、

Kazuさまの「アコはかなり自由なので気楽に楽しめばよい」は本当に私の気持ちを楽にさせてくれます、楽しむことが一番ですね。

  • [47]
  • 運指

  • 投稿者:長野のKazu
  • 投稿日:2012年 7月 3日(火)20時03分4秒
 
 私の手も大変小さいですし、そのうえ軽度の短指症で左小指が普通のバランスよりも15ミリ以上短いのです。
鍵盤楽器や弦楽器、ギターなど左手小指を使う楽器にはかなりハンデがあります。
(この悩みは結構な人数の人が居るみたいです)
15ミリ短いと、根音ベース、対位ベースには全然届かないので左小指は今の所一切使ってないです。
ってゆうか使えません。
なのでアコーディオン曲集やマニアンテ教則本などに載ってる
一般的に合理的だと思われる指使いは出来ませんので、違う指を使うのですが、そうすると当然、無理な動きや跳躍をしなければならずにリスクがあります。
まあ慣れと練習と、教団教祖様が言っておられる様に、次に押すボタンの位置を頭の中でイメージ出来るか出来ないかで決まると思います。左手首のポジションや使い方もおっしゃる通りだと思います。

絶対楽譜通りに音を抜いたり変えたり出来ないクラシックと違って、アコはかなり自由なのですから、自分が出来る範囲で弾いたり、自分が得意な分野や曲を選べばいい訳ですから気楽に楽しめば良いと思います。
あと私の場合ですが、右鍵盤側をより右に構えて弾く方法は、蛇腹は大きく使えて良いのですが、手首の角度が深くなる為かすぐ腱鞘炎一歩手前になってしまいます。
これは風雨にさらされ、一日数時間も橋の上で立奏されている鍛え抜かれた方のみに許される方法なのかも知れません。まだまだ私の修行不足ですね。


  • [46]
  • そういうことなら手首を押さえるベルトの、押さえてる位置に問題がある可能性が高い。

  • 投稿者:スタンダードベース開発してないアルコリック
  • 投稿日:2012年 7月 3日(火)16時30分49秒
 
以前このスレッドの、8項目目で、C,から、その下のBまで、たったの7センチ3ミリしかなかった(無いのではなく7センチ3ミリあったとゆうことだよ)ことを、書きましたが、

大体普通は、左の、手首の、手の甲側から見て、手首付け根の、骨が出っ張ってる部分のまださらにちょっと下あたりにベルトがくるべきだともいます。今晩できれば自分の場合の至近距離写真とってみますね。

そうするとね、超合理的なスタンダードベースの配列は残念ながら当教開発のしろものじゃないけど、

現代音楽や、宇宙ワープの音楽でないかぎり、
どんな小さいお手てであっても、必ず、あなたの指の確実に届く範囲に次のボタンが待っている!!

あるいは、今までちゃんとあてる事ができてない次のボタンは手のひらの真下であることも多いはずだ!!

普通は最初みんな見えないからそれが信じれないと思うので、まず、楽器を下ろして、、押すべきボタンと次に押すべきボタンの距離を定規で測ってみてください。、、、ものすごい、ものすごい近距離なはずだ。

さて、今回オルガンサロンノエルさんが届かないのが、具体的にどこからどこなのか不明だけれど、とにかく、楽器を下ろして、定規で距離は測るときに、よーく、ボタン配列も眺めて、、眺めながら、実際にボタンも押してみて、

今度、楽器を抱いたときに、脳みその中で、ボタン配列とその上にかぶさってる自分のお手てを、想像してみたらいいでしょう。
そして、ただ単に角度と距離の憶測で、次の指の位置を当てモンするのではなく、具体的に、どの今の位置から何個目の、上、下、あるいは、おくとか、手前とか、ボタンの位置をスタンダードベースの配列にのっとって、頭の中に配列を想像して論理的に当てようとつとめることが大事だと思います。

なぜなら、この努力をすることによって、さらにまたその次の瞬間の指の位置もスタンダードベースの配列にのっとって、論理的に当てることができるようになってくるからです。

ただ単に漠然としたその場その場の角度と距離の憶測だと、とりあえず、次の音はうまく当たった!!、しかしその次も当てんとあかん、さらにその次も、、、の繰り返しになり、これでは宇宙の藻屑に弓を射るのより難しい確率になってしまうからです。



  • [45]
  • アルコリック様参考になります

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 7月 3日(火)00時35分43秒
 
私がいつもミスタッチが多いのは、指がいい加減ということがよくわかります。手が小さいためにアコを弾く場合は、次の音の指を考えて指変えをたびたびしているので、運指がいつも一定していないのだと思います。
 間違う所だけを繰り返し練習することが大事なのですね。
左を弾いていてボタンに手が届かなくなる事がよくあります。ボタンの位置が大きく動く場合の手の注意ポイントはどんな事でしょうか。

  • [44]
  • 鍵盤式の場合、右の指使いはピアノとわりと似てるけど、左はピアノとぜんぜんちがう。

  • 投稿者:アルコリック
  • 投稿日:2012年 7月 2日(月)22時15分17秒
 
あったりまえじゃあ~!!

よ~するにまず、最初の第一歩、鍵盤式の右の場合

ピアノに比べて、鍵盤が体の垂直方向にあるよってに(あったりまえじゃあ~!!)

低い音から高い音の方のに、あるいはその逆を、一つ一つ押さえて行くと、ゆびをきりかえんといかんとときが何回かあるのは、皆さんだいたいそーぞーつくとおもいます。どんな曲をひくときでもその指の切り替え場所がかならずあるわけぇですが、それは

ほぼ100パーセント親指とどの指かできまります。

つまり(反対も含む)
親指、、、ひと刺し、あちがう、その、かあさんゆびだ
親指、、、そこのにいちゃん
親指、、、ねえちゃん
この3種類のみです。
ぼくはいっつもねえちゃんがいいから、必ずそうしよう!!、、とかゆう問題ではなく、間違えて押さえないために、そして、将来的にもその指使いで問題が発生しないようにすべきなことはゆうまでもないわけですが。

体に対して垂直であるがゆえに、
低い音の位置、中間部分、高い音の位置、、ポジションによって、親指、、、かあさん、あるいは、にいちゃん、まではまあもんだいないとしても、

親指、、、ねえちゃん、は、ちょと危険率が高くなりすぎる場合がおーおーにしてあるゆえに、

必ずしも、ピアノとおんなじ指使いでそれでいいかとゆうと、そうしないほうがいい場合もあります。

もちろん親指、、、ねえちゃん、とゆうんが、どのポジションでももんだいねーよ!

とゆうのであればそれにこしたことはないけども、

特に当宗派の場合、可能な限り鍵盤部分を右側に寄せる(何度も説明してますので今回詳しくは書きません)ため手首と、腕をほぼ直角にしているゆえ、

親指、、、ねえちゃん、、好きでもそれが危険すぎてできないことがほとんどなのです。

ぐたいてきには当宗派の場合、
親指、、、ねえちゃん、、は、99,9パーセント、やらないです。

とゆうことは、ごくあたりまえの
ドレミファソラスィドレミファソラ、、、、
であったとしたら、
オクターヴ高いほうのドで、また最初の親指に戻るのではなく,親指、、、そこのにいちゃんのくりかえしでもってくるんで、おかあさんゆびですねえ。

ええなにそれ??!!!オクターヴ上でおんなじ指に戻らないなんてへんなことない??、と、思う人はおおいかもしらんかもしらんが、

ピアノと違ってたったの41鍵しかないからね、そんなにオクターヴごとの同じ指による反復性が大事じゃあないのよね。、むしろ鍵盤式なのに体に対して鍵盤が垂直にあるとゆう変な位置関係に対して、まったくピアノとおんなじ指使いで克服しようとする発想のほうがドーかしてる。

さらに、もひとつ、鍵盤式の有利な点を利用すべきことは、

安モンは毛深いから、あ、違う、鍵盤押さえるノンが深いからむつかしいかもしらんけど、高モンアコーディオンは、可能な限り押さえなあかん深さを浅くしてあるから、

白鍵からもひとつ高い音の白鍵には、別の指使わなくても、ただ単に指ずらすだけで事足りることも、より合理的な運指を推測、実行する上で、とても大事です。


さて、左指に関してなんだけど、ベースボタン信仰,あ違う、進行で、いつも、あたまにいれとくべきことのひとつとして、

今押さえてる指に対して、ちかくに次の音が出せるボタンは必ず2箇所あることだ。

つまりたとえば、真ん中のどの音?、あ、またちがう、真ん中のドを、ねえちゃん指してるとしたら、レは、赤ちゃん(Bbの1個奥)と、にいちゃんあるいはかあさんでもいいレ、と2箇所あること。

どっちにするかを、その場の行き当たりばったりでほっとくのではなく、同曲の将来のことを考えて、どっちにするかを吟味することも大事。、あるいは、動きが速い場合、さいしょは赤ちゃん、2回目、おんなじ音列するときはかあさんのほうにする、とゆう風な、指の疲れに合わせてわざと押さえるボタンをかえる業もある、実際ぼくは、そうすることがわりとあります、指がね、速い動きに繰り返しに耐えられないから、2回目疲れてないほうの指を使うのです。



  • [43]
  • 質問: 正しい指使い

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 7月 2日(月)19時16分39秒
 
アコリックさまの仰られること初級者のわたくしにもよくわかります。不自然な指使いのために、どうにも弾きにくいことがよくあります。最大の悩みといってもいいくらいです。

正しく合理的な指使いを習得するための何かいい方法はありますでしょうか? ピアノ楽譜に指使いが記されているものがありますが、アコーディオンもピアノと同じ指使いをするものなのでしょうか?


  • [42]
  • Il caso non esiste ? イル カーゾ ノネズィステ

  • 投稿者:アルコリック
  • 投稿日:2012年 7月 2日(月)17時19分39秒
 
アニメ映画カンフーパンダで、
パンダの師匠の、さらにその師匠がパンダの師匠に

Il caso non esiste ? イル カーゾ ノネズィステ

と説く話は、前にもメインスレッドで書いたけど、日本語版では、どーゆーふうにゆってんのかなあ?
とにかく、

『偶然は存在しない』、とゆーことです。

すなわち、今までに起こったこと、まさしく今起こったこと、そしてこれから起こりうるすべての事象は、そのすべてが、過ぎ去った過去の事象の積み重ねから発生するしかるべき結果なのである。、、、、、と、説きます。

この教えは、当教の経典でも流用してますが、すなわち、

練習や本番で、あなたが、間違ってしまった部分を、

『偶然間違った』、、という安易な解釈をしていませんか?

実際には偶然間違うことはもちろんありえません。
あなたがまちがった箇所には、必ず、あなたの今までの練習にその原因があります、あるいは、その箇所の練習を怠った結果、その間違いがおこったのです。

けっきょくとどのつまりは、人前で演奏したいかられんしゅうするわけでしょ?
なんぼ間違っても平気な自己陶酔であるなら、それはモルヒネやマリファナやってるのんとおんなじだよ。

決して偶然では間違いは起こらない。だから、その部分の指使いが不自然であるのにむりなうごかせかたをしようとしてたり、、ただ単に、指から脳みそにつながってる神経がなんとなく覚えてるから、まちがわへんときがあったりしてるだけで、本当は、どの音を弾かなければいけないのか、ちゃんと把握してなかったり、とか、

そういう、はっきりした原因がかならずあります。だから『偶然間違った』と、安易に逃げては決していけません。

ゆっくり、冷静に、原因を自分の運指を確認しながら解明して、同じ間違いが決して起こらないように改良することが大事なのです。



  • [41]
  • 試してみました

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 6月26日(火)18時45分39秒
 
アコリックさまのコメントにあります鍵盤外の音の対する解決方法は次の3点ですね、
①ベースを弾く
②オクターブ上を弾く
③歌う

いろいろやりかたはあるものですねえ。さっそく一応試してみました。
ZENさんも賛同されましたベースを弾いてみましたが、私の場合ちょっとまごついたりして、慣れる必要がありますね。でもこれがベストかも。

該当音のみオクターブ上を弾くやりかたはMMのみの場合でもそんなに気になる程の違和感はありませんね。音を抜かすよりもずっといいです。初級者の私にはこの方法が合っているようです。

歌うというのもいいですね。低音発声の練習もやってみます。この場合は鍵盤があるかのごとく指を動かすのが重要なポイントなのですね。

やっぱり一人で悩むより質問してみるものですね。ありがとうございました。

  • [40]
  • あ、その手がありましたか

  • 投稿者:ZEN@アコルデオン
  • 投稿日:2012年 6月26日(火)08時49分39秒
 
右手の音階がソ(G)から始まる小型アコで
ソ→ファ→ミとさらに低い音を出したいとき
左手ベースでメロディの続きをカバーする・・・
その間、左手の和音伴奏が止まるかもしれませんが・・・
曲の流れによっては有効かも知れませんね
こんど練習してみます

  • [39]
  • 当宗派は、鍵盤式なのでない鍵盤がある

  • 投稿者:アコリック
  • 投稿日:2012年 6月25日(月)21時15分22秒
 
またはじまった!世界のなぞと不思議!これも永遠の迷宮入りだ。
無い鍵盤がある、、とは、はたして、あるのかないのかどっちなんや!!
あえて、違法行為無く日本語を成立させよおとするなら、
無い鍵盤は無い、、と、よけーにわからんくなる。
それって、あるのんないのん?
だれかわかる?
無い鍵盤は無いからやっぱりないのか?それとも
無い鍵盤はないから鍵盤があるんか?

よーするにF# F E  がないんだあ。伴奏やったら、右がHMMLなら全部の笛ならしときゃあオクターヴうえのF# F E抑えてても、たいしてきになるひとはいてないやろう。
でもブランドーニピッコロは、MMなんだよねえ。
足らん音を左手で鳴らすのも、技術的に高度すぎるばあいは、
指だけあたかも、F# F Eを想定しておさえた感じにしながら
自分で歌えばいいじゃん。ぼくならそうする。
マア、そこだけ歌うのは不自然やろうから
きりのいいなん小節かまえからうたいだしとけば、不自然さは無くなる。

決め手はやっぱり、歌うんだけどもやはり、あたかも鍵盤あるかのようにF# F Eを想定してゆびうごかすことだねえ、そうすると、その次のフレーズでGから、上のほうにメロディがいくときも指まちがいにくい。

  • [38]
  • 鍵盤外の音程

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 6月25日(月)18時34分28秒
 
Gスケールの小型アコで伴奏などを弾いてて楽譜上にGよりも低いFとかEがでてくる場合、なにかいい対処方法はあるのでしょうか? 旅の夜風などAmですと前奏にEがでてきます。

とっさの移調は私には無理ですし、やむなくFやEは抜かして弾いてますが一寸間が抜けた感じがします。

  • [37]
  • オリジナル音源の楽器をイメージする

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 6月23日(土)00時28分39秒
 
私の好きな「さざんかの宿」の原曲の前奏にはギター、管楽器、ストリングスなどが使われていますが、これらの楽器の特徴をイメージして弾くことにより原曲の雰囲気がより感じられる演奏になるということなのですね。楽器をイメージすることでスタッカートであったりスラーとかテヌートになったりと弾き方も変わると思います。意識するのとしないでは臨場感が違ってくるでしょうね。
また一つ目を開かれた思いです。

ストリート派教祖のサウンドの一端が分かったように思います。こういったことを気にとめて演奏を鑑賞することで演奏者の表現の意図がより理解できるというこに気づかされました。



  • [36]
  • どういう楽器が鳴ってるのか?を想像することも大事だよ

  • 投稿者:ストリート系教団
  • 投稿日:2012年 6月21日(木)00時09分55秒
 
たとえば歌謡曲すべての赤本でね、なんか、歌の旋律に対しておかず書いてあったり、そういう合いの手の音が、原曲ではどういう楽器で演奏されてるのか?てゆうのを、意識して弾くことはとっても大事、意識してるだけで弾き方が変わってくるよ。

つまりその聴き手がね、期待する楽器の音色てゆうかなんとゆうかそういうのがかならずあるから、マアたとえばの話でユーたら、憧れのハワイ航路で、マリンバで入ってくる合いの手のとことかね、そういうのんが、そういうのんを意識するだけでより臨場感あふれる弾き方におのずと変わってくると思います。
もっと大ざっぱにユーと、一曲の中で演奏されてるいろんな楽器の特徴をヨーク聴いて自分の演奏でその雰囲気出すことやねえ。
特に、日本の昔の歌謡曲のアレンジ、演奏、は、テレビ生番組でドンとこ~いの生演奏毎回するだけあって世界的にとてもハイレベルな演奏しとるから、各楽器の音色、特徴が、無駄に演奏されてることは皆無だといっても過言ではない。

アコーディオン用に作られた曲であってもそう、たとえば
讃岐のアコ吉さんがみてくれたこの、マジックフィンガーズ
http://youtu.be/jZfQjZECcMA
49秒から右手ではいる合いの手 チャチャ~チャチャ~チャ、チャチャ~チャチャ~チャ
このチャチャ~~、うゆうノンは、明らかに作曲者が、ドラムのシンバルをチャチャ~チャチャ~チャ、、て、たたいてる音を意識想像した合いの手だ。
そういう意識の違いがやはりストリートミュージック派教祖とゆわれる根源ですねえ。


  • [35]
  • ウォーミングアップ曲

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 6月19日(火)21時49分39秒
 
K RIDERさん、コロポさん、コメントありがとうございます。
お二人のアドヴァイスを総合して私がやってみようと思うことは、練習を始める最初に必ず暗譜したいと思う曲を弾くこと。暗譜できれば次の曲をウォーミングアップ曲とする。当面どうしても暗譜したい曲が4曲ほどあるものですから。

K RIDERさんの言われるアルペジオとスケールはやはり必須なんでしょうね。

左手だけの演奏はすごくカッコイイです、ちょっと私には真似できそうもありません、同じ数年前の動画にDIZZYFINGERS,MAGICFINGERSなどありますがどれもすばらしいです、それにサウンドもなじみやすく少しも過激な感じはしません。ストリートミュージック派の教祖様と言えるのではないでしょうか。

コロポさんの黒鍵を多く使えばアコーディオンが喜ぶというのは盲点でした。本当に白鍵に偏っては楽器のためによくありませんよね、そこで私は鍵盤の端から端まで半音階で上下することを折にふれてやってみようとおもいます。

  • [34]
  • 必要と思うことだけやる

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 6月18日(月)14時48分6秒
 
質問1,K RIDERさんほど過酷ではないが私もまったく同じでバッドコンディションの
状態でいかに弾くかを考えて練習しますね、
ただこれってあくまで人前で弾くことを想定した構えではあると思う。
(たとえば、真っ暗闇の中で弾くとか、最初に蛇腹を半分開けた状態から弾き始めぎりぎり開いた
状態で蛇腹コントロールできるようにするなど昔はやってみたりした。)
実際普段は前にも
書きましたがぎりぎりまで他の作業をした後にぱっと切り替え演奏です。
ちなみに1曲目は大体ロシア民謡のカチューシャの弾き歌い、
これでお客さんの歌っている様子を把握・・。

「私が習った先生はドレミファソファミレを速いテンポで数回繰り返し」
これだけですといまいちよくわからないが失礼ながら
余り意味はないような、どうせやるならCメジャー以外のキーで
黒鍵を多く使いゆっくりやるならアコーディオン(リード)
も喜ぶと思います。(歌い手がよくやる発声練習も普通は半音づつ上げ(下げ)てやっていくみたい。

質問2、しいて云えばコードをパッとつかめるようにする練習、ハ調
ならC,F,G7などのコードをそれぞれ展開を含めて(ドミソ、ミソド、ソドミ・・オクターブ上も)
あとは当然苦手の弾きにくい所の反復練習ですかな。

あと、私も楽器あんまり磨き上げないですね、(布拭きするときは
方向に気をつけてください、最近見た例ではクロスでグリッサンドのようにやっている方発見!)
それでも
半年に一度くらい掃除機で蛇腹を広げてのほこり取り、
グリルをはずしてほこりとりかな。

何時もK RIDERさんのコメントは示唆深い
「アコ名人 場数にまさる 上達なし」

さぬきのアコ吉さま「購入するのは全て通販です」失礼致しました小生の思い違いでした。




  • [33]
  • 基本的には何にもやってないと思う。いきなりやる、それがすきだから。

  • 投稿者:K RIDER
  • 投稿日:2012年 6月18日(月)04時25分21秒
 
質問1

むかしね、運転免許もってなかったんです。
南海高野線金剛駅から、あるいて20ふんくらい
寺池台4丁目の金剛団地にすんでました。

南海高野線金剛駅は、高架線の駅で、当時エレベータなかったです。

ほんでもって当時の愛器は、139コンバーターフリーベース、右45鍵盤。

なんとなく想像ついてついてくれたらいいんだけど、よーするに、買い物キャリヤーみたいなんに乗せて、ころころ家から駅につくまではまあさほどでもない。

駅の階段でもう悲壮になっとったよ。
そういやあ、終点なんばついてからも結構階段多かったしエスカレータに乗っけるノンもけっこう、こつがいってしんどかった。

いまはなき田所義正氏のタンゴバンドの地方周りの仕事で杉村寿治氏が都合悪いときにかわりでやらせてもろたときもなんせそのころバンドで最年少、背広に蝶ネクタイ姿をみんなに七五三てゆわれながらやっとったころやから、現場まで全員の譜面たて持たされて、途中休憩のジュースもみんなの分かいに行って、もちろんプラスアルファ、その自分の139コンバーターフリーベース、右45鍵盤。

ぎりぎりまでいろんな雑用手伝ってすぐ本番。そんなこんなで、

ほぼいつも本番直前のお手ては、おおよそどかた仕事の直後の物触るのが変な感触の状態。


そういうまあゆうたら、楽師入門みたいやった日々の中で

自分でこーでないといかん!と気づいて、こころがけたこととゆうのは

いかにして、ウォーミングアップなく、それどころか、正反対のバッドコンディションのおててで今すぐ演奏はじめるか???

てゆう試練でした。

今でもそれは実践されていて、やっぱり橋ついていきなり演奏開始!!に大いに役立っています。


練習前決して手を洗わない。つまり、汚い手のまんま練習始めます。
鍵盤やボタンが汗ばんでても決して拭かない。

そやから何の自慢にもならんけど、家ではポテトチップス食べたその手でいきなり練習始めたりもするよ。

吉田先生は、鹿皮みたいなんで、よく拭いて手入れしてましたねえ。ぼくそれに関してのみ、まねせーへんかった。ふくのになれると、ふくことできずに本番突入するだけでうろたえるでしょ?だから。徹底的にお手て側、楽器側、どちらが状態よくなくても、そして、お手てそのものがどんなちからしごとのあとでもいきなり弾きはじめることできるようにこころがけました。

ただ、橋ではウォーミングアップ曲とゆうノンはもちろんあります。もちろん時刻的にも朝8時からいきなりマジックフィンガーズ、てゆうのんは何ぼなんでも一般的なモラルにそぐわん、、、ことはあるかも知らんけど、やっぱりいきなり激しい曲はやらへんねえ。

結局ね、自分が気に入ってるどんな曲であってもええと思うけど,その、たった一曲をね、いつもいっつも、大事な絶対欠かすことのない自分のレパートリーとして弾き続けて、維持していくことが、とても大事で難しいことであるとは思います。
家でそういうことしとったら,『お父さんもうこればっかりいい加減にしてよ!!』、、もちろん、このての苦情を無視貫く勇気はいるよね。

ぼくのばあいはウォーミングアップ曲はたいがい

長靴下のピッピ  あるいは

ラメール    あるいは

モア    おおよそこの3曲のうちのどれかから始めて、


弾いてるあいだにその音で、きょうの町の空気の様子と自分の体調を大体推測します。

かならず、たった一曲できる曲を維持して毎日欠かさず弾いてどんなコンディションのときでも弾くことできる自信つけてレパートリーにすることは、とても大事やと思います。


質問2

こういうノンも自分は性格的にうっとおしいからやる男ではない。けど、目の前にある、弾きたい曲のキーの右手アルペジオやスケールは、結構やると思う。それは、自分で、ぜんぜんよーひかへんからひつようにせまられてやるのと、さらに、きがついてるひともおおいとおもうけど、

実は、ぼくの楽曲アレンジは、ほとんどがたわいもないアルペジオやスケールのみで構成してるから,(たとえば、荒城の月の、派手な前奏間奏後奏なんかも単なるスケール)
やりたい、弾きたい、アレンジしたい曲のキーに関してのみのアルペジオやスケール、や、やってるとおもう。

左手は、(ぼくスタンダードベースね)ベース音のはんおんずつの上がりさがりは、わりとだいじやとおもう。
つまりc c# d d# e f f#,,,,こういうのんね。
でも、ぼくやらへん。これも弾きたい曲のでけへんことだけよくやってるとおもいます。ただ、以前メインスレッドで紹介したことあるけど
http://youtu.be/QDz_dbUCzM8
この最初の15秒のとこまで、各キーで、よくやってます。

このさいしょの15秒のとこは吉田親家先生がアコーディオンという楽器の説明をみんなの前でするときに、左手だけでこんなことができますよといった調子で披露してたものです。そのあとの演奏は、ぼくのつけたし。


  • [32]
  • 質問:指のウォーミングアップ

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 6月16日(土)09時54分47秒
 
質問のまえにコロポさんへ、私は今までにアコーディオンのある楽器店にはどこへも行ったことがないのです。購入するのは全て通販です。川井さんの言われるように実物を見て選ぶべきだとは思っていますが、不思議と購入したアコは値段なりの品質で特に不満はありません。音色も前もってyoutubeでおおよそのことはわかりますね。でも、実物で確認するのがベストだとおもいます。

さて皆さんへの、質問1:練習を始めるまえに指のウォーミングアップを何かやっていますでしょうか? 適当な曲とか練習曲などありますか。以前、私が習った先生はドレミファソファミレを速いテンポで数回繰り返していました。

質問2:日常の練習で指の柔軟性とか迅速性のためにやっている練習方法とか適当な曲はありますか?
年はとっても遠い位置への指くぐらしとか指またぎがスムースに出来ればいいなとおもっています。

  • [31]
  • いらんおせっかい

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 6月16日(土)08時20分4秒
 
笑星さん、失礼致しました。
書いた後、そうかなあと思ったんだけど、
まったくのディ・サービスだとの思い込みでした。

  • [30]
  • He is my musician!

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2012年 6月16日(土)00時18分7秒
 
そう言わしめるKMANさんの、音楽への、そして人間への愛情! すばらしいですね。コロポさん、同感です。
 私も職場で弾くときは、以前にも書きましたが、立奏というか、歩き回って弾いてます(介護上の目的もありますが)。
 たとえば「旅の夜風」で、「可愛い子供は女の命…」というフレーズで涙ぐむ人を、決して見逃しません。さっと近づいて、いっしょに歌います。
 涙がこみ上げる、というような、感情の動きは、また、それに伴う記憶の神経回路の活動は、認知症にとってとても有効です。…なんていう効能書きはともかく、嬉しいじゃないですか、音楽の歓び、だと思います。

 ローマの橋の辻楽師さんまでにはほど遠いですが、お一人お一人、どの歌に反応されたか、はキッチリ記憶しています。そして、そのそれぞれの路線を延長して、またその方の歌を発掘していきます。(だって、ご自分で、題名覚えてる方なんて殆どいらっしゃいませんから)
 「旅の夜風」のために、「愛染かつら」のDVDまで見ました。(さすがにリアルタイムでは知りませんでしたので)田中絹代さん、上原謙さんの話題でひとしきり、盛り上がります。(これも回想法というやりかたなのですが…)

 まあ、歌声の参考にはならないと思いますが、こんな感じの、私なりのアプローチを、いろいろと試みて、勉強中です。

 遅い時間に投稿して、ご心配かけました。介護職には、いろんな時間帯がありまして…。お心遣い、ありがとうございます。

  • [29]
  • 雑感

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 6月15日(金)23時28分55秒
 
あれ、歌声司会が先て,ゆうて、なかったかな。
「通行人一人ひとりにとって『彼は自分の音楽家なんだ』
最高にいいフレーズ、私もリクエストした人の顔をみて
歌う様子に合わせて)伴奏してる。
つかぬ事
伺いますが。さぬきのアコ吉さん昔、東京水道橋のW楽器店
へいかれたことないですか?
笑星さん、ずいぶん遅い時刻の投稿ですが大丈夫ですか。
 NOELさんの具体例、いただきます。

  • [28]
  • 素晴らしいコメントに大感謝

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 6月15日(金)22時48分43秒
 
笑星さん、NOELさん、KMANさんの貴重なお話、身に沁みて納得です。勉強することはいっぱいありますね。
もう年だなんて言ってられない気持ちになっております。

  • [27]
  • なんかずっこくない?

  • 投稿者:KMAN
  • 投稿日:2012年 6月15日(金)21時52分49秒
 
だって歌声師は、もともと歌声司会進行師だったなんていまになってはじめてきいたよ。
どーりでノウハウがすっごいはずだよ、、、でそのこといままでかくしてたとゆうか、だまってたところがずっこい?とゆーか、ソートー度胸すわってるよね!
『ダッラペ盗めると思うんだったら盗んでみやがれ!!』、、こーゆー感じなんだきっと。
次回の停電のときは、やっぱりきーつけといたほうがいい。

しかしオルガンサロンノエルさんのことば
『コミュニケーションをはかる対話の交流が絶対大事です。』
は、よーゆーたもんや、しかも『絶対』ってはいってるし。
つまり川井氏的にゆうと流しっぱなしじゃあ
どっかの危険な工場排水と大して変わらん結果になるゆうことやねえ。

ぼくの場合は橋で、通行人は、その名のごとく通行人やよってに興味あるないにかかわらず、橋を通るわけだ。

しかしながら、だからとゆって音楽が一方通行たれ流しかとゆーと、そーではないのだ。
たとえばだけど、必ず、この人が通るときに『パリの空の下』を、演奏せんときーすめへん、よーするにパリの空の下が、その人橋渡る時のテーマソングになってるひとがおったりするし、
もちろん通行人本人からうけて練習したリクエスト曲がある場合はその人が橋の向こう側から見えると(、おおよその通行時刻がわかってるから、そのコロにいつも橋の向こうを注意してみてるわけだよ)次の曲目はその人のリクエスト曲にしたり、
それとか、いつもはお金入れるだけでとおりすぎる人が、あるとき『この曲いい!!』てユーたら、やっぱり、その曲にすごい、思い入れがあるのかどーか、とにかく、反応してんだから、必ずそのこと覚えといて、その人が通るのを見たら、タイミングが合えばかならずその曲演奏するとか、
通るときに『雨にぬれても』を、タイミングよく弾けたときのみコインいれるおっさんもおるし、

つまりその、そういう会話の無いコムニケーションは、かならずやっています、なんてゆうか、通行人一人ひとりにとって『彼は自分の音楽家なんだ』みたいな安心感やねえ。

もちろん完全に演奏中断して、話し込むことはあるけど、そういうんは、橋の上では、おおよそが大阪のおばはん同士の会話にひとしい世間話やけどね、

あとマア、『GRAZIE 』はやっぱりだいじよねえ。どこかのプログにも、『彼にコインを投げると、GRAZIE !、と、万遍の笑みであいさつし、それがみたくてまた次回もついあげたくなる』てなことが、かかれてあった。

ちゃんと演奏曲の生い立ちを把握してることも大事よねえ。
次の曲は、はるか昔のO年O月X日にこれこれしかじかのいきさつがあってこの曲が生まれたそうです。とかゆって説明できるだけで、曲に対する臨場感が高まって歌うみんなのテンションはおのずと高くなる。

むかし、そこまではいかへんけど、ぼくも吉田親家先生の曲演奏前のイントロの言葉、全部覚えて、一言一句たがわさんと、おんなじよーにゆーてました。
『次はちょっとジャズ風な和音を使った曲でマジックフィンガー』とか、何とかなんとかで、きらきら星変奏曲、、とか、本当にまったく、彼とおんなじにしゃべってましたねえ。



  • [26]
  • 施設訪問演奏

  • 投稿者:川井浩
  • 投稿日:2012年 6月15日(金)16時37分4秒
 
笑星さんとオルガンサロンNOELさんの現場からのご報告はずっしりと重いものがありますね。 重いといのは、重要な示唆に富んでいるという意味です。 その場の皆さんの反応に応えつつ、音楽を通したコミュニケーションという認識を忘れればCD/DVD/テレビ流しっぱなしと同じことになってしまいますね。 で、実はこれが重要な示唆に富んでいると言うのは、それが、施設に限らず、実際に人前で演奏する時のポイントになるのではないかと思われるからです。 なんてことを、あまり人前で演奏をしたこともない私が申し上げるのも口はばったいのですが、喜びを人と共有できるかどうかには様々な工夫と、経験と、人間理解力が必要なのだなぁと実感させられます。

  • [25]
  • おらほのラジオ体操

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2012年 6月15日(金)12時28分52秒
 
今回大きな被害に遭った石巻のグループが「おらほのラジオ体操」のCDを発売しました。500円のうち200円が被災支援にまわるので5枚購入。
早速聴いてみましたら、テレビ情報番組でお馴染の(宮城県で)方の石巻弁で楽しい合いの手(?)がこれまた面白いのです。全国にもその土地のなまりのはいったご当地ソングがあるようですが、とてもおもしろいのです。

 早速アコを担いで歌や簡単な手遊びと一緒に「おらほのラジオ体操」を試みました。いつも嚥下体操や歌などの時には無表情で動かない利用者さんが、なんと両手をあげたりして楽しそうに体操をしていたので、職員さんも驚いていましたね。利用者さんからも合いの手の声が入ったりと、一番の
受けでした。長年聴きなれたラジオ体操の効果を確認しましたが、もっと大事なことは、施設などで時折見られがちなCD流しっぱなし、テレビにおもりをさせてしまっている現実にたいして、CDではあるけれど生の楽しい声掛けがあり、生き生きと体操ができたということだったかもしれませんね。

 施設訪問者の演奏の連続スタイルはどうみてもDVD流しっぱなしになりかねない危険があります。やはりそこには楽しいお話や、利用者さんとの
コミュニケーションをはかる対話の交流が絶対大事です。

 これは高齢者だけではなく、御元気な中高年の会でもおなじだと思います。アコ演奏者としての自分の他に、趣味の話をしてみたり面白かった経験談などを話すなどして利用者さんとの距離間を近いものにしていく努力は大切かと思います。

 私はゲームやお面白かった体験談などをして時間を使い、数少ないレパートリーをカバーする努力を工夫しています。22日はグループで。26日は一人で一時間もあるので、絵本の読み聞かせも取り入れようと思います。

  • [24]
  • おじゃましてすみません

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2012年 6月15日(金)02時08分43秒
 
でもほんとに、すっごくためになるんです、このスレッド。いや、ほかのもですが、これは特にとっても具体的かと…。

 ただすみません、「嬢」とつけていただくには、あまりにオバサンなので、申し訳なくて…。

 歌声での「青い山脈」「リンゴの唄」Amで、というのには、とても納得しました。うちのデイサービスでは、とてもご高齢の方が多く(さすが沖縄)とりあえずCmで弾きはじめたら、なんと、ほぼ1オクターブ下で皆さん歌ってた…。でも、そのほうが発声はできるようで、むしろAmのときより、声は出ている(地声ですが…)。そうなると、食事前の嚥下体操としての役割は、この調のほうが良いという、ヘンな結果になりましたが…、現場主義ですので、こんなのもありですね。

 うちのデイサービスは、90代の方もとても多く、重度の認知症の方もたくさんいらっしゃいますので、そうですね、KMANさんの金剛コロニーでの音楽活動と近いものがあるかもしれません。身体を思いっきり使って歌い始めを伝える、というの、分かる気がします。そんなふうに、自然となってるように思います。歌えてる、というレベルではないかもしれませんが…。

  • [23]
  • わーい笑星さんも来た

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 6月14日(木)23時24分50秒
 
このスレッド3人で独占してるが、まあいいか。
とおもったら笑星嬢がきてくれた。
今日は昼、店での歌声、夜は自宅近くの生協の会議室を借りての歌声喫茶
としっかりやりました。
 リクエストだけに頼るといわゆる暗く重くなりがち
(みんな結構これが好きなんだよな、明るいの専用の方もいるが。
個人的にはノー天気が好み)。
でやっぱし橋の上のプログラム同様に変化をつけないと。
拍子はもとより、幅広い選曲、
オハコをちらりとやらないと
こっちもまいちゃう。
「せんべい・・・」差し入れ、以前はお断りしていたけどありがたいことに容赦なくあるね、
ただあれは後が大変なんです、掃除人も兼用してるから。
あと、タニシはないけどスイカ、メロン、さくらんぼ、みかんはある。

「歌声では司会も伴奏以上に重要なのですね」というか、
もともと私はアコ伴奏が出発ではなく
歌声司会が本業だった時が長いんです。
だから笑星さんが言うように
マクラを考えたりオチをどのようにとか、そっちの方が好きだね
(その余裕をつくるためにアコーディオンの練習やっているようなもんだ)

ディサービスでの経験、お話してくださいな。
今は身動きできない状況なのでお休み中ですが
以前はディサービス等でよく頼まれアコーディオンもって行きました。

さぬきのアコ吉さん改名申し訳ないですね、でもうけてるみたいで良かった。



  • [22]
  • おせんべ焼けたか?

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2012年 6月14日(木)22時37分36秒
 
 たしかに、おせんべは確保しておいて、でも、食べるのは、あとから、になりそうですね。
 とりあえず、水分だけはとれるように、今は、ペットボトルやタンブラーという便利なものがありますものね。

 参加者から「お茶のませて…」の声がきこえるってことは、やはり、かなりのハイペースなのでは、と、お年より相手の仕事をしている私としては、心配してしまいます。高齢者の割合が高まると、それだけペースもゆっくりになり、おしゃべりはたくさんになり、お茶をすする時間も増え…。進行係のみ、のどカラカラの汗だく、短距離全力疾走したような消耗感にみまわれる…これは、ミニデイサービスなどでの体験ですが…。
 あ、やはり、もとはKMANさんと同じ関西人なので、つい、笑いをとることに力が入りすぎてるのかもしれません。

 しかし、このスレッド、とても勉強になりますね。ありがたいです。

  • [21]
  • おかき、せんべいのたぐいの心配はどーする?

  • 投稿者:KMAN
  • 投稿日:2012年 6月14日(木)21時34分32秒
 
やったこと無いんでわからんけど、やっぱり歌声も4拍子の次は6拍子や3拍子とか、或いは、陰気くさい曲の次は明るいノンとかそういうノンあるんだよねえ?

こう、なんかさあ、差し入れで出てくるお菓子ね、せんべいとかおかきとか、よもぎもちとか
タニシのつくだにとかさあ、そういうノン食べる時間確保もだいじちゃうの?
進行係もして伴奏もしてやったら、休憩はいったらその後のプログラム変更とかで忙しいややろから、前もって自分の分のせんべいとかべつによけて確保しとく必要はあるんじゃないの?


  • [20]
  • 歌声進行のコメントありがとうございます

  • 投稿者:さぬきのアコ吉
  • 投稿日:2012年 6月14日(木)21時03分52秒
 
歌声では司会も伴奏以上に重要なのですね、やっぱり立て続けに歌うばっかりではしんどいと思われているかもしれませんね、高齢者の方から「お茶のませて」と言われることがありますから。
現在は私一人で伴奏と進行をやっております、伴奏をミスしないようにやるだけで精いっぱいの状態です。
司会での話題や話し方も今後あらゆる機会をとらえて勉強することといたします。また、私の場合はサークルでもあり決まったメンバーなので司会の好きな方がいればお願いしようと思っています。

KMANさんスレッド移行ありがとうございました。

  • [19]
  • (無題)

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 6月14日(木)08時07分21秒
 
お手数恐れ入ります、
今朝こちらのスレッドに転送でもと思っていたら、
動いている、私の念力かと思ったら。違った。
スレッドが増えすぎだ!
ちなみにDallapeは調律、調整中。
オールドEXCELSIORもレストア中。

  • [18]
  • 歌声師の書いたことを、このスレッドだけみてるひとがわかりやすいように転送しときます。

  • 投稿者:KMAN
  • 投稿日:2012年 6月13日(水)23時52分56秒
 
また、カッパマンさんにひやかされそうだがこの後パソコン仕事ががあるから先に。
「気持ち多いかなと感じるなら
その通りかもしれない。」
過ぎたるは及ばざるが如し/と言いますから。
 参加者が良ければそれでいいんじゃないですか。
といったら身もふたもない、と言われそうですが、
本来参加者とスタッフ、とりわけステージ進行者が決めるのがすじだからね。

ところで、音域のの所で疑問だったのは「森のくまさん」が一人で
伴奏司会その他をやってるんですか。
それによっても状況が変わってきますので、
とりあえずワンマンショーということで考えて見ます。

コロポの場合は30分ステージ、15分休憩のペース、つまり3回やることになります。
ついつい弾くよりしゃべる(司会)の方が自分では楽しいのでしゃべりすぎないように気をつけています。
その時々のやる曲によっても違いますが1ステージ9曲前後ですかね。

一般的に間合いが少なく立て続けに特にアップテンポの曲を
やると若干しんどいのかなって気がする。
一回ごとのステージをどのように構成して進めていくのか、
伴奏以上にしゃべる内容、話し方,等々いろいろやることがあります、アコーディオンの練習と同じくらい、
あるいはそれ以上司会など技術の研究が必要なことはいうまでもない。
休憩時間のすごし方。
約二時間をどのように構成していくのか、すべて気は抜けません
その向こう参加者の笑顔があると思います、
「ローマは1日にして成らず」
 ところで「森のくまさん」の」ハンドル(ネーム)の前はなんでしたっけ。
私の古くからの歌声仲間の知人にも「森のくまさん」がいるよ。

  • [17]
  • 質問:歌声の進行について

  • 投稿者:森のくまさん
  • 投稿日:2012年 6月13日(水)20時07分31秒
 
2時間程度の歌声ですが、歌と歌の間合いとか休憩時間はどのようにとればいいでしょうか? また何曲くらい歌うのが適当でしょうか?
私の場合、立て続けに歌うことが多く殆ど間合いはとっていません。休憩時間は途中10分程度2回とっています、したがって30曲近く歌っていますが多すぎるでしょうか?

  • [16]
  • 貴重なコメントありがとうございます

  • 投稿者:森のくまさん
  • 投稿日:2012年 6月12日(火)22時52分38秒
 
コロポさんの青い山脈とりんごの唄はAmがベストとのコメント、100万の味方を得たようで勇気100倍です。前奏・間奏・後奏についてもよくわかりました。
K MANさんの歌声伴奏はちゃんと歌のメロディーを弾いて歌のガイドにならないといけないと言うのも我が意を得たりです。そして、練習では自分も歌ってみたり録音して再生しながら歌ってみることを是非ともやってみます。

お二人が指摘されるように前奏や間奏などここぞというときには弾くべきなんですね、そのためには特徴的な前奏・間奏など弾けるようにしておかないといけませんね。
お二人のコメントさっそくコピーして赤ペンで下線引きながら繰り返し読ませていただいております。ありがとうございました。

  • [15]
  • さすがに日本の歌声師、!!即答やねえ。

  • 投稿者:K MAN
  • 投稿日:2012年 6月12日(火)17時43分55秒
 
『コーラス経験がある人が中におっても基本的に存在を無視する』と、はっきり断言できるあたりが長年の経験ですよねえ
『前奏、後奏、間奏をしっかり入れる場合も間々あり、ここで光らなければ何のためにアコーディオンやっているのかわからないじゃないですか。』これも、まさしくそのとおり、よーゆーた!!アコ弾きとは、まさしくアイドル志望のこと、目立つとこがなければ生きてる意味はないのだとユーても過言ではない。

しかしこんなに即答とは、おおよそ、歌声師が歌声伴奏の件でカッパマンにさきをこされたら、大店舗の喫茶カチューシャがあぶない!!!、、とか、ゆう危機感からか??

うたごえとはゆわれへんけど、
日本におったとき大阪府立金剛コロニーとゆうとこで音楽プログラム1年担当してました。

金剛コロニーて何なんだ?とゆうと、頭悪くて普通の社会生活が不可能な大人が預けられて、一応そこで農作業したり、とにかく、集団生活するとこです。
どのくらい頭悪いかとゆうと、やっぱり脳みそそのものに障害があるんで、みんな、寿命も短かいでした。
重症の人は、ほとんど一日中、発作、起こしてる人もおった。

さて、そんな連中相手に、音楽の時間で、みんな大好きでよくやったのが、やっぱりアコオケ!!
もちろんまともに歌える人は少なかったが、とりあえず、歌いたいから、つっごくテンションがあがる。

歌謡曲のすべて
演歌のすべて
フォークソングのすべて
童謡全集
この4冊そろえて、歌伴奏やってました。

頭悪くても、小さいときに好きだった曲って、みんなよくおぼえてるのよ。

それで、歌いだす頭は、頭悪い子であればあるほど体全部使って、よっこいしょ合図で、今から歌だよって、合図してましたねえ。

でも、ソートー頭悪いたぐいでも、印象的な前奏がある場合は、やっぱり、覚えて、それが歌いだすタイミングになるから、、ちゃんと原曲どおりの前奏ひくことは大事やと思いました。例えば、真っ赤な太陽やったら
ラソラドミbレド~レ~
レドレミbレドソ~ラ~~~
こんなかんじやったかなあ?とにかくこれで、このつぎがうたのでだしってはっきりわかるよってに。

それとか、原曲の印象的なおかずや、間奏があるばあいは、その歌謡曲のすべて、演歌のすべて、とかの本には、最初から必ず書き込まれてあったように思います、ゆえに、できるのであれば、やっぱり、そういう曲の印象的な部分を弾いたほうが、やっぱり、歌いたい気持ちが、いっそうテンションあがってくることはまちがいないとおもいます。
その、歌謡曲のすべて、演歌のすべて、これらの本は、キーが、幻聴、あ違う、原調で歌いにくそうなやつは、ちゃんと変更してあったように記憶します。

しかしながら、間奏やりたいのに、歌ってる連中がすでに2番に行っちゃったりしたら、ここはじっとこらえて我慢、アイドル志望はつらいが、そういうアクシデントが、起こらないためにも、間奏ばっちりきめたいのなら、やはり曲の出だしの合図同様、『今から間奏でじぶんがめだつんやからじゃますんなよ』とゆう風な、間奏入る直前の体全体を使ったアクションは、ひつようだとおもいます。

そして歌声伴奏なんだから、とりあえず、まずちゃんと歌そのものの旋律を弾いて、みんなが歌うガイドになってなくてはいけないことはゆうまでもないですが、
家で練習するときに、自分も、同時に歌う、あるいは自分の伴奏を録音して、それで、その後再生しながら自分も歌ってみる、ことは、だいじだとおもいます。
なぜなら譜面に書いてある指の動きだけで作る歌のメロディーは、お-おーにして、実際には歌いにくいことがあることもあるからです。自分も歌ってみたら、おんなじメロディー弾きでも、より、歌いやすい指での表現になってくることは、まちがいないです。


  • [14]
  • 伴奏

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 6月11日(月)23時24分58秒
 
複数の中高年者の具体的なレベルがいまいちわからないのですが、
私がやっている歌声喫茶ではいわゆるコーラスの経験がない方が多いし、
いても基本的に存在を無視します。また参加者は座って歌います。
で、
1、音域に関しては以前ZENさんもメインスレッドで触れていたが
高い方の「ド」を目安にすると出しやすいみたいです。
といっても1音、2音高いぶんには大丈夫みたいですが高音が続くとしんどそうです。
 青い山脈、リンゴの歌Amでベストだと思います、第一弾きやすいじゃないですか。
(下の方も低いラ、ソでしたら男の人も大体大丈夫ですし、たまに高い方がいいという少し歌をかじったようなひとは最初に書いたように気にしないことだと思います。)
もちろん何事にも例外があります、何を持って例外と判断するかはそれぞれ判断する責任があると思います)
2、うちの場合みんなせっかちで前奏、後奏、短め特に終わりは短い、
間奏は3番までの曲は2番の後に4番までの場合には2番ないし3番のあとに入れることが多いです。
時として前奏、後奏、間奏をしっかり入れる場合も間々あり、ここで光らなければ何のためにアコーディオンやっているのかわからないじゃないですか。
うむをいわせず、やるときはやる。
 もうネンネ時間だ、細かいことは色々ありますが、この続きはまたの機会に。


  • [13]
  • 質問:うたごえ伴奏の要領

  • 投稿者:森のくまさん
  • 投稿日:2012年 6月11日(月)20時04分55秒
 
1 複数の中高年者を対象とした歌声伴奏をする場合、たとえば古賀メロディーの「影を慕いて」「人生の並木路」など原調のままですと歌の最高音がF、Gとなって発声がく苦しいようです。「青い山脈」「リンゴの唄」などでも原調だと高音はE♭で苦しい人もいるようです。
私の場合、思い切ってAmに移調していますが、発声は楽な反面ソプラノの方などは低くて物足りないと思われるようです。一般的に歌声の伴奏では高音はどのあたりをめやすにするものでしょうか?

2 前奏・間奏・後奏はどのようにすればよろしいでしょうか?オリジナルの前奏はそのまま用いるのがいいのでしょうか。私の場合殆ど前奏は歌の最後の4小節くらいを代用し、間奏・後奏は省略しています。

その他、うまい伴奏をするために工夫していることやノウハウ等がありましたら教えてください。

  • [12]
  • 採譜作業に関連して

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 6月10日(日)07時31分0秒
 
数日前、本業の仕事の業界のお取引先の部長さんから、あるイベントで彼の吹くクラリネットと私のアコで合奏をしようというお声がかかり、放課後に初めてリハーサルをしました。 このかた、ベニー・グッドマンや、ガーシュインのラプソディー・イン・ブルーなどのクラリネットのパートを見事に演奏なさる、オーケストラでも演奏なさっている方でした。 伺えば、お若い時からクラリネットをやって、はや、うん十年。 40歳近くなって始めたアコのわたくしとはベースが違います。

で、そのベース。 かれが主旋律で、私がベース側を担当しよとしていただいた楽譜のタクトごとの多重音の連続で、そもそも音譜を読めないわたくしにはまるで、アラブ語かスワヒリ語にしか見えない音譜の洪水。 で、やっと選んだ、GとかF7とかふってあるMemories of youの楽譜を見つけ出し、それをトライしようとしてみたら、美しい主旋律に絡みつくコード進行と和音のめくるめく変化に富んだ美しい素敵な作品なのですが、そのコード、まだ弾いたことないコードがちりばめられていて、初見での演奏を無くなくギブアップ。 3コードか4コードで演奏できる曲を選択していただいて、なんとか、合奏の準備を完了。
で、冗長にならずに、会のムードを盛り上げて、粋にさっと終わる、ショートプログラムを作成してその日に臨んだところ、その会の趣旨にそぐわないということで、予定変更、キャンセルとなり、がっかりしたようなほっとしたような....
しかし、その演奏できなかったmemories of youの楽譜の採譜は自分ではまず無理だなぁ、と感じた次第。  シンプルなベースを加えることはできても、主旋律がシンプルなので、ベースもシンプルだと、すべてがシンプルで面白味が無くなってしまうようだ。
http://www.youtube.com/watch?v=-oucYAm6xBo
カッパマンの左手のすごさも垣間見た体験でした。

  • [11]
  • 音とり

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2012年 6月 9日(土)07時42分14秒
 
トップの掲示板にカッパマンさまが書いてくださった、音とり(採譜)・・・・たしかにそうなのでしょうね。でも、音とりはかなりしんどいですね。生まれていままで、採譜を試みた曲は1桁以下、完全に出来た曲はゼロ。それでもいま、音とりしたいと思っている曲があるのですが・・・・まだその元気が出ず、とりあえず録音して、一緒に弾いて、おんなじように音をたどっていけるようになったら、目の前に5線紙をおいて、ひとつひとつ採譜しようかと思っています。・・・そのとき、レープレコーダーならぬデヂタルレコーダーは便利ですね。・・スピードもキーも(微調整も可能)なので、#やbを出来るだけすくなくして、「探り弾き」しやすくできますね。

 あと、採譜した音符、もしくは買ってきた楽譜をシーケンサーに入力していると、入力しながら、細かいところに気づいて、その曲のフレーズを覚えると言う目的の半分くらいは、達成してしまうような気がしますね。
 あっ勿論、音楽性とか以前の問題で『とりあえず譜面どおりに弾く』という目的の半分くらい・・と言う意味ですが。
 採譜した音が正しいかどうか・・特にテンボ・・は、シーケンサーで元の調に戻した上で、同じテンポで同時再生して聞き比べると、ある程度は(分解能 16分音符くらい?)わかりますね。
・・・
カッパマンさまの教えに従って、採譜しなくては、・・・と思っているのですが・・・来月か秋までには、詳しい譜面が・・多分出版されるでしょうから、・・・・・(来月ロードショーのアニメの曲で、小松亮太がバンドネオンでやってるヤツ、公式サイトに流れているのです。)・・めげそうです。

http://9327.teacup.com/natoriacco/bbs


  • [10]
  • 有益なヒントありがとう

  • 投稿者:森のくまさん
  • 投稿日:2012年 6月 6日(水)22時04分3秒
 
コロボさん推奨の50回はやってみることにします。それとカウンターベースを使う、こんな上手い手があったんですねー。
カッパさんの手首を締めることですけど、私はどちらかというと緩めにしてました。動画を見て納得です。手首固定して手先を回転させてますね、回転角度で距離を測るんですねえ、目からウロコです。質問してよかったー。

  • [9]
  • 陥没ボタン・・私は電動ドリルで・

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2012年 6月 6日(水)19時46分29秒
 
>ボタンの陥没いれは、そんな難しい作業ではないはずです。
 120ベースのエクセル様には、Cにビーズが、AbとEには、陥没がありましたので、真似て、ヤマハの80ベースにも、ドリルで穴あけをしました。(その後仲間のところに行ってしまいましたが、)
トンボの80ベースもAbのところに何にもなかったので、同じく穴を開けました。格好よく仕上げようと思ったら、荒削りのほうが、触った感触がわかりやすいので、そのままです。ヤスリもかけてません。でもビーズ入れたくて、手芸用品店で、高いビーズ買ったり、(500円くらいだったかな?)100円ショップで似たようなものを買ったりしたのですが、・・勝手は見たものの、いまいち、違うので、そのまま、工具箱に入ったままです。
ちなみに、穴をあけるとき、削りカスが出ますので、それが、ベースメカに入るとこまるので、その点だけはご注意ください。
仲間うちでも、携帯用ビーズシールを張るとか、接着剤の類を着けるとかとか、いろいろ工夫しています。

http://9327.teacup.com/natoriacco/bbs


  • [8]
  • ぼくもきのうビールのんでねた

  • 投稿者:カッパマン
  • 投稿日:2012年 6月 6日(水)16時44分5秒
 
そして、毎晩ビール飲んで寝るのが日課なのです。
それは、練習する曲がうまくいかない自分にうんざりして練習やるきなくなるからです。

川井氏の
『アコ上達にあんちょこ無し』
とは、よーゆーたもんや、まさしくそう。
ビール飲んで寝ててもどーにもならんから、ワインとの違いはお~よそないといっても過言ではない。

さらに、歌声師の
『100発100中』
も、まさしくそのとおり!
音楽演奏は駄菓子屋の『当てもん』ではない。
必ず当てんことには意味を成さないのである。

ところで森のくまさんは、『あんちょこ』、わりと好きなタイプ???
カッパマンは、いちおう緑の血が流れてるわけではなくA型なんで、とことんおーちゃくもんの割には、今現在目の前にある目的に関してのみ、非常に繊細綿密な作業をします。ゆえに、『あんちょこ』、なんてゆうなまやさしいもんではなかった、はるかに計画的に美しく実行!!

カッパマンの体験談 (約30数年前)
その1---当時はまだ、コピーマシンではなく、ガリ版印刷でした。試験前日は必ず、食堂かどっかで勉強してるふりして、可能な限り遅くまで学校内に居残ると、おおよその時刻になり印刷室にいくと、そーとーええかんじの確率で、試験問題用紙のガリ版原稿が、ゴミ箱に捨てられていました。すぐかばんの中にほり込んで下校。

注意点-----この作戦の場合、必ず授業中に先生に当てられたときに正解できてない『自分』であることを考慮することを決して忘れてはいけない。つまり、必ず、いくつかの誤答を書いて、決して100点取らないこと。そーでないとぜったいあやしまれてあしがまわる。

その2---ガリ版原稿が入手できなかった場合
あせらない!、試験用紙は、当時必ずB4サイズでした。『あんちょこ』ではなくおんなじB4サイズにぎっしりつめた豪華カンニング用紙を作成。
よーするに試験最中、カッパマンのつくえのうえにある試験用紙は、ほかのやつらより1枚ないし2枚多い同サイズ豪華カンニング用紙付き。同サイズであることが決めて!!いっかいもばれたためしなかった。

注意点-----このばあい、B4サイズ紙をめくって、カンニング紙を見て、またさらに試験問題用紙を見て、、とゆう風にやっとったら腕の動きが大胆になってしまいばれる可能性が高くなる。ゆえに、必ず、問題用紙のほうを半分に折り曲げて、その下にカンニング用紙をおき、紙をめくらずして同時に両方見るべし。

そこでですねえ、『ベース間の距離感を正確にするには』とゆうことなんだけど、もし、あなたが駄菓子屋風当てもんみたいに、いつもなんどきも当たるときもありゃあ当たらんときもあるし、、、、、とゆうのんであれば、それは、ぼくが推理するに、手首を押さえつけてるそのベルトがゆるすぎる可能性がお~いにあるから、まずそこんとこチェックいれたほうがいい。

みなさんご存知のごとく、カッパマンは、いっつも立ってるんだよ!!!そこんとともっと注目して、なんで立ってても命中率高いか?考えたらそれはガキでもわかる、、、かな?

よーするにカッパマンは、そこのベルトをものすごいきつ~くしめて腕うごかせへんのだ。そう、腕がいつもきまった位置にあって動いてへんから、おのずと命中率は高い。

田舎のアコ弾きさんのいてる奈良アコーディオン愛好会の池田宗可さんは、昔、金剛アコーディオン教室でカッパマンのアコーディオン抱いて、『ええ!こんなんぜったい手がはいれへん』てゆったのを、おぼえてる。
ぼくは、体も腕でも小さいよってにね、もっとわかりやすくどのくらい短くきつく締め付けてるかとゆうと、まずもって、メーカー出荷時の長さじゃあ一番短くしてても到底、長すぎて無理だから、必ず切り落として短くしています。

そこで、
昨日確かに毎晩のごとくビール飲んで寝てしもたことは認めるけど、そのまえにやったことある。
それは、
C----Bのボタンの距離測った。
たったの7センチ3ミリしかなかったよ!!
あなたのおててがどんだけちいさくても、7センチ3ミリなんていうながさが、すっぽりはいらへんおててはありえへんはずや。

そう!!、ボタンは見えてないが、その距離は、想像をはるかに上回って距離短いのだ。!!ゆえに、C----B、、ああ、飛ぶうう!!なんてあせってはいけない、実際にはほとんど近い場所にあるのだ。
もっと離れてても腕がしっかりとまっとったら、手首をやらかくして手首のひねりだけで実際には、音楽的に進むコードのすべてを押さえることが可能だとゆっても過言ではないのだ。
つまり、腕の位置がいつもしっかり固定されてることでおさえたいボタンの命中率がバツグンに上がるのだ。

ちなみに、その、ビール飲んで寝る前にぼくも、ふだんはそんなことかんがえへんけど、C---B 試しました。
100発100中でした。

そこでカッパ号サウンドが、聞き苦しい人は、ちょと我慢してみてほしい、すっごい見やすいビデオがある。

208236さんが撮影してくれた
Senza Fine ?センツァフィーネ『終わりがないこと、ね、よーするに、ふたりのあいにおわりがないこと)』というジーノパオリ(生きてるよ)という人のとっても有名な曲でイタリア人なら誰でも知ってます。
http://youtu.be/aksnAhHjyno

さて、17,18秒くらいのとこに注目!!このとき左手はBb7,そして、次の19秒のとこでC#7までひとっとび!!!
ベルトで腕の位置が楽器側面に固定されてて、そのベルトでとまってるとこを支点にして、ただ単にシーソーみたいにしてるだけでBb7---C#7に行ってる。決して楽器側面に対して腕のベルトにおさえられてる位置は変わってないのである。

あとさあ、指の先っちょが、ボタンの先のへこんでる部分に触る官能、あちがう感触ね,これはやっぱり大事やと思います。つまりそのBはへこんでるEの、ひとつ舌、あ違う、下側ね。それが、かすかに陥没に触れることによって、その上押さえたり下おさえたりする感覚つかむことやねえ。

ええっとそれで、普通アコーディオンはそのEのさらに下側のG#にも、陥没はいってますか?

カッパ号は、陥没はいってるよってにやっぱりその
Bb7---C#7行くときも役に立つし、さらに、今日きーがついたことで、今まで、別に隠してたわけちゃうけど、自分には自然やったから、きーがつけへんかったもんでゆーのんわすれてたけど(きーがついてんのかついてないんかはっきりせい!!)、カッパ号は、陥没ボタンのマイナーコードボタンも陥没はいってます。
つまり、Cm,やEmにも陥没はいっとって、これは、やっぱり、恐ろしいくらい便利です。何でそーしてあるかとゆうとクイントシステムフリーベースがそうやったもんで、それになれたら、Cm,やEmの陥没がものすごやくたつことがわかったからです。まいなーぼたんの陥没いれは ひょとしたらおすすめかもしらん。

ボタンの陥没いれは、そんな難しい作業ではないはずです。大阪ならユニバーサル楽器さんとこいけばすぐやってくれます。もちろん、AKKORDEON JPでは、田中さんがやってくれるはず。北海道ならアコルデオンキヨッチョラZENさんやってくれるよねえ??

個人的にはガラス玉いれるんは好きじゃない、ちゃんとかんぼつしてくれてるほうが、ゆびさききもちいいです


  • [7]
  • 私から申し上げるのもなんですが...

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 6月 6日(水)07時27分18秒
 
ローマのカッパさんのメトロノーム活用法、あきれるほどゆっくりのスピードで100%間違いなく、ミスタッチ無く、不安無く、目をつぶっても演奏できるようになったら、徐々に、本当に徐々にメトロノームのスピードを上げていく、という練習方法が最後はマジックフィンガーにたどり着く近道、というような解説には非常に説得力があり、私もこれは間違いないと思いました。
もっとも、すぐ飽きちゃって、ワイン飲んで、適当に弾いて寝ちゃうので、いつまでたっても、ワインを飲んでミスタッチを自分では感じなくしてしまう演奏方法なので、聴く人にとっては大変迷惑な音楽にしかなっていない、と自らを責めるわたくし。
めくるめくカッパさんの高度な演奏の数々の作品も、一つ一つ丁寧に練習を積んで作り上げた結果の演奏であることを考えると、千里の道も一歩から、徐々に積み上げてのこの努力と作業は気が遠くなるほどの根をつめた作業であり、それがいかほどの価値を持つものかは、想像もを絶する努力の結晶であることが理解できるであろう。
まぐれあたりの一発芸人の芸人生命の短さを考えるとき、やはり人を感動させるのは、地道な努力と、やはり、それにプラスしてその人の持って生まれた才能、歌の心を理解してそれを人に伝えることができる人生経験と教養・知識、それをひけらかさない奥ゆかしさと、人の心を読めるユーモア、そんなものの集大成なのではないかと思われる。
アコ上達にあんちょこ無し、といっては結論を急ぎすぎだろうか。

  • [6]
  • 100発100中

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 6月 5日(火)23時26分36秒
 
元オーボエ奏者の宮本文昭さんはむづかしいフレーズは50回間違いなくできたら先へ進むといってました。
40回上手くいって41回目にはずしたらまた最初から50回目指してやるそうな。
という話は知っていますが私はもちろんやっていません。
でもなれることかな、
以前カッパ師は手首のひねりでちょうどの距離というようなことを言ってたきがするが。

でもCからBの距離、フォークソングなんかにもよく出てくるので面倒な時は
カウンターベースのBを多用。伴奏だけの時はよくやります。

  • [5]
  • 質問:ベース間の距離感を正確にするには

  • 投稿者:森のくまさん
  • 投稿日:2012年 6月 5日(火)22時12分30秒
 
カッパさんのユニークな上達のヒントありがとうございます。ものは試しといいますから私もやってみます。
さて、質問ですが私はベースの移動が例えばCからBへ飛ぶときなど遠くなると100発100中とはいきません。距離感を正確にする練習方法とか練習曲などありますでしょうか? こうしたら効果があったなどの体験とか工夫を教えていただけるとうれしいです。

  • [4]
  • ドルチェ練習法!

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2012年 6月 5日(火)19時46分41秒
 
これはすご~い! 全国のアコーディオン所持者よ、コンビニに走って、即、キャラメル購入すべし、ですね。糖が脳に作用することは周知の事実。しかも脳をだますダイエットなんてのも話題になってるくらいですから、これは絶対効果アリですねぇ。やってみます。

  • [3]
  • OH!なるほど、

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2012年 6月 5日(火)19時30分17秒
 
河童マンさんの「練習しながらあまいものを持続的に吸収してることにより脳みその働きが、どんどん活発になり・・・・」なんとなくわかります。仕事から帰ってきて、空腹のまま練習するより、なんとなく、ただでいただいた「受験生用」のゼリー状食料を食べから練習すると、なんとなく、調子が良い・・・感じがしました。そうなんですねぇ・・・・明日からキャラメルをかってこよっと。でも、ご飯を食べたほかにそれょすると、・・・とーにょーびょーに・・既にやばいかも。でもねノー味噌使っているんだから、別に良いんですよね。

http://9327.teacup.com/natoriacco/bbs


  • [2]
  • 確かに!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 6月 5日(火)19時04分57秒
 
赤にせよ、白にせよ、ワインやりつつのアコは、脳の動きは鈍くなり、ミスタッチの音も気になるので、本人はいたって気持ちがいいんですけど、聴いている人にはやはり酔っ払いが弾いているようにしか聞こえません。

  • [1]
  • じょーだんじゃないよ

  • 投稿者:カッパマン
  • 投稿日:2012年 6月 5日(火)15時56分17秒
 
またもや橋でくたばっとって、あ違う、正確には橋のあとくたばっとって、今回、書置き原稿なかったからまたしても出遅れた。でも、、ちょうしもどってきたからとことんばかっぽいのまた書き続けるぞ!!

とにかくカッパマンの場合は橋で気絶するにしても、まず、命より大事なアコーディオンを、おろしてリュックサックにいれてから倒れるのだ。!!!

それでですねえ、ときどき川井氏はワイン引っ掛けながら弾いてるみたいだけど、弾く分にはきも~~ちよくってけっしてもんだいないけど、上達するためには問題あるかもしらん。

これはじょーだんではない。あめちゃん、キャラメル、チョコレート、などなど、お口の中に甘いもんいれて、なめながら、ちょとづつかじりながら練習するのが上達の鍵!!!
練習しながらあまいものを持続的に吸収してることにより脳みその働きが、どんどん活発になり、指に覚えさせたいこと、頭に覚えたい曲もどんどんあたまんなかにはいるよお!
ぼくのお勧めは、ちょと固めのキャラメル、歯で噛む要素が加わって、脳みそへの刺激が倍増するからだ。!


レンタル掲示板