• [0]
  • アコ上達のヒント

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 6月 5日(火)01時10分10秒
 
旧、森のくまさん(現、さぬきのアコ吉さん)のリクエストにお応えして開設します。 あゝ、そうだったのか! それが知りたかった! なんて情報が出てくるといいですね。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [600]
  • ハラショー!

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2016年 3月19日(土)11時53分44秒
 
これだから、この掲示板はやめられない、素晴らしいですね!
八代亜コさまの、この指導ヴィデオ。いや、つかみの「インベーダーゲーム」で噴き出してぇの、解説と実地。
本家八代亜紀さまの、独特の演歌のしゃくりというか、こぶしというか、そんなのまで伝えることが出来る、アコーディオンという楽器のステキな特性もしっかりと分かるし。
教祖様が、日頃の言動とは裏腹に(失礼しましたゴメンナサイ)とても真摯に、分かりやすく教えてくださって、ありがたい限りです。

そして「ふるさと」も省エネなんて感じる隙間もない、いや、まったく省エネとは別物で、むしろこれで完成されている、すてきな演奏ですね。この曲のように、皆さんがよーく知ってる曲に関しては、私もやります、省エネ、というか私の場合、サボリに等しいですが。とりあえずコードだけでも弾いて、メロディーの音程は自分で歌っちゃうという、めちゃくちゃなものですが。
音を取るのが難しい、とか、歌える人数が少なそう、とか、とっても音が飛ぶ曲、などはやはり、ガイドラインとしてのメロディーのポイントは必要かなぁと思いますが。

限定公開なのがもったいない動画です。アコーディオンってすごいなぁ……と、あらためて感じ入りました。ローマからのご教示に、深く感謝です。

  • [599]
  • 撮影するんやったら、台本くらいかんがえときいよ

  • 投稿者:八代亜コ
  • 投稿日:2016年 3月19日(土)07時52分36秒
 
ゆう感じに、ほんまに何ゆうてんのかわからんことしかゆうてへんかったわ。
ぶっつけ本番やったらまだええけど、これはほとんどぶっつけNG.おのおのの自己責任で閲覧くださいゆうあれに等しいけどまあ、ヴィデオないよかはいくぶんわかりやすいやろうゆうてえどでした。

要するにね舟唄ね、4回おんなし鍵盤たたいてもそれはバナナの叩き売りのごとし、、しかしながら4部音符でただ単に全部伸ばしちゃったら、まあその方がその演奏にあわせてみんなは歌いやすいやろけど、それではせっかくの八代節が感じ取られなくなりがちで、みんなが歌いやすい、しかし、雰囲気が出てけーへんすなわち、みんなその気になりにくい、・・・ゆうこともありうる。

ほいじゃあどうしたら、かんじ出て、歌うみんなをその気にさせるか???、

人間の発声は、決して音符書いてあるそのとおり正確な音程にとどまってない、出すことば、たとえば、うみ~とか、そら~とか、によっても、おのおの個人個人で、その、音程を含む発音すべてが微妙に変化してるから、人それぞれの、しゃべり方、歌い方の、特徴があるわけやけど、

何がしか音程がゆれる感じさえ出れば、人間の聴覚って、自分本人の都合のええよおに脳みそがかんじる仕組みになってるよってに、おのずと演歌風になったり八代節になったりして聞こえてくるもんです。

アコーディオンはそういうトリックがすごいやりやすい仕組みになっとるわけで、それは何でかとゆうと、すでに左の箱で、おんなじ1つの音程やコード弾いても、実際にそれが何オクターヴかに重なって音が出てくる。右箱だってたとえばLMHにしときゃあ、いきなり3種類のオクターヴ違いの音が出てくるわけやから、聴いてる人間はおのずと、音程認識感覚が麻痺してるからね。

今回のこの舟唄ね、たとえばこういう風に、おんなじ音程の鍵盤4回たたく代わりに、その4回のうちの何回かをオクターヴ下や6度や3度下をたたいたることによって、オクターヴ下とかゆうかんじに聴覚がかんじることできなくって、聴覚は都合のええ用にとららえて八代節感をかんじて、歌いたくなる気持ちがそのきになってくるとゆうわけです。

https://youtu.be/uepFb7_cwG8

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふるさと、

みんなが本当によく知ってて、歌いやすいからほっとってもどんどん声が出てくる曲。省エネでもおかずのとこだけとってつけたように弾くだけで、サボってるのではなく、こういう技もあるんだ!さすが讃岐のアコ伯爵ってみんながうなるはず。
https://youtu.be/ScBN0XBPCVo

歳いっても、いつも、ぜんぜん頑固でなく、前向きで、謙虚で素直で心が旺盛な讃岐の光源氏氏はすばらしいですねえ。



  • [598]
  • とても気が楽になりました

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2016年 3月18日(金)21時33分24秒
 
コロポ様のアドヴァイスで伴奏にたいする意欲が一段とわいてきました。

伴奏の際にガイドメロディーを簡略化しても歌いやすくなったり歌が

引き立つこともあるんですねえ。いやあ、勇気百倍です。

むしろ積極的に取り入れてみようという気になりました。

「ふるさと」の伴奏を拝見しましたが、楽譜無しで歩きながら、しかも

1コーラス毎に伴奏パターンを変えるなど驚きの連続です。

気の向くままに即興的に弾かれているんでしょうか。

とても私には真似できません。次元が違いすぎます。

早速お気に入りの登録しました。折に触れて勉強させていただきます。

早速のコロポ様のうれしいアドヴァイスに感激いたしております。

ありがとうございました。

  • [597]
  • 省エネ伴奏、おおいにいいんじゃないですか。

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2016年 3月17日(木)22時02分13秒
 
ご無沙汰しております。
tachinon様が先日(3月15日紹介してくれた)webサイトにもとにかく多くの曲を弾くことが大事とのことが書かれていましたから、まずはいろいろやってみる。それを実践している讃岐アコ吉様はまさにアコ弾きの鏡。

さて、苦手な曲、こまったことに私もたくさんあります。
苦手な曲は「これ苦手ですから、歌がんばってください」、と一声かけて、がんばって歌ってもらう。
(これでは答えにならないですね)

>メロディーが16分音符とか3連符で同音が続く場合、いちいち区切らずに4分音符にして・・・
>そういう場合には、むしろそのように弾いた方がいいとおもいますが(歌う方は歌いやすい) 。
>「ふるさと」などは2コーラス目は左手のブン チャッ チャッ
だけでやったりすることもありますが・・・
>おおいにいんじゃないですか、わたしも時々やりますよ(誤解がないように言えばもちろん左手に集中して)かえってその方が歌が引き立つこともあります。
ちなみに私はこんな感じみたいです。↓E♭で伴奏してます。
https://www.youtube.com/watch?v=sOUFTRYiQQs

>手抜き伴奏、別にこれで困ることはないですよ。あくまで私が個人的に思うところです。

  • [596]
  • 省エネ伴奏について教えて下さい

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2016年 3月16日(水)23時58分21秒
 
皆様のアコーディオンに対する取り組みが一曲入魂なのを伺う度にとても

うらやましく感じます。私の場合はあれやこれやとりとめもなく弾いて

楽しんでいるばかりですから中途半端なものばかりです。

さて質問ですが、伴奏をさせていただいている歌声サークルでは市販の

歌集を使っているのですが懐メロ好きな私にはなじみの薄い曲もふくまれています。

例えば「涙そうそう」、「また君に恋してる」、「千の風になって」など苦手です

そして、新しい曲にはなぜか八代亜紀の「舟唄」とか佳山明生の「氷雨」のように同音が連続する

曲が良く見受けられます。

メロディーが16分音符とか3連符で同音が続く場合、いちいち区切らずに4分音符にして

奏するのは如何なものでしょうか、独奏では楽譜通りがいいと思いますが伴奏では

面倒なのでついついズボラをして省エネ伴奏になることがあります。

またアカペラでも歌える程度の「ふるさと」などは2コーラス目は左手のブン チャッ チャッ

だけでやったりすることもありますが、どうでしょうか?

参加者から見て手抜き伴奏に思われると困るなあと思ったりします。

身勝手な質問ですがよろしくお願いします。




  • [595]
  • お元気そうなお姿ですね

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年 2月 2日(火)13時17分13秒
 
80歳になられるなんてとても思えない素敵なお母様にまたお逢いできて嬉しいです(写真だけですが)。

可愛い息子に会いにイタリア旅行なんて、そうそう簡単にできることではないでしょう。お元気でお若いお母様で幸せですね。
美味しそうなイタリアン料理 ピアノの隣でマイクで歌われている(?)姿
スポーツを楽しんでいるのには驚きました、すごい若さですね~。

レストランでの ♪ マンマ の歌にもどんなに盛り上がったのでしょう。
静さんがいないのはちょっと淋しかったかもしれないけれど、又の機会のお楽しみですね。

持病もちの私たちはもう海外には行けないので、このように写真を見て楽しんでいますよ。ありがとうございました。

  • [594]
  • 素晴らしいお誕生日旅行

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 2月 2日(火)07時48分18秒
 
ナポリは恋人様、それはそれはお母さまとの素敵な旅行でしたね。 お母様もとても喜ばれたことでしょう。
また、イタリアの普通の人たちの暖かさややさしさも伝わってくる写真ですね。 そして、音楽もそうだけど、基本的に人と人とはハートで結ばれているんだな、ということをあらためて思いました。

それから、「 レパートリーの数とその演奏回数は、とにかくものゆう」。 これは絶対ですね。
知っていても、十分引き込んでないと、「割り引いている」と感じられてしまう。 完成度が低いということですね。 聴いている人には間違ったところとか、手を抜いているところが気になるもんですもんね。 自分では弾けないくせに。
で、知らない曲や、好きでない曲を聴かされるのも、ときとしては苦痛でもあります。
それぞれ好きな曲をその人が満足するように弾いてあげる、これがアコの練習の成果の見せどころで、お部屋でいつまでやってても決して到達できない。 場数を踏んで、失敗をもとに向上するしかない。 そのためには外に出て、人前にでて、失敗し、それを自宅でなんども練習して修正して、また人前にでる、という行動しかない、と思います。

先週の日曜日は町内会の凧揚げ大会が利根川の土手で行われて、運動員を申し付かっている私は駐車場の案内係でした。 アコ揚げも見えない場所で、退屈かもしれないとアコを車に積んでいきました。 実際は一日中忙しかったのですが、それでも、人や車の流れが止まるときがあり、ちょっとアコを出して、弾いてみました。 通行人数名。 お子ちゃまたちにはおお受けですが、弾いていて、やはり間違う。 お部屋で弾いているのと感覚が全然違う。 ベースの音がほとんど聞こえない。 反響が無い場所での演奏は間違って引いても自分でも気がつかない。
いつもながら、また、反省をさせていただきました。

  • [593]
  • レパートリーの数とその演奏回数は、とにかくものゆう。その1

  • 投稿者:ナポリは恋人
  • 投稿日:2016年 2月 1日(月)22時32分26秒
 
歌声師で約400曲ってゆうてたっけかなあ?

ごく一般のアコーディオンマニアかて、まあ1曲仕上がったら、次の曲に取り組みながらも、今できてるその1曲を常に維持していくことの難しさは、誰でも直面するときが来るけど、こつこつこつこつ、維持続けることでこそ、みんなの前であれこれ演奏できるようになり、アコーディオンの幸せ100倍に広がるもんだよね。

ぼくでかろうじて103曲かなあ?おおよそ2010年以降当たりから、パーティお呼ばれ演奏の類もほとんどなくなってしもたから残念やねんけど、それでも、最近では去年10月珍しく行った誕生日会で、出しもん全部が大当たり!

・・・客層つかむ知恵もと~ぜん路上の経験で培ったもんであることはゆ~までもないけど、毎回の橋の上でかたくなにそのレパートリーをこなし続けてスタンバイしてる根気強さこそ、いつなんどきあるかわからんめぐり合わせのチャンスで勝ち越す根源なのだ。

と~ぜん103曲じゃあまだまだ足らんで、毎回のこういう出番のあと、この曲も、あの曲も、できるようになっとかなあかんなあとゆう反省は常にしてるけどね。

ただでも、昨日たまたま橋の上の、いつものおばちゃんが突然ゆうてくれた言葉が
『no né scontato』(ノネスコンタート)・・直訳すると、『割引してない』とゆう意味です。

そう、音楽演奏そのものが割引きされたものでない、とゆうこと、さらに『レパートリーがすごくインターナショナルでしかもそのどれもが興味深く印象的』とゆってくれてました、

ほんま、クレオパトラさんのことばじゃないけど、人間の心は誰しもばかじゃない、ちゃんと聴いてるんだよねえ、そやからまあ、とにかく弾きぁあええわけじゃあない、1曲1曲に割引きがあったら、やはり人はそれなりに感じてしまうとゆうことだ、・・・少なくとも毎曲、心をこめて魂の限り演奏すること、決して怠ってはいけないよなあ。



もう一ヶ月近く前の話しやけど、また母親が来とってね、ほいじゃあ毎年恒例の親子旅行で、今年はまたもやナポリのサンタルチアへ行ったよ。

サンタルチアは、個人的に、ぼくがイタリア国内で一番好きな場所です。むかしいったとこではアルベロベッロ良かったけど、ただでさえ乗継が究極に悪いイタリア電車事情やから、あそこまで行くだけで何度も乗り継ぎして合計10時間くらいかかるから、カステルフィダルドまでいくんよりもまだひどい、80歳のお母さんにはきつすぎるし。。。。まあ、あとたとえばヴェネツィアも、一度行ったら誰もが忘れられへん場所やろうけど、このごろは中国人団体観光客が行列作ってゴンドラ乗り場を占領してたりしてて、中国人に偏見持ちたくないけど、最近のあの様子見るとちょと幻滅するよ。

ほいじゃあね、サンタルチアは、ナポリの中でも、一番安全な地域で、そこでは、すりもひったくりもない、おおよそ経済的に豊かな観光客しかきてないからまあ治安いいし、それにもまして特筆すべしことは、『観光客用のお土産やさんが一切存在しない』こと。だからね、時間をのんびりゆっくり楽しみたい人だけが遊びに来る場所なのです。

そして、言葉では絶対表現不可能な海と空のコントラスト、ここにきて、なんであんなに美しいサンタルチアやオーソーレミーオとかゆう歌ができたのかも、初めてわかると思う。

ナポリを代表する象徴的な建築物で、プレビシート広場(Piazza del Plebiscito )あるいは卵城(Castel dell'Ovo)が特に有名やけど、その卵城がベランダからまじかに見える超高級ホテルに泊まりました。(注・卵城がまさしく、サンタルチアとゆう地区の中心です)

そして夕食はね、高級ホテル内のレストランってどうしてもなんかおフランス料理っぽくってナポリの雰囲気味わえないからあんまし好きじゃなくって、ホテル出ていくと、卵城のほとりがちょっとしたレストラン街になってて、おおよそが観光客向きのコマーシャルな店やけど、(もちろんどこはいってもはずれないよ、おいしいけどね)、その中で1軒、全般的に地元住民相手にするナポリタン大衆食堂を発見!!

もともとはタバコ屋さんだった店舗を改造して食堂にしたお店だそうで、店内にはバールの店先においてあるのとまったくおんなじプラスチックテーブルが6個だけしかない。その店内そのものの大きさも、ぼくらが泊まったホテルの部屋の3分の1位の大きさしかなかったんだよ。

ミネラルウォーター以外の飲み物なんて、赤ワイン1種類、白ワイン1種類、ビール1種類、それ以外の選択不可能。

しかしながらサービス万点&作ってくる料理が、めちゃくちゃおいしい!!(しかも料金が完全に食堂で、ぜんぜん観光料金とってなかった)サンタルチアのど真ん中でいまだにこんな地元庶民食堂があったなんて、めっちゃラッキー!!



さていよいよここから本題のほうに進みましょう。おまたせ!!とゆうがのごとく『流し』の登場。ヴォーカル男&ギター男の2人組みで、とりあえず1曲歌った後、各テーブルの前でお客のリクエスト聞いて回るスタイルでした。

夜の店に始まり路上やるぼくにとっては、これこそ願ってもない観察の場。そしていよいよぼくたちのテーブルに回ってきたよ

『ナポリ民謡は詳しくないけど今日は母親のために最高のおもてなしをしたいん、ひとつすごい好きな曲でチンクエッティが歌てたナポリは恋人できる?』ってゆったら、ギター男のほうがナポリは恋人、鼻歌で、これ?ってうとてくれて、残念ながらこれは自分たちのレパートリーではないんだって、。

(注・・ナポリに限らずローマ、ヴェネツィア、どこでもそうやねんけど、各地方ごとの民謡はぼくの知らん曲いっぱい、いろいろやるんやけど、逆にサンレモの曲ってゆうのんは、たいがいぼくのほうが詳しいよいつも)

『でも、お母さんのためにとっておきの曲があるから演奏するよ』とゆって披露してくれたのが、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、




『マンマ』・・・・・・・すごいよね!!、彼らのプロ根性と豊富な経験が一気に爆発だった。

その後は、お母さんにもわかりやすいたぐいを狙ってフニクリフニクラやってくれました。

あのねえ、流しの彼ら、演奏タイム終わってから、ちゃんとお店に場代らしきもの渡してたよ、それで、食事終わってホテルに帰りしなに見てびっくりしたんが、彼らはさらに1キロくらい続くサンタルチアの海岸沿いのすべてのレストラン流してわっててたんよ!!。毎晩ソートーな収益あるのん間違いないでえ、なるほど場代わたさんとあかんよねえ。

写真①・ホテルの朝食(ヴァイキング)食べるフロアーの窓から、すでに卵城が目前に見えるとこなのです。

写真②・サンタルチア観光でなんといっても楽しいのはレンタル自転車で海岸めぐり。これは一番小さい2人乗りやけど、4人乗りや6人乗りもあるよ。

写真③・自転車で海岸めぐりしてたら、早朝に網で取った魚を、海岸で売ってました。網取りやからみんなこの桶の中でまだ泳いでたよ


  • [592]
  • レパートリーの数とその演奏回数は、とにかくものゆう。その2

  • 投稿者:ナポリは恋人
  • 投稿日:2016年 2月 1日(月)22時29分32秒
 
卵城下の食堂での食事

写真①・たこサラダ

写真②・食堂の魚介類のパスタ、母親は、年齢的(80歳)に、そんなにいっぱいたべることできへんから、こんな風にパスタの量少なめに作ってくれたら、とても喜んでました。
(注・せっかくナポリきてるのにピッツァたべへんのんのは、そういう理由でです、『ピッツァはすぐおなかいっぱいなるからいや』だって。)

写真③・いわしフライ、衣がほとんどついてなくってバッチグー!!


  • [591]
  • レパートリーの数とその演奏回数は、とにかくものゆう。その3

  • 投稿者:ナポリは恋人
  • 投稿日:2016年 2月 1日(月)22時27分54秒
 
卵城下の食堂での食事つづき

写真①翌日夕食にロブスター頼んどいたら仕入れてくれました。

写真②そのロブスターでパスタ作ってくれた。ロブスター1匹の半分で一皿です。魚介類のパスタは、なんとゆってもだしのしみたパスタがたまらんくおいしいのだ!

写真③アサリのソテーも食べたよ、アサリがすっごいおっきかった!


  • [590]
  • レパートリーの数とその演奏回数は、とにかくものゆう。その4

  • 投稿者:ナポリは恋人
  • 投稿日:2016年 2月 1日(月)22時26分4秒
 
食堂で演奏する『流し』

写真①こういう感じで各テーブル回ります

写真②、母親囲んでマンマ演奏

写真③、翌日は土曜とゆうこともあって、プラスアルファー女性歌手も参加!1曲目はばら色の人生(イタリア語で歌ってた)でした


  • [589]
  • レパートリーの数とその演奏回数は、とにかくものゆう。その5

  • 投稿者:ナポリは恋人
  • 投稿日:2016年 2月 1日(月)22時24分18秒
 
写真①さらにこの日はぼくの誕生日(とうとう52やで)やったんでまたもやお祝いの演奏

写真②これは帰る日、食堂の人たちと記念撮影、夜の部でウェイターやってくれてたロブスター持ってた写真のお父さんがこのめがねのおじさんね、お父さんは昼の部でウェイターやります。そして壁にかかってる絵の人が、このお父さんのお父さんである創始者タバコ屋さんだそうです。

写真③帰りにナポリ駅で、どういうわけかピアノ演奏もやってて、お母さんご機嫌でした。ウィーンや,ヴェネツィアでは、観光客用のクラシックバンドコンサートで,いつもチェンヴァロやピアノの代わりに電子ピアノでやってたことが『アップライトでもええのに』とゆって不服やったんです。

確かにお母さんゆうとおりだよねえ、!ほんま、スペース問題あるんやったら、こんな感じでアップライトで、十分引き立つよねえ!!よ~は、演奏がスピーカーの音と違う、生音であることのすばらしさだ。
ローマ駅構内でも、こういう企画したらええのに、ましてやピアノとちごてアコーディオンならもっと手軽やのになあ、・・・まあローマテルミニ駅はやっぱりテロの活動がしずまらんと絶対むりやろなあ。


  • [588]
  • 指の長さはにたりよりたりやとおもうけど、

  • 投稿者:なんでも欲しがるク~レクレタコラ
  • 投稿日:2016年 1月20日(水)18時50分50秒
 
なんか、手のひらそのものの広さが、tachinonさんより広いようなき~がします。
昨日ね、ちょっとだけ注意して音きいてみたら、ぼくのアコーディオンでは、別に蛇腹止め無理にせんでも、一番低い音程のリードの列、ベースボタン指はなした直後、必ずワワワワ~ンってうなってたわ。要するにリードが太くて大きかったら、かならずワワワワ~ンってなるよ、もちろんリードが太くて大きいゆうことは、その音出すためにもともと力いれて大量の空気おくってるゆうことやろうけど。

ちなみに、確かにクレクレタコラは、欠かさず見てた番組でした。


  • [587]
  • 人刺し指の滑り台すべり

  • 投稿者:留学せんかった男
  • 投稿日:2016年 1月19日(火)23時53分57秒
 
豊臣秀吉風ゆうわけやないけどサア、『世に出よう』とおもて出発したよってに、留学なんて、まったく頭の中になかったよさいしょっから。語学学校にさえかよてないし。

そおゆうわけやから、当時あったリコルディとゆう楽譜やレコードの専門チェーン店で、まさしくそのリコルディが出版してたガキんちょのためのアコーディオン練習曲集(ルチャーノファンチェッリ著)買~てみて、うわ!、こういう風に左指使うのガキんちょのころから慣れとったら、さぞかしうまなるやろとおもいながらけっっきょくやらんかったわ。

とゆう風な具ワイで、せっかくのローマ観光やのに、自分の教則本はぜんぜんイタリアっぽくなく、アメリカかぶれしっぱなしやったん。残念ながら現在絶版のチャールズマニアンテアコーディオンメソッドブック2のしょっっぱなのレッスンは先ほど記してた指使いの、人差し指による滑り台すべり見本写真です。この腕はチャールズマニアンテア氏本人です。


  • [586]
  • 半音階スケールの図、壁に張りました。

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2016年 1月19日(火)22時28分55秒
 
半音階進行スケールの図、A4ににプリントして、指ごとにマーカーペンで色塗って、かべに張りました。早速トライしてみたところ、小指がコードボタンまで押してしまいます。
でも、今まで小指を全く使わなかった訳ではないので、ゆっくりと練習してみたいです。

「最初は日給5000円の男」の 教祖様ありがとうございます。

「指使い」が書いてあるのはとても貴重です。それが、「一例」であっても、それを真似ようとして覚えられますから。
私の場合、ついつい薬指でやってしまいますね。
壁に張れば忘れないで練習する?・・かも

同じ様な図が「トンボアコーディオン教本 (伴典哉 著)中・上級編」の51ページにありましたが、指の長さは個人差がかなりあるようなので、「指使い」までは書いてなかったけれど、「小指」を使いなさいとは書いてありましたね。

 私は、この初級編の40P辺りで挫折・・東京から宮城に転居したため、通えなくなって中断・・・しましたが、本だけは買ってたのでした。

写真は私の左手・・・もう少し小指が長いと楽なのかなぁ・・・でもまずは練習すれば弾けるようになるかも・・・。


  • [585]
  • 蛇腹止めは、低い音すなわち太いリードの振動の余韻が聞こえるから、スタッカートなのに減衰する感じの音が出る効果なんだよね。

  • 投稿者:最初は日給5000円の男
  • 投稿日:2016年 1月19日(火)21時26分59秒
 
その後バンドマスターが店主と交渉してくれて3000円アップしたのでした。

『ボタンや鍵盤おさえたまんま静かにジャバラを動かしていてある時点でジャバラの動きを停める』・・これがそのオルガンサロンノエルさんのゆうところの、ほんまもんの音量の減衰ね。・・もちろん左箱右箱、両方とも音量が減衰していくから、ぼくは、おおよそ曲の終わりにしかすることはありません、まあ、逆に曲の終わりは割とよくこのやり方で終わってること多いかな?

tachinonさんのゆうところの蛇腹止めの余韻とは、論理的&具体的に説明するとどういうことかといえば、

普通に左のボタンを指はなすと、蛇腹が動いてようが、動いてまいが、その音程を出すヴァルブがふさがるから音がわりと即刻止まる、もしとまらんかったら故障。

それに対して蛇腹止めとゆう技はですねえ、まだ左のボタンを押さえ込んだまんまの状態で蛇腹動かすのをやめちゃうことですねえ。するとどういうことが起こるかとゆうと蛇腹が止まっても、音程を出すヴァルブがまだ開いたまんまなので、どっちみち高い音域の列リードは、即刻音が消えるけれど、低い音域の列のリードは蛇腹が止まった瞬間にびゃって入ってくる最後の空気にまだ反応し続けて、ワワワワ~ン、とゆう、太いリードの振動が徐々に止まる減衰音がきこえるわけですねえ。・・・これが蛇腹止めの視覚&聴覚的効果、そう、つまり、蛇腹が止まってるのにまだ音の余韻残ってるのが、視覚的にも効果あるわけです。

すなわち、いいたいことやねんけど、蛇腹止めとゆうのんも、パチモンアコーディオンの左箱少ない数のリードじぁあ、いま8効果は期待できない。やっぱり左箱5列くらいはリードの入ってる、低い音よう出る楽器でないとうまくいかんよけぇっきょく。

でもまあ、テクニック的に、力入れて高速で蛇腹を動かしていればいるほど、そして、蛇腹をより迅速に停めるほど、反動で太いリードの振動が徐々に止まる減衰音がよく聞こえることは間違いないから、実際たとえばオルガンサロンノエルさんには、年齢&筋肉的に、ちょと難しい技やと思いますので、無理して肩いためねんようにね。継続して弾き続けていくことができることこそ、どんなアコテクニックより立派なことなのだから。


  • [584]
  • アコの減衰音について

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年 1月19日(火)18時27分53秒
 
私も勉強中なのですが、アコでボッ ボッ と弾くのはジャバラを強く弾いてジャバラの動きを瞬時に停める演奏ですよね。これは減衰音とは言えないような気がします。どちらかというとスタッカットではないでしょうか。ジャバラカット ジャバラストップなどいろんないい方があるようですが。

ある先生にアコの減衰音の演奏について指導を受けました。演奏をしていて、ある部分 例えば 付点2分音符の箇所では静かにジャバラを弾いていてある時点でジャバラの動きを停める そうすると音色は静かにす~っと
減衰して行くのです。とても綺麗な自然な減衰音になるのです。

確かに全て同じ音量でのばしている演奏はうるさく感じられました。
ペローカットというそうです。私はまだできていませんが。



  • [583]
  • ありがとうございます 

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年 1月19日(火)17時57分38秒
 
だからこの掲示板大好きなのです~。
アコリック様 弾けないけど頑張ってみますね。とてもできないかもしれないけれどこのようなアドバイスをいただけて感謝です。

母校の音楽教育はドイツ式で、ツェ デ エ エフ ゲ ア ハ でした。
12音の読み方もド ディ レ リィ ミ ファ フィ ソ スィ ラ リィ
ティ で、シはティと発音していました。

今回のスケールはこの半音順に弾いていくのですね。私にはとてもできないと思う。それを3長調の音階で練習していたのですね~。すごいです。

長音 短音の関係をスケールで弾きながら指にもなじませて覚えていくのでしょうね。これできるようになったら楽しいでしょうね。かっこいいです。

  • [582]
  • いや、そやから上段メロディは、別の人が弾いてくれるらしいですよ。

  • 投稿者:道頓堀で日給8000円やった男。
  • 投稿日:2016年 1月19日(火)00時57分17秒
 
アンダーバーいらん自分はなぜか?

そのなんちゅうか、対位ベースの位置がぜんぜんわかってへんねんけどね、そうやねえ、確かに昔見てたアコーディオン専門譜面は、わりと親切なアンダーバー書いてあるの思い出したけど、ぼくの場合はむかしからそんなもんあってもなくても無視です。

ほいじゃあどうしてるんか???とゆうのんを自分なりに分析してみると右箱のピアノ鍵盤やボタンは、わかりにくいときに、何とか肉眼で押す場所確認しょうとおもたら、なんとかできんことはない、しかしながら左箱のボタンは、肉眼で確認可能とゆうならば、ろくろ首。すなわち、一般人は不可能やから、ボタン(すなわち音程)と指の位置との相関関係を頼りに動かさざるをえないわけで、まあ早い話がそやから逆にボタン(すなわち音程)と指の位置との相関関係さえ脳味噌に刻み込まれてたらいまひとつボタン押して出した音程に対して次に自分が出したい音程のボタンに指を行かせることができるわけだよね。ほんでまあそやからtachinonさんは、ベース配列見取り図見ながら覚えこませてるわけだよね。

ぼくの場合はyoutubeでも公開してる『ドスィラソ』は、もう何度もゆうてるから、今回その話は飛ばすけど、あともうひとつね、アコーディオン抱いたら必ずやってる音階練習あるから、それを記します。上行しかやってないねんけど、とりあえずたったこんだけを、穴の開いてるベースボタンのうち、C, E ,Ab この三箇所でやってます。C, E ,Abなんで3箇所か?とゆうと、まあ別に穴あいてへんとこからでもどこからでもええんやけど、Cがまあ大体抱いた時点で真ん中くらいにあるから、そのもっと上、そのもっと下でもやって、微妙な腕や指の角度の違いに慣れるためです。立ってると当然座ってるよりはるかに微妙な腕や指の角度の違いおおきいからね。

これをやっとくとね、スタンダードベースの場合、結局音程そのものはこの12個しかないから、今現在自分の指がどの位置にあっても、次に出したい音程、対位ベースとか、そんな理屈わかってんでも、弾けるようになってくるもんだよ。

  • [581]
  • 蛇腹止め

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2016年 1月19日(火)00時49分17秒
 
コロボ様、アコーディオンサークルで合奏で、私はほとんど左手のみなので、(たまに右手でコード打ちとか)上の楽譜は、「今どこ弾っているのか?の目印」なのです。
 私のレベルでは、パート符にしたら、大変ですので、スペース的にページ数が多くなっても、メロ符だけはつけるようにしてます。。
「減衰しない楽器で、減衰音を出す」、というのも変な感じがしないわけでもありませんが、ラッパの類でも、低音パートはその様な吹き方しているように聞こえるので、、いいのですよね。
ちなみに、蛇腹止めは、40年くらい前、トンボの教室に一寸だけいってた時、最初に教えられましたね。(転職し地元に戻ったので通えなくなった次第)


  • [580]
  • 蛇腹止め

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2016年 1月18日(月)22時21分7秒
 
tachinon様、丁寧にありがとうございます。
「ウッドベースのように「ボン・ボン・ボン・ボン」と減衰音(蛇腹止め)で弾いてみたいのですが、」書かれていることはよくわかりますが、
この曲の上段メロディーを同時に弾きながらでは無理(できない)と思いますがいかがでしょうか。
ベースだけ単独で弾くならば減衰音(蛇腹止め)操作はもちろん可能だと思います。


  • [579]
  • 単純に私のソフトではアンダーバーが書けなかったのでした。

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2016年 1月18日(月)19時45分10秒
 
コロボ様 いつもアドバイスいただき、感謝!です。
 こうして、私のようなインチキ独学初心でも、アドバイスいただけるのが、この掲示板のありがたいところですね。

>さて、ベース部の楽譜、1小節目のADは従来使われているアンダーバーで記譜すれば

・・そうなんです。最初手書きでそんな風に書いてました。で、清書する段階で、私の使っているソフト(Printmusic2001)では、「歌詞」でアンダーバーが使えなかったので、(マニュアルよく見てないのでみつけられなかった・・かも)・苦肉の策だったのですが、意外とわかりやすく、覚えやすくて、現時点ではそうしてます。
でも、もしかして、上達するための一ステップ的につかって、あとは、指が覚えたら普通にすればいいのかもしれませんね。いつのことやら・・・(笑)

ちなみに「F#だったら(Gの対位BassのBのひとつ上・・つまり)、Gの斜め上は、Gの半音下・・・」は、こう説明しないとまずいかな?ということで書いたので、実際は、Gの前のボタン位にしか考えてません。

>また2小節目のDは基本ベースのほうがいいと思うけど・・・

 現実的には、どちらが良いかその時の前後の指使いで違うので、基本だけ書いて、手書きでしてました。
この譜面の曲も、こっちかな?とおもって書いたものの、動きやすい指でね基本べーすに戻っているのも多々あって、・・・
 本当は「やりやすい指使い」だけでなくて、「やりにくい指使い」も練習してできるようにならないといけないのでしょうね。

この楽譜、たしかピアノ譜の下のほうをインチキアレンジして、書き写したものでした。
左手がメインなので、(昨年7月にアコ伴講習会に行って習った、)ウッドベースのように「ボン・ボン・ボン・ボン」と減衰音(蛇腹止め)で弾いてみたいのですが、・・・道は険しです。

  • [578]
  • なるべく簡単に、簡単に

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2016年 1月18日(月)15時55分23秒
 
tachinon様こんにちは。いつもいろいろの工夫、感じ入っております。
 私も万年初心者のつもりです。
とはいえ、今回は考えすぎてかえってむずかしく表記しているような気がしますが。
「F#だったら(Gの対位BassのBのひとつ上・・つまり)、Gの斜め上は、Gの半音下・・・」のくだり私なら(・・)内を初めから考えない方が理解しやすいけど、どんなもんなのでしょうか。
そんなら音名書いてしまえ・・・と書いて、それはおおいにいいんじゃないですか。
さて、ベース部の楽譜、1小節目のADは従来使われているアンダーバーで記譜すればいいし。
 また2小節目のDは基本ベースのほうがいいと思うけど、
その前のE♭コードは単音のGを使えばベース進行が楽なような気もする(これは余分なことですけど、なぜここだけコードなんだろう)
かえってわかりにくくなってしまったらごめんなさい。

  • [577]
  • 最初は「対位ベース」なんて使わないと思ってた。

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2016年 1月17日(日)10時36分20秒
 
「対位ベース」の話題になったので、初心者の方にインチキの方法をひとつ・・・・お断り、真面目に先生について習っている方は、真似しないでくださいね。・・あくまで、便法です。・・・(笑)
教祖様の「まあそれが120のええとこなんやろうけど…」ではないけれど・・・・
アコ始めたころは、安いアコには、対位ベース(3rdベース)より7thのほうが必要だ、位に思ってました。
当時80Bassで、両方ありましたが・・・。
対位ベース使うようになったのは、ずいぶんあとからです。・・・まあ今だって十分下手で未熟ですが・・。
でも、教祖様の云われるところの「命中率」とか、指の届く範囲をかんがえると、壁にベースの配列の表をプリントしたのを貼付て、それを覚えた方が楽である・・ということがわかってきて・・最近はこういう工夫をしています。
楽譜の下にBass音名を書いて、さらに対位Bass使うようなときは、「その下にその音の半音下」って書くんですよね。
そうすると、すぐ位置がわかる。・・・あれこれ以前投稿したっけか?
例えば、F#だったら、Gの対位BassのBのひとつ上・・つまり、Gの斜め上は、Gの半音下・・・
で、対位BassのAのバヤイ、Bbの半音下だが、「Bbb」と書いておくと「あーBbの斜め前だなあ」と判る仕組み

本当は、楽譜のお玉見ればよいのでしょうけれど、アコのベースは鍵盤と違い、お玉とボタンの位置が、視覚的に同じでない・・・
そんなら、音名書いてしまえ・・・と書いて使っている次第。

あっ! ちなみにこの楽譜で私が弾いているのは、下のみで、上はほかの人が弾いてくれるので・・・はい合奏故楽なんです。・・それでも、まだスムーズに弾けてない・・2月末までにひけるようにしなくっちゃ。

  • [576]
  • ベースの対位ベースのD#

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 1月16日(土)09時45分59秒
 
コロポさん、アドヴァイスありがとうございます。 今日、帰ったらやってみます。
帰ったら、というのは、今朝夜明け前に柏を車ででて、8時過ぎに福島県阿武隈山脈に差し掛かったところから雪に遭遇。
今もどんどん降っている。 夕方の町内会の寄り合いに参加できるかどうか不安。
でもそれより、Poemaを37鍵アコのD#で弾けるようになれるのが楽しみ。
この掲示板の皆様のアドバイス、ありがたいわー。
みなさんも、なんかわかんないことあれば、聞いてみましょうね。 有益な情報はぜひShareしましょう。

  • [575]
  • Bベースの対位ベースのD#を使うのが簡単かなと思います。

  • 投稿者:道頓堀で日給8000円やった男。
  • 投稿日:2016年 1月16日(土)00時50分5秒
 
歌声師のゆうとおり!!きいがつけへんじぶんは、120しかやったことないから、工夫する脳みそなかった。さすが!!!小さい楽器でフレキシブルに動く歌声師!。

対位ベースですら、押さえてることが少ない頭の固い自分、なぜそんなに固いのか???
を分析してみると

120ばっか30年やったら、頭が和音の動きと調性でしか、ボタン押さえる位置を考えなくなっちゃってるんだと思う。(まあそれが120のええとこなんやろうけど)だから、予言者の問いかけにたいして、ぼくは対位ベースの配列、何にも考えてなかったよ冗談とちごてほんまに。

実際、曲の進行によっては、『こんなに遠くのボタン押さえんでももっと近くにあるのに』とゆうこと、わりと自分はやってることあります。、それって指動かす合理性から考えた指使いとちごて和音の動きと調性の観点から棒読みのごとく指動かしてるだけやからだよね。自分はまだまだキャリアが足らん。

更年期障害はじまってるのんまるわかりになってしもた。

歌声師お見事!若い!!


  • [574]
  • 考えてみました

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2016年 1月15日(金)23時26分53秒
 
「シ」から演奏をスタート・・確かに96ベースだとアレないとなっちゃいますね、で考えてみましたけれどBベースの対位ベースのD#を使うのが簡単かなと思います。
オリジナルはシから、つまり楽譜だと#が5個えらい弾きづらい。
C/Cmで弾いてみました。せっかくの96ベースアコなのに「軽やかに生き生き」といかなくてすみません。
1コーラス目(27秒くらいのところ)普通に基本ベースで。2回目(1分46秒位から)こちらは対位ベースで処理しました。




https://www.youtube.com/watch?v=fKJLkSyE39o


  • [573]
  • すっきり!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 1月15日(金)22時17分5秒
 
ローマの海神さま、アドバイスありがとうございました。 これですっきりしました!
やっほー!

  • [572]
  • 「ミ」から演奏をスタートすれば、解決します。

  • 投稿者:道頓堀で日給8000円やった男。
  • 投稿日:2016年 1月15日(金)20時08分17秒
 
要するにキーを5度下げれば難なく解決!!とゆうのんが、96ベースつこてる人たちが一番良くやる常套手段だと思います。。こういうときに、『譜面を書くことができる人』、は、音取りを終えてから、もう1枚5線紙用意して、5度下げて書き直せばすむだけで楽チン。

しかしこういうときに『まいったなあ』となるのは予言者ピロシーストラ氏・・譜面に弱いから何ぼなんでも新品とはゆわれへん脳味噌フルにつこて、流れ出てる音程を指で追いながら覚えていくしかないとなると、5度下げるのはむつかしい。

ほいじぁあ、要するに今回の場合,D♯の音そのものが、近所にないから困ってるわけだ。

ベース音そのもののD♯が、近所にない場合、手っ取り早いのは、その音の部分、ボタン押さえない、つまり弾かないこと。つまり、右手だけ弾意ときぁあいい夜ね。それが音的に『ちょと希薄』と感じるなら、適当な近所のベース音で、あんまり違和感なさそうな音選んで、ボン、ボンって、リズム刻むみたいに鳴らしときゃあいいとおもう。

あるいは、D♯に差し替えて,Aあるいは F♯ぐらいを押さえれば不自然じゃないこともあるから試してみて!!

アコーディオン演奏で一番大事なことは、演奏そのものの、軽やかさ&生き生きさ、だよね、

せっかく96ベースの分だけ120ベースのより重くないんからそれだけで十分音楽表現が有利、、音程シビアに考えすぎて難しくなるより、技術的な無理を避けて、終始軽やかに生き生きと弾くことのほうが、優先順位ではないでしょうか?


  • [571]
  • 96ベースで一つベースが足りないとき 

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年 1月15日(金)06時25分41秒
 
そういえば、ORQUESTA FRANCISCO CANARO の poema を耳コピで弾くために、96ベースのアコで弾いていると、一つだけ足りないベースがある。 というか、実際はあるのだけど、「シ」から演奏をスタートしているので、伴奏のベースはアコを抱いた時の一番上のほうのベースボタンを使うのですが、寂のぶぶんで一か所だけ、ベースボタンの一番したのはずれのほうにあるベースを押さないといけない。
逆に、一番下のほうのベースを使うと、一つだけ下のほうに足りないベースがでてきて、その音をだすには一番上のほうについているベースボタンを押さないといけないので、とても弾きにくい。
120ベースなら上のほうでも下のほうでもどちらでも弾けるのですが。。。。
そんなとき、96ベースでも対位ベースを活用するとか、ほかのベースのボタンと混ぜて使うことで逃げることができるのでしょうか?

ディミニッシュがないアコの逃げ方はわかっているのですが、ベースの数が足りない時の逃げ方というか、代わりのボタンで解決するにはどのようにすべきか? 鍵盤のほうで音を混ぜればいいかな?
転調してしまえばいいのだけど、なんとなくオリジナルの曲のムードが変わる気がして、気が進まない。
どなたか、アドバイスをいただければ幸甚です。

https://www.youtube.com/watch?v=pyyw6FN4dtk

それにしても、あなたの庭のバラの花が咲く季節になると、成就しなかった恋を思い出すというこのノスタルジックでメランコリックな曲、好きだわぁ。

ベースの音が一個足りないので、とてもメランコリック。。。

  • [569]
  • ネットで拾った楽譜の保存と印刷について

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2015年12月11日(金)22時28分45秒
 
讃岐のアコ吉様、お役に立てて光栄です。

>なぜかコピーしても画面のところは真っ黒になります。

で、上記の件ですが、多分画像の形式違うからだと思います。
私も時々そんなのに遭遇します。
で、私はこうしてました。
1.その楽譜の画像を「そのまま保存」する。・・・・私はマイコンピュータの「ピィクチャ」あたりに楽譜専用のフォルダを作ってあります。
2.なにかの画像ソフトで、その「楽譜の画像」を開いて・・・・・もう一度「別の画像形式で」保存します。
3.すると、普通になる場合があります。
今、自分の保存してある楽譜でやってみたのですが・・全部なおしてあるので・・確認できませんでしたが・・・こんな方法で何とかやってました。
ちなみに、保存するときの名前の付け方ですが、探すのが楽なように・・わたしはこうしてます。
たとえば、「愛の賛歌」なら「Hy 愛の賛歌 Hymne a l,amour」のように最初の2文字を頭につけると、「アルファベット順」に並びますし、日本語の場合は、「あい 愛の賛歌」としても良いわけです。
これは、「愛」という漢字と「相」はおなじ「あい」と「読む」場合でもコンピュータ内部で処理するとき、片方は「あい」かもしれませんが片方は「そう」と呼ん処理しているかもしれないので、「ひらかな」や「アルファベット」「数字」だとそのとおりの順番で並べてくれるのです。
ちなみに、2文字にしたのは、1文字だとごちゃごちゃになるし3文字だと名前が長くなり過ぎかな?・・といったところなのです。
とはいえ、自分でも統一してなくて、ちゃんとしなくちぁ・・・なのですがね。

  • [568]
  • ドミトリー・ショスタコーヴィチのジャズ組曲ワルツ第2番

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年12月11日(金)21時29分51秒
 
これですね! この曲は僕も好きで耳コピでよく弾きます。

André Rieu - The Second Waltz (Shostakovich)
https://www.youtube.com/watch?v=vauo4o-ExoY






  • [567]
  • tachinon様ありがとう 楽譜の検索できました

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年12月11日(金)20時24分23秒
 
いろいろと試行錯誤しているうちになんとか曲の題名を検索欄に貼り付ける

ことができました。曲名不明の韓国歌謡でもう1曲欲しいのがありましたので

ハングル題名+scoreで検索すると楽譜のあるものが出てきました。

なぜかコピーしても画面のところは真っ黒になります。

しかし画面を拡大すればよくわかりますので静止にして筆写しました。

「雨降る顧母嶺」もやってみましたがでてくるのはAmで歌謡曲マニア様が

掲載して下さいましたDmのはでてきません。

ドミトリー・ショスタコーヴィチのジャズ組曲ワルツ第2番の楽譜も

欲しかったので英語名で同様に検索すると何種類も出ました。

tachinon様には2度までもご指導いただきながら初歩的知識不足で

検索できませんでした。なんとかご親切に応えることができホッとしています。

ありがとうございました



  • [566]
  • 映像によるご指導に大感謝!

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年12月 7日(月)19時39分5秒
 
身体はムリヤリ揺らすべきではないんですね

歌うように弾けたときに自然に身体が揺れるものなんでしょうか

kibi氏の映像にありますように私もベルトを腕にずらして弾いてみました

川井さん同様にひきづらいです、でもこの弾き方は私にとって別の意味で

とても有益なものだと気づきました。

というのは私は弾いている途中で姿勢がちょっと変わったときなどに

ベルトがズレそうになって困ることがタマにあります。

でもベルトをズラした状態でも弾ける練習をしておけばズレそうになった時に

慌てなくてすむんじゃないかと思います。

タンゴなどを弾く時バンドネオン風に足を上下に動かすのは不動の姿勢よりは

はるかにカッコいいですね。

どしろうとの質問に映像つきで解説いただきありがとうございます

かって日本の音大アコーディオン科の教授就任要請を振り切ってまで

世界に羽ばたき今や名実ともに世界のアコ奏者となられたkibi氏

からいつも変わらぬ親身のご指導をいただき光栄至極です。

  • [565]
  • Peppino Principe氏の真似をしてみました

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年12月 7日(月)17時54分35秒
 
ショルダーベルトは両肘の上あたりにあてて、アコは前に突き出して、弾いてみました。 いやー、とっても弾きにくい。
同氏はかなりおなかも出ていたので、もしかしたら、アコはおなかと両腕の力でバランスをとっていたのかもしれない。
Hohner Morino VN(5リード)のでかいアコでやってみたけど、やはり体にぴたっとして弾いた方が弾きやすいね。 ただ、なぜか、Hohner Imperator Vはそんな風に体から離してひざの上で弾くことが時々ありました。 アコーディオンのデザインにもよるのだろうか?


  • [564]
  • 身体はムリヤリ揺らしたらあかん!!

  • 投稿者:歌謡曲マニア
  • 投稿日:2015年12月 6日(日)07時47分36秒
 
アコパしようとおもたら、もろに歩きながらアコーディオンの音が演歌ビブラート、わ、わ、わ、わ~~~んにならへんように、びしっと胸に楽器を密着させとかんとあかん。

世界の第一人者ミエちゃ~んの演奏も、別に、揺らしてるわけではなく、感性の盛り上がりとともに起伏する姿勢の変化やからね、とおぜん。・・・・わざとむりやり身体揺らしてるわけでなく、そして、ちゃんと、重心取る背骨と腰のラインちゃんと維持しながらやってることです。

じゃあ座奏で、どうやったら、何がしかのアクティヴなアクションできるか???しかも、実際若くはない場合・・・・・・・・・・・。

たとえばアルゼンチンタンゴやったら、リズム刻みとおんなじ旋律回しできる部分なら左ひざを貧乏ゆすり(あくまでもリズムに合わせた貧乏ゆすりね)したら、それだけでいかにもバンドネオン風になって、視覚的にアピールできることは昔からのアコーディオン奏者の常套手段ですねえ。

あとねえ、
それから光源氏氏はyoutube検索は上手みたいやからチェックしたらいいと思う、Wolmer Beltramiウォルマーベルトラーミ氏Peppino Principeペピーノプリンチペ氏といったような70年代のアコ世界チャンピオンスーパースターたちって、座ってるけど、なんか楽器がすっごい胸から離れてて、、無重力状態をさまようアコーディオンを操る魔術師みたいなひき方してるんだよね。。。ぼくにとったらすっごい不思議やねんけど、なんか、わざと胸に密着させないでちゃんと演奏してるその姿は、まるで宇宙に浮いたアコーディオンをひきつけて演奏してるかのような、妙な安心感をかもし出す。今現在日本ではぼくの映像見て知ってる限り桑山哲也君がおんなじ様な、わざと楽器を密着させない弾き方してる。

光源氏氏も一回試してみたらいい!!左のベルトを肩からずらしたら蛇腹の開けれる度合いがものすごい広がって、アコが胸から開いて遠ざかり、よりいっぱい蛇腹が開くの見せること強調できるようになって、すっごいアピールになるし、へえ~~~こんなちゅうとはんぱなじょうたいで音楽表現できるんだ~~!!ってゆう、驚嘆になるよ、どしろーとにとったら。

立ってても座っててもおんなじ、蛇腹の動きを最大限にみせることでアコーディオン音楽の魅力を発揮できる。

貧乏ゆすりと、左ベルトずらしたアコ胸放しびきの、参考映像
https://youtu.be/UOokzL5AwKE


  • [563]
  • 身体は揺らすべきか?

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年12月 4日(金)23時35分22秒
 
オカルト2号様が心をこめて歌うように演奏されていること素晴らしいですね

私は間違えずにスムースに弾くことさえ満足にできていません

アコーディオンの音色が大好きなものですから私なりに楽しんでいます

歌うように弾くことと関係あるかどうかわかりませんが、私はかって

アコーディオン教師から、もっと身体を揺らしながら弾きましょうと言われました

一流演奏家からもいろんなボディーアクションが見られます

御喜美江氏の一瞬にして会場の雰囲気を緊張感で満たしてしまう身震いのような動き

COBA氏の過激なまでのアクション

オカルト1号様の音楽に没入し恍惚感漂う優雅な身のこなし

それぞれに個性あるアクションが素晴らしい演奏をいやが上にも印象付け

さらなる感動を呼び起こしているように思われます。

一流演奏家のようなアクションは無理としても少しでも身体を揺らすことは

演奏上有益でしょうか?

私のような高齢で座奏の場合のアクションはどんなものがふさわしいでしょうか?

やってはいけない動きはあるのでしょうか?

簡単な動作でできればカッコイイのを教えていただけると幸いです。

  • [562]
  • PCにはアップできないのかもしれませんので

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2015年12月 1日(火)16時51分9秒
 
国際メールに詳しければ、43号をお送りできるのに残念です。
そのうちにNOELのHPにアップしてもいいか 確かめてみますね。
いつも いつも 私たちの事を覚えていてくださって、本当に嬉しいです。
風邪などひかないように楽しいアコ人生を送られますようにお祈りしています。

  • [561]
  • JAAの機関紙 43号ネットでは見れない

  • 投稿者:アコリック
  • 投稿日:2015年11月30日(月)07時00分45秒
 
のんが、ざんねんやわあ。。。
確かに、つまらなかった演奏から学ぶものもある、絶えず前向き思考は、ノエルさんの生き生きした生活と演奏の秘訣だよね。

それにしても、オカルト妹ってもう、童謡唱歌懐メロ博士やなあ。それも、日本の曲だけに限らずみんなが知ってる世界の曲にまで範囲ひろがってるし。

『自分の思いを、心を、深く、アコーディオンの音にこめて演奏したいと思います。アコーディオンだからこそできるのだと思います。』
最初のころ、よく、『おしゃれに弾きたい』って、書いてたのいまもおぼえてる。

あなたの進歩と心意気はほんとうにすばらしい。


  • [560]
  • 素晴らしい歌心ですね~

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2015年11月29日(日)17時19分11秒
 
オカルトマニア2号さんの音楽に向かう素晴らしい歌心に大きな拍手を送ります。このようなたくさんの準備を重ねた演奏は、聴く大勢の方たちの心に寄り添った演奏に違いありませんね~。

どなたも心を込めて一生懸命演奏していると思います。
楽しい演奏 つまらなかつた演奏 じ~んと心に響いて涙が出そうになった演奏  華があって涙は出ないけれど感動的な演奏  メロディーだけなのに何故か心に残った演奏  きっと楽譜通りに間違った演奏ではないのに何故か感動しない演奏
自分のいつかはあのように演奏したいな~と意欲と元気を与えてくれね演奏やアンサンブル ~ ~色々のスタイルの演奏を聴いてきました。

この度JAAの機関紙 43号に寄稿させていただいた記事のテーマは、「謡うように 弾きたい~」でした。明るい歌 元気な歌 歌詞を大切にじっくりと謡う歌 それぞれの曲を自分はどのように謡うのか
などといつも考えています。

オカルトマニア2号さんの演奏に向かう姿勢に、沢山の事を学ばせていただきました。心を込めて演奏する事を、どのように演奏表現するか 今一度考えたいですね~。ありがとうございました。

教室のクリスマスコンサートの盛会をお祈りしていますね。




  • [559]
  • 讃岐アコ吉様、よかったですねー

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2015年11月29日(日)16時39分33秒
 
You tubeでどんどん音楽を聞かれ、新しい曲にチャレンジされていくご様子、素晴らしいですね。私も頑張らなければいけないです。

このスレで「歌うこと」について書かれていたので、自分が最近体験したことを書かせて頂きます。

11月18日に大きなホールで客席の高齢者約400名が歌って頂く参加型コンサートを終えました。毎月開催のコンサートなので、演奏担当5名、歌&司会担当2名が選曲にはかなり時間をかけ、プログラムは全部で21曲、世界の唱歌、旅(世界・日本)をテーマにおいて、コール&レスポンス、身体活動、歌って頂く活動、鑑賞の曲アラカルトです。

(日本と世界の唱歌)紅葉・こげよマイケル・こぎつね・久しき昔・浜千鳥・美しき天然・ふるさとは今も変わらず

(鑑賞)A列車で行こう・80日間世界一周・オーソレミーオ・枯葉・パリのお嬢さん

(日本の旅・・歌唱曲)湯の町エレジー・千曲川・私の城下町・あの丘越えて・津軽のふるさと・アンコ椿は恋の花・昴

(終曲)青い山脈  でした。

私はそのうち、キーボード、パーカッション、アコーディオンで15曲、演奏に加わりました。

特に鑑賞コーナーでは枯葉と、私の大好きな曲、パリのお嬢さんをアコーディオン演奏しました。

枯葉はドラム、ピアノ、アコーディオン、パリのお嬢さんはピアノとアコーディオンのみ・・・。

ダニエル・ビダルの愛らしい歌声を何度も聞いて、まさしく歌っているように、、一途にそれだけを思い、練習を重ねて心を込めて演奏しました。

正直言ってとてもとても気持ちよく演奏できました。

そしてその後、客席におられた方から 「じーんときました。涙出そうでした。」とお言葉を頂き、本当に嬉しかったです。

ずっとずっとアコーディオンを始めてから、この掲示板でたくさんのことを教えて頂き、「心に届く演奏」を目標にしてきました。

やっと聞いて頂く方の心を動かすことが出来たのだと思い、今まで頂いた「よかったよ」「ブラボー」よりも何よりも嬉しかったです。



歌うことは本当に大切だと思います。そして歌っているかのように弾くこと、楽譜を見て弾くだけでは絶対できないと思います。

もちろんメロディを歌えるようにすることは必要だと思います。

そしてできることなら歌のあるものは歌を知って、歌詞を歌うことも大切だと思います。

オルガンサロンNOEL様」も、そう書かれていらっしゃいましたよね。

私は日頃歌伴奏が多いのですが、どの曲も必ずB紙に筆で歌詞を全部書きます。もう250曲以上書いてきました。それにより、歌詞を知り、

歌の背景を調べ、歌に込められた思いを感じることができます。

「もずが枯木で」は3番まで歌うことで、(いいたいことが言えない、反戦歌にはならない反戦歌)であることがわかります。

「みかんの花咲く丘」は3番を歌うと涙があふれ歌えなくなる方がいらっしゃいます。3番によって母親への思いがこみ上げてくるからです。

ですから、歌伴奏の仕方は、1・2番に比べ、さらに盛り上げるのではなく、3番だけ特別な思いでぐっと歌う人の心を支えられるように弾きたいと思っています。

「長崎の鐘」は、自ら被爆しながらも被爆者の救済に全力を注がれた長崎医大 永井隆博士について歌った歌。

短調から長調への移調で、悲しみから這い上がり未来へ希望を抱くその思いがひしと伝わります。

私はこの歌を提供するとき、永井氏が藤山一郎に送った短歌に、藤山一郎がメロディをつけアコーディオンを弾いて歌って捧げた、

その一節を必ず歌います。この一説に永井氏の、最後に伝えたい思いが深く込められていると思うからです。

私はこの「長崎の鐘」をしっかり仕上げて、いつかきっと心に届く、心動かす演奏をしたいと思っています。

自分の思いを、心を、深く、アコーディオンの音にこめて演奏したいと思います。アコーディオンだからこそできるのだと思います。

先月やっていた「北酒場」も、そして私の大好きな「パリのお嬢さん」も仕上げたい。


でもまずは12月5日に行なうピアノ教室のクリスマス発表会に向けて全力投球です・・・。

レ・フレールの 「Club IKSPIARI」 連弾します。そして教室の子どもたちと思い切り楽しんじゃいます!!

皆さん、寒くなってまいりました。お身体に気を付けて、風邪などひかれません様に・・。

日本の皆様・・・そしてポンテシスト橋の兄様も・・・。


  • [558]
  • 夢の楽譜にまたしても出会えました!!

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年11月28日(土)22時00分26秒
 
このまえの「雨降る湖南線」につづいて「雨降る顧母嶺」の楽譜ありがとうございます。

感謝の言葉もありません。この懐かしさと哀切極まりない曲調の「雨降る顧母嶺」の

楽譜をどんなに待ち望んだことでしょう。ずっとyou tubeで視聴しておりましたが

曲名もさっぱり分らず途方にくれておりました。

最近、この曲のtou tubeをいろいろ見ていましたところある映像のなかに

「顧母嶺」と書かれた大きな石碑が映りましたのでこれを手がかりにやっと

曲名が分りましたので勝手なお願いをいたしました。

早速に楽譜を掲載いただきありがとうございます。kibi様のご親切身に沁みます。

掲載いただきました2種の楽譜どちらも役だちました。ギターソロ用の楽譜

にはこの曲のなんともいえない魅惑的な前奏がありますしもう一方には歌のメロディー

にコードが付いていますのでたすかりました。

tachinon様にもいろいろ教えていただきありがとうございます。アドヴァイスにありましたように

楽譜を自分用に描きなおし見やすくいたしました。

明日からこの曲の練習が出来ると思うとワクワクしてなんだか気分だけでも若返ったようです。




  • [557]
  • 楽譜は『音楽』ではないないゆえ、

  • 投稿者:歌謡曲マニア
  • 投稿日:2015年11月28日(土)01時44分27秒
 
楽譜にも著作権ひっつけるのはまさしくtachinonさんの言葉でゆう『楽譜の出版も音楽業界も維持できなくなりますからね。』・・ぼくの感覚ではナンセンスな必要悪ですねえ。

つまり、法で定められたそのすべてが正義であるとは限らないことが、音楽著作権に関しては特にゆえることだとおもいます。

だいたいそもそもその、法を盾にしたJASRACの悪徳横暴取立てぶりは、当掲示板JASRACコーナーでもさんざんなはなしきいてるもんねえ。

そやからぼくは、自分が音とって作った譜面なら、転売目的でない限り、ほしいとゆわれたら、あげてるけどね。

しゃ~けど、こんな形で譜面もインターネットで出回ったら、も~とりかえしつかへんようにひろがるよってに、楽曲譜面で儲けたい日本の楽譜出版社も、JASRACにまかせっきりではあかんで、つねにめ~ひからしてなあかんやろねえ。

譜面だけに限らず、自己宣伝目的でネットに出回らした項目も、よおきいつけとかんと、あっちこっちに勝手にその情報飛んでくから要注意。先日のアコーディオンサークル紹介コーナーでへましてしもた、おせわさんやったっけ?

『自分本人がネットで公開したもの』・・・それはすなわち『その情報があっちこっちに飛ぶこと覚悟です、』ゆうことで、ましてや宣伝内容やったら、と~ぜん飛ぶことが目的やねんから、ネットを利用して自己宣伝してる人は、他の内容でネット使うときも、十分慎重に自分がネットで自己宣伝してる人なんやゆうこと踏まえた上でやらんと、このまえみたいなことになる。

はい、それではなし戻って韓国歌謡の譜面って、かなり無料でネット入手できるよねえ。そやけど、このわけわからん文字を、あっちから見つけてこっちに貼っての検索は、ゆっちゃあ悪いけど、もう讃岐の光源氏氏のご年齢では、ちょとしんどいよなあやっぱし。でも、そのお年で、せっかく弾きたい楽曲があるのに、あきらめさせたくなんかぜったいない。

そやから、ネットで手に入る限り、法律にかなってようがなかろうがそんなん無視で、お役に立ちたいです。


  • [556]
  • ? ??? ??? やとおもうんやけど、

  • 投稿者:歌謡曲マニア
  • 投稿日:2015年11月27日(金)22時40分56秒
 
どれ見ても、文字が似たようなかんじで覚えられへんで、、これでええんかなああ?

  • [555]
  • 楽譜の検索方法 の ひとつの方法

  • 投稿者:かちそくにみらみ でなくてtachinon
  • 投稿日:2015年11月27日(金)22時40分28秒
 
あるかどうかわかりませんが、下記の手順で探してみてください。 フリーの楽譜あれば、ヒットします。

1.「雨降る顧母嶺」で検索・・・・⇒ youtubeなどでいくつか出てきますね。
2.そのなかで、ハングルで曲名を表示してあるものを探します。・・・ハングル読めなくて結構・・・日本語(漢字)とハングル両方表記してあるのあるはずです。
3.それらしき題名を見つけたらその「題名」を「右クリック」でコピーします。
4.検索画面に戻って、「題名」+「music sheet」あるいは「score」をいれて検索します。
5.検索結果が出てきますが、その中で「画像」を探すと出てくる場合があります。
 ただし、その時点で、ハングルが読めれば問題ありませんが、読めない場合は、2.で見つけた「題名」を大きくプリントして、一文字一文字当たってみて、同じものを探しましょう。
 ハングルは、私のつたない知識ですが、多分世界で一番合理的な文字だということです。母音と子音の組み合わせで一つの文字になっているとのことですので、根気よくあたれば、多分読めるのでしょう・・・私は読めませんが。
6.同名異曲の場合もあるので、音符を読んで、その曲かどうか確認しましょう。
7.良ければ、・・・画像のレベルが荒い場合があるので、自分用に使うのなら、描きなおした方が良いかと思います。

 私は、同じような方法で、ロシアの曲も探してます、キリル文字のアルファベットの一覧表見ながら、ロシア語読めなくても探してます。
 ただ、なぜかフランス語の曲は、曲名に同名異曲があるのか、著作権がしっかりしているのか、探すことが出来ませんでしたよ。
 ただ、著作権がちゃんとしている曲は、なかなかアップされてませんよね。
 楽器店に行って、お金出して買うのが正しい方法かとおもいます。
 たしかに、1曲だけ欲しいのに2000円とか3000円出すのがばかばかしいかもしれませんが、それをしなければ、楽譜の出版も音楽業界も維持できなくなりますからね。
ちなみに、「自動翻訳」で各国語の「楽譜」という単語を調べてコピーできるようにメモ帳あたりにペーストしておくと便利かもしれませんね。

ご健闘をお祈りいたします。


  • [554]
  • 「雨降る顧母嶺」の楽譜

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年11月27日(金)22時06分10秒
 
韓国歌謡の上記楽譜をなんとか入手したいのですがパソコン操作が未熟で上手く検索できません。

ご協力いただければうれしいのですが

勝手なお願いですみません。

  • [553]
  • 指揮者は歌う

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年11月26日(木)16時26分43秒
 
そういえば、有名な指揮者の人たちがリハーサルの時に指示を出すときなどは、各パートの演奏者に歌って聞かせて、その歌の表現のように演奏しなさいと指示をしている場面をよく目にします。
高名なオーケストラの指揮者はさまざまな長編のオーケストラ曲の各パートを空で歌えるのではないかと思っています。
であればこそ、その演奏に先立って、指示をだすことができるのでしょう、と思っています。
アコの演奏もアコにちゃんとなってもらうためには、自分で曲の流れをしっかりとうたえて頭に入れて、指に事前に指示を出す、というような頭の使い方が要求されるのかもしれない。。。

  • [552]
  • Re 素人のアマチュア?・・・すごいなあ!

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2015年11月24日(火)11時23分39秒
 
 教祖様 お言葉ありがとうございます。
 やっぱりそうだったのですね。
 ということは、「新曲を練習するときには、まず歌って見ること、口ずさんでみることから始める」のが唯一の早道なのですね。

 今頃気づくのも馬鹿なんじゃないか?と思ったけれど、気づかずにやっていて、あとで「もしかするとそうなんだ」と改めて気づくことってありますね。
 まぁ世の中の「法則」とか「原理」なんてみんな無意識にやっていたけど、改めて体系的に数式に表すと、「すごいなあ」なんでしょうから、「気づいただけでも良し」とすべきなんでしょうけれど、レッスンでこれに時間かけてもいいような気がしましたね。
?

  • [551]
  • 楽譜に載っていない音を演奏する心

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2015年11月24日(火)01時04分52秒
 
あるとても著名な方で、心に響く演奏、聴いて癒されると好評のピアニストの言葉だそうですが、音楽を演奏する人にとって大事なポイントだと思っています。

<口ずさむことのできない曲は上手く弾けない>  <歌えない所は必ず間違う>
などアコを極めたアコリックさんの語録といえますね~。気持ちよく謡えるということは、気持ちがこもっていてこんなふうに演奏しようという音楽観がしっかりしている事なのでしょうね。


歌詞のある曲の演奏の場合 まづ弾く前にしっかり声をだして謡うことから始めましょうと指導されました。弾くことと謡うことは表裏一体で、歌うときの呼吸とアコのベローイングとの大事な関係を表しているのでしょうね。
そして どのように歌うのか~が 一番肝心なポイントなのでしょうね。歌詞のある曲の場合 歌詞を楽譜に記入することからはじめましたが、う~ん 成程です。歌詞を考えながら曲作りをするということは、私にとってすごく勉強になりました。

謡うように弾きたい~ 私のモットーなのですが、これは充分声をだして歌の表現を練習してから、アコの練習にはいるようにとの指導をされました。





  • [550]
  • 素人のアマチュア?・・・すごいなあ!

  • 投稿者:アマチュアマニア
  • 投稿日:2015年11月23日(月)22時44分48秒
 
とうことは、

玄人のアマチュア

素人のプロ

玄人のプロ、、とかゆうやからも存在するんだ。

じょ~だんゆってるわけとちごて、所得税はろてない橋の上の芸人は『ど素人のプロ?』

えっとそれで、その、未来からの訪問者?やったっけこれ、相変わらずロシアに夢中ですねえ!美しい曲多いもんね。
とにもかくにも、練習する以前の問題で、まず第一に音取りがね、自分本人が口ずさむことができない、フレーズは、絶対、その自分本人には音取り不可能です。まちがいないよこれ。

だから、その逆みたいな話やけど、譜面見ても、そのメロディ、自分で歌うことできないフレーズあったら、その部分、弾くことできないです、間違いないよ。つまり、うたうことできる部分は、練習を重ねて必ず弾くことできるようになる。

そして音とりめんどくって、いきなり譜面からやったとき、

譜面見てなんとなく弾けるようになってたとしても、自分で歌うことができない部分、、それは間違いなく本番で間違う部分になります。まちがいないってば。

間違うことが間違いない。。。。う~ん、素人のアマチュアとよくにてるかなあ。


  • [549]
  • もしかして、「その曲を歌えること」が必須なのかも?

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2015年11月22日(日)18時27分15秒
 
 本来ならば、「ピアノかボタンか?」のスレッドにレポートを書かなくてはならなのいのですが、あまり目立った進歩がなく、ただ地道(眉唾?)にれんしゅうしているだけなのですが・・・・
先日意外なことに気づきました。

 ボタンである曲の伴奏を練習していたのです。この楽譜⇒http://propianino.ru/noty-pesni-prekrasnoe-daleko
の2段目・・・分散和音あるべじお・・・これをボタンでやると、ボタンの合理性が良く分かるので、ボタンで練習してました。でもまだまだまともなテンポでは弾けなくて・・(涙)・・・

 ところが、ピアノキーの方で別の練習をしてた時、(歌伴のとか、サークルの課題曲とか・・PCの前に座っている暇があったら練習せい!!!なんて言われそう)
 練習はシーケンサーに楽譜を入力して、テンポを落として再生して、メトロノーム代わりに、それに合わせているので・・・曲を選んでいる時出てきたので、その曲をやってみたら・・・

 あらら、ピアノキーでは、ほとんど練習してないのに、それなりにそれなり。
 勿論「指をそれなりに大きく開く」箇所は、開かなくて、トチるのですが、・・・「練習してない曲」にしては、それなりに上出来。

 これって・・・つまり、「練習する」ということは、「指に覚えさせる」と同時に「頭に曲を覚えさせて」 いるのですね。
 「初見で自在に弾ける」人以外の、素人のアマチュアは、「歌えなければ、弾けない」のかも。

 で、ピアノキーだと「固定ド」のほうが良さそうだし、ボタンだと「移動ド」のほうが良さそうだし・・・とにかく「意識して、音名(階名)で歌いながら弾く」と頭に入るし、それに伴って指も動くようになるかも・・・ですね。
 和音の場合も「響き」を覚えれば、間違っても、「響き」でわかるから、修正できる。・・のでしょうか。

・・とはいえ、そんなことに「気づいた」だけで、それで覚える速度が劇的に早くなることはないけれど・・・1%位は早く覚えられるかなぁ?・・・
頭の中で歌ってたのではだめなのかも。声出せば更に良いのでしょうね。・・でもこれ以上騒音公害をまき散らしたくはないし、・・・・。
 

  • [548]
  • 間に合わすこと、そしてそのための演奏技術内容であること、それは本当に大事だ!

  • 投稿者:パスタ研究家
  • 投稿日:2015年10月14日(水)22時20分51秒
 
趣味とちゃうんやから、おじいおばあたちが喜んで、充実した一日になるために演奏やねんから、無理なこと、ぎりぎりいっぱいの余裕のない演奏であっては、ぜったいうまくいくはずがない。
5年後にはもっと簡単にできるようになってるってば、あわてんでええやん


  • [547]
  • くやしいけど、完璧に弾けない・・

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2015年10月14日(水)22時05分9秒
 
左手メロディ入れて練習したけど、完璧には無理でした。

弾けなくはないけど、皆さんの歌声聞いて合わせる自信がないので、明日はやめときます。

でも来月のセッションでは絶対弾きます。

ありがとうございました。

ちなみにE♭調にしています。やっぱり、気持ちよく歌って頂くのが目的だから・・。


  • [546]
  • 「ちょっとー、お人よしがいい~~」のあとの小節、四分休符3つのところ、

  • 投稿者:パスタ研究家
  • 投稿日:2015年10月14日(水)20時33分7秒
 
その小節も、よおく聞いてみると、その前の小節とおんなしようにブチャッチャ~ッってカッティングするもう一人のリズムギターの人おるんちゃう?(あるいはピアノの人と掛け合いでブチャッチャ~ッってかけあいになってるよおな?ここスピーカー悪いからちょとよおわからんけどとにかくどっちの小節もよお聞いたらぶちゃってきてる)
そやからブチャッチャ~~って、前の小節とおんなじこと右手くりかえしたら?
そうか、ぼくやったらこうするかもしらん、ほんならうたはいりやすいやろし
まあ、軽音楽やん、弾くあなたのフィ-リングが一番大事、それでみんながアコーディオンに合わせて楽しく歌えたらええんやから。


  • [545]
  • あまりにも迅速でわかりやすくご指導頂き、ありがとうございます

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2015年10月14日(水)19時35分51秒
 
家事は何時でもできるんで、練習にかかります。

楽譜が手元になくてもこんなにわかりやすく書いて頂けて感動です!

それでですね、「ちょっとー、お人よしがいい~~」のあとの小節、四分休符3つのところ、
ここね、なんにもないと、次の歌い出し「くどかれ~~・・・」っていうのが、入るタイミングすごく難しくて歌えないかと思うんです。
なので、この小節「チャッッチャーーー」って入れたいんですけど・・・邪道ですかーー?

がんばります。
ありがとうございました。




  • [544]
  • 書いてある内容だけで、アコーディオンはじめたころとは比べもんになれへんくらいうまなってきたんわかるねえ、すばらしい!

  • 投稿者:ピッツァ評論家
  • 投稿日:2015年10月14日(水)14時53分59秒
 
北酒場はまあゆうてみたら,フュージョン演歌のジャンルやねえ、ぼくも得意の分野や

『イントロ出だしはもちろん左手で、しっかりとはいって』・・ってこれは、
ドレッッファソドレッッのことやねえ?もちろんこれは左手だけ、そのあと両手で入るから、アコーディオン音楽はかっこよくなる。

「ちょっと~~、お人よしがいい~~、くどかれ~~、上手なほうがいい~~」のところ、左手で弾いてみたら」どうなんでしょうか~~?
それで、今、ちょとだけ見てみたけど、ぼくやったらこんなかんじで弾くと思う、参考にしてみてください、

左手が歌メロディ弾くとき右手は??もちろん原曲でどうなってるか、よおきいてからどおするか考えるべき、ぼくはこの部分は、リズムギターのカッティングに注耳した。

左指で歌メロディ弾く時の、右手の定石は、むやみに音ならさず、たくさん休符を作って、より左手のほうだけでメロディ出してることをアピールすること、これがどしろーとをあっと驚かして、アコーディオンっていいなあって思わせるコツだ.そして、右手、むやみに音鳴らさないためには、とーぜんしっかりしたリズムキープとはっきり聞こえる強い左のメロディの動きがいるよ。


  • [543]
  • 面白くなってきました・・

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2015年10月14日(水)11時05分26秒
 
すみません。いきなりですが、本題に入ります。

明日の宅老所でのセッション、計画、司会進行務めます。
なので、アコーディオン伴奏だけにかかっているわけにはいきませんが、・・。

秋にちなんだ歌の数々、音楽活動する中で、「北酒場」にチャレンジ!

でも、やり始めたのが昨日という、3日前という情けない現実・・。
さぼっているわけではないのですが、12月予定、わがピアノ教室クリスマス発表会の子供たちの選曲とアレンジに追われていて・・。

言い訳です・・・。

なかなか弾いていて楽しい「北酒場」、
ほんのわずか、左手が使えるようになってきて、簡単なメロディなんかも弾いてみると、なかなかこれが、いい音なんです。

「北酒場」は意外とベースが動いていて、これを真似るだけでも、なんか楽しいです。
明日には間に合わないことは、明日はあきらめますが、

イントロ出だしはもちろん左手で、しっかりとはいって、

たとえば、歌の
「ちょっと~~、お人よしがいい~~、くどかれ~~、上手なほうがいい~~」のところ、左手で弾いてみたら」どうなんでしょうか~~?
もしそうするんだったら、右手は、左手の伸びている部分でかけ合うように和音でリズムをいれればいいのでしょうか?ベース音は弾かなくていいですよね?
そしたら、ノリが悪くならないように、さらにしっかり弾かないとだめですよね~?

「北国の春」弾けるので、今度「北酒場」もかっこよく弾けるようにしたいです。
歌伴奏にとどまらず、聞いてもらっても楽しんでもらえる演奏、したいです。
絶対、男性の方好まれると思います。
ご指導お願いします。


そうそう、今回、童謡「もずが枯木で」「秋の子」初めての歌、歌ってみます。
以前、コロポ様に頂いた、歌声喫茶の歌集にはしっかりはいっていました。
あの歌集はほんと素晴らしいです。
私の知らない歌、たくさん入っていて、いつも勉強させて頂いてます。
ありがとうございました。

  • [542]
  • 楽譜掲載ありがとうございます

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2015年 8月28日(金)20時26分21秒
 
夏のお疲れは出ませんでしたか。日本では今台風の影響で肌寒い日々を過ごしています。
 真夏日が続いた頃の蔵王も36.5度になり、アコ練習中も汗が目に入り痛い想いを何度もしましたが、エアコン嫌いな私もさすが今年だけは随分掛けました。

 楽譜を印刷はしたもののとても難しく弾けません。指が動きません。

でも伴奏コードはとても勉強になりました。少しでも応用できたらと思います。ありがとうございました。

  • [541]
  • アコ修理スレッドで話題沸騰!ワープ6夢の超特急の譜面はコチラ

  • 投稿者:過ち茂
  • 投稿日:2015年 8月28日(金)18時30分32秒
 
子供たちの心を踏みにじる心無い大人の固い頭・・とまでゆうたら大げさかもしらんけどさあ、テレビ番組の主題課歌とか、純真な子供たちの心の許可を得ないまんま、勝手に変更されたら、
こどもは・・・・ぐれる.つまりこれが青少年少女非行の根源なのだ!

そうか、つまり次回万引きしてつかまったら、
『幼少のころテレビ主題歌勝手に変更されたとたんから万引き続けました、もう最低1000回以上はやってます』と言い訳すれば、無罪放免してくれるに違いない、悪いのは、そう『現代社会』だ・・・いよいよ非情のライセンスのリバイバルが近いぞ。!!

たとえばのはなし、ぼくのしってるかぎり、ゲゲゲの鬼太郎は、再三再度のリバイバル版にわたり、アレンジこそ変更されてったけど、いづみたく氏の歌そのものは、そのまんまおいてくれてるところが、ひじょうにうれしいもんだ。

トムクルーズさんがやってる映画版スパイ大作戦もアレンジこそ安っぽい現代風に変えたとはゆえラロシフリン氏のテーマ旋律、ことごとくまもってくれてるところがうれしい。

それにひきかえあのドラえもんはなんだ!!!!!
絶対許せない、このことは、もうすでに数回、当掲示板でぼやいてるけど、いまだ賛同意見の方がでてこないのは、なぜなのだろうか?

♪ ぼっくっのっドラえもんっが~、まっちっをっあるっけば、
  みんな~、みんな~が~、ふりか~え~る~うよ~~~~

ぜったいこれでしょう!これしかなかったはずやったのに、、、、、、、。
ましてや主人公の声までかえてしまいやがって!!大山のぶ代さんになんの罪もないのはこどもごころにわかってたがドラえもんの声はあんなうすっペたいがらがら声じゃあなかった、もっと、やさしく、あくまでもやさしく思いやり深い声やったのに、、、それ以来、二度とテレビドラえもんはみんよおになったねえ。。。

今からでも遅くない、ぼく同様、このことが原因でぐれて非行にはしった人、勇気を出して手~上げてください。


とゆうわけで、その はしれちょうとっきゅう!!当時の子供たちの未来を夢見る心をのせたこの曲、やっぱし絶対変更してほしないよねえ、いつまでたっても。

そやからこそ『力作』とゆうても、おおよそ原曲で登場する音程のデッドコピーやねんけど、なんとゆっても評価してもらいたいことそれは、これやったら何とか、アンデス、ホイッスル&歌、のとっかえひっかえで、何とかアコーディオンとのデュオ、現実のいっせーのーでー演奏できるやろうと山張ったとこだ!(もちろんアンデス嬢がとっかえひっかえの練習そーとーやったことはゆうまでもないやろおけど)

このコーナーでも何度もゆうてるけど、たったこんだけのパフォーマンスするためかもしらんけど、そのためにこの譜面作ったんが6ヶ月前、さらに同時に、アコーディオン録音してから、とりあえず自分でアンデス、ホイッスル&歌、を一回で録音したサンプル音源作って、練習すれば何とかできることを確認していた、、とゆういつもの橋の上の男の周到さはゆうまでもない。


  • [540]
  • アコ修理スレッドで話題沸騰!ワープ6夢の超特急の譜面はコチラ

  • 投稿者:過ち茂
  • 投稿日:2015年 8月28日(金)18時27分40秒
 
譜面4ページ目

  • [539]
  • 年代の差を感じますね~

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2015年 7月25日(土)12時47分21秒
 
オカルトマニア2号さんは「小指の思い出」の歌を知らないのですか~。
伊藤ゆかりさんの子どもが歌手デビューしているそうだから、およそ70歳に入ったばかりの歌手で中尾ミエさんらと活躍した方たちでしたが。

主婦 ピアノ教師 アコーディオンの3足のわらじ(?)では大変ですね。お大事になさって下さい。

 以前マニア2号さんの書き込みに、小指も使って演奏しているとあり、どんな指使いをしているのかなと疑問でしたが、教則本に載っているようですね。

私は保育士のかたわら 定年の7年前にオルガンサロンを始めましたが、
土日だけ営業のお店なので、とても楽しく過ごしました。その時にはアコーディオンは始めていなかったので、手抜きだらけの主婦業 保育士 NOEL の3足のわらじでした。
小指が痛くなるほど練習をしたこともなく、今でも運指の練習は3分ともたないので、マニア2号さんの訓練のすごさに、教えられました。どおりで一曲に一年もかかるわけですね~。

  • [538]
  • 誰かに噛んでもらったわけじゃないんですが・・

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2015年 7月25日(土)11時15分14秒
 
小指、痛いです。
私は、伊東ゆかりさんって知らないんだけどなあ・・・
そういえば、身障者施設で、この歌が大好きな女性がいました。

「ヘバーデン結節」とカルテに書かれました。
もう2ヶ月、電気とレーザーの治療に通ってますが、主婦業とピアノ、アコーディオン弾くことは、
毎日欠かせないので、治らない・・

でもピアノはとくにつらく、レッスンにくる子供達の伴奏だけで精一杯、自分の練習はお休みしてます。

どこの薬局にもなかった指のサポーターを100円SHOPで見つけたので、使っていますが、サポーターはめていてはアコーディオンはやっぱり無理です。

指をよく使う人で関節の弱い方は、日頃からマッサージをするなど気をつけておいた方がいいそうです。
主婦業もなかなかつらい・・
季節の変わり目、家族分の布団の入れ替えやカーペットの取り替え等、指を酷使します。
当掲示板の殿方、女性の指をいたわってあげてくださいね。


話が反れてすみません。

川井様のお箸の持ち方、いいですねー
やってみたら、安定していてしっかりつかめそうです。

私もどんな指使いでもいいと思います。
一度慣れちゃった指使いを変えるのはとてもとても大変ですからね。

でも新しい曲に入るとき、最初が肝心ですから
いくつか試してみて、自分の弾きやすい指使いを決めるのがいいと思います。
意外と人がやっている指使いのほうがよかったりするかもしれませんし、
逆に自分のやり方のほうがいいと思えるかも。

今やっているベース練習のテキストでは、音符の上に書かれている指番号と、下に書かれている番号と、2種類の指使いを両方弾けるように言われています。
やってみるとどちらも弾きやすいです。

指は第2の脳ですから、たくさん弾いていろんなパターンを記憶させて、自由自在に動かせるようになりたいです。
特に左手です!




  • [537]
  • 伊東ゆかりさんがまえによくゆってたよね、

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2015年 7月23日(木)22時52分51秒
 
小指が痛いって。現在はオカルトマニア2号がゆってるんで心配です。

予言者ピロシーストラ氏が習った指使いはおそらくもっともポピュラーやろうけど、絶対こーでないとあかんわけはもちろんさらさらないわけで、同氏が子供んときからなれひたしんだお箸の持ち方を、いまさら変更もししたいとおもてもできへんのと同様、

楽器演奏練習いままでしたことなかったひとがたとえば60歳になってから、アコーディオン始めるぞ!!って決めたら、指使いがあーだのコーダのより、とりあえずは本人が動かしやすい指でアコーディオン演奏を楽しむことができるようになることが一番大事やんねえ。

60歳とまでゆわんでも、大人になってからはなかなか直らん指の癖もあるし、親指がやりやすいんやったらそれでよし!なんでもありだ。アコーディオンは、ブンチャッチャと弾けるだけで幸せになる楽器だから。

ただ、左のベースライン効いたナウいアコーディオン演奏をめざす若者なら、左手の小指使うこと、ぜったいないがしろにしてはいけないよ。

ちなみに、ぼくは左手、親指一切使いません。

小指は本当に頻繁に動かしていますが、その小指、ボタンの真上から勢いよくボタンおさえることはできません、なんでかゆうと、子供ん時に、小指の先の爪から一番近いとこの関節部分、骨折れたのに、遊びに夢中でき~つかへんかってほったらかしにしてたからです。

子供やったから、体内の修復力もはやいよってに、気~がついたあるとき、指の関節曲がらへんし形がなんかおかしいから病院連れて行かれてレントゲン撮影したけど、後の祭りで、折れた関節部分完全に上から骨が覆いかぶさって、、、と~ぜん二度と曲がらないようになってました。

それはどんだけ演奏に不便か??

もともとアコーディオン始めたときからその状態やから、不便感じたことないよ。でも、、見えてないから具体的にどのくらいか??は、わからんけど、演奏中よく小指が、ボタン半押さえのまんまでボタンそのものが下がりきってへんのんは、よく感じてます。・・まあ、もちろん、小指でボタン押さえるとゆうことが、そもそもいつもより遠い位置にあるボタン押さえるゆうことやから、音さえ出てりゃあ半押さえでも、しょうないんやろうけど。
とゆうわけで、はやく小指治してね。

ピアノでもアコーディオンでもつづけていくために、どーしても自分で解決せんとあかんだいじなこと。


  • [536]
  • ベースの指使い

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月23日(木)07時31分49秒
 
ベース演奏用の指使いとして、私が習ったのは、もっぱら薬指と中指を使用することで、例えば、CのベースとC長調の和音をウンパッパと弾く時は、薬指でCのベース、中指でC長調の和音を弾くということです。 C短調、C7th、Cディミニッシュは人差し指です。

ところが、人によっては、というか、最近お目にかかったお二人がそれぞれ独自の奏法をなさっていて驚いたことがありました。 お一人はCディミニッシュは親指で弾くというもので、もうお一人はCのベースは中指、C長調の和音は人差し指でした。 たしかC短調、C7th、Cディミニッシュも全て人差し指がカバーしているようでした。

それぞれどなたにも習わずにアコ演奏を始めてしまったのですが、特に不自由は無いとのことです。

思えば、私自身がお箸の持ち方が昔から変っていて、親指の腹と小指の頭で1本の箸を固定し、親指の頭と人差し指、中指、薬指の4本の指でもう一本を動かすというやり方です。 子供の時からこれが治らないので、母からはときどき注意をされてはいたのですが、今でも治りません。 で、不自由がないどころか、つかむパワーはあるし、長時間箸を持っても(そんなに食べ続けることはないけど。。。)薬指と中指の背中に箸が当たらないので、痛くなりません。自分では合理的だなと一人満足しているわけです。

だから、もしかすると、僕の習った、おそらく一般的な指使いでなくて絶対にいけないということはないのではないかと思うわけです。 弾きたい方法で弾ければ良い。 左利きの人はアコーディオンを逆さまにして弾いていることもあり、また、それが曲芸のように見えても、やっている人はごく自然に感じているはずだからだ。 そういえば、左利きの人専用のアコという理由もそこにあるのかもしれない。 要するに逆さまにして弾けば良いからだ。

発想は自由に、臨機応変に、与えられた条件の中でベストを尽くせばいいのであって、世間の常識やしきたりに惑わされるな、とピロシーストラは語った。

  • [535]
  • それは、ほんとうによかった。

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2015年 7月17日(金)16時35分7秒
 
この掲示板でことあるごとに、参考演奏やってみてもろたけど、それってまあゆうてみたらほんままにあわせの、演奏のポイントの参考になるためだけのもんやったから、自分でもこんな間に合わせな演奏見せるのは、かえってよくないんちゃうかなあ、、ておもうこともなんどもあったけど、まあ今回、参考になるようなこと何にもできんかったけど、

毎回いつもいつも何度も何度も繰り返して現実に対象のおとしよりのかたがたに接して音楽してるあなたが、息遣いを同じにして響きまで溶け合えた、、とゆうのは、本当にすばらしく成長した証拠だねえ。
聴いてもらうこと、歌ってもらえること、毎回の人間の反応、対話、の繰り返しこそ、『表面的な音楽』だけではない、心の中から湧き出る音楽の喜びを分かち合う力になる。

ローマに来て、言葉すら何にもわからんまんま、一週間後には路上で演奏始めて人の心に接しつづけてきたぼくはそれがとてもよくわかる、それは自分の大事な音楽経験の中で、たとえばサンレモいったころのマスメディア音楽業なんかより、はるかに重い。
今後も、できる限り増えたレパートリーを維持して、いつでも今の感覚で響き会える演奏ができるようにがんばってね!

立派になったねえ、おめでとう。


  • [534]
  • こんな感覚、初めてでした・・

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2015年 7月17日(金)01時56分7秒
 
遅くなってしまいました・・


「啼くな小鳩よ」アコーディオンの伴奏と31名の皆さんの歌声が、きれいに溶け合って

ひとつになっていること、実感しました。

ここまで練習したら、自分の演奏は無意識に出来て、歌う人達の声の大きさ、やさしさ強さなど落ち着いて聴くことができ、

自分の音の強さ、息遣いを同じにして響きまで溶け合うことができるんだ・・・

こんな感覚を初めて実感しました。


逆にここまで弾いとかないとだめなんだ・・・

今まで、なってなかったなあ・・と・・

今さらですが、ここまで練習しとかなきゃいけないラインがはっきりと、今日わかったので、

これからはいつも、ここまで達して演奏するように、頑張ります。



  • [533]
  • ありがとう! お気持ちに感謝いたします

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2015年 7月16日(木)07時25分37秒
 
2世は大丈夫です。

今まで数知れないアドヴァイスを頂いてきましたからー。

めっちゃ練習しましたって書いたでしょー。

ご安心くださいね


それより、ご無理をされないで下さいね。

兄さんが不死身なのはわかっていますが、

年々ひどくなる夏の暑さは、耐え難いものです。

兄さん、橋の上は夏は危険すぎます!!


今、無理をされて身体を痛められるよりも、

多くのファンのためにも、ご自愛されて

長く長く、永遠のアイドルでいて下さいね

強く、そう願います・・・






  • [532]
  • ごめんなさい、まにあわなかった

  • 投稿者:
  • 投稿日:2015年 7月16日(木)03時15分14秒
 
ほんとうにごめんなさい。

今年の暑いヨーロッパいいわけにしたくないけど、あえていいわけゆうなら、あつすぎて
はしでのダメージ回復しないまんまに

もう何にも進まなくって、あなたに参考になる演奏なんとしてもしたかったのに、もう、タイムリミットきってしまってしまいました。

あなた一人で絶対ちゃんとできること、わかってるけど

ごめんなさい、ほんとうにごめんなさいあなたのやくにたてないおとこで


  • [531]
  • そうなんです・・

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2015年 7月16日(木)02時06分59秒
 
私が言いたかった、黒鍵が多い音楽というのは、黒鍵5音(C#D#F#G#A#)だけでできた特徴ある音楽のことではなくて、

①(G♭、A♭、B♭、C♭、D♭、E♭、F、G♭)という音階でできたG♭調や、

②(E♭、F、G♭、A♭、B♭、C♭、D、E♭)という音階でできたEm♭調で演奏する音楽のことなんです。


これらの二つの調は黒鍵だらけですが、これをたったの1度あげるだけで、

⇒①(G、A、B、C、D、E、F#、G)G調

⇒②(E、F#、G、A、B、C、D#、E)Em調と、黒鍵の少ない音楽に移調できます。

でも、①同士、②同士の音楽を聴き比べてみたとき、先に書いた(♭が多い)調で演奏したほうがよりセンチメンタルな、哀愁を、感じてしまうのです。

川井様はアコーディオンの構造上から、黒鍵と白鍵の響きに違いが出ると教えて頂いたのですね。

もうひとつ、ピアノでは特にそうなんですが、白鍵ばかりの和音と、黒鍵ばかりの和音では、ff(最大に強く打鍵したいとき)に強さに差が出ます。

ピアノの白鍵は幅2,2センチあるのに対し黒鍵は0,9センチしかなく、確実に、外したり落ちてしまう可能性が高く、思い切り力を込めることが難しいです。

白鍵は指が落ちる心配がないので、どんなに指を寝かせても音はちゃんと出ますが、黒鍵は、指より細く高い平均台に乗せてやらなければ

いい音はでないので、自然と丁寧な打鍵になると思います。

川井様に紹介頂いた動画にも出てきましたが、クラシックでは印象派のラヴェルやドビュッシーの、黒鍵だらけの音楽、激しさ力強さではなく

流れるようなタッチが特徴的ですね。

それでもプロコフィエフやラフマニノフなどの黒鍵なのに容赦ない和音の強打鍵のありましたが・・・。

そんなこんなで、黒鍵の音を出すときは、より繊細な気持ちと集中力が必要になるのかと・・・。


ZEN様から「黒鍵アレルギー」という言葉を聞いて、

私たち音楽を教えるものに責任があるなあと思いました。

先日のことです。この春よりピアノを習い始めた1年生3人組のうちのひとり、Yちゃんは、まだ音符も8個くらいしか読めないのに

昨年大流行した「アナと雪の女王」より「Let’s it go」を黒鍵ばかりのG♭調で見事に弾いてみせるのです。

まだ細くて弱い指を器用に動かして、♭の意味も知らずに得意そうに聞かせてくれます。

それで思いました。黒鍵も白鍵もこの子にとっては変わらないんだって・・。

黒鍵を嫌にならないように、いろんな音楽に触れさせてあげたいと・・・。


もうひとつ、川井様紹介の動画「音楽の正体」にでてきた黒鍵5音、または(CDEGA)の四七抜きの響き、

いつも音楽療法で利用しています。

この5音はどう重ねて鳴らしても、響きがきれいなので、ドレミの指示を嫌がられる高齢者や身障者の方に、

トーンチャイムという楽器の(CDEGA音)をたくさんお持ちして自由に慣らしてもらいます。

好きなように慣らして頂くだけで、素敵な響きに包まれて、その上に

「ほー ほー ほーたる こいー」など歌声を重ねますと、また素敵です。


アコーディオンから、離れてしまいすみません。

明日、いえ今日、「啼くな小鳩よ」「緑の地平線」「星影のワルツ」他 アコーディオン伴奏してきます。

練習、めっちゃやりました。

兄さんにアドバイス頂いたテンポのこと、伴奏始める前、一瞬、自分で歌いだしてみて、ゆっくり歌えるテンポで

弾き始めるように気をつけます。

まだまだ上手くはありませんが、聞いて下さる方がいらっしゃること、私に合わせて歌って頂けること、その場があること、

期限があることが、きっと上達のカギなんだと、感謝して頑張ってきます。








  • [530]
  • 予言者のとりとめもなく膨張する『音階の神秘&アコーディオンの紀元説』

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2015年 7月15日(水)14時31分43秒
 
ちょっと、一般の人には理解不能領域かもしれない。大体そもそも、ぼくの感覚では黒鍵85パーセントとゆうことは、1オクターヴのドレミファソラシド・・7音に、シャープかフラット6個ついた調なんやあ、ゆうくらいにしかかんがえてなかったし。・・・・・・

2ペンスを鳩にFeed the Birds の選曲はすばらしい、メリーポピンズで、ぼくの一番泣ける美しいシーン&曲は、このFeed the Birds、あるいは凧をあげようLet's Go Fly a Kite

ただ、あんましにも有名なFeed the Birdsは、演奏されつくしてるかもしらんが凧をあげようは、今七、演奏回数少ないみたいやから、いつかぜひ橋の上のレパートリーにしようとたくらんでるとっても軽快なワルツだ、そして、この歌を聴きながらメリーポピンズは、次の子供たちのところに出発する。・・・これみておおなきせえへんはずないよなあ。

① 曲を聞いてそのまま音をとる。(最高音と最低音を把握する)

② の日に歌われる高齢者の身体の状態と男女の比率、年齢層、それらを考えて歌いやすそうな調を判断する。

③その調で当日自分がちゃんと弾けるのか考える。無理ならなるべくそれに近い調に移調する。

④原曲のイメージと大きくかけ離れないか、感じてみる。

⑤やっと練習

・・・・・・なるほど、すばらしい。音楽療法とゆうても、高齢の人たち相手やから、できるならば、全員がちゃんと歌えて、ちゃんとした形が見えるほうが、みんな充実感あるよってにねえ。つまり、讃岐の光源氏氏がやるときは対象の人たちみんな歌う気まんまんやけど、妹の対象は、なかなかそおでもないひともおるかもしれんゆうことだよねえ。

③ 曲のイメージと大きくかけ離れないか、感じてみる。
・・・・・まあ、かけ離れたとしても、みんなが歌いやすいこと優先順位にしてもええ場合もあるんちゃうかねえ?テンポの速さも、高齢になれば、歌えるためには、曲のイメージとはちごても、もっと遅いほうがええ場合もある。

ぼくが、金剛コロニー行ってたころはもう、かれこれ30年近く昔のはなしになるんだよなあ。
高齢とちごて重度の知能障害やったから、まず、みんなが一緒に歌えることはありえへんで、とりあえず、一人ずつ、うとてんのか?よだれたらしてんのか?ゆうかんじやったけど、いづれにせよ、おおよその人が、原曲よりはるかに遅いテンポにしてやっと、とにかく口動かして『歌った気分になれる』ゆうかんじやったなあ。


  • [529]
  • そんなこと、今わかったのか?

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月15日(水)07時32分9秒
 
と言われそうですが、そうなんです。。。 それでも、それにFやHが入れば普通の西洋音楽の7音階になるわけですが、アコーディオンの場合はメインに出る黒鍵の音が、鍵盤に近い方の列、すなわち、レジスタメカの下から出てきて、白鍵ででてくる音よりも篭った音になるため、落ち着いた感じになるという要素が残ります。

とピロシーストラは負け惜しみを言った。

  • [528]
  • 黒鍵は5音階だった!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月13日(月)23時46分42秒
 
改めてピアノ鍵盤のアコを見てみたら、黒鍵だけで演奏するということは、5音階を演奏するということだった!
C#,D#,F#,G#, A#の5音なのだ。 F#の導音はFだがこれは白鍵であり、C#の導音はHであり、これも白鍵だから無い。 つまり、これでは7音階がベースの西洋音楽に不可欠の導音が見当たらない。
だから、日本の伝統的な5音階に似た響きになってしまう。 オカルト2号さんのおっしゃるように85%を黒鍵で弾く場合は、一部には白鍵を押して導音を使うこともあるだろうが、そうでない場合は日本音階のようにどこか落ち着いてメランコリックな旋律を奏でるということになるのではないかと思われます。
ちなみに、C#,D#,F#,G#, A#という順番を変えて、低いほうのA#からスタートしてA#,C#,D#,F#,G#と弾いてみると、なんと、それは日本音階の5音階ではないか!
どうやら、低いほうのA#から弾き始める黒鍵での演奏は日本の伝統的な音楽や、寅さんのタイトルを演奏するのに向いている音階だったようだ。
今、試しに低いほうのF#から寅さんのテーマ曲を弾いてみたら、全曲黒鍵で弾けました! これが証明だ!
黒鍵演奏は日本の音楽なのだ!
ということは、もしかして、ミがなくても、黒鍵だけで弾いていれば低いF#があればいいということになるのだろうか? ただ、ベースは96か120ある必要がでてくるかな?




  • [527]
  • 黒鍵>白鍵=哀愁(仮説)

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月13日(月)08時04分40秒
 
オカルト2号さんの発見は面白いご指摘ですね。 実際に1オクターブを黒鍵だけで弾いてみるとそれが7音ではなく、6音で構成されていることに気がつく。 日本や沖縄の音楽は5音階だ。
この黒鍵だけの割合が多い音楽、強いて言えば、黒鍵だけの音で構成された音楽というのがあるとすれば、白鍵の7音で構成された音の組み合わせに比べて、短調になる音の組み合わせの割合が増えるという理屈になるのではないかと、勝手に推測していますが、この辺はただたんに推測しているだけで、音楽を専門に勉強した方にぜひご解説・ご講評をお願いしたく存じます。

で、その純粋に周波数の組み合わせの割合の理論からくる音の印象の違いということとは別に、アコーディオンで黒鍵だけを弾くとさらに印象が変わるということがないでしょうか?

アコーディオンのグリルを止めているネジが二つありますが、これを緩めて、グリルを外してみると面白いことがわかります。 大概のアコーディオンは白鍵で押す時に持ち上がる蓋のような部分、バルブと呼んでおきますが、レジスタボタンから遠いところに並んでいます。 黒鍵を押すと持ち上がるバルブはレジスタに近い方に並んでいます。 通常使う音域の黒鍵は往々にしてレジスタメカの下で開閉していることにお気づきになるでしょう。 さらに、グリルの形状にもよりますが、往々にしてグリルのレジスタに近いとことはグリルの穴の開きぐらいが少ない。 つまり、カバーされてしまっている。 耳をすまして聞くと、白鍵で弾く時の音の出方と、黒鍵で弾く時の出方には違いが明らかな場合があります。 アコーディオンの設計・構造によっては、白鍵でもレジスタ側のバルブが開くように設計されているアコーディオンがあります。 その位置が、最高音部だったり、最低音部だったりするとその違いはわかりにくいのですが、よく使う音域に設置されている場合には、その音の違いに気がつくと、外側の列にある音と、内側に並んだ列から出る音の間には、かなりの音の違いがあることがわかります。 内側の列から出てくる音は、どこかこもった感じがあり、外側の列から出てくる音は、キレのある音がする。 このキレのある音で弾く7音階と、こもった音で弾く6音階では自ずと異なる味わいがあることが、アコーディオンの場合は特に強調されるのではないか、と思われるのです。

音階について
https://www.youtube.com/watch?v=PZ29tvIdpJU

音階について面白いYou Tube映像を見つけたのでご紹介します:
https://www.youtube.com/watch?v=5hmjt6L9hD4



  • [526]
  • うーん・・今度聞いてきます・・

  • 投稿者:オカルト2号
  • 投稿日:2015年 7月13日(月)01時06分38秒
 
讃岐のアコ吉さまは楽器をたくさんお持ちなんですねー

私は低いミのない楽器で頑張っています。

たしかに、低いミがあれば、さらに音楽の幅も広がりますよね~~

「旅の夜風」の前奏、ごまかさずに弾けますもの・・・。

でも、当掲示板ではそのごまかし方というか、ミを補なうオカルト秘伝を以前、兄上様に教えて頂いたのでいろいろやってみます。

もっと練習して上手くなったら、いつかBrandoni 147 King Line Cassotto Wood Special・・・試奏してみたいものです。


という夢はおいといて、その低いミの音、アコ吉様ご自身が歌われる時、苦しくないですか?

男性の声域がいまひとつわからないのですが、いつも何調にするか、こうやって決めています。


①原曲を聞いてそのまま音をとる。(最高音と最低音を把握する)

②その日に歌われる高齢者の身体の状態と男女の比率、年齢層、それらを考えて歌いやすそうな調を判断する。

③その調で当日自分がちゃんと弾けるのか考える。無理ならなるべくそれに近い調に移調する。

④原曲のイメージと大きくかけ離れないか、感じてみる。

⑤やっと練習


今回は、

「歌われる方は高い音が続くよりも低い音があっても低いキーの方が歌いやすいと言われる方が多いです。」

という、讃岐のアコ吉様のアドバイスをうけて、

「啼くな小鳩よ」・・・ Gm調 (音域・・低いソ⇒高いレ)

「緑の地平線」・・・・ B♭m調 (音域・・低いファ⇒高いレ♭)

で練習始めました。


「瀬戸の花嫁」は G調がおすすめですよ。

声の音域もよさそうですし、G調だと瀬戸の海を渡って嫁ぐ勇気と愛を感じてしまいます。晴れやかな印象をうけます。

それで、

ZEN様がおっしゃるような位置感覚、皆さんはどうなんでしょうか・・。

私はピアノをやっていたから、黒鍵と白鍵に関しては何にも思わないのですが、

でも、黒鍵の多い調で弾くのと、白鍵がほとんどの調で弾くのでは、その音楽の印象が変わる気がします。

ちなみに今度ピアノで弾く Feed the birds は、音符の約85%が黒鍵です。その黒鍵の哀愁ある響きがたまらないのです。

この響きのちがい、ピアノと歌の場合に特に感じるのは私だけでしょうか・・。


「啼くな小鳩よ」は、メロディー覚えにくいですね・・でも何度も弾いていると「いい歌だなあ・・・」って。

歌詞に出てくる「心の妻」とは恋人でしょうか・・歌いながら弾いてると、涙あふれてきます。

オカルト1号機が、汗と涙でぐちゃぐちゃ状態・・・

涙腺ゆるくなったかなあ・・・

「緑の地平線」は間奏が聞かせ場ですね。

以前「サーカスの唄」で、長ーい前奏を短くしたら、「前奏が好きなのに」と言われ、弾き直したので、

今回は、しっかり練習しときます。

あと3日しかない・・・頑張ります。





  • [525]
  • 黒鍵アレルギーのかたへ

  • 投稿者:zen
  • 投稿日:2015年 7月12日(日)15時42分49秒
 
手元を見ないで手さぐりで弾くなら白鍵だけのハ長調やイ短調よりも黒鍵の多い調のほうが弾きやすいです。
手元を見ないで弾く前提だと黒鍵があるほうが位置がわかりやすいからです。
黒鍵が多い調が難しいと感じるのは譜面を読むときだけです。
実はハ長調より黒鍵の多い調のほうが物理的な指の動きも楽なのです。
ピアノでネコふんじゃったが弾きやすいのは黒鍵が多いからです。
ネコふんじゃったをハ長調にするとものすごく弾きにくくなります。
つまり覚えてしまえば白鍵より黒鍵の多い調は楽なんです。

  • [524]
  • ミからでた寂び

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月12日(日)06時58分21秒
 
讃岐のアコ吉様のミの音からスタートする38鍵のアコ2台、これはAmで日本の歌謡曲を弾くときには大いに役立っていると思います。 で、Amで弾くとそんなに黒鍵を探して演奏しなくても済む場合が多い。 歌う側がその音域に耐えるかどうか、という問題をひとまず差し置いて申し上げれば、日本の歌曲にはミの出るアコがあるととても便利なのです。
ファとかソとかからスタートするアコがほとんどなのが現状です。 41鍵のアコでも重いのに、42鍵にしないとミからスタートできない、という発想になってしまうのは、アコーディオンメーカー側がアコーディオンの構造を基本的に変えなくてはいけなくなる、あるいは、かなり大幅な設計変更になる、というのを嫌うせいではないかと勘ぐっておりますが、なぜか、41鍵のままでミからスタートするアコというのは見当たらない。 37鍵アコでもミからスタートするアコというのは見たことがない。 ということで、42鍵では重量の増加を考えるだけでも気が重いし、37鍵を38鍵にしてミからのスタートにするということは、重量の増加はある程度軽減できるので、それも、特に歌謡曲となれば、クラシック音楽をフルフケースで演奏するのに比べれば高音の限界は見えており、音域としては十分だ。
そんな大事なミの音ですが、ヨーロッパの46鍵アコにはミからのスタートというのが多い。 さすがに46鍵ともなれば、音域で困ることは少なくなるが、42鍵でも気が重いのに、46鍵ともなると、気が重いだけでは済まない。 本当に重い。
だ・か・ら・、38鍵。 これは日本歌謡国をAmで弾きたい人へのおすすめのアコだ。

そんなおすすめのアコが、現在Online Shopに掲示してあるBrandoni 147 King Line Cassotto Wood Specialだ。
http://www.akkordeon.jp/Demono/Brandoni%20K-L%20C-W%20147%20spcl-38.htm
どこか、クラシック音楽のオーケストラの木管楽器や、教会のオルガンにも似た「楽器」を感じさせるアコだ。

ところで、Slovenjaの音楽には、有名はSlavko AvsenikやLojseta Slakaなどの楽しい音楽がたくさんあるが、やはりミの音が重宝されているらしい。 Slovenja出身のLanzinger社の社長曰く、Slovenja音楽をやるにはミの音は必須だ!とのことだ。 もしかしたら、楽しい音楽だけがもっぱら世界的に有名なSlovenja音楽だが、しっとりとAmで歌い上げる歌曲も多く存在しているのかもしれない。 それはともかく、なぜか、偶然にもSlovnjaタイプのアコーディオンにはミが付いているモデルがある。
Lanzinger Model 4/96 MHR Wallnut
http://www.akkordeon.jp/Demono/Lanzinger%204-96HR.htm

MMML仕立ての明るいサウンドに重低音が響くヘリコンベースにも切り替え可能な応用範囲の広いアコだ。 もちろん歌謡曲にぴったりのサウンドもチョイス可能。

アコーディオン紹介のコーナーで紹介すべき内容でしたが、38鍵、Amでの演奏、という部分での繋がりで上記のアコをご紹介します。



  • [523]
  • 私も大いに興味あります

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年 7月11日(土)15時18分35秒
 
オカルト2号様おたづねの「啼くな小鳩よ」「緑の地平線」2曲とも大好きです。

私は歌の伴奏のキーについては試行錯誤することが多いです。

#や♭の多いキーは頭が痛くなるので練習しません。ですから弾けるキーが限られて苦労しています。

その点ピアノ教師もされてる2号さまがうらやましいです。

参考にはならないと思いますが「啼くな小鳩よ」は私はAmです。

なにしろ1番弾きやすいキーですし、高い音はミですが一瞬だけですので

なんだか皆さん文句も言わず歌ってくれてます。

「緑の地平線」Dmは一般の方には高すぎますね、私はまだ伴奏したことがありませんので

キーについては興味があります。Amだと低い音がミなんですね。

私は「悲しい酒」や「みだれ髪」はAmでやっていますので低い音はミになります。

歌われる方は高い音が続くよりも低い音があっても低いキーの方が歌いやすい

と言われる方が多いです。

「瀬戸の花嫁」の場合でもB♭では高くて歌うのがしんどいといわれることもありますので

Gの楽譜も用意しています。

ここからは自慢話・・・・私は低いミが出てきてもAmにすることが多いです

これというのもアコの花園よりEスケールの38鍵のアコを2台譲っていただいているものですから

1台はBUGARI280wood・・・聴くたびにウットリする最高の美音

もう1台はFANTINIチャンバー・・・高音質で大音量、歌伴奏にこれ以上のものはない

                    と私は勝手に思っています

「ああ上野駅」もAmですとみなさん思いっきり大声で歌ってくれます。

話がそれてすみませんでした。お許し下さい。


  • [522]
  • 夢にまで見た楽譜に驚喜!

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年 7月11日(土)14時01分1秒
 
やったーっ!! 「雨降る湖南線」の楽譜がついに手に入りました。

ヤマハの店などで探したり訊いたりしましたが手がかりすらわからなくて

最後の望みを託して投稿させていただいたところ思いがけず憧れの楽譜に巡り合えました

こんなに嬉しいことはありません、オカルトマニア1号様のご親切には涙を禁じえません。

しかもyoutubeで私が聴いているアコーディオン演奏がこの楽譜通りなのです。

早速コピーしてA4サイズに手書きで写譜しました。大いに楽しませていただきます。

tachinon様から詳しく教えていただきました検索方法につきましては自信はないのですが

勉強して検索できるようになりたいです。ありがとうございます。




  • [521]
  • 何度もすみません・・

  • 投稿者:オカルト2号
  • 投稿日:2015年 7月11日(土)10時59分51秒
 
「緑の地平線」も 男性にとって歌いやすいベストな調を教えて下さい。

特に高齢者には、音域広すぎるし、高い音がたくさん出てきます。


楠木繁夫さんの歌唱ではE♭m調(女性には高すぎて歌えない)

B♭m調だと、音域(低いファ⇒高いレ♭)

Cm調だと、音域(低いソ⇒高いE♭)・・女性にはきつい・・


その場でしっかり転調できないところが情けない・・・

よろしくお願いします。





  • [520]
  • まちがえました・・

  • 投稿者:オカルト2号
  • 投稿日:2015年 7月10日(金)22時51分59秒
 
「啼くな小鳩よ」

Gm調だと、上は高いレ、下は真ん中のドより低いソまで

Am調だと、上は高いミ、下は真ん中のドより低いラまで でした。

どちらが歌いやすいですか?

  • [519]
  • 教えてください・・

  • 投稿者:オカルト2号
  • 投稿日:2015年 7月10日(金)22時45分15秒
 
讃岐のアコ吉様、楽譜が入手できてよかったですね~

私は、兄さんやtachinon様みたいにパソコン使いこなせなくて、困ることばっかりです。

そうそう、Occulto secondo のTシャツ嬉しい!!(*゚▽゚*)ってうかれちゃって・・・
でもよく見たら I love Napoli が作りたいんだった・・・・


それで、楽譜なんですが、

ここんとこを簡略化して誰でもひきやすいようにやさしくしてあるなあって

私はピアノを教えているので、生徒に楽譜を渡すときにものすごく感じます。

でも、全然きれいじゃないなって思ってしまうこともあります。

ピアノの楽譜は両手とも耳コピ大変なので、手元にまず楽譜をゲットしといてから音楽聞いて手を加えます。
今年のクリスマス発表会では Feed the birds 弾こうかなと、やっと音楽聴き始めたところです。

小指痛めていて思うように弾けなくてすごく悔しいのですが、テーピングぐるぐる巻きにして練習始めてます。
映画「メリーポピンズ」やっと全部見ました。感動して泣いてました。(泣き虫なんで・・)

ここで宣言したので、頑張ります!!


それで、本題に入ります。


仕事で「啼くな小鳩よ」と「緑の地平線」を初めて弾こうと思います。

キーボードでの伴奏はしたことありますが、今度はアコーディオンで歌伴奏したいと思います。

あと5日程しかありません。

今日「啼くな小鳩よ」の音取りをしたのですが、岡晴夫さんはCm調で歌っているのですが、とても高すぎます。

それでGm調かAm調に移調してみたのですが・・・

Gm調だと、上は高いレまで、下は真ん中のドより低いファまで、出てきます。

Am調だと、上は高いミまで、下は真ん中のドより低いソ まで、出てきます。(女性には高すぎ)



皆さんは「啼くな小鳩よ」何調で弾かれていますか?

そして、皆さんなら、特に男性の方、楽に歌える音域を教えてください。

低いソの音は大丈夫でしょうか?何度か出てきます。

今後の伴奏のために、教えていただきたいのです。

よろしくお願いします。


  • [518]
  • ↓の投稿名前入れるの忘れたまま「投稿」ボタンを・・・

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2015年 7月10日(金)10時17分4秒
 
 安いパソコンを使っているので、しょっちゅう「クリーン―アップ」して、以前の記憶を消去してしまうので、・・・あれぇ・・・名前のところ入っているつもりが、消えてました。
失礼いたしました。

  • [517]
  • えーそうなんだ ! できるんだ !

  • 投稿者:名無しさん
  • 投稿日:2015年 7月10日(金)10時03分38秒
 
 柔軟な発想が出来ないtachinonです。
 いま、掲示板を開いたら、讃岐のアコ吉様の投稿と教祖様の新しい投稿があり、読んで「へぇー」そうなんだ。出来るんだ・・・・で早速試してみました。
 私は「偏見」を持っているつもりはないし、中国のアコーディオンに対する情熱も尊敬に値すると、思うけれど、・・何故かアジア系の音楽には縁遠かったし、文化的に近い韓国歌謡のイメージは、私の好みとは別次元のような気がしてたし、・・・・かといってベトナムの詩人の曲、たしか天童よしみが歌っていることは知識としてあっても、文字がちんぷんかんぷんだし、・・・ということで初めから「検索」対象外だったのですが、・・・
 教祖様が「music seet」で・・・・と啓示されたので、私も検索やってみました。

1.まず、you-tubeで「雨降る湖南線」を検索すると各種て出てくるので、
2.ハングルのタイトルついているのを探して、・・・・写真上
3.そのハングルのタイトルをweb検索のページの「コピー&張り付け」して、・・・
・・ここまでだと、出てくるのは曲の解説とかyou-tube、だけなんだろうけれど、

4.曲名+楽譜といれれは良いけれど、それにはハングルに翻訳しないとだめなんだけれど、・・・
5.面倒くさいから「題名+music seet」といれたら、
 あら不思議 ! 簡単に楽譜の「画像」が出てくるではありませんか。・・・写真下
 いちいちその国の言葉に翻訳しなくても・・・「music seet」で通じるのですね。
 へぇ-・・・・でした。いままで、なに苦労してたんだろう。

 実は昨日、こういう用途のために、 「楽譜・歌詞」をweb翻訳で textシートに何ケ国語かを作っておいて、いつでも「コピー・ペースト」できるようにしたばかりだったんです。

 そういえば、ユーロビジョンコンテストでも、ドイツ・フランス・スペイン・イタリア以外の国は英語で歌っているし、 なんか最近はロシアまで英語で歌っていたような・・・
 グローバル化に否定的な私的には(どうせ英語もできないから)納得いかないけれど、・・・たしかに、これでも探せてしまうんですね。

 これで、また、弾けもしないのに、楽譜だけが増えてしまいますね。
 教祖様、そして讃岐のアコ吉様、とても良いヒントありがとうございました。
 

  • [516]
  • 雨降る湖南線の、オリジナル題名をインターネット検索の鬼することから始めて手に入れます

  • 投稿者:I LOVE OCCULTO SECONDO
  • 投稿日:2015年 7月10日(金)05時19分21秒
 
今回も、いつものごとく
いきなりセクハラから始まりました。

観光地でさあ、I LOVE ROMA とか I LOVE NYとか、いろいろTシャツうってるのん、みんなしってる??・・・アイラヴナポリみたことないから、ぜひじぶんでそのTシャツつくりたいって、ひそかにたくらんでます。

こういう検索技は、きっといつもtachinon氏がわけのわからんロシア民謡譜面探しでいつもやってるとおもうけど。

今回はわりとかんたんやった。曲名
???? ???
らしいことわかったから、なんか、こんな文字じゃあ作曲家の名前の発音すらわからんで、、いろんな残念さは残るけど、まあ、しょおないよねえ、一人の人間が全世界の言語の意味わかることができる時代が来れば、各国の文化、歴史、人間性の違いなど、もっとすんなり理解しあうことができるのに。

ほんでさあ
???? ??? music sheetって入れたら、いきなり無料楽譜でてきたもん、こんなんでいい??

5線紙と書くもん持って、なんでも音取りから始める橋の上の男は、、頭ダイアモンドみたいに硬い世間に出回ってる譜面見ること一生ないんか??ゆうたらおおまちがいでそおではないねんでえ。

とーぜん、自分で音聞きながら取る、けど、もし、世間に出回ってる譜面見ることもできるんやったら、必ず見てみて、自分の音とり結果との違い比較して、いろんな勉強してるんよ。

たとえば、

ここんとこを簡略化して誰でもひきやすいようにやさしくしてあるなあとか、

うわ~、この人、絶対時間に追われて写譜してらあ、細かいとこがぜんぜんなってない、。。。とか、

なかなかうまいこと楽器に合わせたふめんつくってるよなあ、、とか

・ ・・・とにかく、ほかの人が作った譜面見てみんのもすっごい、自分の進歩につながるからね。

と、ゆうわけで、讃岐の光源氏氏くらいの立派に人生を積み上げたの年齢になれば、、もう音とりからはじめるなんて、時間のむだもはなはだしい!!

でも、讃岐の光源氏氏は、譜面読めるんなら、音楽理解媒体が断然有利であることはゆうまでもないから、ネットで手に入る弾きたい譜面があるんやったら、どんどん利用しよう!!!!

これからも、弾きたい曲、譜面みつからんで困るんやったら、ぜひご相談ください!!!
いつも、全面的に協力手助けしたいです、

だって、一人の人が自分の弾きたい好きな曲弾くことができる、そんなすばらしい幸せ、なかなか誰でも味わうことできへんからね、その手助け、ちょとでもできるんなら、やりたいもん。





  • [515]
  • 韓国歌謡の楽譜

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年 7月 9日(木)22時55分54秒
 
you tubeで「雨降る湖南線」のアコーディオン演奏を聴き気に入ったのですが

この曲の楽譜はどうすれば入手できるのでしょうか?

  • [514]
  • 軍歌に対する貴重なご意見に深謝

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年 7月 5日(日)22時16分17秒
 
オカルトマニア1号様、tachinon様、川井様、笑星様、オカルトマニア2号様

皆様から寄せられたご意見、とてもありがたく読み返しております。

私は終戦の翌年に小学校へ入学した74歳の高齢者ですが軍歌を歌って出征兵士を

送り出したという状況等の記憶は全くありません。

「戦友」「露営の歌」「麦と兵隊」「暁に祈る」「若鷲の歌」「同期の桜」

どの歌を聴いてもなんだか悲しみを秘めた哀しい響きを感じてしまいます。

軍歌にはなぜ短調が多いのでしょうか。

「妻や子がちぎれるほどに振った旗」・・・・送る人、送られる人、ここに笑顔はあったのでしょうか。

皆様方から寄せられたご意見を拝見し、私なりに自分の思いを整理してみました。

今の時代にあって軍歌は戦争を煽るものではなく戦争の悲惨さを伝える歌である。

軍歌は決して忘れてはならない、むしろ反戦の歌として歌い継がれるべきである。

正しいかどうか分りませんが、今このような思いがしております。

人の前で軍歌を伴奏するような場合には「今の平和に感謝し、戦争がおこらないように祈って

歌いましょう」とよびかけたいと思います。

皆様方からはいつもいつも丁寧に ノウハウ、知識、考え、感想等を教えていただきどんなに助かっているか

感謝にたえません。本掲示板は私にとって偉大なる教師であります。皆様ありがとうございます。


  • [513]
  • 伴奏者のスタンス

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2015年 7月 5日(日)08時24分7秒
 
オカルトマニア2号様の仰るとおりだと思います。
私も伴奏時、あらかじめ曲はリストアップしていますが、プログラム通りに弾くのではありません。その場その場で、利用者さんたちと会話しながら、それではこの歌も、ということが多いです。
お一人お一人の表情を観察することも欠かせません。知らない施設や、新しい地域の自治会、などに伺う時は、無難な路線で行きます。
利用者さんのアセスメントがしっかり自分の中でできていれば、思い切って軍歌にも行ける、と思います。

「海ゆかば」は、やはり特別な歌だと思います。これは私個人にとっても特別なので、ほとんど弾くことはありません。けれども大切な歌ではあります。私の父は、クリスチャンではありましたが、葬送の最後にこの歌を歌って、送り出してほしい、と願ったのです。
鎮魂の歌ですから、場面は選ぶと思います。

  • [512]
  • とても悩むところです。

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2015年 7月 5日(日)02時40分23秒
 
リクエストであるのなら、私なら歌うと思います。
ただ、皆さんの表情をよく見て、お一人でも明らかにお辛そうだったり、
「そんな歌、歌えない」とおっしゃる方がいらっしゃれば、みなさんにお声かけをして
やめておくこともあります。

笑星さんが言われたように、涙されることはすべてが負ではないと思います。
軍歌に限らず涙された時は、必ずお声かけしたあと、2~3曲は明るい歌を歌い、心を晴れやかにして帰って頂きたいので、リクエスト曲を最後にするのではなく、終曲をこちらで決めておくといいかと思います。

愛国行進曲や、ラバウル小唄は女性からリクエストされ、活き活きと歌われました。ラバウル小唄では、こうしてハンカチを振って兵隊さんを見送ったと話されました。

今月に入って、海にちなんだ歌をたくさんお持ちして、みなさんに「海といえばどんな歌がありますか」と尋ねたところ、「海ゆかば」という歌を教えて頂きました。その方は兵隊さんに行っていた時のことを話され、大きな声で歌われました。
私はこの歌を知らなかったのですが、家に帰って調べてみたら、それはそれは、感動の、涙あふれる素晴らしい歌でした。
伊藤久男さんの力強い、荘厳な歌でした。

日本人として、この歌、残していきたいと・・・。
残していかなければいけないのではないでしょうか。

詩は大伴家持が時の天皇に献上した和歌であり、戦前、信時潔さんが万葉集に楽曲をつけられた時のひとつだったそうです。

それは、出征兵士を送る歌として歌われ、戦争で玉砕して敗れた時の大本営発表の前に流れるテーマ曲であったと。

海ゆかば 水漬く屍
山ゆかば 草むす屍
大君の邊にこそ死なめ
かえりみはせじ


戦争を体験していない私が、いい加減な気持ちで歌ってはいけない、そう思っています。
今はインターネットの普及で、歌について一生懸命調べています。
歌や映像をたくさん視聴します。その歌にまつわる事柄を探します。
以前、川井さんにも言われました。共感することなんてできないと。
できなくても、少しでも寄り添いたいと思います。
命をかけてこの国を守った方々の思い、真の強さ、苦しみ、その涙
全てをできる限り伝承していきたいと。





  • [511]
  • Re:私の場合

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2015年 7月 5日(日)00時24分32秒
 
リクエストがあれば、軍歌も弾いていますし、歌ってもいます。
皆さんがおっしゃるように、簡単に割り切れるものではないと、確かに思います。けれども、それは、その方の生きた時代の歌だと思うのです。
高齢者の方にとって、その歌を聞いたとき、よみがえるものは様々でしょう。辛い思い、苦しみ、嘆き、怒り、といった、負の感情も現れるかもしれません。

それでも、私は、介護職という立場から申し上げて、そういった感情の蘇生も、一概に悪いとは思えないのです。
また、経験上、軍歌や戦時歌謡を歌うと、みなさん若き日の歌ですから、歌詞もスラスラと出てきます。表情は生き生きとします。涙を浮かべる方もいらっしゃいますが、必ずしも辛い涙だけではないように思われます。

「あの時代に歌った歌」なのだと思います。精一杯に生きていた、あの日々。あの時の風、流した汗、ともに笑ったあの人の顔。「戦争」だけでなく、その時代の「生活」もよみがえるのだと思います。
これが、音楽の持つ力の一つだと、私は思っています。

もうお亡くなりになりましたが、長くシベリア抑留生活を送られた男性がおられました。奥様も満州から体に泥を塗り、髪も坊主にして、乳呑児たちを抱えて帰国途中、三人のお子様のうち、二人を亡くされたのでした。けれども、そのご夫婦が歌われた「異国の丘」を私は忘れることが出来ません。
「異国の丘」を弾く時には、その方々に思いを馳せます。

「鐘の鳴る丘」は私の母に教えられました。母も保母でしたが、戦後、戦災孤児の施設で働いていました。のみ、シラミの駆除から、子守唄を歌って寝かしつけるまで。時を忘れて子供たちと過ごしたと。その歌が「鐘の鳴る丘」でした。

叔母は、「里の秋」を歌って、「ああ 父さんよ ご無事でと」のところで涙ぐんでいました。

私のように、戦後に生まれた世代が、分かったようなつもりで歌ってはいけないのだとは思います。けれども、戦争を体験された方々の「時代」の歌を、今、生きておられるうちに一緒に歌いたい、と思います。消えゆく歌、かもしれません。それでも、ご高齢の方にとっては、「私たちの時代の」歌なのではないでしょうか。

こういった考えで、私はためらわず歌うようにしています。その時に、負の反応が出たとしたら、しっかりとそこに寄り添うつもりです。(今までは、そういうことはありませんでしたが)




  • [510]
  • 二等兵物語

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月 4日(土)16時27分7秒
 
面白おかしく描かれていますが、これでも相当ひどいけど、現実はこんなものではなかった。 もっとむごく、残酷で、非情なものだった。
こんな時代が二度とこないことを祈ります。

https://www.youtube.com/watch?v=oOorVxMrhpM

これを懐かしむか? でも、そんな時代にしか生きられなかった人には、この時代しかないのです。 

  • [509]
  • 軍歌、それは微妙だが、100%否定もしたくない

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 7月 4日(土)09時32分7秒
 
世界に先駆けて、チャラメルやドラムを使い、音楽で兵を鼓舞し、敵に恐怖を与える作戦にでたのはオスマントルコが初めだったとも言われている。 モーツァルトの行進曲にトルコ行進曲と命名されているのもなにがしかの縁もあるようだ。
戦争となれば生死をかけての戦いだから、すべてが動員される。 音楽もそうだったということだ。 だから、音楽はそれ自身の持つ人への影響力を買われて、あるいは利用されて、戦争にもいろいろな面で使われた。前線での兵士の鼓舞、銃後の守りの教育とプロパガンダ。
戦争はまっぴらだが、世界からなくならない戦争。 つい、このページでも政治の話をしたくもなるが、それは我慢して、あー、でも、我慢しずらい。。。
せめて言論の自由がまだ残されているうちに、言うとすれば、そんな戦争(つまり政治)に利用された音楽だから、そんな音楽は二度と聞きたくないという人がいて当然だし、若いころを戦争に巻き込まれた人には、歌といえばそんな歌しかなかった。
失われた時代のせめてものいい思い出の糸口となる歌まで禁止することもこれも残酷なことだ。 そんな時代の歌を口ずさむこと自体が、戦争礼賛と思われてしまうことの残酷さだ。
ましてや、戦争で家族、友人・知人、親族などをなくした人の気持ちは、自分の中ですら、戦中の音楽に対する懐かしさと口惜しさが入り混じるであろう。それこそ悲惨なのだ。
だから、みんなで歌いたい気持ちと、歌いたくない気持ちと、そっと自分で聴いて、懐かしさと口惜しさと悲しさを味わうこともあるのだろう。
それが戦争だ。 戦争はいけない! 音楽も犠牲者なのだ。 そんな音楽は、同時のその時代の懐かしさを伝えてくれる役割をする場合もあり、音楽に罪は無い。 いや、音楽が若人を戦地に送り、町内会が兵役拒否の若人を探しだし、下手人となってきた事実も曲げられない事実だ。
それも含めて音楽は犠牲者でもあり、危険な加害者にもなるのだ。 それも戦争のせいだ! 戦争は絶対にいけない!

今はもうなくなっている父も戦争体験者ですが、青春時代を戦争に巻き込まれ、もてあそばれた世代でした。 戦争さえなかったらどんなによかったでしょう。軍歌を聞くときもありましたが、やはり多くは語りませんでした。 語りきれないなにかがあるのだと感じました。
それは多くの人の間で今でも残っている爪痕なのです。 実際に昭和22年、戦後に埋まれば僕の心にさえ残っている傷なのです。

戦時中にわずかに残された明るい希望に満ちた歌、童謡、そんなものが人々の心にわずかにともったともしびだったのでしょう。

月月火水木金金、加藤隼戦闘隊、落下傘の唄、ラバウル小唄、などなど、それを懐かしむ人々、特にその時代に生きた人たちには禁止もできないし、逆に2度と聴きたくない人も当然多くいるわけです。

むずかしい。。。

行進曲そのものが隊列を組み行進するための曲であり、勇気を鼓舞し、死への恐怖を麻痺させる音楽である以上、その目的のために使用されるわけですが、それを純粋な音楽として楽しめるという部分もある。
アメリカのスーザの行進曲の名曲の数々もすばらしいし、フランスの国家ラ・マルセイエーズはもともとライン川に近いところの軍隊のためにかかれた行進曲だ。
ドイツのマーチ、Hochheidecksburgは僕も大好きな曲だ。 同じドイツのタイケ作曲「旧友」Alte Kameradenはナチスドイツとは全く関係なく作曲された曲だが、近隣諸国がこれを聞けば身の毛もよだつ。

前に何度かご紹介をしたが、ナチスドイツに蹂躙されたオランダの楽団、Andre Rieuが400人以上のブラスバンド参加者を呼んでオランダのコンサートでこの旧友を演奏した時の様子を見ると、ヨーロッパの人々はようやく前の戦争のこころの傷を乗り越えて、その音楽そのものを楽しめるようになってきたのかな、と、うらやましく思えたことがあった。
でも、それももしかしたらごく一部の人たちだけのことかもしれない。

実際は、まだ、Alte Kameradenがかかれば、この次はイタリア抜きでやるぞなどと豪語するドイツ人に合うこともあるし、100%戦争の傷跡が抜けたわけではない。

また、我々も結果として近隣諸国の人々につらい思いをさせた部分があったことも忘れてはならないだろう。 でも、そんな近隣諸国の人も軍歌を懐かしむ場合もある。 その時代に生きていたからだ。

讃岐のアコ吉さんの投げたご質問は古くて新しい、難しい問題ですね。 自分としてはその辺のことを理解したうえで、軍歌には向かい合おうと思います。




  • [508]
  • Re ・・・私の場合

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2015年 7月 3日(金)22時17分15秒
 
 戦争が終わって、中国大陸に行っていた私の父親になる人が帰ってきて、私の母となる人と結婚して、最初の子供を病気で亡くし、2番目に埋まれたのが私でした。終戦からまだ10年も経っていない時代です。仙台市内にも占領軍(米軍)も駐屯していたとのことでした。

父はから中国大陸での戦争の悲惨な残酷な話も聞かされました。そんな父は軍歌を歌ことはありませんでした。

母は、私にラジオから流れる童謡を聴かせて歌ってくれたそうです。「緑の丘の赤い屋根 とんがり帽子の時計台・・・」を何度もラジオで聞いた記憶があります。
 歌は、メロディだけで情景を思い起こさせるものもあれば、「詞」が重要なものもあります。

 私は、軍歌に限らず無邪気に、歌の背景も知らずに歌いたくはない、とおもつています。また、その伴奏も(下手なことはこの際棚に上げて)したくはないです。
たとえ、弾いて、といわれても(実際弾けないので)「下手だから簡単な童謡と文部省唱歌しか弾けないです」と言って、逃げてしまうでしょう。実際、童謡も正しく弾けないのですがね。

 でも、外国からきた曲の場合、(最近はネットで自動翻訳もあるので、それなりに調べることはできるようにはなったけれど、)歌のできた背景までは、わからないものもけっこうありますね。

 元歌が外国の「戦時歌謡」だけれども、日本語詞はその影を全く消してしまっているものもあるとのこと。

 アマチュアの特権として、「嫌いな歌は歌わない」ということもできると思います。

 讃岐のアコ吉様の生まれた年代と、育った環境がどのようなものかは存じ上げませんが、自分の思想・心情と矛盾がなければ、歌ってもよろしいとおもいます。


 音楽は、ときとして、ものすごい武器になることもあります。
 明治初期に学校教育に音楽が取り入れられたのも、そういう観点からの考えも含まれていた・・ということを読んだことがあります。


・・・・と書いてはみたものの、無節操な私は、無邪気に、外国の戦時歌謡あたりを、ひとりで弾いたりするんですね・・・・。

http://music.ap.teacup.com/tachinon/


  • [507]
  • この件に関してはオカルト妹が大経験者だ!!

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2015年 7月 3日(金)22時12分23秒
 
軍歌は昔パチンコ屋さんでしか聴くことなかったぐらいの感覚やから、そのパチンコ屋さんもにおいがたまらんく嫌いで、2かいくらいしかいかへんかったなあ、そやから、今までほとんど軍歌に接したためしがない。

とにかく、毎日の実践で軍歌に関してどう扱うか痛くつらく泣くほどよおわかってる妹が、最大のアドヴァイスしてくれるはずと思うけど、そのオカルト妹が昔教えてくれた、軍歌ではないけど、きしゃぽっぽの戦争中のオリジナル歌詞、今では知らん人も結構いてるやろうと思うし、(もちろんぼくもしらんかったし)転載します。

う~ん、想像するだけで、、かなりつらいよねえこういうのん。

作詞:富原 薫
作曲:草川 信
歌唱:川田正子
(一)
汽車汽車 ポッポポッポ
シュッポシュッポ シュッポッポウ
兵隊さんを乗せて
シュッポシュッポ シュッポッポウ
僕等も手に手に日の丸の
旗を振り振り送りませう
萬歳 萬歳 萬歳
兵隊さん兵隊さん 萬々歳

(二 )
汽車汽車 來る來る
シュッポシュッポ シュッポッポウ
兵隊さんを乗せて
シュッポシュッポ シュッポッポウ
窓からヒラヒラ日の丸の
旗を振ってく兵隊さん
萬歳 萬歳 萬歳
兵隊さん兵隊さん 萬々歳

(三)
汽車汽車行く行く
シュッポシュッポ シュッポッポウ
兵隊さんを乗せて
シュッポシュッポ シュッポッポウ
まだまだヒラヒラ日の丸の
旗が見えるよ汽車の窓
萬歳 萬歳 萬歳
兵隊さん兵隊さん 萬々歳


  • [506]
  • 軍歌はどうされてますか

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年 7月 3日(金)21時08分1秒
 
歌声のあつまりで軍歌のリクエストがあれば取り上げてみんなで歌ってなにも問題ない感じですが

老人施設への訪問演奏ではリクエストに応えて軍歌の伴奏すると高齢男性は一段と大きな声で張り切ってうたわれます。

でもその一方、涙をポロポロ流される高齢ご婦人がいらっしゃいます。

なんだか複雑な気持ちになってしまいます。

軍歌の扱いについて皆さんはどのようにされてますか?


  • [505]
  • 個人レッスンでの体験でした

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2015年 6月30日(火)19時04分46秒
 
 先日東京から来られた先生に個人レッスンを受ける機会に恵まれました。まっさらな楽譜を持参したのでしたが、「まづ 歌ってみてください」と指示されて、歌詞が書いていない楽譜だつたもので、途中から「ら ~ ら ~」とまったく情けない状況でした。歌詞のフレーズの中での膨らみの付け方 フレーズの最後の終わり方 べローの操作 左のボタンの打ち方 など
今までの先生には指導されていなかった内容で、もうすっかり。。(?)

リードオルガン奏法では打鍵の音はタブーで鍵盤から手を離さないで指をずらして音を切らないように、運指奏法をひたすら心がけます。
この奏法ができないとぽつんぽつんときれたつまらない演奏になってしまいます。

 ビアノ式アコの鍵盤はリードオルガンと全く同じ奏法ですよね。
しかし左のボタンは鍵盤とは違うので、ボタンの周りの板を指で感じるほどにしっかりと押さえることも今回の指導内容でした。
ベースボタンはある程度しっかり聞こえても、コードは静かに押さえること、これが難しくて今でもできません。

 その後日 柴崎和圭先生の演奏をそば近くでお聴きし、全て計算されたすきのない演奏(主人の感想です)に、感動 感激。表情たっぷりで甘く切ない演奏で、さすがイタリアでのアココンクールの審査員になられる方なのだと思いました。

  • [504]
  • と~ぜん、左指のボタンたたく勢いと、蛇腹動かす勢いは別もんやから、

  • 投稿者:ピッツァ評論家
  • 投稿日:2015年 6月30日(火)16時29分8秒
 
左指のボタンたたく勢いに対して、蛇腹あんまし速く動かしてなかったら、つまり、リードから出る音量がちいさければ、左指のボタンたたくパチパチの音は良く聞こえる。そお思うと、どちらか?とゆえば、久保氏の演奏ビデオは、左指のボタンたたくパチパチ野勢いに比べると、やや、蛇腹開閉パワーがおとなしいとゆえるが、ビデオカメラのマイクの指向特性のこともあり、楽器の音の録音って難しいよね。

そやから、まあ ほぼ野外でしか演奏してない、いつも、フルパワー演奏のぼくの場合は、左指のボタンたたくパチパチの音が、聞こえにくいのはとーぜんのことだ。

しかしながら、予言者ピロシーストラ氏の指摘にもあるように左指のボタンたたくパチパチの音も、アコーディオンらしい生き生きした音であることは間違いない、もちろん右指の、鍵盤たたくときの雑音もそうだ。

ローランド社のシュミレーション機械を含む、各社『ディジタルアコーディオン』は、いまだにまだ、このボタンたたく音、鍵盤たたく音までは録音したシュミレーション音をださないゆえ音色が雑音なしのあんまりにも透き通ってて、YOUTUBEなどの、どっちみちスピーカーから出てくる音を聴いてる場合でも、アコースティックアコーディオンの音に対して、ディジタルアコーディオンの音は、どことなく、アコースティックぽくなく聞こえるわけだ。


  • [503]
  • 左手打音についてのコメントありがとうございます

  • 投稿者:讃岐アコ吉
  • 投稿日:2015年 6月29日(月)22時46分46秒
 
演奏に対する感じ方も人によって違いがあって面白いですね。

早速1号様のご提案を試してみました。

ジャバラを留めて音が出ない状態で思いっきりベースボタンを上から勢いをつけて打ってみました。

いろんな音がでますが一番大きな音はパチンという音です。

よく観察してみましたがこの音はボタンが押されてなにかに当たって出る音ではないようです?

私の感じでは指が勢いよくボタンに当たったときに発する音みたいなんですが?

それにしても久保先生の左手の弾き方は豪快ですね。生徒さんに教えるときに

「左手はこのようにしっかりと打って下さい」と見本を示されているのではないでしょうか?

私個人としましては1号様やカブトガニ様にみられるようなスムースな動きで正確に発音できれば

いいのではないかと思っておりますが・・・。



  • [502]
  • そうなんだ・・・・ オカルト2号様ヒントをありがとうございます。

  • 投稿者:かちそくにみらみ
  • 投稿日:2015年 6月28日(日)17時04分41秒
 
tachinonと打とうとしたら英数モードになってなくて「かちそくにみらみ」になってしまったtachinonです。
梅棹忠雄先生の知的生産の技術に憧れて、ひらかなタイプライターで覚えてるので、ひらかな打ちなのです。
オカルト2号様の書込み・・・・
>私は今、1時間のレッスンでひたすらメトロノームに合わせて指のための基礎練習をしています。
「あなたね、ベースとコードの同時押しだと、ベース音の方はちゃんと下まで押せてないよ」

そうなんですね。機械のうつ正確なリズムに合わせて「指のための基礎連」をもっとやらないといけないのですね。
最近、ゼンマイ式のメトロノームは、お蔵入りで、シーケンサーでリズム打ちさせてそれに合わせてる練習も一寸だけしてるのですが、・・・
どちらかっていうと「リズムボックス」的な使い方をしているので、本当に単純に頭だけをとって、スケール練習やら、分散和音練習をしないといけないのですね。

やっぱりプロの人は、基本をきちんと押さえているのですね。
・・ついついいい加減に楽な方を選んでしまう私・・・・
教祖様からも応援いただいたイベントが終わったので、(失敗ばかりで、恥ずかしくて報告できませんでした。)少しだけでも、メトロノーム(或はリズムボックスの類)でスケール練習と分散和音練習やらなくちゃ・・・・。

それにしても、こういうとても重要なヒントが、さらりと書き込まれているところがこの掲示板の有難味ですね。


  • [501]
  • 久保先生のランバダ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 6月28日(日)14時42分0秒
 
のりのりの演奏、伊ですねぇ。 ベースのばちばちの音がダンスフロアに響く靴の音のように聞こえて、かえってリズミカルでいい感じにも聞こえます。 いっそのこと、結いに鈴をつけたりしてならすのも面白いかも、などと思ってしまいました。
https://www.youtube.com/watch?v=SalXJ_1sP4Y
楽器の特性というよりも年代の問題なのではないかという気がしますが、ベースのメカにもいろいろあり、メカの構造上の影響もぬぐいきれない気がする。



レンタル掲示板