【重要】teacup. byGMOのサービス終了について


  • [0]
  • なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2012年 9月 2日(日)19時04分45秒
 
アコだけが人生では無い。 アコを弾くのは人間だ。 人間として生まれた以上、108の煩悩があり、痛みがあり、苦しみや、怒りや、喜びがある。 アコだけにかかわってばかりはいられない。 ちょっと、アコ仲間に訊いてみたいアコに関係の無い話。 旅行、事故、失せ物、失恋、なんでも書いてちょんまげのコーナー。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [100]
  • 今日は台湾

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2015年 4月27日(月)20時10分24秒
 
   台湾の桃園市という台湾第6の都市に来ています。 取引先の若い担当者にお昼ご飯をごちになることになり、Beef Nudel食うか? というので、うまそうだな、と思い、お願いしました。
店構えは、だいたいどこも、屋台に毛が生えたような、という感じの店がほとんどですが、味はおいしい。 味付けは薬膳というか、薬湯みたいな匂いのするスープで、お風呂のお湯を飲んでいるような気がしないでもないが、だんだんとおいしくなる。
おかずというかつまみというか、肉類が並んでいたので、それも頼むと、細かく切ってお皿に盛り合わせくれました。 一番目の写真は牛の胃袋の下にある部分だ、内臓の名前を忘れた、というので、十二指腸か膵臓か、と思っていましたが、味はおいしい。 店のおばはんもこれは日本人がとても好きだ、といっていた。
2番目の写真は牛の胃。 三番目の写真は豚の耳。
で、ずいぶんと食べ進み、終わりに近くなること、この友人が一番目の写真は胃の下ではなく、大腸の下の、一番終わりの部分だと訂正するので、要は直腸。 え、うxちを絞り出す部分なのね? うーん、ほとんど食べ終わってから言ってくれてありがとう。 できれば明日言ってほしかった。 内臓の内部はきれいに洗ってあったんだろうねー、ほんとうに。  

  • [99]
  • 絵描きさんの絵

  • 投稿者:千明
  • 投稿日:2014年12月 3日(水)20時56分25秒
 
私はレベルが低いので大したことはわからないんですけど、
この絵は素敵だと思います。空は描いていないけど、きっと青空の色が地面に映った、穏やかな秋の日、アコーディオンと葉っぱの音の静かな道に見えます。私には。

『橋の上の男』は、とても絵になりますね。

  • [98]
  • サンドロチポッレッティ・・・・橋で抽象画を売る男

  • 投稿者:まだまだ歴史の浅い『橋の上の男』
  • 投稿日:2014年12月 1日(月)23時02分56秒
 
彼はぼくより橋の上の歴史が長いのだ。しかも彼のウェヴサイトSandro Cipolletti によると
彼が、売ってる場所は橋の上の73番地だそうです。。初めて知ったよ、ほいじゃあぼくが開店する場所はおおよそ62番地ですねえ。

描いて~~!!と頼んだのはもう1年以上前やったように思うけど、最近ドーユーわけか演奏中の写真とってるなあとおもてたら描いてきてくれたよ!
絵画はよおわからんし、彼の作品はなおさらわけわからんねんけど、たとえば手塚千明氏が見たりしたら感じるもんがだいぶちがうんやろうかなあ?まあとにかくぼくにとったら、同じ橋の上の芸術家が描いてくれた自分やから、、やっぱしとっても大事な宝物、そしてこんなオリジナルな宝物をコレクションできる自分は、とっても幸せな男なんだと思った。


  • [97]
  • 日本男子の昔ながらの魂を貫くこと

  • 投稿者:問題多い橋の上の男
  • 投稿日:2014年 9月10日(水)21時47分40秒
 
何度もゆーてるけどさあ、日本人観光客には、自分が日本人だってわかってほしいのは、まあ、ゆーてみたら、外国でがんばる日本人の姿を日本人に見てもらいたい、ゆう気持ちあるよね、だからこそ、無視されるのは悲しいけど、観光してる本人たちにとったらぜんぜん言葉わからん日本とは地球の反対側まで来て、歩いてる緊張度がすごいから、それもしかたないのはとーぜん。

ほいじゃあね、日本人からでなく世界の人々が、自分をどうとららえるか?とゆう次元になってかんがえてみると

外国に行ってみたことある人なら誰でもわかる、日本人であるとゆことが、ほかの国の人からみたらどれだけ信頼度高いか。

この記事みてえ!!
http://ameblo.jp/sandiegoroma/entry-11903216120.html

さて、最初に紹介されている、若者二人の、そのの写真でみえる、日本国旗でアピールしてるのわかる?

彼らは賢いとゆうか、ずるいとゆうか、まあ、外国生活すごい慣れてる証拠、さらに、この日本人であることアピールした人々にあたえる安心感は、たいへん有力な客寄せの手段にもなるわけだ。

そして、この記事を書いた本人(ローマでいけばな教えてる先生みたいです)が、まさしく書いてるように、橋の上の男の国籍は、見た目では完全に推測不明、もちろん、この彼女のような中国人説もあれば、ペルー、メキシコ、とゆう、中南米説も多い。

つまりなにがいいたいかとゆうと、すなわち
『国籍を売り物にせずに音楽演奏だけで勝負!』

最初に紹介されている、若者二人の日本国旗アピール方式、これはね、まさしく現代日本人らしい発想で
ぼくの感覚でゆうてみたら、はしのうえのおとこの国籍を売り物にせずに音楽演奏だけで勝負こそ、まさに、昔ながらの日本武士魂、

ずっと日本にいてたらもちろんぼくも、こんな発想なかったにちがいないよ。長年にわたる日本を離れての生活(あ、もちろん離れてるだけじゃなく四方山の女性関係のもつれと、その結末が起こした経済的貧困の苦労も、認めます)と、外国から日本を見つめる姿勢、それは、日本人魂を強くたくましくさせて鍛えるよやっぱし。

そしてもちろん、こんな自分のことAKKORDEONJP掲示板や、YOUTUBEを通して、橋の上にこれなくても日本からもいっぱい応援してくれる皆さんがいてくれること、とてもとても、心強いです、ありがとう。



  • [96]
  • FAO (Food and Agriculture Organization) 国際連合食糧農業機関

  • 投稿者:温泉マニア1号
  • 投稿日:2014年 6月18日(水)16時39分49秒
 
『共同浴場入口に一応「刺青の人お断り」とは書いてあったけれど』、、、たてまえであってもそういうことわりがきかいてあることは、わるいことじゃあないよねえ。

FAO本部はローマにあってね、ぼくの橋の古いお得意さんに、そのFAOで働くとっても上品な日本人女性が、いてるねんけどね、年齢はまあアラサーやとおもう。国際連合機関やから、ヤンキーみたいな従業員やとうことはないやろうけどさあ、

その彼女はいつもかならず
『がんばってくださいね 』って声をかけてコインいれてくれる。
つい先日の日曜は『 熱いから、がんばってくださいね 』ってゆうてくれてたけど、

ローマにもいよいよ夏が来てみんな露出度たこなってるやんかあ、ほんでここんとこ入れ墨の話題でさあ、ぼくも、きになっとったんかして、
もしや??????と思って通り過ぎていくそのFAOの彼女の大きく露出した背中見たら

、、、、、、、、、、その全面に、大きな入れ墨が!!!!!!!!!!!!!


うへ~~~~!!!
ところ変わればとはよーゆーたもんやけど、
この子も、自分同様、もう、日本で暮らす気~はこれっぽっちもないわけだあ。

ヴィオレッタさんの話ではワンポイント入れ墨が日本でも若者の間に流行しつつあるとゆうことみたいやけど、

、、、、確かに、論理的に考えれば、入れ墨と、犯罪や悪事とは、何の関連性もないゆえに、

公衆浴場やプールで、『入れ墨の人お断り』することは、間違った発想の根拠ではあるんやと思う。

たとえば職員採用面接でも、、『入れ墨の人お断り』は論理的には間違った発想の根拠ではあるんやと思う。


しかしながら、日本では昔から、やくざであるからこそ入れ墨をして、かたぎの連中との区別になり、やくざは、かたぎのもんのめいわくはかけへんようにして、、そういうう日本の風習、ならわし、てゆう文化があるわけやんかあ。
今回の入れ墨の件のごとく、そういう風習は、欧米とはだいぶ感覚の違うものであることも多かれ少なかれあるわけで、

もはや21世紀、グローヴァルな感覚ならばちょっとおかしい『入れ墨の人お断り』、、も、やはりそれは日本の大事な文化の一つの象徴であるわけやんかあ。
なにもかもが、、まあ、ゆうてみたらグローヴァルな感覚とゆうか、アメリカナイズとゆうかそういうのんが

日本の次世代を担う若者には
単に,あっさり時代の変貌だから、かわっていくんだよ、、
てゆううんではなくって、もっともっと、日本の古くから受け継がれ続けてきたものを、まず理解しようと試みたうえで、世界的な感覚を知って受け入れてほしいと思うねえ。



  • [95]
  • 共同浴場情報

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2014年 6月 5日(木)22時13分7秒
 
よく行っていた共同浴場では、入口に一応「刺青の人お断り」とは書いてあったけれど、入ってましたよ。
まあみなさん、特に普通にしてれば、目くじらを立てないとは思いますが、・・・男湯の場合ですので、・・・女湯の場合は入ったことがないのでわかりませんが、・・教条主義的な人がいると・・言われるかもしれませんね。
オルガンサロンNOELの近くに、(10Km圏内で)共同浴場の類は、A.T*2.R.Mと5か所はありますね。
こちらでは公衆浴場(沸し湯)は、なくなっていますが、温泉地の共同浴場は健在です。
山形県には「各市町村に必ず1つ」はありますね。(平成の大合併前時点でです)
残念ながら「混浴」はかなりレアですが、ないことはありません。

  • [94]
  • 減点一点6,000円でした

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2014年 6月 5日(木)18時08分22秒
 
これだけで分かるでしょう、私の悔しさが。

 そうなんですう。運転中の携帯電話でつかまってしまいました。警察官は電柱の陰にすっぽり隠れていたのです。噂には聞いていた場所なのでスピードは出していなかったので、赤い大きな旗をふって誘導されるまで気が付きませんでした。

 いろんな場所でレーダーを張っていますが、以前バイパスを走っていた時警察官は、なんとジンベイを着てイスに休んでいる姿だったのです。私たちの前を走っていた車がつかまりました。制服制帽でない警察官は公務ではないのではないか という疑問が残りましたが。

 蚊に食われるだろうに草ぼうぼうの中でレーダーを高く掲げていた姿も見ていますよ。

 我が家の筋向いの食堂には、ランチを食べにくる白バイさんたちが 陰の場所に白バイ5~6台横付けしています。今日も12時ちょっと前に4台の白バイを目撃しました。ランチ直後にその食堂から出動した白バイに、午後一番でつかまった大変お気の毒な方もいたようです。

 どうぞ 午後12~1時の間に我が家の近くを走るときはご注意くださいね。

http://www02.jet,ne.jp/~one-well


  • [93]
  • しかし、特にホラーマニアとゆうわけではない。

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2014年 6月 5日(木)15時58分55秒
 
ヴィオレッタさん、ありがとう。山梨県の温泉住所載ってるページもプリントしました。
全部もってって今度説明して、とりあえず、最低少なくともこの温泉やったら、入れるみたいやでってゆうてあげようとおもいます。

『共同浴場は全国各地、経営難や客足の遠のき、経営陣の高齢化等、様々な理由で、
どんどん店じまいしてるようです。』、、、この話もついでにしといたったほおがええよねえ。
逆彫り師、なるものが存在することには、驚きだなあ。もちろん、入れ墨してしまう感覚がはなっからわからんけど、、これ以上皮膚をいじめんといたってえやあ、っていいたなるよなあ。
個人的にはぜんぜん、入れ墨=ヤクザ、みたいな先入観みたいなのはないし、、入れ墨の画風そのものが魅力的だと感じさせるものもあるけど、
人間の皮膚を彫って描く、、とゆうのんが、ぼくには許してほしいっていいたなるほど、えぐいから、やっぱりこのジュリアみたいな子の感覚にはちょとついていかれへんわあ。
まあでも、話してみたら、ごく普通の、どこにでもおるような女の子だよ、ヨーロッパじぁあこの程度の入れ墨ギャルは、必ずしも、いかれきっているとゆうわけではないとゆーことだ、。

ところ変われば、、、、、とはよーゆーたもんやけど、ぼくも、もちょっと、入れ墨になれたほうがええのんかもしらん


  • [92]
  • 山梨県の S温泉

  • 投稿者:ヴィオレッタ
  • 投稿日:2014年 6月 5日(木)00時05分59秒
 
なにせ、昔ながらの共同浴場なもんで、
山梨のそれに限らず、どこもここも、
ホームページなんて今風で洒落たものは、無いのです~

人様の、温泉銭湯巡りブログ情報から適当に、
首都圏から日帰りできそうな場所を選んでみました☆

貼り方がよくわからないんですが、うまくURL貼れなかったらすみません ↓

温泉 紹介サイト; 甲府 S温泉

ちなみに、
共同浴場は全国各地、経営難や客足の遠のき、経営陣の高齢化等、様々な理由で、
どんどん店じまいしてるようです。
事前のリサーチが大事そうですネ~


(余談ですが…
今日び、入れてしまった刺青を、消す、逆彫り師 みたいなの、日本で流行ってるらしいですョ。
ex.) 彼氏の名前入れちゃったはいいけど、別れちゃって、今カレが気にするから…とか。)


  • [91]
  • とことんど~しよ~もないジュリアに一筋の光が!!ヴィオレッタさんありがとう。

  • 投稿者:入れ墨苦手男
  • 投稿日:2014年 6月 4日(水)23時09分25秒
 
『女性ダンサーが、タトゥー入れすぎジュリアがきになって、実際にあちこちの温泉営業所に電話かけて尋ねてくれたんだど~!』、、とゆって、はなしておきます。

それでそれで、山梨県     甲府市内    S 温泉 :    OK、は、具体的に何温泉なの?
サイトあるなら教えて!!
具体的に、ここなら入れるよってゆったげたほうが安心するやろうし。

それに、ジュリアは
『日本に興味を持ってくれる、海外の方、特にかわい子ちゃんならなおさら、
とっても有難いです。』
うんうん、けっこういかしてんじゃないかなあ。

絶対ぼくの感覚外やけどね。。。
入れ墨も入れ墨やけど、あの、爪のマニキュアの色みた??
彼女の母親がぼくと同じ年てゆうてやったから

ほんま、静は、ここまでいかれてなくってよかったもんだ、、って内心ほっとしてるけどね。

『現代日本では、10代、20代、30代、の女の子にも・・・・・、』
、、、きっと日本で、ワンポイント入れ墨するような女の子たちは、もしここで暮らしてたら、みんなこのジュリア級に入れ墨しまくるんやろうなあ。・・・・・やばい

それを単に『時代の変貌』と思ってあっさり済ましてしまうことのできない自分は、、年いったのか??そうじゃあなくってただたんに昔ながらの日本の感覚でいつづけたいのか????
あ、まあいいそれはじぶんのこと、

ヴィオレッタさんほんとにありがとう!!、今、これこれまでの掲示板のいきさつプリントしたから、それ橋の上に持っていって、今まで出た、預言者、妹、ヴィオレッタさんの電話インタヴュー付き会見、、きちっとくわしくはなしてあげようとおもいます。
ついでにできればほんとにその山梨県     甲府市内    S 温泉、おしえてください。


  • [90]
  • あ。解決済み。。。では、少々、追記を☆

  • 投稿者:ヴィオレッタ
  • 投稿日:2014年 6月 4日(水)21時03分2秒
 
タトゥーの件、もう解決しちゃったようですが、
私も興味があったので、草の根的に地味に調べてみました。

タトゥーって…
もはや893  (そのスジの方々の事を、隠語的にこう表記する) 専売特許ではなく、
欧米人のものだけでもなく、
意外にも。
現代日本では、
10代、20代、30代、の女の子にも、
ワンポイントで身体に入れるの、流行ってたりします。
(親御さんたちが知ったら、大反対されることが多いようですが)

で。。。

アナログなヴィオレッタ、実際、幾つか、直接電話して(笑)  聞いてみました。

川井様の、
「公衆浴場はOKでも、娯楽施設はNO.... 」
は、やはり、基本的風潮としてあるようです。

▼200~400円で入れる 共同浴場  サンプル3箇所
●神奈川県 湯河原市内 N 湯   :     OK   ( クレームは出たことない。 ケガ・出血 はNG)
●山梨県     甲府市内    S 温泉 :    OK   (「今もお一人入られてますよ~」とのこと)
●静岡県     修善寺       H 湯   :      NG   (「まわりのお客様からクレームが出るので…」)

(この他、群馬県 草津の無人共同浴場 がどうなのか、町役場に電話するが繋がらず)

▼外国人にも人気の、温泉テーマパーク
このテの娯楽施設は、入館料は大抵1000円越え (2500円ぐらいの所もある)
●東京都  O物語 :  NG    (「小さなタトゥも、見つけたら声をかけさせていただきます」)

※ ちなみに、電話口では、
「外国の若い女の子で、刺青が入っていても、入浴できるか」
「タトゥーの面積が手のひらサイズでも、もっと大きくても、入浴は制限無いか」
  を訊ねました。



折しも…日本では、温泉映画の上演真っただ中。

1作目(2012年)は、撮影は、@ローマ郊外 Cinecitta Studios とのこと。
古代ローマのお風呂 と、 日本現代のお風呂 とを  図らずも 行き来する羽目になった、
超真面目な浴場設計技師 (古代ローマ人) の、ドタバタ話。
当時イタリアでも放映されていたとか。(一部イタリア人に、ウケていたらしい)

ジュリアちゃん、もしかして、それを当時観ててくれたりして ☆

今月6月には、第2作目をイタリアでも上演するとの情報が。
(第2作目の撮影は、イタリアではなくブルガリアでやったとのこと。
草津温泉シーンも出てくるとのこと、
ジュリアちゃんの、日本の温泉の予備知識になるかも?!

ちなみに、日本では 「テルマエ ロマエ」←ラテン語   という タイトルです。
…あ。
余談がすぎました、すみません(汗))


長くなりましたが。。。

日本に興味を持ってくれる、海外の方、特にかわい子ちゃんならなおさら、
とっても有難いです。

なので、きっと、テーマパークやレジャー施設に限っては、
残念ながら諦めていただく確率が高そうですが、

地元の女性たちが使うような共同浴場なら、
こじんまり、の浴槽ですが、地元の方達とも交流できるし、日本を体験できるし、
事前にリサーチすれば、何とかなると思いますよ☆

彼女にどうぞよろしくお伝えくださいませ ♪


  • [89]
  • 最新情報ありがとう!!

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2014年 6月 4日(水)17時38分13秒
 
よく考えてみたら、この子は入れ墨しすぎじゃん!

なんか、若い連中、男女とわずからだのどっかに入れ墨してるのんが多いから、慣れっこで、よくかんがえてもいなかったけど、、
ごくふつーの日本的な感覚に振り返ってみれば、
どー考えてもこれは入れ墨やりすぎ。

もっとも、入れ墨したあとで、日本にいきたいとかっておもうようになったにはまちがいないやろうけど、

自業自得とか
あとのまつり
とは、まさにこのこと。。。

日本じゃあ、むかしから伝統的に、入れ墨はヤクザの証、、、
いくら欧米諸国では入れ墨に対する感覚が違うこと、情報として理解することはできても、日本民族の心を形成してきた文化が受け入れるわけには、いかへんわけだ。

郷に入れば郷に従え
、、、入れ墨一生取られへんから従うことできへんわけだ。

妹の、総合レジャー施設で働く知人づての情報では、私立は、温泉のみならずプールも入れ墨者は、入場禁止ちゅうことで、

預言者の説によれば、もしも、、県とか市とか村とかの公立経営の温泉が存在するなら、
『入れ墨はヤクザの証』である論理的根拠が実際には説明不可能ゆえ入場を拒むことが不可能とゆうことなんやろうかなあ??。

公の施設を利用するんやったら非論理的理由で拒むことが不可能やったら問題ないわけじゃあない、温泉は特に利用者全員がゆったりした心地でいてられるスペースでなけりゃあ本人も楽しいはずがない、

よってジュリアの夢は,根本的にX

かわいそおやけど、次回会おたら、楽観的であいまいな答えゆうより、そういうはっきりした現実を教えてやることが、彼女のためだもんね。
そしたら彼女も地球の今住んでるとこの反対側の国の文化は,自分たちとはおおよそ違うもんなんだってゆう自覚もっともてるようになるとおもう。


ぼくはねえ、今回、ご意見いただくまえまでは、欧米の情報も筒抜けで入ってくる次代やから今ではすっかり入れ墨=ヤクザ、不謹慎、みたいな感覚はないんちゃうの??みたいにおもってたけど、
実際には、文化とゆうか風習とゆうか、昔から続く素朴で美しい日本的な感覚は、破壊されず、失われず、のこっているんだねえ。

逆もまたしかりで
ヨーロッパの、たとえばまあこのジュリアの生まれ育ったイタリアの感覚の文化、風習、日本同様に破壊されてしまった部分もあるだろうし失われず残っているイタリアらしい美しい部分があるわけだ。
ゆうてみたらぼくもやっぱし西洋音楽やってるんやから、

ここで、彫刻や絵画や風景や遺跡をみてるだけじゃない、現代のイタリア人そのものの心に接し感じてイタリア人の感覚の文化、風習、を、感じていること、それは、大いに自分の音楽演奏の本質に影響を与えていることは、まちがいないのだろう。


  • [88]
  • 残念だけど、入れないと思います・・・

  • 投稿者:オカルトマニア2号
  • 投稿日:2014年 6月 3日(火)23時47分32秒
 
こんなに日焼けしているのに肌を出すんだあ・・・

最近の日本女性たちは、如何にして、強敵紫外線から肌を守るか、必死なんだけどなあ・・

ところでジュリアさんの夢、叶えてあげたいのですが、
実は私の知人は、とても大きな、総合レジャー施設に勤務しています。
そこでは、温泉もプールも、刺青(入れ墨)ある方は入場できません。

入り口には、日本語、英語、中国語、韓国語で、性別、国籍、年齢を問わず、刺青の大小も問わず、入場禁止と
大きく書かれています。発見次第、即座に退場だそうですよ。Tシャツや包帯でかくしてもだめだそうです。

ただね、さっきも書いたように、日本女性は、紫外線から肌を守るために試行錯誤していてね、、最近では長袖に長パンツの水着を着ている人もしばしば見かけます。まるでプールでダイビングするかのような装いです。
まあ、そこまでしなくても、肩を隠す水着は結構多くて、そんな水着を着て、水着着て入れる温泉なら、強行突破できるのかも・・・。

いや、、やめた方がいいよ、きっとね・・。

やさしく伝えてあげて下さいね。



  • [87]
  • 公衆浴場はOKでも、娯楽施設はNO....

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2014年 6月 3日(火)21時24分28秒
 
いわゆる銭湯や公衆浴場、公共のプールは刺青を断れないということらしいが、一般的な温泉などは公共施設ではないので、断られる可能性が高いという情報がNetにでてました。 個室に風呂があるところは別でしょうが、みんなと入る温泉は断られる可能性あり、と思ってたほうがよさそうですね。 まぁ、ただ、女性で、やくざとして人に威圧感をあたえるかどうか、意見の分かれるところかもしれない。 混浴なら文句をいう男はいないと思いますが、それは別の話。

  • [86]
  • ジュリアは日本に行くことできるか?

  • 投稿者:入れ墨のない男
  • 投稿日:2014年 6月 3日(火)19時48分52秒
 
彼女がジュリアです。橋の上で、ろくでもない自家製ブリキのアクセサリーを5エウロ均一で売ってます。朝適当な時刻に来て、こんな感じで店開きして、づっと塀の上に座って客を待ち、一日を過ごすのだ。

浮浪者とおんなじで、こういうイタリア人路上商売人は、ただ単に自分ひとりだけの収入得たらよくてやってるからね、まあぼくもそのうちのひとりやけど、

バングラディッシュ人やアフリカ人のような、切迫された感覚ではないよってに、ろくでもないこの子も、おだやかに路上商売してるよ。

日本の感覚では想像つかへんかもしらんけど、バングラディッシュ人やアフリカ人の物売りたちは、ちっちゃいアパート借りたらそこに、15~20人くらいで、床の上に雑魚寝になってみんなで暮らしてるから、家賃も払って、そしてさらに、本国の家族に仕送りするがためにイタリアに来て出稼ぎしてるわけで、そらもう、さしせまってるのん、ひしひしとつたわってくるよ。

さてこのジュリア、
彼女にはろくでもない深い悩みがあるので、皆さん、聞いてやって、ご意見してやってください。

日本に行くのが近未来の夢なんだそうです。
さらに、日本で温泉に入ることが夢なんだそうです。

けども、どっから情報しーれてくるんかしらんけどさあ、
入れ墨してたら、日本ではヤクザと思われるから、温泉ムリ?????

ほんとーにろくでもない質問してくるもんだよまったく。

まあいちおう、今では、情報網が発達してるから、欧米では、入れ墨はポピュラーなファッションのうちのひとつであること、日本でもみんな知ってるはずやと思うけど、、、

日本いくことはできるこたーまちがいなくだいじょうぶとしても、すんなりこれで温泉につかっていい気分でおれるかどうか???ぼくが知ってた頃からすでに、20数年たってるよってに、なんともゆわれへんから、
こころやすい日本発サイトコミュニティがあるから、その掲示板で話して世論をうかがってあげるわ。
、、、とゆうて写真とって来たよ。

どんなもんですかねえみなさん?

こんど橋でおーた時に、ゆったげよおと思うんでぜひ意見してやってください。


  • [85]
  • Siwa & Figli 生まれ故郷の悲惨な洪水

  • 投稿者:全日本SiwaFigli協会会員2号
  • 投稿日:2014年 5月21日(水)19時29分53秒
 
もはや日本人だけが、地盤悪い地震の国で悲壮な天災を克服してみんなで生きているわけではない、
地球は怒っている!!、世界各地の異常気象・地震・竜巻など、ほぼ連日大天災が起こり、人間の悲惨と決死の努力がつづいている。


この2~3日、テレビニュースでトップ記事になってる、セルビア首都ベルグラードのとんでもない大洪水で、

現在までに確認されているのが41人死亡
約30000人の市民が家屋完全浸水で寝る場所なくし避難状態です。

親戚や友達もおるやろうからSiwa & Figliセールスマネージャーのイヴァーナに連絡してその安否を聞いてみましたが、彼女たちの友人や親戚関係は、みんな無事で危険はないとのことでした。

実際問題、何らかの事情で故郷に戻らんとあかんで工場一時閉鎖とかされたりしたら、ぼくもなにかとこまるし、、、、とりあえずよかった。

それでね、Siwa & Figli 朗報もあります、ちょうどぼくがこのまえいったときイヴァーナの妹アレキサンドラが、朝、病院に寄って遅れて仕事に入ってきてたんやけどちょうどその日、検査の結果発表で、妊娠5ヶ月やってんけど、男の子であることがわかったらしくって、

出産予定7月の終わり頃らしいです。
このまえいったときはねえ
はじめておばあちゃんになるドラガーナは、『孫の首がすわったら直ちに毎日工場に連れてきて自分の隣に乳母車置いて毎日アコーディオン製造の様子みせてそだてる』、、とゆってました。


  • [84]
  • 指先の湿度

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2014年 1月 9日(木)07時27分6秒
 
空気が乾燥している関東地方の冬、アコーディオンの鍵盤を指が滑りながらスムーズに移動している。 湯上りとか、御炊事の後とか、梅雨時など、指先が鍵盤にくっつきやすいというか、指先の皮膚の表面が湿っているときは、鍵盤をしっかりと抑えられる分、移動時にスムーズにいかない場合がる、ような気がする。 しっかりと指を鍵盤から離して移動しないと移動に手間取る。

どちらが弾きやすいか、厳密に自覚して考えたことはないが、それぞれの状態に応じて指の動かし方を変えて演奏しているのだと思う。 結局は耳に到達する演奏が納得いくように指に、脳が指に指令を出しているからだろう。

しかし、べたべたしているよりは、さらさらしているほうが、指の移動に関して言えば楽なような気がする。

その意味で、演奏前にピッツァを食べるのは有効なのだろうか? 指先がモッツァレッラチーズなどの油脂分で滑りやすくなるか、かえってべたべたするか?

それは一度試してみなくてはならない、などと、回りくどい言い訳を自分にしているのは、きっと、ピッツァアルターリオに関するローマ事情を読んで、おいしいピッツァを立ち食いで食べたくなっただけのことだったのではないか、と内なるピロシーストラが言い当てているようだ。

  • [83]
  • Pizza al taglio ピッツァアルターリオ

  • 投稿者:ピッツァマニアその1
  • 投稿日:2014年 1月 7日(火)20時09分35秒
 
とゆう、日本語でゆうなら『切り売りピッツァ屋さん』がね、ありとあらゆるところにあるんだけど、

石釜に薪で火ーつけて生地を丸~く伸ばして焼く普通のピッツァとは違って、近代的なガスオーブンで焼くんだけど、形そのものもガスオーブンに合わせて最初から超大型の四角い形の生地でピッツァ焼くのね。

それを店頭に並べてお客さんの食べたい量に合わせて裁断して,紙製トレイにいれるか、あるいは具がのってる側を内側にして二つ折りにしてお客に手渡しするのです。

乗ってる具によって価格設定が違うんで
1キロ=OXエウロで価格表示されてるんだけど、一般的な買い方は
『OXグラムちょうだい~』とゆうのんはまちがってて
『XOエウロ分ちょうだい~』とゆーたらその金額分を裁断してくれるわけだ。

おおよその切り売りピッツァ屋さんは、店内で食べるスペースは設けてなく、みんな買うとそれを歩きながら食べるのんがならわしとゆうか、習慣です。

いえかどっかに持って帰るように大きな箱に入れて持って歩いてても橋の上でいったん塀の上において、箱開けてつまみ食いとかしてるからどーしても歩きながら食べんことにはきーがすめへん民族意識あるねんやろうなあ。

コーラやビールなどのセットわざわざ持ってきて橋の塀の上に広げて食べだすひとも割と多いし

おしゃればっちしキメてる女の子も、へーきでたべながらあるいてるよ、服汚れる可能性とかきにせーへんのかねえっ??ていつもおもうねんけど、とにかく切り売りピッツァの食べ歩きは現代イタリア文化の一つといっても過言ではない。

具が何も乗ってないピッツァビアンカ、具がトマトソースだけとかのわりとシンプルな生地の切り売りピッツァはパン屋さんでも作ってます。

そしてとーぜんのことながらどこででも食べてるピッツァ、どこででも演奏できるアコーディオンは、お互い場所を選ばないがゆえに共通点が多い。

『ピッツァ食べずしてアコーディオンは語れない』とは、よーゆーたもんや。
とゆうわけで、もちろん橋の上でも切り売りピッツァもらうこと時々あるねんけどさあ、

家やったらポテトチップス食べたその手のままで弾いたりするけど、それってまあ練習やからね、

お手手べとべとで本番はなんぼおーざっぱなぼくでも、きもちわるいのきになってよーせんから
やっぱし家にもってかえってるよ。

この子たちもいっつも切り売りピッツァ食べながら橋を渡るのです。弟の方のカモフラージュファッションがすごいセンスだよね。


  • [82]
  • 初笑い

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2014年 1月 2日(木)09時03分55秒
 
こちらで初笑いをどうぞ!
Kiss Booth For Charity
https://www.youtube.com/watch?v=0v_zsucU_fA

  • [81]
  • バチカン前のプレセーペ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年12月27日(金)07時11分46秒
 
は、さすがに大がかりですね。 日本であれば、菊人形でやってみてはどうかなどとつまらないことを考えてしまいましたが、この寒い季節、心も、身体も暖まるものが恋しい。 家族で祝うクリスマスというのも伝統というのもわかるような気がする。 もっとも、カトリック信者は深夜のミサにでかけるのが習わしとか。 それも家族で一緒に行くようですけど。 その後、やはりお浄めとかいったりして、朝酒となになるのだろうか?
ドイツでは日曜日の朝の礼拝のあとには家族、ないし、友人などとFruehschoppenと言って、お浄めかどうかわかりませんが、いっぱい飲みに行くなんてのが結構あったような。 僕は、キリスト教信者ではないので、お付き合いしたことはありませんでしたが、ミサからの帰りの正装の割には鼻の赤いだんなさん方を幾度か見たことがありました。

それにしてもこの寒い時期の屋外でのアコ演奏は体力的にも本当に大変ですね。 教祖様もお風邪を召しますようお祈りしております。 ラーメン。

  • [79]
  • プレセーペ

  • 投稿者:アコリック教祖
  • 投稿日:2013年12月26日(木)07時23分28秒
 
とは、クリスマスに飾るキリスト生誕の模様の模型のことです。一般的な家庭内でもプラモデルのジオラマセットみたいなかんじで飾り付けする家もわりとあります。

サンピエトロ寺院広場中央にも、12月初旬からプレセーペ準備はじめて、それが、囲いされて、見ることができないようになっていてクリスマス25日夜半に夜通しミサが行われ、その後はじめて一般公開され1月初旬まで見ることができます。

(注・正確にゆうと24日イヴに、囲いそのものははずされるけど、柵がめぐらされその日は関係者以外立ち入り禁止です。どういう人が関係者なのか不明ですがすくなくともアコリックを含む他宗教者は関係外者であることにちがいないとおもいます。)

歌声師もいつかチャーター機&貸し切りバスでサンピエトロ寺院とローマ・フィレンツェ・ナポリ・ポンペイ歌声観光やればいいのに、、、。
世界初ジャンボ機内歌声ツア~は『翼をください』からスタート???かも、、、。

掛川城天守閣 VS サンピエトロ寺院天守閣 !!!
階段のかずでゆーたらサンピエトロ寺院天守閣のほうが難儀かな?でもねえ、約570段のうちの250段めくらいまですこ~し高い料金払えばエレベーターでいけるよ!!

でも大掛かりなイルミネーションは、ないなあ、そーいえば冬場、遺跡&イルミネーションやればいいのに、、、。観光産業も、ほんと日本を見習ってほしいもんだ。

写真は、まさしく今年は今日初公開のサンピエトロ寺院広場中央の巨大サンピエトロ寺院広場中央の巨大プレセーペです。こんな写真みれるのもAKKORDEON JP掲示板ならでわ


  • [78]
  • 運転中のバスの中でのアコ演奏

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年12月24日(火)08時00分12秒
 
でしょうか? これはかなり強靭な足腰が必要なはずだ。 自分の体重でさえ吊皮なしでは支えられないのに、プラス10KG以上のアコを抱いて、日本足で立って、移動中のバスの中でアコを演奏するなんて、僕にはとてもできそうもありません。 すごい!
確かに最前列で前を向いてアコを弾いたのでは、後ろまで音が届かないからバスの中心でアコを弾かざるを得ないですよね。

よほど、マイク内臓、無線で飛ばすとか、しないと、着座のママではアコの音をバスの中のすみずみまで届かせるのは難しい。

マイクジャックに接続可能な、SEM CIAO(7kg)なんてのはこんな時に便利なのではないかと思われます。 もちろん、マイク内臓アコでもマイクジャックにつなげるわけですね。

それにしてもそれを生音でやってしまうコロポさんだからマチュピチュも制覇できたわけだな、と納得。 それにしてもすごい。

  • [77]
  • 歌声バスツアー

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2013年12月23日(月)23時41分29秒
 
昨日(12月22日)、歌声バスツアーと称して「掛川城、掛川花鳥園、つま恋のサウンドイルミネーション」の観光
そしてバス車内では歌声三昧に、行ってきました。
乗車後
早速、歌い始めましたが今回は近場でしたので直ぐ到着という感じ。
花鳥園でのバイキング、観光そして掛川城へ、天守閣への階段、みんな難儀していた。
天守閣からは掛川市街地が見渡せます。
 そして・・・つま恋へ。テレビでも盛んに取り上げていましたが、
さすがヤマハの施設、音楽と合わせたイルミネーション
よくできています。ただ暗くなるにつれ冷えてきます。
帰り路、渋滞もなく予定より早目につく、次回はまた桜の季節か。
アコーディオンは最近、出番が少ないけど軽くて弾きやすい37鍵盤タイプの
Brandoni(ブランドーニ)Model 131  Super Musette。

  • [76]
  • 階段登って、くるしみます・プレゼント

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2013年12月19日(木)22時35分14秒
 
う~んいい話。いいクリスマスプレゼント。
出前演奏、アコーディオンのためにあるようなもの、だから最近では日本のテレビも取り入れている。
セルジョおじいさん、本当にうれしそう、そんでもって
アコアイドル52番、読み直してみると「~信じる道」、実にかっこういいね、
しかしあのアコーディオンをしょって4Fまでは本当に大変だ。
アコアイドル最新投稿、4重ズボン+シャツ+セーター4枚+羽毛ジャケット+手袋はもっときびしい。
 イタリアも日本も今年は寒いんだ。

  • [75]
  • 訪問販売

  • 投稿者:オカルト男
  • 投稿日:2013年12月19日(木)18時51分0秒
 
じゃないやあ、押し売り、あ、もっとたちわるい

老人ホームにいって慰問演奏したらアコーディオンは200パーセントよろこばれるよね。
50年くらいむかしまではまだまだ電気ギターなんかよりはるかにアコーディオンが流行の最先端だったに違いないことは日本もヨーロッパもおんなじだもん。

出前歌声喫茶、歌声カチューシャ便ホームページはこちら
http://homepage2.nifty.com/coropo/
おおよそ歌声師がマチュピチュでガッツポーズしてる頃のはなしやけど
慰問演奏したよ。


アコアイドルへの道コーナー第52項(2013年4月8日付)で紹介してるシャンソン好きのおじいさん(セルジョさんといいます)の娘さんに、
『とうとう父親が外であるくこと不可能になったから家に演奏しにきてほしい』
とゆわれて橋の仕事若干早めに終えていってきました。

いってみると
外であるくこと不可能、、、それもそのはず、おうちはアパートの4階でエレベーターないねんもん、しかも、階段は、アコリュック背負ってぎりぎりくらいの幅の狭く手すりもない急な階段やったよ。これじゃあセルジョさん階段下りて地上に出た時刻にはもーとーぜん階段登って家かえらなあかん時刻じゃん。

それでもたったの4階だ、標高2400mには及ばんから空気は薄くないよ、アコなら狭い階段上って現地に難なく到着演奏可能だからいいよね!

シャンソンほか昔の流行歌いろいろ弾いて1時間くらいやったけど、そーゆうのん大好き!!!とゆうてもごく一般の歌好きの人やからさあ、

好きなこの曲と好きなあの曲、おんなじひとの作った作品だとか、そういうよもやまに精通するよしもないので、うまれそだったわけでもないのにやっぱりぼくのほうがよくしってるから、そんな曲の説明も演奏に交えてやって、自分もとっても勉強になりました。

写真はセルジョさんのではなく娘さんのアコです、つまりイタリアお得意のやらせ写真。

帰り際は謝礼つかませようとした娘さんに、まさしくエイリアン、のどから口がでてくるほどほしかったのんをこらえて
『橋の上はぼくのステージやからお金もらう、きょうはぼくがセルジョさんに聴いて貰いたいから家に来たよ、謝礼なんて要らない』
きゃ~~かっこいいいいい!!、、と自己満足。


  • [74]
  • マチュピチュを見下ろす!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年12月17日(火)07時59分2秒
 
あらためてご投稿いただいた写真を拝見すると、マチュピチュの遺跡を見下ろす高台でガッツポーズをするコロポさんがいることがわかる。 マチュピチュだけでも気が遠くなりそうなのに、それよりもさらにかなり高いところまで登られて、天空の城を見下ろすところにいるとは、神の場所にいるに等しいということだ。 グェ~、空気が薄くて私のようなものは生存できません。

空気が薄いところで弾くアコーディオンというのはやはり低地に住む我々が弾くアコーディオンとは違うのだろうか? 当然気圧が低い。 つまり空気圧が低い。 蛇腹を押し引きしても出入りする空気の量が少ない。 すっかすかの音色しかでないところを、無理やり蛇腹運動させれば、汗はかくわ、酸欠状態になるわ、マチュピチュでのアコ演奏はかなり苦しい、のではないか、などと勝手に想像しているのですが、単に息苦しいだけなのかもね。

私などは、富士山の山頂にのぼるよりも、富士の高嶺に上るよりも、東名高速のサービスエリアのレストランで「富士の山もり天丼」というのを食べながらそれを眺めるというほうが向いているようです。 実際、昨日立ち寄ったこのサービスエリアのレストランの「富士の山もり天丼」800円ぐらいだったと思いますが、本当に新鮮な海産物と野菜のテンプラのてんこ盛りで大満足でした。 おすすめです。 都心なら1200円とか1500円とかいう値段がついていてもおかしくない内容でした。 レストランのある建物には確か「楽座」という名前がついていたような、、、富士山と天丼に気をとられ場所の正確な名前を覚えていないので、お伝えできずすみません。

  • [73]
  • 世界(文化)遺産

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2013年12月16日(月)22時50分19秒
 
昨日、今日、家のベランダからくっきりと富士山が見えました、まだ雪は少ないけれど空気が澄んでいるため良く見えます。
富士市や沼津、三島方面からですと宝永山(ほうえいざん)が突き出ているので川井さんが見たように左右対称には見えません、がすそ野まで良く見えて雄大です。
 さて消えた投稿再現です。

アコーディオンたちほったらかしでといわれるとその通りだ思いますね。

ということで、旅行前に公園で空気を入れときました。
でもまあ、オカルトさんの投稿はみんなが待ってますので「アコ上達」コーナー以外にもがんがんおねがいしますよ。
さて、川井さんは高い所苦手ですか、
マチュピチュ遺跡もところどころ縄が張ってあり覗き込むと断崖がありましたね、それよりも
マチュピチュは標高2400mくらいですが、そこに行くまでのクスコは3400mくらいあるので
程度の差こそあれ高度障害おこすみたい(危険です)。
そんでもってガイドさん、添乗員さんかなり気を使っていました。
 貧富の差、トイレ事情、、海外へ行くのが仕事みたいな川井さんや、
イタリア人になったオカルトさんほどではないけど
カルチャーショック、いろいろ感じますね。

・・・・い~んか?あやうく見逃すところでした。
 イタリアもまた行きたいですね。

http://akodeutagoe.cocolog-nifty.com/blog/


  • [72]
  • 今日の富士山

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年12月16日(月)21時28分55秒
 
今日の東名高速のサービスエリアからの富士山。見る角度によっては富士山は左右対象ではないということがわかりました。 名古屋から千葉県の柏までのドライブでした。 幸い雪にはならずにたすかりました。

  • [71]
  • 誤認

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年12月16日(月)21時21分57秒
 
コロポ様。 間違ってご投稿を消してしまったようです。 申し訳ありませんが、再度ご投稿をお願いします。 m(_  _;)m

  • [69]
  • 歌声師は遥かなるインカの旅してて い~んか??

  • 投稿者:インカの神秘はまさしくオカルト!オカルトマニア
  • 投稿日:2013年12月14日(土)02時58分23秒
 
自宅の最高品質のアコーディオンたちほったらかしで
それはとってもいけ~ない!!!!!

(すみません、これでもいつもながらだいぶと考えた末の結論なんでにがわらいしてやってください)

豪華列車の中の演奏、ロッジのレストランの演奏、ウルバンバのレストラン中庭、とにかく観光サービス満点だなあ!!!

ローマ人も過ぎ去りし日の永遠の偉大な歴史にふんぞりかえってないで、こんな風にいっしょけんめい観光サービスできる精神みならってほしいよほんまに!!

アコーディオン掲示板の文化水準向上のために、なんとかがんばって投稿ひかえてましたが、ど~してもこういうど~しよーもない投稿したくなってすみません。

歌声師が、数年前、ローマ来てくれたときにお会いできなかったのは本当に残念です。ぜひ今度まってます。橋の上でケーナはできへんけど縦笛演奏披露できるようにがんばって練習しときます!!


  • [68]
  • ペルー/リマ、クスコ、マチュピチュ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年12月12日(木)22時56分58秒
 
コロポさん、それはそれはすごい旅行をなさいましたね。 マチュピチュといえば、誰しもロマンな気分を抱く不思議な空間のように想像されます。 実際は到達するにもかなりの困難を伴うような報道を見た気がします。 高度恐怖症の私にはちょっと難しいかも。
そこで、生活か儀式か、何事かが行われていたということは本当に不思議な気がします。

で、そこにはなぜかケーナやギターがよく似合う、というか、よくテレビなどに登場するせいでしょうか、アコではないな、という気がしてしまいます。

直接関係のない話で恐縮ですが、お世話になっている銀行の当時の担当の窓口の素敵な女性が益満さんというお名前の方で、この方のことを私は勝手にマチュピチュさんとお呼びしていました。 で、ある時人事異動があり、ご転勤になってしまいしまいましたが、そのご後任の方が、また素敵な方で、この方は平石さんという方でしたが、私は勝手にヒラヤーチーとお呼びしておりました。



  • [67]
  • アコーディオンには出会えなかったけど/遥かなるインカ

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2013年12月12日(木)22時09分4秒
 
先月、11月ですが、
ペルー/リマ、クスコ、マチュピチュ行ってきました.
13日朝、静岡をたち成田へ中継のアトランタまで12時間そしてリマまで6時間半くらいさすがに遠い。

翌日はリマ市内観光後、砂漠の中のハイウエイを南下、ちなみにリマの年間降水量は30mmとか。
途中川があるところは緑がありトウモロコシやアボガドの木が植えられている。
翌日はナスカ地上絵、セスナ機からの見学です。
、、、、6日目
いよいよマチュピチュ、念願の遺跡見学。二日間たっぷり見ることができました。


アコーディオンには出会えませんでしたが、豪華な列車「ハイラムビンラム号」車内での
ギター・ケーナ・カホン(写っていない)の演奏。
マチュピチュ・サンクチュアリ ロッジのレストランのフォルクローレの演奏。
ウルバンバのレストラン中庭でのサンポーニャの演奏。
11日間の旅でした。

http://homepage2.nifty.com/coropo/


  • [66]
  • ローマの怪人は、古い男でござんす。

  • 投稿者:ローマの怪人
  • 投稿日:2013年10月28日(月)18時51分25秒
 
パリのオペラ座の怪人あたりなら、もちょっとモダンなんかもしらんけど、やっぱ、古いタイプの男で、考え方も、ごっつい保守的やからね、

まずもって、『アコーディオンでアルゼンチンタンゴはタブー』とか
『バンドネオンのコラソンの領域をアコーディオンで汚したくない』てゆー気持ちいつもあるのよ。

そやからね、ぼく自身はまあ、ほとんどタンゴもんにてー出すことはないんやけど

ほいでもってアストルピアッツォッラの曲の中では、おとん死んだときにつくったこのアディオス・ノニーノかヴィオレンタンゴがぼくは一番好きで、,まあ、自分がアコーディオン始めた頃は、まだ彼も生きとったし覚えてるのんではウィーンライヴのレコードも買~たとおもう、まだCDとちごたよ。そしてさすがにアンドレ・リュウ楽団やねえ、現代的演出がすごいけど、やっぱしバンドネオンやもんなあ。。。。。このカルロス・ブォーノてゆうマフィアのボスみたいなバンドネオン奏者めちゃ味あるねえ、、すきやわあ、このおじさん本人がすでにおとんみたいやからよけーに泣けてくるよねえ。

生きとし生けるもの、動物全般好きやから本来差別発言するつもりじゃあないけどさあ、
ほかの人に、『アコーディオンでタンゴなんて弾くなよ!!』なんてこたーいいたかないけど、

『猫も杓子も』リベルタンゴ・リベルタンゴ・リベルタンゴ・リベルタンゴ・リベルタンゴ・
リベルタンゴ・リベルタンゴ・リベルタンゴ・リベルタンゴ・リベルタンゴ・リベルタンゴ・リベルタンゴ・リベルタンゴでさあ、

個人的な感覚では彼の作品の中でも特にケチャップマスタード風雑貨品的味わいのする部類のリベルタンゴばっか、、バンドネオンならともかくアコーディオンでなんでこぞってこんなに弾く人おおいんか???音楽センスとか、こうなんてゆうか選曲感覚の脳のなさとゆうか追求心の欠落とゆうか、

アンドレ・リュウ楽団のごとく、
『選曲する時点で、すでにあなたの音楽は始まっている』こと、もっと、真剣にわかってんとあかんとおもうねえ。

ケチャップマスタード風とゆっちゃってケチャップやマスタードを差別したかーなかったごとくリベルタンゴ悪いとはおもわへんけど、アディオス・ノニーノ弾いてからリベルタンゴにしいよ、!ヴィオレンタンゴ弾いてからリベルタンゴにしいよ!そしてさらにもっともっと古典アルゼンチンタンゴよ~く探求してからピアッツォッラレパートリーにも挑戦してみたらど~なんだい??

つまりさあ
『そこそこ知名度高い名曲で譜面も市販されて入手が容易』ぐらいの感覚で曲と付き合って練習してても、決してええ音楽演奏にはなってけーへんでえ!!

てなわけで、きょうは週明け早々ぼやいちゃった、とにかく、世間の流行にとらわれず、自分の探究心で探求して自分が弾きたい曲きめるのが、音楽演奏の原点だよね。


  • [65]
  • Adios Nonino

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年10月27日(日)11時00分45秒
 
Andre Rieuのコンサートの映像を見ているうちにこの演奏にぶつかってしまい、聴衆と気持ちがつながってしまった。。。。
André Rieu - Adiós Nonino (Farewell father)
http://www.youtube.com/watch?v=wyRpAat5oz0

秋だし、ちょっとダイエット中なので、腹減ってるし、体重減ってるし、、、涙。

アコ一台でこれを感動してもらえるように弾くには、旋律そのものはわりと単純なので、なにか工夫が必要だろうなぁ、自分で弾いて気分出すのは簡単だけど。ローマの怪人ならどのように料理するのだろうか? 

  • [64]
  • ローマのおばちゃんたち

  • 投稿者:元祖 ファッション研究家
  • 投稿日:2013年10月 4日(金)04時22分54秒
 
さあ、久々のピッツァ研究家シリーズ続編『ファッション研究家』、、、てゆーわけじゃあないけど

なんせ、永遠の都の路上に何年間もつったってるからさあ、民族ごとの服装傾向、だいたいはわかってくるやんかあ。

たとえば例外的にスコットランドのサッカーチームが来てここで試合するときは、応援団が橋の上にも流れてきて男の人がやっぱし、民族衣装のスカートみたいなんはいてるからわかりやすいけど、ふつーの場合は男性ではやっぱりわかりにくいけど、女性のファッションで、おおよその国わかるよ。

イタリアンギャルに、まけんぐらいに露出度高いのはおおよそアメリカンギャルやし、
イギリス人女性やったら、硬~~いかんじやし、

スペイン、ブラジル、メキシコ、北欧系あたりもわりとわかりやすいし、ロシア人はこれまた違う傾向のファッションで、

もちろんアジア系とゆーても、日本人女性と、ほかの国では、やっぱりぜんぜんちがうもんやでえ。

ほんでね、けっきょく、そのファッション傾向と内容で、ある程度の民族傾向もやっぱしわかる紋だよ、たとえば、日本やったら、やっぱり、一般的に自己主張の苦手な民族やねんなあってことがファッション傾向と内容で、わりと、よくわかるよ。

写真中央が橋渡ってすぐそこの建物に住んでるマヌエラのおかあさんのルイージァ、その左は、彼女の友達。マヌエラがだいたいぼくぐらいの年齢やから、彼女たち,まあ、結構な歳いってるはずやけど、

この派手ぐわいは、やっぱ、おーさかのおばちゃんかて、たちうちできへんかもしらんよねえ!!

この歳なっても、じゃなくって、歳を重ねるごとに自己主張丸出しのイタリア人気質が、どんどん増してきて,こっちが逆にパワーもらうねえ。

ルイージァは、めったに橋渡ることはないけど、以前マヌエラの誕生日パーティに呼ばれていったらルイージァが、前菜からパイとか、ケーキまで、何から何まで彼女ほとんんど人でパーティのだしものつくってました、そのときにFeed the Birds にいたく心打たれて彼女も橋の上の男のファンになったしだいです。
『料理つくり大好き』も、典型的なイタリアおばちゃんの特徴だ。!!



  • [63]
  • 本来、仕事ないから路上でやってるわけで、ほいじゃあその路上芸、それを仕事とゆうのか??

  • 投稿者:occultmania part 1
  • 投稿日:2013年 9月25日(水)21時09分51秒
 
なんかまあ、リアクション期待しても、問題提起自体がおそらく日本の感覚ではへんてこなんでリアクションのしようもなく、たいがいはすどーりが常やから気にせすどんどん次の話題いくけど

本来、仕事ないから路上でやってるわけで、ほいじゃあその路上芸、それを仕事とゆうのか??

ゆわない ! ゆっちゃあだめなのよ、おおやけに仕事とゆうたら税金はらわんとあかんからねえ。

じょーだんぬきでイタリア税金取立てごっついきびしいからねえ。

そのこと考慮してまんがいつのことあったらあかんよってにホームページ上では、一切橋の上で稼いでる事実関係についてうたってないのよ。

まあそれでも、実際にはちゃんと名刺(自分で作った手製だよ)も もってってるし、ほいじゃあね、名刺請求結構あるから、そのつど、みんながお客さんやから無差別に渡してるから

あちこちで、そしてもちろんインターネットでも名前が飛び交う、、それはもちろんじぶんにとっていいことばっかしとはかぎらんわけだけど、そして、そのほぼすべてが何の予告もなくしらんあいだに報道されてるわけだ。

http://evilbrainjono.net/blog?permalink=1253

たとえば、これなんかは、橋の上とちごてYOUTUBEで見つけた人やけど、とても良心的だなほうだよね。

最近ね、ちょっと、やば~~い、とゆうか、こわ~~い、とゆうか、ちょと、ぼく自身は気持ち悪いのん発見して、まあ、橋ではみんながお客やから、なんにももんくゆわへんけど、

http://youtu.be/n3pN3lnIrnI

このひとねえ,ほかにも2つ

Superhidesiと
2013,september 08 A love's song of Edith Piaf

てゆうタイトルつけて、youtubeにぼくにまつわる公開ビデオ出してるよ。ケータイでの撮影でめっちゃおとも悪いしさあ、もう、ちょっとプレゼンテイションの仕方が、ほんとゆるしてほしいよねえ。

まあ、外で演奏しとったらいろいろあるがな、

日本みたいなプライヴァスィーの権利や保証、ごちゃごちゃゆうてたら、ここではとてもじゃないけど生きてはいけない、

芸人一匹、世界相手にがんばるぞ!!


  • [62]
  • ぼくが日本におったとき、

  • 投稿者:オカルトマニアその1
  • 投稿日:2013年 9月18日(水)00時18分0秒
 
東京オリンピックの7ヶ月前には生まれとったけど、観戦した記憶は、う~んと、もちろんない。
そのとき家にテレビがあったかどうかも不明で、記憶のある頃はすでに、祖父祖母の家で育てられてて、テレビあったん覚えてるけど白黒やった。

でも、その頃から、才能発揮して,悪魔くん、ゲゲゲの鬼太郎、どろろ、おろち、フランケンシュタイン、ミイラ男、ドラキュラ、半漁人、その手のんばっかみてたようにおもいます、怪奇大作戦もだいすきやったわあ。

それで、東京オリンピック、ハイライトみせてもらったけど、すごいねえ!!最後ジェット機で五輪つくってたし!!
そして、ぼくが個人的に顔覚えてる天皇陛下はまさしく、この人でした。(東京オリンピックのときに覚えたんじゃあないよ、その後も結構テレビに出演してたように思うから記憶ある)それでまあ、おさないころながらに、顔覚えてたんやから、当時、この人、たいそう著名だったんだろうなあ、、まあ、会おたことはないねんけどね。

いまは、天皇陛下の、お顔やお名前すら知らんし、内閣総理大臣も、もちろん知らんし、やっぱしどーしても、まるっきし興味ないわあ。環境変わると、どーしても、興味の基準、どーでもええことの基準かわるからしょうないよなあ。
ほんでね、時代の移り変わりがやっぱりあってさあ、先日、たまたま、あそこ今どうなってんねんやろ?ておもてインターネットで調べたら、今年の4月に京都川原町にあったシャンソニエ
『巴里野郎』が、とうとう閉店してしまったこと、知りました、長い年月ごくろうさまでした。
月に2回くらい伴奏行ってたように覚えてます、、とーぜんのことながら若いシャンソンほとんど何にも知らんかった当時のぼくは、きーくるいそーなくらいヘタクソでさあ、
にもかかわらず、歌手って、伴奏する人の能力のことまったくかんがえられへんのかねえ?って感じでさあ、本人が書いた譜面まえもってわたされてるそこまではええねんけど本番数時間前に、その譜面に書いてあるのとは違うキーで弾くようにゆわれたりするから、
毎回顔真っ青半泣き、、、特に、ヨイトマケのうたみたいな、かたりばっかのぶぶんがある歌も結構あったんよねえ、もちろん能力の無いぼくは、すぐに、今どこやってるのんかわからへんようなって、、、

そんなどーしよーも無いアコーディオン伴奏者やったけど、店主の宮本さんってゆうかただったと思うけど、『また、日本戻ってきたらここきてやってな』、、てゆうてくれたんおぼえてます。

戻ってきてやる可能性が、とーとーなくなってしもたわけやなあ。

まあ、あの頃はさあ、シャンソン伴奏ゆうても、ほとんどがピアニストでやったもんで、こんなへたくそなアコーディオンでもだいじにされたんやろうけど、、そのほかはゆうたら、ビアホール、あるいは歌声、歌謡曲の伴奏、これくらいのパターンしかアコーディオン弾きのできる仕事はけっきょくなかったなあ。

そうおもたら、今は、世界の情報が夢のように手に入るようになって、おかげで音楽ジャンルも、ものすご多様化して、まあゆうてみたら、なんでもありになって
ほいじゃあアコーディオンも、もう何でもありになったし、演奏聞かせるおみせも、めっちゃふえたみたいやし、
そういう環境のよさは、日本はやっぱし演奏するもんにとって天国みたいなもんやめえ。

まあ、あのねえ、日本って、みんな働く意欲が、すごいのね!ちょと、ヨーロッパの感覚ではありえないよ。みんなが働く、売ろうと努力する、だからこそ購買意欲がわく、だから売る買う、、経済が動く!この繰り返しがいつもいつも続いてるから活発なんだよなあ。音楽産業もとーぜんそれに準じて演奏&観客の呪文あ違う、需要供給がいつもバランスよく、音楽ジャンルがものすご多様化したアコーディオン演奏が、より多くの場でみることできるようになったようにおもうねえ。
そして当掲示板利用してる人、アコーディオンバリバリやってる人も、今じゃあぼくが日本におらんようになってから、アコーディオンに出会った人はじめた人も結構おおいんやろうなあ、、、、その老舗のシャンソニエ『巴里野郎』が、閉店するくらいの月日がたってるんだもん、そーだよなあ。
新しいアコーディオンマニア増えて音楽ジャンルもなんでもありで、
そういうのんって、古い連中から見たらパワーがみなぎってて、とっても、アコーディオン惰性にならないみずみずしい意欲かきたてられるよねえ、

それはいいことだけど、新しい世代のアコーディオンマニアはやっぱり、何でもありなことする前に、古い連中がやってることも、もっとよく見てほしいてゆうことおもうことあるね、
つまりそれって、この掲示板ではぼくだけがよくゆーてるアコーディオン演奏の定石とか、演奏法の古めかしいお決まりテクニックとか、まあそんなたぐいのもんやねんけど、

早い話が、たとえばアコーディオンを始めて、いきなりフリーベース、、てゆうのんも昔ながらの古い手順でゆーてみたら、ありえへんわけで、いかにウンパッパベースひきこなすか?、、ができてきてはじめてフリーベースにも、取り組むべし、、、みたいなアコーディオンの昔ながらの基本があるよなあ。
そういう先人のすごい歴史と音楽のすごさは、もちろん生演奏みにいけばなにもかもわかるけど、
いまどきはYOUTUBEでも、、まあまあある程度すげーことはわかるからべんりになったもんだ。
もちろん日本の先人の演奏もYOUTUBEで確認できる、
現在はあんまりにも俗っぽ路線かもしらけど、小林靖弘氏や、、
世界のみえちゃんのみにかぎらず
手風琴太郎氏や
積極的に録画公開してくれる北海道アコーディオン協会会長のぷーさん、
もちょっとえーとしこいたところでは杉村寿治氏の演奏もけっこうYOUTUBEでみれたりもするよ


  • [61]
  • The Pixel Painter

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 9月16日(月)08時11分57秒
 
97歳のHal Lasko。 マイクロソフトのおまけソフト、Paintを使用してアートを制作する日々。 その前向きな姿勢が素晴らしい。

http://www.youtube.com/watch?v=EVQHeowMdjI

  • [60]
  • 祝 東京オリンピック 2020!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 9月 8日(日)11時49分22秒
 
朝一番のいいニュース、東京五輪開催決定! すぐに、私の高校生時代、1964年の東京オリンピックの開会式の予行演習に、行進する参加選手の役として、駆り出されたことを思い出しました。 勉強のことはあまり覚えてないけど、あのオリンピック開会式入場式の予行演習の感動は忘れられない。 オリンピックに参加した選手と同じレベルの感動を味わったつもりになり切っている。 競技場のアンツーカーの上を行進し、見上げればそそり立つ観客台。そこを埋め尽くす人々の拍手と喝采が競技場に轟く。 そして、あのオリンピックマーチでの行進。タイケの旧友もいつになく感動的でした。 競技の感動の一つ一つは覚えてないけど、はだしのマラソン王者のアベベ、体操のベラ・チャフラフスカはその後の波乱の人生もあり、思い出します。 では、その時のことを覚えている方には、その入場式の行進の感動をあらためて味わっていただきましょう:

Tokyo 1964 Opening Ceremony Highlights 01
https://www.youtube.com/watch?v=vBBDOjEB07Q

Tokyo 1964 Opening Ceremony Highlights 02
https://www.youtube.com/watch?v=weBJ3_8dZWQ

私はこの2020年のオリンピックをご一緒に見られるかどうかわかりませんが、見られたらいいなぁ。 しかし、私自身は、おそらく、その時も、むしろ、1964年のオリンピック入場式のことを思い出しているかもしれないなぁ、とも思えてしまいます。  

  • [59]
  • ロコトさん、大阪弁対応の日本語ソフトの紹介ありがとう!!!

  • 投稿者:ウンパッパマニア
  • 投稿日:2013年 8月21日(水)16時02分52秒
 
大阪の連中が、こんな使いもんにならへん標準語変換をほっとくはずがないっとはおもってたけど、

さすがは天然プラネタリウム秘境の棲家から宇宙と交信してるロコトさんだけあって
ためになる情報をいち早く紹介してくれる情報収集速度はさすがだ!!


外国に住むと民族意識がたかまり、それにたいして閉鎖された島国の日本国民はどーしてもその環境がゆえによきにしろわるきにしろ民族意識うすいことはなんどもはなしてきたけどさあ、

大阪の人間が外国に住むと、日本国内にいてたときの意識が、倍増して大阪の人間であることに誇りを抱き、東京の連中に対して原因不明でばかにする気持ちもさらに高まるのだ!!

う~んと、そ~やね~、ローマに住んで6年くらいたったときにやっとやったかなあ、そのころ始めて、ローマに生まれたローマの住民がかたくなに堂々とローマ弁をしゃべり続けて、ミラノ弁を含む北の連中の言葉づかいを原因不明でばかにしてることわかってきたの。

それは、民族意識をさらに超越したローマっ子意識とゆうかなんとゆうか、おおよそみんなが、ローマに生まれ育ってローマ弁しゃべることに絶大な自意識をもっている。

そーゆーのんを強く強く感じるようになってね、そしてそのときに、自分も決して大阪弁忘れないで生きていこう、大阪生まれの大阪育ちに誇りを持って、どんどん公の場で大阪弁しゃべっていこう!!っ決めたのでした。

まあ実際問題、ローマに住む日本人の日本人社会みたいなつながりとは縁がないから、大阪弁打ち込むのはこの掲示板のみなんやけど、

たとえばこうやって預言者ピロシーストラ氏は、年中あっちこっち世界を飛び回って,いや、正確にゆえば、とんでるのは飛行機で、その中に乗り込んであっちこっち世界を回ってるし、(つまりアイアンマンみたいく、本人が飛んでるわけではないといいたい)だからそういう民族意識うすい日本人の感覚って、結構気がつくと思うけど、その、彼の言葉でゆう、日本の西洋音楽の、真似事で終わってしまってそれでOK!!みたいな狭い音楽観を打破して、本物の愛情こもった音楽演奏しようとおもったら、

まずその根源、最初の第一歩で自分本人が日本民族であることを強く強く意識して日本民族であるが故の、いい面、悪い面、本来の日本人の特徴、をちゃんと意識して把握してそして日本民族であることにもっと自信と誇りを持つことがだいじだとおもうよ。

つまり、
アメリカ人みたいくなりたいとか、
パリの雰囲気にあこがれてとか、
ヨーロッパ風情とか、
そういった見かけだおし音楽演奏が決して悪いものであるはずがないけど、
愛情を人間に伝えるための音楽演奏は、
自分の民族性や異民族の違いを心で受け止められるもっとはるかに次元の違うところにある民族理解と人間理解を求める心からはじまるものだとおもう。


  • [58]
  • スイス ピラタス山 トレッキング

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 8月16日(金)04時54分8秒
 
というほど大げさなものではありませんが、ルツェルンの町の背後にそびえるピラタス山にケーブルカーでのぼり、山腹をハイキングしてきました。 天に向かって垂直に伸びる背の高いモミの木の木陰の木漏れ日のあるところに群生するブルーベリーや、ワイルド・ストロベリーをつまんでは食べ、大いに満足。
一番下の写真は黒いのが熟したものは甘くておいしいBrombeerと赤いのは香り豊かなHimbeerでラズベリーですね。 近所の森のお散歩での収穫。
家族で久しぶりの山歩きは楽しいけど、くったびれました。

日本の終戦の日の今日は、スイスのカトリック圏ではマリア様の昇天節で、休日。 ほかの国でもカトリックの国はお休みのようですね。

  • [57]
  • 南仏山岳ロード走破

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 8月13日(火)21時15分44秒
 
カンヌでの仕事を終えて、モナコ、コート・ダ・ジュール、ジェノバ、ミラノ、サン・ベルナール峠、という順に来るときに通ったルートをたどれば、これほどの苦労は無かったものを、地中海沿いの狭い渋滞だらけの高速を思い出して、ふと見たグルノーブルという標識に向かってハンドルをとっさに取ってしまったのは、いつもながらの僕の人生行路への判断に似て、後悔先に立たず、あとの村祭り、まさか、こんな断崖絶壁の山岳ロードだったとは。 しかし、その幾重にも続く山また山の景観は圧倒的で、山岳ロードドライブを楽しんだ、といえば、負け惜しみに聞こえるかもしれないけど、それなりにとても楽しみました。

やっとのことで、グルノーブル経由、モンブラン、シャモニーなどの標識を横目てみつつ、スイスのジュネーブに入り、インターラーケンからベルナーオーバーラントの細道に寄り道すれば、アイガー、メンヒ、ユングフラウの三山が目の前に立ちはだかる。 結局二日がかりの山岳ロードドライブとなってしまいました。 幸いに天候に恵まれ主峰級の山々がその全貌を惜しげなく見せてくれたのはラッキーでした。


  • [56]
  • 方言変換ソフト

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 8月13日(火)15時25分0秒
 
ロコトさん、そのようなソフトがあることをご紹介いただきありがとうございます。 これまで東京弁が標準語のようになってきてしまいましたが、本来の江戸弁とか、紫式部の時代の言葉とかに治ったりしたら面白そうだなぁ、などと想像してしまいました。 それでは、弥生時代や縄文時代はどうか? ジュラ紀・白亜紀の人類の祖先とか想像が飛躍してしまうのは、フランスアルプスの巨岩や切り立った岩肌の地層を眺めながら走っていたせいかもしれません。
大阪弁変換に悩んでいたご本人は今週は電波の届かない(?)ところにいらっしゃるようなので、すぐには反応が無いと思いますが、あしからず。 

  • [55]
  • 大阪弁変換

  • 投稿者:通りすがりのロコト
  • 投稿日:2013年 8月12日(月)13時27分45秒
 
諸般の事情でアコ練習中断中。閲覧も投稿も疎遠に。うな重専門店前をゆっくり素通りしているような状態です。
ですが、やっと各スレッドのまとめ読みが追いついてきました。

関西ことばを操る、シスト橋専門アコ達人辻楽師のお悩みに応えて。
・・・もう解決済みで、何をいまさらかもしれませんが。

--------------------------------------------------------------
アコーディオン紹介スレッド[112]投稿者:オカルトマニア1世 投稿日:2013年 7月24日

(なんでさー、『困難イラン』、、になっちゃうんよもうあたまくる!!これに限らずまともに変換してくれたためしなんか1かいもないやん!!
大阪弁対応の日本語ソフトってないの!!???)
--------------------------------------------------------------
関西弁を使う人間が、関西弁で文章を入力するのが目的ならば
パソコンのMS-IMEに関西弁(単語)を追加すればよいと思います。

◆大阪弁文字入力に最適なFEP/IME用辞書データ
http://www.osakaben.jp/osakaben/download.html

◆関西クン (フリーソフト)
ATOK、MS-IMEなどの日本語辞書に、関西弁(単語)を追加するものであり標準語を関西弁に変換するものではないです。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/data/writing/se094573.html

MS-IMEへのインストール

     1. タスクトレイにあるIMEのアイコンをクリック
     2. ツール(工具箱みたいなアイコン)を選択します。
     3. 「辞書ツール」から「ツール」を選択して
      4. 「テキストファイルからの登録~」とあるので
     5. ダウンロードして解凍した単語ファイルを指定して登録を行う。
----------------------------------------------------------------
下記のwebサイトに出向いて変換をしたのをコピーペーストするやり方


●ことば変換『もんじろう』
http://monjiro.net/

●「標準語→大阪弁変換」プログラム osaka.exe のJavaScriptバージョン
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4078/osaka/osakajs.html

●関西弁に変換や!
http://www.geocities.jp/ryuuga0625/Incharge/hennkan.htm

●「大阪弁変換機」
http://seibun.nosv.org/osaka/

●なんでやねん関西弁~♪
http://www2.ttcn.ne.jp/~kikurinn/osaka.html



  • [54]
  • 豚小屋からサンレモへ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 8月12日(月)04時09分51秒
 
一泊したスイスの豚小屋の夕ご飯も朝ごはんも飛びぬけておいしかったことを申し添えたい。 自分の畑のジャガイモと自家製のチーズ、自家製の果実酒で、ワラではぐっすり。 翌朝はSt. Bernardino峠を越えてのアルプス越え、Milano,Genovaを過ぎて、地中海沿いに走り、やってきましたSanremo。 ここはかつて有名な音楽祭にでたローマの怪人が舞台に上った聖地といえるかもしれない。 どこが音楽祭をやる場所なのかよく調べないまま、海岸沿いを散歩して、おいしいパスタを食べて、よく寝て、次の日のカンヌまでの100㎞の道を行き、ビジネスなのだ。 その間にニース、コート・ダ・ジュールなどの地名を見ながら、ここは、世界のお金持ちの別荘のあるところ、だから、あこがれるというわけではなく、さすがに雲一つない空、海からのブリーズ、白い砂浜、長く続くいい気候、だからさすがにみなさんが来たがるのはわかるわぁ、と痛く納得。
サンレモもそんな素敵な海辺の町。 もちろん夏休みのひとびとであふれかえっているのがいいかどうかはわからないけど、みなさん結構のんびりと楽しんでいる風情でした。 

  • [53]
  • 今日のホテル

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 8月 9日(金)00時31分14秒
 
さて、ドイツのニュルンベルグから500㎞走りたどり着いた今日の宿はスイスの東部、オーストリアの国境の近くの宿ですが、このホテルの特徴は、客はワラに寝るということです。 もともとは、豚小屋だったところで、一時牛もここで寝ていたとのことですが、今は人間が寝ることになったとの話。 15年前からの営業で、まぁ、おっかしい、ので、結構はやっている、らしいけど、今日は僕のほかにはあとから来る予定の女性客が二人だけ。 別の女性客とワラの上で添い寝かと期待したわけではありませんが、その女性は納屋のほうに寝かせると主人のWaltherは言ってました。 ちなみに奥さんの名前はハイディ。 つまり、ハイジ。 スイスのハイジです。 今日の夕ご飯はジャガイモにチーズだそうで、楽しみ楽しみ。 2回のベランダからは眼前にスイスアルプスのパノラマが迫りくるはずなのですが、今日は雨模様なので、雲にかくれてときどき姿を現す程度。 雲の切れ目から見えるアルプスの山並みは近くだからそれなり迫力があります。

シャワーとトイレは共用です。 空気はとてもおいしいのですが、季節がら、牛豚のふんを肥料として畑にぶちまけているので、時として、その芳香がむせるようににおう場合がありますが、こんなことは都会のヒルトンホテルでは決して味わうことができない。

明日は、アルプスを越えて600㎞走り、かつてローマのウンパッパ教祖も出演したことで有名な(?)音楽祭で有名なサンレモに投宿。 翌日、一時間ほど走ったところにある映画祭で有名なカンヌで商談。 そこに宿を取らなかった理由は、夏季休暇価格だとはいえ、一泊10万円とか20万円とかいったホテルしかないので、そこに泊るのはあきらめた次第です。 サンレモもそこそこ高いけど、それなりに最後の女中部屋みたいな部屋を見つけたので、お安くゲットできました。 で、ここの、ワラに寝かせてくれるホテルは、CHF31(31フラン)つまり、3100円といったところ。 最高です。  

  • [52]
  • 午前2時40分の投稿

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 7月 6日(土)06時07分55秒
 
あんだんてさん、忙しさの中で、子供への愛情の分配が行き届かない、というくだりは、私にも思い当たることがあり、そして、愛情に不足を感じるとかわりばんこに病気やけがをする、という部分も、そのままに思い当たる節があり、自分のことのように感じてしまいました。

子供さんの怪我の因果の一端をご自身の至らなさに求めてしまう心の優しさをお持ちであればこそ、そんな怪我をしてしまったお子さんの腕の怪我も、心の傷もきっとすぐに良くなるでしょう。 けがをして痛い思いをするなかで、お母さんとの素敵な時間を独り占めできた3番目のお子さんはさぞかし幸せだったことでしょう。 きっと、そのちょっとつらかったけど、とてもうれしかった思い出は一生覚えていてくれると思います。

私ごとですが、1年と8か月下の弟が生まれて間もなくだったころだと思うので、自分が3歳前後のことだったのだろうと思いますが、なにかの病気にかかり、お医者さんまで自力では歩けない、と言って、母におんぶしてもらって病院まで連れて行ってもらったことを時々思い出すことがあります。 今になって思えば、おんぶしてもらって楽だった、というより、赤ん坊の世話と父の世話で忙しい母にわがままを言って、久しぶりに母の愛情を取り戻したかったのだろうと思われます。

そして、お子さんの目には、素敵な音楽を教えたり、その忙しさの中で慰問演奏をしたりするおかあさんの姿はしっかりと記憶されていくと思います。 そして、その音楽がいいですよね。 アコーディオンがまた、いいんだな。 そのアコーディオンは、ローマの兄さんが言うように、焦らず、一歩一歩やって行けばいいんですよ。

お亡くなりになられたご主人のお父様にはご冥福をお祈りします。 息子がいい嫁をもらってよかった、かわいい孫にも囲まれ、最後の瞬間まで仕事をこなし、思い残すことはなかったことでしょう。

別スレのエルビスの歌の一節、星が夜空から消えるとき、空により濃い群青を残す、がここでも思い浮かばれます。

今回、定宿にしていたFrankfurt郊外のブドウ畑の中のHochheim am Mainの安宿の食堂にかかっていた木彫りのメッセージが、今回は取り外されていた。 一人で切り盛りしていたおばあさんの代わりに、息子夫婦だか、別のカップルだかは聞かなかったのでわからないけど、おばあさんとともにその木彫りのメッセージが消えていた。 いつか報告したその木彫りのメッセージは、「往く(逝く)人には、神のご加護を、残されたものには心の安らぎを」と書いてあったように記憶している。 そのおばあさんは先に旅立っただんなさんの旅に合流したのかもしれない。 だからもうこことの安らぎを願う必要もなくなったのかもしれないと思ったのでした。 大好きだったご主人のお父さまにも、やがてはまた、天国で合流することもできるわけです。 その時には、瀬戸の花嫁を完璧にして聞かせてあげることもできるでしょう。 

  • [51]
  • がんばれ妹!!!あせらずに。

  • 投稿者:オカルトマニア1世
  • 投稿日:2013年 7月 6日(土)04時09分52秒
 
『全身麻酔に手術がついて、、』、ってさあ、まあ、せっかく息子さん全身麻酔したんやったら
そのままおきるまで、ただ、まっとってもあんまりかしこい選択とはゆえないから
とりあえず、患部にメスさして手術して、よかったよねえ。

その後 『洗っている間じゅう、べらべらと一日の出来事をしゃべりまくっていました。』てゆうのんが、じつに素敵な、母と子の情景だよねえ。

ひとつだけきになったのが、大好きだった、おじいちゃん、おじいちゃんはご主人の側のおじいちゃんだったんだ、、仕事一筋の人生、その日も元気に仕事をこなし、夜、お風呂で、、てゆうことは、その日も82歳でバリバリ製材工場でがんばってた、、とゆうことなら、、

おそらく、ぼくの勝手な想像だけど
きっと、きっとあなたは、もうすこしアコうまくなったら、そのおじいちゃんのまえでも懐かしい曲アコーディオン演奏披露して喜んでもらいたい、、て、ひそかにおもってたんじゃないのかなああ?

そしてそれが現実の形になる前に元気に仕事してたのにとつぜんおふろですってんころりん、、、、かどーかはさだかでないが

息子のかわいいかわいい嫁のアコ演奏ききのがしていっちゃった、、、のかなあ?

だいじょうぶ!!おじいちゃんの霊魂、、息子のかわいいかわいい嫁のアコ演奏ききのがすまんまで三途の川を渡るのはあんんまりにももったいない!!、いまではきっと、まいにちまいにちアコ練習の様子、楽しく見てるに違いないよ。

オカルト妹、熱愛大好き~~~たまんないよう~
ぶちゅ~~、、もうおなじみのセクハラ発言さえみぎからひだりにさらっとながしときゃあ

いつも、これからもずっと、きっとあなたのおやくにたつみみよりな
トータルミュージックアドヴァイザーのオカルトマニア1世だから、

これからも、あせらず、いつでも、どんなしょうむなそうなことでも、きいてね!!



  • [50]
  • いろんなことがありました。

  • 投稿者:オカルトマニア2世(あんだんて)
  • 投稿日:2013年 7月 6日(土)02時40分8秒
 
当掲示板上で、皆様に、世界各国の名曲を教えて頂いてから、まだ何曲もこなしたわけではありませんが、いつも選曲に頭を悩ませ、アコーディオンの伴奏も出来る限り、メニューに取り入れて、練習していたのですが・・・。

5月末日、3番目の子(小6男子)が腕を骨折しました。友達と鬼ごっこの最中、何人かがからみあうように転び、左肱を複雑骨折、レントゲン、CTの結果、即入院、全身麻酔に手術がついて、親子共に初体験でありました。

そういえばわが子たちは、母親の愛情に不足を感じると、代わりばんこで病気やけがをして訴えてくれるのでした。私なりに、めいっぱい愛を注いでいるのですが、なんせ、家でも仕事に時間をとられるものですから、
寂しい思いをさせたこともありました。

ギブスをした腕ではおふろで身体を洗うこともできず、今回ばかりは、アコ―ディオンの練習をあきらめて、毎日身体を洗ってやりました。小6といえば、大人への入り口にさしかかったところでしょうか。照れくさい思いと、嬉しい気持ちが入り交ざったような表情をして、それでもやっぱり嬉しいのか、洗っている間じゅう、べらべらと一日の出来事をしゃべりまくっていました。

アコーディオンタイムもいいけど、この一か月は、息子とのスキンシップの時間に幸せを感じることができました。

ですが、今度は6月の末、突然のこと、主人の父が他界しました。
82歳ではありましたが、製材工場を営み、仕事一筋の人生、その日も元気に仕事をこなし、夜、お風呂で倒れ、息を引き取りました。とてもとても大好きな父でした。

そうして一週間が慌ただしく過ぎ、今やっと落ち着くことができました。


そんな中でも、宅老所のおじいちゃんやおばあちゃんが待っていて下さるので、6月はジューンブライドにちなんで「瀬戸の花嫁」を練習しました。対位ベースの列を5の指で押さえることに苦戦しましたが、なんとかできるようになりました。ちょうどアコーディオンを始めて1年、暗譜で伴奏できる曲はやっと10曲以上になりましたが、まだまだド素人の演奏です。
レッスンではミュゼットにも挑戦しています。

今後も皆様のご指導、よろしくお願いいたします。

別スレでの、オカルト兄様の「ニューオカルト号」特集、楽しく拝読させて頂いております。まるで、アコーディオンをわかっていない私には、ほんとうにありがたく、勉強させて頂いてます。

そうそう、まだまだ教えて頂きたいことがあるんです。
皆様、また別スレで、よろしくお願いいたします。
今日は、もう休みます・・・時間がたりない・・・

  • [49]
  • 自慢話

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 6月24日(月)07時33分50秒
 
先週4日ほど滞在した南フランスの大西洋に面した保養地Biarritzのカジノレストランでたまたま同席した二人がスロベニア人で、もう二人がクロアチア人で、もう一人がチェコ人でした。

チェコの人にモルダウが本当はヴルタヴァだという名前だと知ったのはつい最近だったとか、東京オリンピックで優勝したベラ・チャフラフスカさんやドプチェク氏らが盛り立てたプラハの春がソ連軍の戦車に蹂躙されて、僕がプラハを訪れたのはその翌年だったとか、その時は、プラハの町は暗く悲しく沈んでいて、今は観光客でごった返すカレル橋も人影もなかったことなどを話して、チェコの人と仲良くなったあとに、モルダウのメロディーを一緒にハミングしちゃった。
http://www.youtube.com/watch?v=kdtLuyWuPDs
クロアチアの人に昔、今のクロアチアの首都、昔のユーゴのザグレブにいったことがあり、一度だけ行ったことがあるクロアチアの海辺の美しさを述べ、たまたまYou tubeで聞いたこの曲が忘れられない、とKlapa MaslinaのDa te mogu pismom zvatiを口ずさんだら、クロアチアの二人と大合唱になってしまい、ボーイにお静かに願います、と途中で止められる羽目になってしまった。
http://www.youtube.com/watch?v=KUYIhmahYoA
スロベニアの人に、Lubjanaにいったことがあり、その時たまたま広場の演奏で聞いたLojzeta SlakaのV Dolini Tihiが好きだといって、くちずさんだら、これもスロベニア人と大合唱になってしまった。 http://www.youtube.com/watch?v=giOt4NoAbL0
お色気のAtomik Harmonikとかスロベニアのアコの神様、Slavko Avsenikとか口にしたら、目の色が変わり、そんなことまで知っているのか! 今度ヨーロッパに来たら、必ずLubjanaに来てくれ! 約束しろ! Harmonikaの演奏する店を案内する、なんて具合に意気投合してしまった。

こんな素敵な出会いができたのもアコで情報交換をさせていただいているみなさんのおかげです。 今日投宿したベルギーのCharleroi3丁目の夕日のホテルの隣のレストランではアコーディオンの音色が流れていて、あ、今度はこれ弾いてみよう、と思っていたのですが、この自慢話を書いているうちに曲名を忘れてしまった。 ベルギーもブリュッセルの広場とかの観光地から離れたCharloroiまで来ると、かなり静か。 裏町人生か3丁目の夕日って感じになる。 今日は日曜日で市が立っていて、ちょうど日本で縁日の出店をめぐるのが大きな楽しみだったころと風情が似ていた。 小さな食料品店に入って、ビールの小瓶とソーセージと、ブドウを水を買い求めたら、お店のおばさんが、あーらどっから来たの? えー! 日本! 東京はもっとにぎやかでしょう? ブリュッセルに比べるとここはだめよねー、でも、人情は厚いのよー、ここの人たちには顔に微笑みがあるのよー、なんて、フランス語で言っていたように思われます。たぶん。 やっぱり三丁目の夕日なんですね。

始めに書いたBiarritzの保養地のホテルのBayanneパーティーで楽団が演奏して30か国から集まった150人のみんなが大合唱していた曲がこれ:
http://www.youtube.com/watch?v=4sh6I6pTqD8
もっともみんなが歌えたフレーズはもっぱら「Griecher Wein!」の部分だけであとはハミングでしたが。 でもいいので、みんなで歌えて盛り上がれれば。Griecher Weinとはギリシャのワインという意味ですが、当日は、フランスのワインで盛り上がっておりました。

という、自慢話。

  • [48]
  • 別スレの早春賦をいただいて:

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 4月 2日(火)20時51分16秒
 
還暦で いまだに学ぶ 早春賦
早春賦 旬というなら 15まで

春霞 だったらいいのに PM2.5

  • [47]
  • なんて素敵なんでしょう

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2013年 4月 1日(月)12時06分54秒
 
ロコトさん 素敵なアコ人生を送っていらっしゃるのですね~。

蔵王の麓の自然に囲まれた中で生活している自分ですが、ロコトさんのように自然の恵みを感じながら素敵な人生を過ごされておられるご様子に、自然とまだまだ向き合えない自分を大いに反省しています。
 というより まだまだ人前での演奏力の未熟さが根底にあるのかもしれません。自信をもって演奏できる様に頑張る元気をいただきました。

  • [46]
  • 寂れた山村にも春の蠢き

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2013年 3月31日(日)12時14分52秒
 
:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:..

   若葉萌え 吾と等しく 野にありて
          匂いほのかに アコ音も溢れり

   畑中で 霞を背にして アコを弾く
          モグラも鳥も 退散せぬか


:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:..

  • [45]
  • 実感とトレンド

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 3月31日(日)05時40分51秒
 
弾きたい曲は数々あれど、まともに弾ける曲が少ないって、身につまされます。 とにかく弾きこむことと、人様に聴いていただいてお褒めをいただいたり、お尻をたたいていただくことですよね。

農耕に従事する方ならでは季節計画予定表。 トレンディーな言い回しもまぜて自らの背中を押す。 うーん、練習をさぼりがちな僕にも刺激になりました。



  • [44]
  • 何も果たせぬまま、いたずらに時は過ぎ行く

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2013年 3月31日(日)00時28分49秒
 
.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:..

   季節ごと 弾きたい曲も 移ろいて
          新譜増すとも レパの薄さよ

   桜どき 暦を見ては 推し量る
          秋の名曲 習うの今でしょ


.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:..:ili:.:ili:.:ili:.:.

  • [43]
  • はたして新ローマ法王のご利益は!!

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2013年 3月19日(火)20時04分27秒
 
実際もんだい、もう、いままでみたいに
アルゼンチンタンゴはバンドネオンでないとど~しても、、、、とかゆ~てられへん!!

新法王をたたえるために、これからはギターだろうがアコーディオンだろうがマラカスだろうが、とにかくタンゴ、タンゴ、タンゴだあ~~!!

今現在きょうは朝8時40分から、サンピエトロ寺院前の広場で、就任の祝いのセレモニーの最中でまたもや、全世界から何万人もの信者が、仕事休んで集まってきてるよ。、仏教の人たちも挨拶にきてるみたい、、政治関係のえら~い役人さんもいっぱいきてる。

おととい日曜日も、寺院前でお昼12時から初めての公式ミサで、やっぱり人がわんさかあつまっとったらしいけど、その頃アコリックは橋の上。

ほいじゃあ、この日は、キリストブロマイド、木製聖母マリアパネル、ワイン、、と、わけのわからん貢物があいついで、まあ、わけわからんのじゃあなくってアコーディオン男にも神のご加護がありますように、、ゆうことなんやねんやろうな、きーつかっていただいてありがたいことです、

でもさあ、ガキんちょのくれた、貝殻だとか、わけのわからん瀬戸物細工とかね、いっつも、ど~しよ~もない宝物ばっかし、毎回、御守りみたいに橋にもっていってんだけど、
こんなマリア様やキリストブロマイドも、やっぱし毎回持っていってこういう感じでセッティングせーへんかったら、き~わるするかなあ?????

荷物がやたらと多くなってくから憂鬱なんだよなあ、、、て、そんな幸せななきごとゆっちゃあいけない、、次回からもちゃんと持っていくことにしよう、、、あ、ちょっと待てよ、ソーカガッカイのバルバラちゃんってゆうお得意さんもおるしなあ、、判断に悩む、、、、、、、、、
まあ、お互い違う宗教同士、いがみ合ってはよくないから、いちおお今年いっぱいは、タンゴ法王就任記念とゆうことで、もってこうかなあ??、、いったいアコリックは宗教なのか?たんなるごますりなのか???

いっそのことアコリックもキリスト教の一派ってことでいいかあ。。てな感じの橋の上の演奏会でした。              アーメン


  • [42]
  • 余生をどこで過ごすか?

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 3月 5日(火)18時39分4秒
 
ローマの大きな公園のそばの教会に住める...いいねえ。 夕暮れの公演をお散歩したら、Buona Seraなんていいながら、近所の行きつけのTaverneへ入って、安くておいしいAntipasto Mistoにワインなんかで軽くいただいて、のんびりと過ごす。
貧乏性の私には憧れであっても性格上出来そうもないけど。

築地の近くのアパートに住んで、新鮮な食材に身近に暮らせて、時折、気ままに都内のお気に入りのスポットに神出鬼没するなんてのも悪くないような気もするが、東京の文化そのものがなんだか薄っぺらかったり、値段ばかり高かったり、あ、どうせ、B級グルメで幸せになる私としては、安い、うまい、速いの北千住の飲み屋あたりが一番性にあっているかも。 あ、それなら近所の酒屋とスーパーで買い物して自宅で好きなもの作ってもらうか、作るかしたほうがいいね。
で、お料理する時のドリンクがこれまたいいのですなぁ。 結論: 余生は台所で。

  • [41]
  • 先日2月28日でとうとう退職されたドイツ人のローマ法王は、

  • 投稿者:オカルトマニア1号
  • 投稿日:2013年 3月 4日(月)17時17分36秒
 
同日夕刻、ヘリコプターで、サンピエトロ寺院から、約20キロくらいのところのアルバーノとゆう湖のほとりに建つガンドルフとゆうお城に行きました。このお城は、もともと、年間通じて必ず夏に法王の避暑地として利用されるお城です。
そしてきのうはガンドルフ城に10000人の一般市民が集まり法王を出迎えておゆわいしたそうです。
このお城でしばらくのバカンスを過ごし、その後はローまで一番大きい公園、ヴィッラパンフィーリとゆうところの近くの教会に住み着いて余生を過ごされるそうです。、、と、ぼくが専門用語ほとんどわからないなりに何とかニュース番組で理解した内容です。
アコリックのような極小宗教と違い、政治にまで影響もたらす、なんてったってカトリックやからねえ、
まあゆーてみたら世界規模の超マンモス会社の雇われ社長みたいな面も、おーおーーにしてあったと思うから、やっぱり激務だよなあ。
今からは、ゆっくり休養とって、多大なる神の祝福の元に余生を過ごしてもらいたいものです。


そこで、またもや、ぜったい役にたつはずがないイタリア語豆知識。
カプチーノは、日本でもポピュラーだとおもうけど、
なんでカプチーノとゆうかとゆうと、
赤頭巾ちゃんとかさあ、頭の上からすっぽりかぶししちゃう頭巾のこと、
カプッチョッっていいます。
畑に生えてるキャベツの、葉っぱがキャベツそのものをびゃ~って包み込んでる様子も、だから
カプッチョッ、とゆういいかたします。

ほいじゃあね、
カフェの上から、泡たっぷりのミルクを注いで
カップの最上部を通り越してモコモコ~~!!てゆうかんじで、今にも、そのミルクの泡が、
カフェもカップそのものも包みこんじゃいそうになってることが
カプチーノ、、とゆう名前になった由来です。


  • [40]
  • ♪今は、機械の世の中だ♪ が古い。

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 1月10日(木)22時09分52秒
 
機械はもちろんまだまだ活躍していますが、ぐんとレベルがあがって、機械といっても、ロボットだ。 無人機械だ。 コンピューターだ。 ソフトだ。 クラウドだ。 スパコンだ。
変わらないものは、卵の価格と乾燥芋の味。 あ、おふくろの味は大丈夫か? コンビニの味になってないか? コンビニのバイトのおばはんが代理ママか?
でも、やっぱり、母的なるものへのあこがれは、永遠のテーマだ。 それも、苦労して育ててくれた母は、母以上の恩人だ。 母の愛は強し。 父の愛もあるんだけどね。 でも、やっぱり母の愛には勝てないね。 愛があるからまっすぐ育つ。 愛だけが意味がある、とまで言い切る人もいる。 愛が通ればどおりが引っ込む。 愛の修羅場の地雷原というのもある。 愛、恐るべし。


  • [39]
  • 出稼ぎの土方が道路を作り、今があるのだ

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2013年 1月10日(木)00時16分47秒
 
建設現場の土木工事や道路舗装工事の出稼ぎをやっていた頃を思い出しながら
「ヨイトマケの唄」をアコで弾いた後に詠める。

   ヨイトマケ 電脳社会の 地を打ちぬ

  • [38]
  • 静かな大晦日

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2013年 1月 2日(水)10時56分36秒
 
心静かに新年をお迎えになられたことと存じます。 大変結構なことだったと思います。 でも、その静けさも、そうとうな静けさみたいだなぁ。

一方、ドイツにいたときの大晦日は騒がしかった。 カウントダウンまで飲んだくれ、爆竹が明け方までさく裂し、眠れません。 そういうわけで、元旦は思いっきり昼過ぎまで寝て、2日から仕事、というパターンが多かったです。



  • [37]
  • 年またぎ 背中丸めて 夜をふかし

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2013年 1月 1日(火)02時47分28秒
 
山深き村に何事も起こらず静かな夜が過ぎ行く

   コンと啼く 鐘の音届かぬ 山間に

   歳積もる 秤の目盛り 振れもせず

  • [36]
  • 中島みゆき 帰省

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年12月30日(日)07時05分20秒
 
目覚まし用のラジオから今朝流れてきた由紀さおりと安田祥子の歌う「帰省」(中島みゆき作詞)を寝床で聴いて、 感動して思わず飛び起きてしまった。 You Tubeで探したら、中島みゆきの歌う「帰省」があった。
帰省 / Nakajima Miyuki .
http://www.youtube.com/watch?v=N5fsfoRAxq8
初めて聴いた歌だったのですが、知らない人には教えてあげたい曲だなぁと思っての投稿です。 大きな音を出さなくてもそっとこの曲を弾いて、できたらアコ伴で歌ってあげたらいいのではないかと思ったわけでした。 正月で里帰りなさる方もいらっしゃるでしょうし、満員列車・車の渋滞、それに大雪で大変だと思いますが、皆様にとって、いいお正月でありますように。

  • [35]
  • 中国の広州にて

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年11月17日(土)10時23分48秒
 
4日ほど中国の広州というところにおりました。 そこではインターネットはつながるとはいうものの、様々な規制があるようで、たとえば、この掲示板にはアクセスができないのです。 人々が自由に情報交換をする場というものが規制され、管理されているようでした。 YahooもGoogleのサイトも開けませんでした。 出そうとしたメールのいくつかは発信できませんでした。 おそらく、使用した言葉のいくつかが検問に引っかかったのだと思われます。 すべてのメールが検閲を受けているということだと思います。 ということは、政府に検閲を免れるためには、メールを使う以上は暗号を使ったり、使いをやったり、伝書鳩を使ったりしなくてはならないということで、非常に息苦しい日々でした。 入出国検査もほかの国に比べて厳重を極めており、空恐ろしい気分になりました。 何もしていないのにスパイ容疑をかけられている気分です。
成田に到着して、自由にものが言えるということの意味を改めて再認識した次第です。 この掲示板にアクセスできていたとしても、出国できていたかどうかわからないなぁ、などとも思えて、我慢しておりました。
北朝鮮であれば、こんな生易しいものではないということは想像に難くありません。 いい悪いは別にして、現在の日本の曲がりなりにも相当自由な現状は本当にありがたいことです。 この日本でさえ、今ほど自由な時代は、もしかつてあったとしても、それは万葉の世界より前の時代にあったかもしれないというほどだと思います。
そして、この大国中国を力で抑え込んでいる中国共産党の現体制が崩れた時が、想像を絶する大混乱を巻き起こす時だろうと想像するのは歴史を見れば明らかだ。 ハイウェイも高速鉄道も、自転車の洪水から自動車の洪水への普及も、富裕層の増大も、資本の蓄積も、拡大する軍事力も、あらためて、恐るべし中国。 残念ながら、この島はそこに近すぎる。

おそらくアコーディオンの生産量でも現実的にはもう世界一になっちゃっている可能性も否定できない。 日本でも入門機のほとんどはブランドはともかく、中身は中国製だ。 それを嘆く僕の安物の衣類はおそらくすべて中国製で、頭にきてラーメン食って、寝る布団やベッドも中国製に違いない。

物言わぬ アコーディオンなら 許される
大衆を 動員するのも アコーディオン
アコーディオン 奏でる曲は 行進曲

でも、日本にもそんな時代があったんだなぁ。

  • [34]
  • アメリカの友人から届いた映像の紹介

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年10月28日(日)05時40分51秒
 
Time-lapse video: Space shuttle Endeavour's trek across L.A. - Framework - Photos and Video - Visual Storytelling from the Los Angeles Times

http://framework.latimes.com/2012/10/15/time-lapse-video-space-shuttle-endeavours-trek-across-l-a/

  • [33]
  • アメリカの友人から届いたメッセージ

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年10月25日(木)13時51分42秒
 
Next to the 10 rules GOD gave us, the following are 45 of the best ideas to get through life.


This is something we should all read at least once a week!!! Make sure you read to the end!!!


Written by Regina Brett, 90 years young, who wrote for the Plain Dealer, Cleveland, Ohio.

"To celebrate growing older, I once wrote the 45 lessons life taught me. It is the most requested column I've ever written.

"My odometer rolled over to 90 in August, so here is the column once more:

"1. Life isn't fair, but it's still good.

"2. When in doubt, just take the next small step.

"3. Life is too short ? enjoy it.

"4. Your job won't take care of you when you are sick. Some of your friends and all of your family will.

"5. Pay off your credit cards every month.

"6. You don't have to win every argument.
Stay true to yourself.

"7. Cry with someone.
It's more healing than crying alone.

"8. It's OK to get angry with God.
He can take it.

"9. Save for retirement starting with your first paycheck.

"10. When it comes to chocolate, resistance is futile.

"11. Make peace with your past so it won't screw up the present.

"12. It's OK to let your children see you cry.

"13. Don't compare your life to others.
You have no idea what their journey is all about.

"14. If a relationship has to be a secret, you shouldn't be in it.

"15. Everything can change in the blink of an eye.
But don't worry, God never blinks.

"16. Take a deep breath. It calms the mind.

"17. Get rid of anything that isn't useful.
Clutter weighs you down in many ways.

"18. Whatever doesn't kill you really does make you stronger.

"19. It's never too late to be happy.
But it’s all up to you and no one else.

"20. When it comes to going after what you love in life, don't take no for an answer.

"21. Burn the candles, use the nice sheets, wear the fancy lingerie. Don't save it for a special occasion. Today is special.

"22. Over prepare, then go with the flow.

"23. Be eccentric now.
Don't wait for old age to wear purple.

"24. The most important sex organ is the brain.

"25. No one is in charge of your happiness but you.

"26. Frame every so-called disaster with these words 'In five years, will this matter?'

"27. Always choose life.

"28. Forgive but don’t forget.

"29. What other people think of you is none of your business.

"30. Time heals almost everything.
Give time time.

"31. However good or bad a situation is, it will change.

"32. Don't take yourself so seriously.
No one else does.

"33. Believe in miracles.

"34. God loves you because of who God is, not because of anything you did or didn't do.

"35. Don't audit life.
Show up and make the most of it now.

"36. Growing old beats the alternative -- dying young.

"37. Your children get only one childhood.

"38. All that truly matters in the end is that you loved.

"39. Get outside every day.
Miracles are waiting everywhere.

"40. If we all threw our problems in a pile and saw everyone else's, we'd grab ours back.

"41. Envy is a waste of time. Accept what you already have, not what you think you need.

"42. The best is yet to come.

"43. No matter how you feel, get up, dress up and show up.

"44. Yield.

"45. Life isn't tied with a bow, but it's still a gift."

It's estimated that 93% won't forward this. If you are one of the 7% who will, forward this with the title '7%'.

I'm in the 7%. Friends are the family that we choose.






  • [32]
  • どしろ~との心にも届く演奏

  • 投稿者:紋次郎
  • 投稿日:2012年10月19日(金)19時56分34秒
 
アコーディオン紹介のコーナーでは、せっかく預言者が自信持って入荷する楽器がなかなか世間に通用せ~へんてゆう、悔しいアコ販売の現状があるようだねえ。
マア、預言者の館の場合、宣伝文句が、ほかの日本の業者よりもちょっと地味でどしろ~とうけせ~へん面はあるねえ。
たとえば、よく見る宣伝文句がね、『澄み切った音色』のど~のこ~の、とかゆうのが書いてあって、それがギンギンのMMずらしアコだったりするわけだ。
MMフラットチューンの澄み切った音知ってる人にとったら、MMずらしが澄み切ってるはずがないのに、まったくもっておかしなはなしだが、
預言者本人のゆうように、日本ではやはりMMずらしこそが、典型的なアコーディオンの澄み切った音のイメージなのだ。
たとえば預言者が、Siwa & Figli の日本での宣伝サイトを独自に作ったとしても、
『スカンダッリスーペルセストの製造にも携わったことのあるイヴァン何がし氏が、世界最高峰のレベルのアコ作りを目指して独立して立ち上げたど~のこ~の、、、、』てな感じでゆ~てみたところで、時すでに遅し。
もうおおよそスカンダッリスーペルセストやセッティミオソプラーニアルティストセストを記憶するのはおおよそカブトガニ酋長級のキャリアのある人のみだ。

現実問題、小林靖弘氏が使ってるとゆうだけで日本でどれだけカヴァニョーロ弾く人口増えたか?
リチャルドガッリアノ氏が使ってるとゆうだけでだれしもヴィクトリアにあこがれる。

預言者が自信持って輸入して推奨するアコの名器たちも、普通みんなは、純粋に自分の耳だけを信じては購入しない、つまり、誰も長野の神様のように自分で確認してボルスィーニに決定!!するわけではないのである、おおよそどこぞやの商店の宣伝文句や、どこぞやのアコヒーローやアコアイドル御用達、、、こそ、どしろーとの感覚の基準をささえる大きな鍵だ。

だれしも普通は長野の神様のように自分の感覚のみを信じて突き進めて行く自信はないから、アコヒーローやアコアイドル御用達楽器を信じる。あるいは、まねたがる。それは決してわるいことではないし、それがふつうだ、
そして、ここでぼくがおもうことは、
たとえばピロシーストラ氏のいたってのお気に入りのピーノモドゥーニョ氏をはじめもちろんマイロンフローレン氏もディックコンティーノ氏もそう、そして確かに小林靖弘氏もそう、さらにはやはり世界のみえちゃんも同様
欧米のアコヒーロー、アコヒロインやアコアイドルたちはこぞって超凄腕プラス、使用楽器うんぬんの問題ではなく音楽そのものにどしろ~との心をもとらえるアルファがある。

ありがちな物まねに等しい演奏と漫談でどしろ~とにウケても、それはけっして、その程度のエンターテインメントにすぎず、音楽のしあわせの醍醐味を与えるものではない。

ただしかし、先日の長野の神様が音楽評論家のことで話題になってたときのお言葉
『まず自分が何の楽器も弾けないクセに批評するなんて!、(車の教習所の教官が、運転免許持って無いみたい)』、、、で、そのときは、弾けないからこそ、聴く観点がちがうんだ、とぼくはゆったけどね、

なんどもゆーたけど、むかし大阪芸術大学で講師として招かれたときに、二つ返事で断ったことね、音楽の喜びを知って興味あって向上したい人に教えるのは、もともと興味があるんだからどんどんついてくる。そやから、簡単とはおもわへんけど、とにかくそれが講師なんかやりたなかった理由。

けども、どしろ~とは、もともと興味ないんだ、てゆうか、それがふつうはあたりまえ、
まことの芸術をつらぬくことは、もちろん興味ある人の心にエモーションを与え、
さらになんにもわからんどしろ~との心を開かせる力と愛なんだとおもうなあ。

ぼくも音楽産業界でええきになってたごーまんな時期があり、さらには2回にわたるCD出版の失敗、そしてどこか、どこでもええから定着して演奏できて銭にする場所探してさまよい、やっと橋の上で、ほんまもんのどしろ~と達の感性とも素直に接するようになって、、今にしてはじめて努力していこうとする道だよ。

CDがうまくいかんかったんは、『30年早かった』からではない、
自分に愛が不足していたからだ、と、今になってやっとはっきり断言できる。


  • [31]
  • まさに心に届く音楽ですね

  • 投稿者:スズラン
  • 投稿日:2012年10月19日(金)01時00分46秒
 
言葉でなく、見た目でなく、音楽が心に届いたから、通い合えたんですねー。さすが兄様の魂こもったアコ―ディオン演奏!!

毎日の橋の上での演奏、苦難も多いと思われますが、兄様の笑顔のお写真は、コロポ様と同じく、嬉しいかぎりです。
いいこと沢山ありますように・・。



  • [30]
  • 見事賞品獲得なされたのは、兵庫県からお越しの小林様ご夫妻です。!!

  • 投稿者:ぼくもケバブ大好き紋次郎です。
  • 投稿日:2012年10月15日(月)18時57分46秒
 
実はこれね、去る9月22日土曜、つまり、あの時、賞品のローマトランプ買ったまさしく翌日の出来事だったのです!!、あんまりにもぼくとしても想定外で、ご報告おくれてしまいました。
しかも、今でもよく覚えてる、この日は5組の日本人観光客のしかとの後、ちょうど15時になって、最後の一曲の直後でした。
ぼくの経済状況からするとけっこう高額なトランプ買った念がつうじたのか???
さて、だんなさんのほうは、日本人かな?と思ってたとゆってましたが、奥さんのほうは、〔ありえない〕とおもってたらしいです。
彼らにとってもコイン入れたらいきなりぼくに日本語ではなしかけられたから、あんまりにも想定外にびっくりぎょうてん!!!

ほんで結局このご夫妻も、日本人かな?、、とゆう理由でコインいれたんではなく、やっぱし 『音楽』きいて、なんだよねえ、。

わかったことはね、ぼくだけが、自分は日本人なのに、日本人やったらもっと注目してほしい!!とゆう欲望にかられてただけで、
実際には、日本人観光客でアコーディオンに興味があるわけでもない一般のどしろーと衆にとって見たら、ローマ観光で、しかも観光一等地ではないむしろ単なる通り道で辻芸やってる男の国籍について、同郷のものであるかどうか?かんがえてみるなんてことは、99,99パーセント想定外なのだ!!、、とゆーことなのです。
そやから、日本人観光客にしかとされても、不安になる必要もないし、幻滅するのは早とちりしすぎ!!ましてやアコーディオンやってるのにもう!!、とゆう、ごーまんなきもちになってしもてはけっしていかんとゆうことやねえ。本来人の心は、決して人種や見てくれを見るのではなく、ちゃんと音楽聴いてるんだってこと、わすれちゃいけない。

だから、たまたま入金してくれるのが日本人なら、それはそれでプラスアルファのよろこび!!しかとでとーぜんとゆう感覚
でなけりゃあいかんのよ。

ほんで実は、9月30日の時点で愛の三度笠、1号機が強風にあおられて破損してます。
破損箇所は、かねてからやばいとおもてた頭部への装着部です、2号機はいざと結うときのためにおいとかんとあかんから、とりあえず、この1号機を時間見つけて修繕方法練って治すつもりです、現在は石垣島産のすげ笠使用中。
ちなみに、この日以降、つぎなるコイン入れてくれる日本人観光客はまだいてません。


  • [29]
  • お城ホテル

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年10月11日(木)06時52分19秒
 
12日間の出張のほとんどをダブルベッドの上に子供用2段ベッド(寝台車の2階ベッドのようなもの)がついて、大人3人が泊まれる、簡素だが清潔なホテルがフランスのAccor Hotel系列のetap hotelチェーンで、3人で一泊素泊まり合計6-7千円でいけます。 一番簡素なグレードのホテルチェーンはFormel 1(フォーマル1)というホテル。もう一息安い。 昼はおいしいトルコ料理のケバプで野菜もお肉もたっぷりのサンドイッチで腹いっぱいで3-5Euroだから300-500円。 夜は、スーパーマーケットでおいしいおかずとパンとリンゴやブドウなどとワインを買って、たらふく腹を満たして1000円以内に収める。 という具合なヨーロッパ出張をすると、季節外れの時期であれば、一泊ぐらいはお城ホテルに泊まり、うら若い美人のオーナー女性、つまりプリンセスに、ほかに客がいないので、お話の相手までしていただけるという幸運に恵まれる。 それで、1万円とちょっと。 これは誰にでも組み入れることができるプログラムです。 もっとも、地場のB級グルメを楽しむという心の余裕と、無駄に高いものにお金を使わない旅の知恵が必要だ。 もっとも、12日間お城ホテルに泊まりきりだと、退屈のうえに、投獄された気分になるので、頼まれてもお断りだ。 一泊して、もう一泊したいところでやめて、次の簡易ホテルに行って、余韻と落差とB級グルメを楽しむほうがいいね。 一杯のビールと、ソーセージとジャガイモのラード炒めをほうばめば、しみじみと一般庶民に生まれた幸せを味わえる至福の時間だ。 これにアコがあれば言うことは無い。


  • [27]
  • まあ、まあ、おちついて、あわてて、みじめなきもちになるこたーない

  • 投稿者:紋次郎
  • 投稿日:2012年10月10日(水)23時10分17秒
 
実際ローマは、中心部、ほとんどの建物が、条例で、とり壊し禁止だから、
『出入り口不明』のホテルは多いんだってば。
つまり建物全体を買いとらんことには、日本の感覚のホテルになってけーへんから、
発見不可能にちかい出入り口からはいっていって、その建物の3階のみがホテル、とかゆーのんは、ざらだよ。

まあ、ゆーてみたら、ローマ中心部で、建物すべてがホテルになっててホテルらしいのんとゆえば
ハスラー
エクセルスィオール
ベルニーニ
デッラヴィッレ
ルグラン
エデン、、とあと、どこやったかなあ?とにかく、数えたら両指でことたりるくらいしかないんだもん。




  • [26]
  • 入り口すらわからないバッタもんホテル

  • 投稿者:ZEN@アコルデオン
  • 投稿日:2012年10月10日(水)16時40分36秒
 
そうです、入り口にババーンと大きな看板があって、いや建物自体がすでにナントカホテル~っていう構えをした有名なホテルじゃない、古い雑居ビルの何階かのワンフロアーだけで商売やってる小さな個人経営のホテル(民宿というべきか)は入り口さがすのもしんどいのよ
お城みたいなホテルに泊まれるような身分になりた~いっ、無理~っ!

  • [25]
  • 預言者の怒り

  • 投稿者:遺跡埋め立て地住民
  • 投稿日:2012年10月 8日(月)22時44分43秒
 
まあ、ぐちぐちゆうてんでもさあ、ヨーロッパいきゃあ、城跡ホテルみたいなええと泊まれる身分なんだからさあ、ZEN氏は、どっかのスレッドで、入り口すらわからんよおなばったもんホテル泊まったってかいてあったよ。

ぐちっても
アコの音色は
冴えぬゆえ
どーせ弾くなら
ええアコ買いな

  • [24]
  • お疲れ様でした・・・

  • 投稿者:スズラン
  • 投稿日:2012年10月 8日(月)07時49分12秒
 
半クラッチのマニュアル車の坂道発進、あの感覚、私は大好きですが、大渋滞の中30年分の坂道発進を一気に行なうのは、あまりにも辛すぎますね・・。
こんな日もあるんですねー

今日は、川井様にとって素敵な一日になります様に・・・・。

  • [23]
  • 今日の愚痴

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年10月 8日(月)07時06分35秒
 
中央自動車道の相模湖東付近でのトラック横転事故と積荷のボンベ爆発による交通止めと、それを避けて抜け道とおもった八王子から相模湖に抜ける大垂水峠にはいったら、そこもすでに大渋滞。 日光のいろは坂のようなつづら折りの坂道を10㎞近くにわたり半クラッチのマニュアル車の坂道発進。 多分30年分ほどの坂道発進をしているうちに日はとっぷりと暮れ、予定をオーバーすること4時間。 真っ暗な山小屋についてみれば秋草がぼーぼーに生い茂り、ちょうどキャリヤーを探していた野草のとげとげした種がGパンとポロシャツと布製バッグにみっしりとくっついて、痛い。 で、翌朝、今年こそ実が付くかと楽しみにしていた栗の木の下にいっぱいありました、誰かが栗の実を叩き落として盗んでいったいがいがの山が。 ひどくねぇ? なんとなく、人のものを盗むということはよくないことなんだぞ、とその人に言ってやりたい気分で一日をすごすことになったものの、どこのだれだかは当然わからず、そんな奴はどうせ、聴く耳を持っていない。 このむしゃくしゃをアコにぶつける前にすきっ腹で飲んだ高揮発性飲料の山の水割りがすきっ腹に効いてせっかく弾こうと思って持ってきたアコに手が届く前に昼寝。 で、目が覚めれば真夜中で、いまさらアコというわけいもいかず、それ以上熟睡できないまま、有明の雲となり、この愚痴を書いているという体たらく。 そろそろ帰宅渋滞がはじまるころだ。

  • [22]
  • 今日のお城

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 9月28日(金)13時35分0秒
 
おふらんすのロワール川流域にある城廻りの白眉はなんといってもChambord城とChenonseaux城ではないかと思われます。
Chenonseaux城をみると、♪森と、泉に、かーこーまれてー♪と歌いだしたくなるのはその歳のせい。 これらの城にまつわる歴史を紐解くのも楽しみだ。

  • [21]
  • ドン・キホーテ登場、

  • 投稿者:コロポ
  • 投稿日:2012年 9月27日(木)22時19分56秒
 
空が青いですね、まさに碧空。
見果てぬ夢を追い求めるの図ですね。
スペインの空も青かった。
しかし なんだね ポーズが似すぎている。

  • [20]
  • 出張はつらいけど、いいこともある。

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 9月26日(水)15時13分26秒
 
オランダからドイツへ向かう途中の風車。 ドイツ、マイン川沿いのブドウ畑の丘の上にそびえる教会。 この町に泊り、飲んだワインがうまいの、うまくないのって、うまいです。西に移動し、Monsの町の広場に立つ旧市庁舎の夜間照明を見ながらいただくムール貝の酒蒸しとベルギービールは旅のつらさを忘れさせる。 

  • [19]
  • 今日のホテル

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 9月26日(水)07時29分50秒
 
今日のホテルはパリから西に260㎞離れたDurtalのDurtal城。 夜景は前夜のベルギーのMons市のGrand Placeの旧市庁舎。

  • [18]
  • いつか行きたいローマの地

  • 投稿者:スズラン
  • 投稿日:2012年 9月23日(日)07時53分58秒
 
素敵!素敵!!ほしいです!!

この賞品もらえるの、お金いれてくれた最初の日本人?1組だけですよんね?そうやないと、けっこう経費かかりますよんね?

紋次郎様のプロマイド付きじゃないのかな?

どんな人がこの幸運のトランプ、もらわーるんかわかりませんけど、
もし、アコーディオンされる方で、掲示板愛読してる人やったら、観光は後にして、真っ先に橋の上行かれるんとちがいますかー。

逆に、アコーディオン全く知らん人で、紋次郎様のこと知らない人でも、偶然橋の上通って、紋次郎様の奏でる音楽に心惹かれて、お金入れられたら、きっとその人、紋次郎様のことちゃんと知りたいだろうし、ずっとずっと一生の思い出になると思いますんで、やっぱ、紋次郎様のプロマイド如何かしら・・。

その場で一緒に写真撮られるならいらんかなー。








  • [17]
  • こちらが、用意したかさばらない豪華賞品です。。

  • 投稿者:アコ枯らし紋次郎
  • 投稿日:2012年 9月22日(土)23時03分28秒
 
ローマの写真のトランプ
トランプ一枚ずつ違うローマの写真になっています。
どういう団体とゆうか、日本人の組が、入金するかけんとうつかないゆえ、いちおう、
2セット用意しました。
はたして、

橋の上
豪華賞品
誰の手に!!!!!??????

  • [16]
  • いよいよ、怪事件発生!!

  • 投稿者:ニュースレポーター志望の東洋系紋次郎
  • 投稿日:2012年 9月17日(月)21時25分22秒
 
いよいよ、橋を通った東洋(黄色人種)系、4組のうち、1組の日本人夫妻(あるいは愛人関係者)以外の3組すべてがお金入れたとゆう怪現象が発生してしまいました。

しかも、その無視した日本人夫妻は、ぼくの5メートルほど先で、ずっと写真撮影しとったから、ほかのお金入れて通り過ぎた東洋系たちより、はるかに橋の上の滞在時間が長かった、つまり三度笠男のことは、とことん無視だったわけだ。

さらに別口で確信はないけど、男性一人旅のおそらく日本人であろう別々の人ふたりからメンチ切るに等しいくらい凝視されてとおりすぎてゆかれた、が、彼らについては、完全な日本人であるという確信が無いため、こんかいのはなしからははぶきます。

この日本人客入金大敗原因の根源は、おおよそ先日もスズランちゃんがゆってたように、同じ東洋系とゆっても、ほんもんの日本人には三度笠に対する時代錯誤かなにがしかの抵抗があるからだとゆえるかもしれないし、さらに笑星さんの察したように、あたりきしゃりきの観光客向けレパートリーであったのなら、こんな寂しい結末にはならんかったんかもしれん。
しかしながら、自分が日本人だからこそ、日本人から無視されてるのがつらいが、実際には入金のターゲットは、ほぼ可能性のない日本人観光客ではないゆえ、日本笠が、お得意さんたちに大うけなら日本笠つづけたほうがいいにきまってるし、
けっきょくみんなねえ、日本笠だからお金入れてるんじゃなく、命売ってるまことのプロフェッショナルやからお金入れてるんだよなあ、日本笠は、太陽から防ぐノンとさらにプラスアルファのたんなる余興なんだよねえ,もちろん鳩もそう、単なるプラスアルファの余興。
とゆうことだから、三度笠であることに抵抗があって、音を聴いてもらうことができない日本人観光客に対して、自分からこれ以上、同郷のものです!!、とアピールする努力は、たとえ、7時間腰平気とゆえども、肉体的にも精神的にもリスクが大きすぎるんで、同じ日本人として悲しいけども、とりあえずこれ以上のことはできへんよってに、

そういう事情ゆえに、思いついたことは、あの、とことん売れへんかったCDではなく、かさばらないローマのおみあげになる気の利いた賞品を用意して、
三度笠以降初めてお金入れてくれた日本人観光客には賞品贈呈と、インタヴューをして、実際どういう心境でお金入れてくれたのか、その真相にせまってみようとおもいました!!どうよ?名案だろ??
でもまさか、生きるアコの辞書ともゆえる当掲示板読者で、暴言相次ぐやくざもんの紋次郎ゆえ、ローマ観光の際にはあの橋を通るのをわざと避ける、、とゆう現象は、おこってないだろうか???まさか、、、、ありうるよねえ??いや、現実には最近しかとで通り過ぎてる日本人観光客はそのすべてがアコーディオンやってる人たちだったりして。。。。。。。ぎゃ~~

インタヴューのしかたもれんしゅうしとかんとあかんよねえ?

おめでとうございます、きょうは、どちらからおこしですか?、おなまえは?、、てなかんじ、
ヴィデオカメラも持っていって、やらせヴィデオさつえいしよかなあ?
実際やらせ撮影は世界残酷物語以来イタリアの得意技だ。
ローマの休日2012
ローマで、いや、イタリアで一番印象に残った場所は?
『まぎれも無く、この橋ですねえ』、、てなかんじのやつ。
皆様のご応募をお待ちしております。




  • [15]
  • たしかに、三度笠はいまどき、ふつうに見るもんじゃない。

  • 投稿者:日本古典伝統美学研究家
  • 投稿日:2012年 9月12日(水)23時06分21秒
 
ましてや、大学生旅行で、きょうびの大学生が、三度笠??
なんとなく日本のものやったよ~なき~もするかなあ??いづれにしてもへ~んなの。このひときっとなにかまちがってるにちがいない。。。。、、

ぐらいにしか感じどころがないことは、たしかにそうだよねえ。

それにたいして、イタリア人のほうがむしろ、三度笠の魅力に素直にくいついてくる、時代錯誤だってゆう感覚もないし、、、いままさに三度笠絶賛中だけど、

この前は、全然関係ないべつべつのふたりから、三度笠のこと、
モンジーロウはしらんけど、
『アキラクオサワのセッテサムライ見たから三度笠わかる』
てゆわれました。

あ、なるほどクロサワ作品はここでも、ごっつい有名やから、ひょっとしたらぼくより著名度高いかもしらん。

まあ、もちろんね、このつばの広さは雨風から防ぐための、昔の人の知恵からうまれた洗練された機能美だが、実際問題人口密度高くなかった昔だから通用したもので、もちろんこれで満員電車乗ることも不可能やし、ローマ市内観光もみんなからものすご迷惑がられることは明白である。

女性用の帽子でけっこうつばひろいのんはときどきみるけど、つばじたいやらかいから、もしほかのひとにあたっても、もんだいないしね、やはり、『渡世仕様』の三度笠は、おっきいうえに硬度があるからやっかいだ、実際、バイクの運搬もあれこれほかにもにもつあるよってにたいへんなんよ。

つまり、橋の上の長時間労働であるからこそ、その威力が発揮されるわけであって、もちろん、ぼくかて三度笠でスーパー買いもんなんかいけへんことぐらいの理性は持ってる。

三度笠
ローマの町中
見かけぬが
ソンブレロかて
見かけへんてば

  • [14]
  • 三度笠

  • 投稿者:スズラン
  • 投稿日:2012年 9月 8日(土)11時26分43秒
 
新渡世人研究家様のお言葉 「マスメディアが決めたものだけしか見ようとしない、それ以外は見たくない、経験したくない」・・そういう傾向ありますねー。
それ以外が見られる、経験できるから旅行は楽しいのに・・・。
(ただ私のような、殆ど旅行経験ないものには、少々緊張と警戒心が邪魔をすることがありって、悲しいですが)

「本場に来ている気分を 害するモノ」??「想定外のアコを抱いた渡世人」のこと??
いやー、研究家様おっしゃるとおり、日本人観光客が思い込んでる 『本場』って、やっぱガイドブックにのってる、平面上の風景写真とカンツォーネレストラン、そしてその延長線上に思い描けることのみなんかなあ・・。

ここで、私がこの場面に行ったら瞬間的にどう思うか、考えてみました。(瞬間的ですよ)

1の段階
  旅行に来て、ローマの橋の上、アコを奏でる人がいる。素敵な音楽!
  ・・・「こんなところで、アコーディオン演奏!いいなあ、雰囲気ぴったり!」

2の段階
  旅行に来て、ローマの橋の上、アコを奏でる人がいる。素敵な音楽!
  その人は、Tシャツにジーンズ姿の日本人!
  ・・・「こんなところで、アコーデイオン演奏、いいなあ・・
     えーっ、日本人!嬉しい! 停まろうかな・・、挨拶してみようかな・・」

3の段階
  旅行に来て、ローマの橋の上、アコを奏でる人がいる。素敵な音楽!
  その人は、Tシャツにジーンズ姿の日本人!  そして三度笠
  ・・・「アコーディオン演奏、素敵!  あれっ日本人かな??
     なんであんなん被ってるんやろー??どういう人なんやろー、意味わからん」
     (失礼、ごめんなさい・・・)

やはりネックになったのは三度笠かと・・・。
たとえ日本でも、三度笠で町は歩かないですからねー。
若い人達、三度笠を民族衣装として意識し、好む人は少ないです。
浴衣や振袖ですら、古典柄は減り、奇抜なバラの現代模様にショート丈も
流行ってきていますから。

でも、そこで、やっぱり見てくれではなくて、音楽を聴いてほしいですよねー。
見てくれがすべてになってしまい、本質を見ようとできないのが、悲しいですね。
いったんは通りすぎても、後ろから聞こえるアコに耳を傾けて、もう一度振り返って
ほしいですよね。それができないのが、日本人なのでしょうか。

三度笠は、やはり、日本人観光客が考える現地のイメージからも はずれてしまい、
せっかく日本をアピールしていても柔軟性のない日本人には受け入れられないかもしれません。

でも、現地の方や、他国の方に人気であることは、紋次郎様の人間性もプラスされ、
アコの演奏をきっと引き立ててくれることでしょう。
紋次郎様のお力となり、お守りとなってくれるといいですね。



  

  • [13]
  • 観光客の質

  • 投稿者:笑星
  • 投稿日:2012年 9月 7日(金)23時13分32秒
 
 う~ん、海外旅行を楽しむ日本人は、一昔前に比べ、格段に増えているはずですが、本当に旅を楽しめているのか?

 ローマの橋を歩いていて、同胞と思しき人物がアコーディオンを奏でていたがら、声をかけたくなると思うのですが…。
 もしや、声をかけるのが、はばかられるほどに、「あ・や・し・い・・・」?!のか…??

 いや、失礼いたしました。日本人の民族性も垣間見えるこの現象。いろいろと考えさせられます。

 旅慣れた人は、声をかける。そうでしょうね。実は今日、とある民間通訳者の懇親会に出かけたのですが、イタリア語を担当なさる女性と同席いたしました。その方は、ローマにいらした、とのことで、「ポンテシストでアコーディオン弾いてる日本のかたがいらっしゃいますよ~」と紹介したところ、「え~~っ、見に行きたい! 橋の上での演奏、聴いてみたい!」と、とてもよい反応でした。

 地球の歩き方をもって歩いてても、同胞にすら声をかけられない日本人観光客は、旅人として、未成熟、だということではないでしょうか…。


 恋に破れた渡世人研究家さまの奏でる音楽は、おなじく、人生の痛手をかくして橋を渡る人々の、深いところに、きっと、しみとおっていくことでしょう。

 それを知っている鳩たちは、彼の足元で、小さく首をかしげ、ほら、まるで「聴いてごらんなさいよ」って言ってるみたい…。

  • [12]
  • 『本場に来ている気分を害するモノ』、う~ん、なるほど、さすが仙人の推察はするどい!

  • 投稿者:新渡世人研究家
  • 投稿日:2012年 9月 7日(金)20時35分30秒
 
しかし、アンデスのマチュピチュ遺跡まで行けば、やはり、ゆっちゃあ悪いが、ローマより、さらにわ~かけて貧乏な地域やとおもうから、
ビューポイントで現地のインディヘナのアンデス音楽を演奏する人がおってもおかしくはないよーなきーがする。

けども、ローマで、レストランの外のテーブル席に突然やってきて演奏したり、どこからともなくあらわれる花売り、傘売り、、、の類が、まっとうな仕事にありつけぬがゆえに、そういうことをしてる外国人であるのだ、とゆうヨーロッパ事情を日本人観光客にも理解してほしいねえ、それもれっきとしたヨーロッパの歴史なんだ。

カンツォーネのディナーショーに行けばイタリア人楽師がやってるだろう。しかしそういうちゃんとした店で働くことのできない外国人の紋次郎や、路上でアコーディオンを含めて、演奏してるやつはすべてがルーマニア人やモロッコ人といった外国人なのだ。

ゆえに、ローマの橋の上でアコ弾く男がイタリア人でなく日本人であることそのものがもローマにとって別になんら不自然ではないとゆうヨーロッパ事情を日本人観光客にも理解してほしいねえ。

そしてヨーロッパに住む外国人は、おのおのがそのアイデンティティを明らかにして,かつ、その自国の誇りを決して失わずに強く生きているとゆうこともヨーロッパの歴史と文化の一部なんだよなあ。

だからこそ、紋次郎が、かの有名な紋次郎であるとゆうそのアイデンティティを明らかにするかっこしてるのはごく普通のことであり、だからこそ外国人の紋次郎が、ローマの下町に溶け込むのだとゆうことを
日本人観光客にも理解してほしいねえ。

つまり、見てくれを西洋風にすることが、ここの文化と庶民の生活にとけこむことにはぜんぜんならないのだ!!とゆーことを日本人観光客にも、さらに奥深い観光の一環としてとらえてほしいなあ。

景色を見るだけが観光ではない。有名な古い建物や絵画見ることだけが観光ではない。古い文化の中に根づく人間そのものを見る観光をするならば、もっと紋次郎に興味を持って、耳傾ける日本人観光客がふえるとおもう。

まあゆうてみたら、満員電車に乗ってかなわんなあ、てゆう原因のひとつが、本人そのものがその電車に乗ってるからだてゆうこともあるし、
そやから、景色が単なる観光ならば、ゆーてしまえば、本場に来ている気分を害するモノは本人以外の目から見れば、その本人そのものでもあるわけだよ、そやからもう観光に来るな!!、とゆーてるわけではなく違った見解で観光を楽しんでほしいのよ。

ローマの人に住むたちにだけではなく、世界の観光客から、ローマの観光名所となるべく、ローマ下町の橋の紋次郎はこれからもまだまだがんばらなあかんねえ。


  • [11]
  • アコに関わるアート作品

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2012年 9月 7日(金)16時01分31秒
 
◆鈴木航伊知の世界
http://www.kato-library.com/essay/blog02/index.html

↑このページを見ていたら、こんな絵がありました。

「城のテラスでアコーディオンを弾く少女」


  • [10]
  • 本場に来ている気分を害するモノ

  • 投稿者:美麗湯シチュー
  • 投稿日:2012年 9月 7日(金)15時36分25秒
 
南米アンデスのマチュピチュ遺跡まで出かけて、やっと素晴らしい景色のビューポイントに着いてみたら、日本人が渡世人姿でケーナを吹いて辻商売していたとする。
一生に一度の新婚旅行で念願だった本場に来て、しっかりアンデスの雰囲気に浸かろうと思っていたのに「なんて場違いなモノがあるんだ」と思う人はいるかもしれないな。
そういう人は民族衣装を着たインディヘナのアンデス音楽を演奏する人がいたならば、「やっぱアンデスらしくていいな!」と感じることだろう。ところが、イメージぶち壊しのミスマッチな異物と出くわした暁には、見なかったことにしてさっさとその場から立ち去ろうとするのではないだろうか。

イタリアに来て荘厳な寺院やイタリアらしい街並み、風景を背中にカンツォーネを聞きながらパスタ料理をたべる…そんなイメージをふくらませて橋を歩いていたら、想定外のアコを抱いた渡世人姿。見てはいけないものを見てしまって、そそくさと足早にその場から退去する…

  • [9]
  • 新米のスズランちゃんが、美しい川柳つくるよなあ。

  • 投稿者:新日本民俗学研究家
  • 投稿日:2012年 9月 7日(金)00時28分13秒
 
自分はそーとー才能無いのんか???

ええと、テヴェレ川には今はどぶ川やけど,おそらく、こいやフナはいてます。
かもめやかもが生息してるからわかります。
つりしてるひともおるし。

しかし、こんな汚い川でつれた魚をいったいドーするんか??いつもふしぎにおもってます。

まあ、それはさておき、、ぎゃくに振り向く日本人は?声かけてくる日本人は?

まずトップ賞は、ローマに住んでる日本人だ。これは100パーセント声かけてきて、日本人であることを確認してから、応援金と、応援の言葉が必ずある。

FAO(国際連合食糧農業機関)働いてる日本人店員さんの女の子のお得意さんも一人いてます。ちかくに住んでるんだと思う。、やっぱりそれはおおかれすくなかれ異国に住む不自由や差別を経験した結果から、同民族の人をそのつど確認してがんばる姿を応援したい、てゆうきもちになるからだろう。

そのつぎは、やはり、何回もイタリア旅行してる日本人。そーなってくると、預言者ピロシーストラ氏の語る、ふつうはどう対応してよいかわからないのだ。 きっと、てゆう面はあるんかもしらん。

しかしながらですねえ、その預言者ピロシーストラ氏の語る韓国中国ベトナムフィリピンといった連中は、やはり声かけてきて、国は違っても東洋人であることですでに応援のお金とことばを贈るひとたちがよくあるのよ。

そーなってくると、日本が離れ島で大陸続きではなく異民族と接することにことごとく慣れていないめんもなきに島あらず。

しかし、じっさい、ほんとに、預言者ピロシーストラ氏の語るのんと、かわらんような日本人観光客の、橋の東洋人に対する『汚いもんに触ることなかれ』てゆう空気は、どーしてもあるなあ。

なんちゅうかね、彼ら日本人観光客がカンツォーネレストランいけば楽しむことできるのに橋の上では、楽しんでみようとゆう気持ちが一切なく、汚いもん見るみたいなかんじなんだよなあ。

つまりなんてゆうか、マスメディアがきめたものだけしか、見ようとしない、それ以外は見たくない 経験したくない、、なんか、そういう、民族的傾向は、現代の日本人にはあるよーなきーがする。





  • [8]
  • 振り向かない日本人

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 9月 6日(木)23時14分5秒
 
アコーディオンを演奏していても、一瞥もくれず通り過ぎてしまう人たち。 それは、テヴェレ川にかかる橋の上のことだけではないような気もします。 昨年11月横浜パシフィコでの楽器展にアコのブースをだして、市ヶ谷のPAUKEの優子姫にも演奏してもらっても、目の前をアコ演奏に一瞥もくれずに通り過ぎていく人の多いこと。 楽器展に来るぐらいの人だから、楽器や音楽に興味のないわけはないと思うのですが。 でも、子供は目を大きく見開いて、近寄ってくる。 鍵盤やベースのボタンを触らせてあげて、蛇腹を押し引きして音がでることがわかると、もう大変、アコにしがみついてしまう。 そこを引きはがしにかかるのは付添いの母親で、その引きはがし方が、あら、大切な楽器を汚してはだめよ、みたいな愛情があればこそ、なにか、子供が汚いものでも触っているようないやな感じで、さぁ、ピアノはあっちよなんていいながら、ふりかえりふりかえりこっちをなんどもみながら無理やり引きずられるように去る子供の手をひっぱって、行く母親も何人もいました。
ちょっと、話題と状況が違うかもしれないが、これもなんだか寂しいもんでした。

ところで、一瞥もくれないのは日本人だけなんでしょうか? ほかのアジア人、中国人、韓国人は? 日本人だからというということを反応を期待してしまうので失望が大きいということは無いのだろうか? 都会の雑踏の中に故郷の言葉をさがした啄木のような気分というものがあるのではないだろうか? 故郷の言葉はやはりなつかしい。

しかし、やはり、外国にきて、それも遠いローマに来て、橋の上でアコーディオンを弾いているのが、三度笠をかぶった日本人とわかった時の、道行く日本人の気持ちを察すると、たしかにミスマッチ、どう対応してよいのかわからない、という面があるのかもしれない。 日本にいれば、周りが全部日本人だし、そのなかで、身なり、言葉使い、態度、などで、およその人品骨柄は想像がつくので、それなりの対応が可能だし、言葉を交わして、どこの大学をおでになったのですか? とか、お勤めはどこですか? と言葉をかわせば、相手の素性もおよそ見当がつく、という状況判断の材料を提供されることも無く、とつぜん、♪ヴォーラーレー、ウォウォウォウォ♪なんて曲を三度笠の年齢不詳の日本人らしき人が弾いていれば、たしかに、固まってしまうという面があるのかもしれない。 どう対応してよいかわからないのだ。 きっと。 

  • [7]
  • 直球ストライクの俳句

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 9月 6日(木)14時50分34秒
 
もう、ほとんど、君死に給うことなかれ、の与謝野晶子風激情型、格調高き直球ストライクの俳句であると存じます。
マウンドに初めて立って、ツーストライク、ノーボール! 第三球に高まる期待。
川柳と違って、ひねらずにいいのがこのスレッドのいいところ。

  • [6]
  • 川柳入門編!!

  • 投稿者:スズラン
  • 投稿日:2012年 9月 6日(木)11時25分29秒
 
思い切って初挑戦!!

テヴェレ川 流れて消えゆけ 哀恋歌

秋風よ 異国へ届けて 応援歌

あれっ、ひねりがないなあ・・・・



  • [5]
  • 預言者ヒーさんの預言 

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 9月 6日(木)08時19分29秒
 
愛も、恋人も流れゆくテヴェレ川のごとく、定まること無し。 その流れをとどめようとすれば水は濁り、たとえ、無理やり捕まえているかつての恋人でさえ同居の他人となり、苦しさとむなしさが身をついばむ。 人は所詮孤独に生まれ、孤独に死ぬ。 橋の上か、残業中の倉庫の中か、アコの花園においてかだけの違いだ。

私の孤独Ma Solitude/ジョルジュ・ムスタキGeorges Moustaki
http://www.youtube.com/watch?v=6eRKeAHYoAU

しかし、別れがあれば出会いがある。 分かれられるから出会いがある。 分かれられる人は幸いなり。 分かれられない人はヒーさんです。 分かれられた人に幸あれ。 え、これで、二度目? 心配ご無用。 二度あることは三度笠。 わかれてぇ~! ってのがつらいのよ、ほんとは。

Engelbert Humperdinck - Please release me 1985
http://www.youtube.com/watch?v=6S9ecXWCBCc

あ、愛の修羅場の地雷原に迷い込んでしまったようだ。 ここで、右足が吹っ飛ぶか、左足が吹っ飛ぶか、真ん中の脚が吹っ飛ぶかだ。 愛の地雷原は煩悩の生き地獄であり、所詮、人はそこから這い出すことは難しい。 別れがあった君よ、一人でいられる君よ、君たちは幸せ者だ。 次は、出会いしかないのだから。


  • [3]
  • 愛が飛散?橋の彼方に?

  • 投稿者:美麗湯シチュー
  • 投稿日:2012年 9月 6日(木)03時51分47秒
 
【エビットピラフ】さんの「恋人も先日、立ち去ってゆきました。」は、悲しいね。
アコとなら死なばもろともの気迫は壮絶。どんな恋人もアコにはかなわぬようだ…
イタリアの空気は恋を生みやすく、色は濃いのだろうか。
そして橋の下を流れる川には鯉がいるのだろうか。

一方、日本の山奥では誰と話すこともなく一日が終わるのは珍しくもない。
なんでも575でぼちぼち寂しさをまぎらわすとしよう。


   薄いのは 髪と才能 財布もだ   (田舎は現金収入がないのよ)

   もの書けば 片腹痒し 夏の暮れ   (蚊に刺されたわけではない)


  • [2]
  • 愛の悲惨歌

  • 投稿者:エビットピラフ
  • 投稿日:2012年 9月 5日(水)22時42分9秒
 
アコが好き カミさんの次 アコが好き
アコが好き カミさんよりも アコが好き、、てゆえるってこた~
カミさんがいてるから。
パンとワインも必要やけど、やさしいカミさん、愛する人が必要よねえ。

カミさんおらへん。
愛人おらへん。
恋人も先日、立ち去ってゆきました。

橋でアコ
恋の出逢いは
橋のアコ

橋でアコ
止めぬがゆえに
さようなら

橋でアコ
出逢いも別れも
橋のアコ
橋を渡れば
アコと死ぬべし


  • [1]
  • 人はアコだけで生きるわけにはいかない。 パンとワインも必要だ。

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2012年 9月 2日(日)19時18分58秒
 
と預言者ピロシーストラは語った。 Also sprach Piroschistra.

なんつったって、この政治の空白、戦後アメリカGHQ教育の成果、日教組、どこに責任の所在を探そうかと思っても、アメリカにやられる前の大日本帝国時代の負の資産の把握と反省が出しきれていない現状では、なにをやってもだめ。 震災対応しかり、原発問題しかり、首都圏地震対策無防備の愚策しかり、無為無策、目先のバブルに踊り、基本の防衛が全くできていない不能集団。 戦わずして負けている日本。 国を憂いて立ち上がるのに、戦争・戦力に頼らず、知恵を使ってしぶとくしたたかに生きるにはどうすべきか。 なんて、論議を特にしたいわけではないのですが、なんでも書いてちょうだい。


レンタル掲示板