投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [306]
  • 信州人様、ようこそ!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2017年 8月31日(木)19時23分10秒
 
ご投稿を鶴首しておりました。 ようこそ、この掲示板へ。 ぜひ、アコファン、Brandoniファンの方と、情報を交換してください。
Brandoni 251Wは数あるBrandoniアコの中でも、最高級グレードのアコーディオンです。
その音色はまさに信州人様のご感想のとおりだと思います。
熟成された「楽器」という総合点で高い評価をいただいているBrandoni社のアコの中でも、ひときわその存在が際立つモデルだと思います。

私も現品到着後、入荷検査をかねて音を出してみましたが、やはり信州人様の表現の通りであり、さらに、HMMLのTuttiで鳴らせば、轟音とは言わないまでも迫力のある骨太のサウンドが響き渡る。
車で言えば、MercedesかBMWのV6やV8エンジンの高級車の乗り心地と操縦性、という雰囲気(そんな車には乗ったことはないのですが)を思い起こさせる迫力と快適さです。

で、MMでは、ピアニッシモでも人を泣かせるだけの味と表現力がある。

別に、サーキットで競争して優勝を狙うことはないわけで、このアコの重厚にして繊細なサウンド弾き心地を楽しみながら、練習をすれば、練習そのものが大ごちそう。 そのサウンドが美味しい。
だ・か・ら、上達も早いし、聴く人を感動させることができる。 いい音を聴かせてあげることができる。

今、お一人、予定していた小型軽量アコを弾き比べにお越しいただいている間に、信州人様が試奏なさったあのBrandoni 147W Special 38/120 MMMLのピアノタイプアコを試奏なさり、もともと購入を考えていた、小型軽量明るい波ありアコの購入をいったん保留にして、うれしい迷いと混乱のさなかにいらっしゃる方がいます。
もちろんご予算もあることなので、だれでも信州人様と同じ思いができるというわけではないとは思いますが、長いようで結構短い人生、素晴らしいアコと暮らせるのは、幸せの人生の半分は約束されたようなものだと思います。

ぜひ、Brandoni Model 251Wをかわいがって、毎日、できるだけ長く触ってあげて、鳴らしてあげてください。このリードは毎日3-4時間欠かさずに弾いて、半年から1年ほどすればリードが徐々になじんで、さらに繊細なレスポンスになる高級リードです。 腕前の上達とリードの熟成により、半年後、一年後には間違いなく、あぁ、このアコで本当に良かったんだ! という実感が、すでにおありかとは思いますが、さらに強まると思います。