• [0]
  • アコ上達のヒント

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 6月 5日(火)01時10分10秒
 
旧、森のくまさん(現、さぬきのアコ吉さん)のリクエストにお応えして開設します。 あゝ、そうだったのか! それが知りたかった! なんて情報が出てくるといいですね。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [650]
  • そういえば

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2020年 2月19日(水)06時53分7秒
 
以前から、出禁の怪しげな投稿が多く、そんな投稿が自動削除されるたびに、特に書き込みが無くても、話題の順番が入れ替わったりすることがありますが、たまたま、爪を切りながら、思い出したので、書き込みたいと思います。

アコを愛する人は、爪を切りましょう。 鍵盤を気づつけないためです。 そうでないと、本来、指の先端で押すべき鍵盤を、指先のおなかで弾くことになってしまいます。 まぁ、それでも弾けないことはないのですが。。。

あと、やはり、アコは重いので、筋トレは必須です。 そうでないと、演奏に強弱のメリハリが出ないだけでなく、背骨や腰を痛めます。

あと、重いアコをずーっと背負うというか、抱っこしていると、肩にベルトの重さが加わり、鎖骨神経が圧迫され、最悪の場合、両手・両腕の神経がやられえてしまい、ワンゲルクラブや登山家などが陥る、両腕脱力症(という病名があるかどうか不明ですが)になり、結局アコが弾けなくなるという大悲劇につながります。
ですので、アコの練習も、ほどほどにして、時々休憩して、肩をぐるぐる回して、神経を圧迫から解放してあげる必要があります。

ある程度の年齢に達したら、無理をせずに、高級だけど、でかくて重いアコはあきらめて、若い人に譲って、自らは小さくてもそこそこいい音のでるアコに乗り換えるのが、アコを人生の最後まで楽しめることになるので、非常によろしいと思います。

と、爪を切りながら、ふと思い出したことでした。 もっとも、そんなことをふと思い出して、私が爪を切っていた、パソコンのキーボードをたたいていたら、指先ではなく、指のおなかでたたいていたからでした。

  • [646]
  • あ、そうそう、楽しさ倍増=練習倍増でしたね!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2019年 1月16日(水)18時42分30秒
 
まさに、それですね。 アコーディオンがいい音色だったり、気分転換にいろいろなアコが弾けたりして、楽しさが持続すると、当然ながら、うれしさが増し、練習量が増えますね。
だから、うまくなる。
いいアコーディオンを持つとうまくなる、というのは本当だと思います。
逆に、お手軽なアコだと、わりとすぐに飽きちゃうので、やっぱり興味が減る。だからうまくならないうちにやめちゃう。 なんてことも多いようです。
ただ、そんなお手軽アコも、うまくなってから弾くと、始めたころのがっかり感よりは、軽快で軽いアコをぶん回して弾けるという楽しみに変わるので、その、つらい時期を過ぎることができれば、お安いお手軽アコも、あとから再登場、出番が回ってくることがあります。
ただ、挫折の原因にもなりかねないので、アコを始めるひとは、できることなら、ご予算にちょっとだけでも背伸びをして、少しでも、ワングレードだけでも上のモデルをお買い求めになることをお勧めしたいです。
で、いろいろなアコがあることがわかってきたら、気分転換に、ちょっと別のタイプのアコも追加してあげたりすると、楽しさ倍増=練習倍増、という、讃岐のアコ吉さんの方程式が理解できるようになると思います。

  • [645]
  • アコ三昧

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2019年 1月14日(月)00時49分28秒
 
大間のマグロを3億円で競り落としたすし三昧がありましたが、讃岐のアコ吉様はさらに楽しいアコ三昧ですね。
アコの種類の違いを気分に合わせて選べるというのは、はっきり言って、「快感」ですね。 正式に浮気を許された気分。 不倫は文化とのたまった石田純一氏とはことなり、アコについては、浮気は、認められています。
大型のチャンバーアコのサウンドの深みもいいし、軽快な小型アコの純情な(?)サウンドもかわいいし、また、その軽さがうれしいですね。 ナナハンバイクからスーパーカブに乗り換えてみると、カブのスピードの遅さよりもその軽快で自由な気分がうれしい、なんてのにも似てます。 音色の違い、重量、弾き心地、どのアコにもそれぞれ魅力があり、どれもかわいいですね。
一夫多アコ、OK!

  • [644]
  • 楽しさ倍増=練習倍増

  • 投稿者:讃岐のアコ吉
  • 投稿日:2019年 1月10日(木)20時46分41秒
 
アコほど機種によって音色の違いが感じられる楽器は少ないですね。

クリーン、ソフト、繊細、芳醇、甘口、辛口、チャンバー有り無し等々。

ミュゼットの音色も機種毎に全然違いますね。

練習していてもアコを取り替えると音色が変わって新鮮な気分でさらに練習できます。

今度はこのアコに変えて練習しようと思うだけでワクワクします。

アコはできるだけたくさんあればその分楽しさが増えます。

私は身分不相応に何台か所有しておりますが高齢であるため上達にはあまり

期待が持てずただ音色の違いを楽しんでいる現状です


レンタル掲示板