投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [314]
  • Fisitalia Superton Classic Special

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2018年 6月 3日(日)22時26分27秒
 
FisitaliaのトップモデルSupertonシリーズのClassicモデルにSpecialがつくそのわけは、もともとLMチャンバー、Hand Made Reedのプロ用高級モデルであるだけでなく、さまざまなOptionが施されているからです。
まずは、ベース側が3・3のフレンチタイプ。 すなわち、ベース音3列とコード列が3列となり、ベース3列により、ベースでのメロディー演奏の幅がかなり広がる、ということになるのかな。 で、ベースの最低音をMiにしたのも特注でした。
トレブル側では右手のひらでTuttiを押すパームスイッチを排して軽量化を図るとともに、顎スイッチ(Chin register)を3つ設定。 ベースボタンヘッドのマーキング個所も増やして、確実なベース演奏を可能にしてあります。
外観では特に大幅な変更を加えていないものの、中身をかなりSpecialにしてあることから、このモデル名となっています。
HMMLのMMずらしははっきりとしたDryサウンドで、Hand Made Reedの品質で聴かせる、つまり、MMずらしのしゃらしゃら音でごまかさない骨太のサウンドが飛び出します。

こちらはピアノ、シンセ、オルガン、その他様々な楽器を経て、ついにアコにたどり着いた横浜の音楽家の方のアコ第一号として迎えていただきました。 音楽を知り尽くした方ならでのさまざまな特注であったとも言えるでしょう。また、アコ第一号からして、この素晴らしい仕様のアコをご注文なさるのも、やはり音楽を知り尽くしているため、ともいえるのではないかと思います。
やがて、こちらの掲示板にもご参加をいただけるようにお待ちしております。