投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [49]
  • ニセネコ登場でこれでだまってるはずはないとおもてたけど、

  • 投稿者:オカルト絵画マニア1号
  • 投稿日:2015年 5月 7日(木)21時16分41秒
 
ちあき氏の続々登場するどーしよーもないネコ漫画が面白すぎて!もうすっかりこのスレッドの主役だよねえ!

『ニセ』とはしかし、非常に論理性にかけるかたよった本人主観のから来るの言葉、すなわち、その『ニセ』にとって見たら、ニセとほのめかした本人こそが『ニセ』、あるいは、本物本人が複数存在しうることを否定する根拠はどこにもないゆえ

『君が見ている現実こそ幻想かも。。』・・まさしく宇宙の核心に迫るスペクタクル哲学がチアキワールド漫画の根源だ!!ことばでーへんくらいにすばらしい。


それでとりあえず、Im Feuer der Nacht、ぼくの感覚ではめちゃくちゃ美しい曲だから、その原姉妹で歌う(黒髪のおねえちゃんの声がぼくは特にすき)原曲これね。
https://youtu.be/TJ-jPaxJOr8

ほいじゃあ、『ドイツ語ならまかせなさい』の予言者ピロシーストラ氏が数年前、
掲示板で歌詞日本語訳投稿してくれて、めっちゃうれしくって保管してるから、
その写し以下にひっつけます。シビレル~~~!!いつもこの訳詞思い出しだしながら弾いてます。

・・・・・・・・・・Im Feuer der Nacht ・・・・・・・・・・・・

はじめに夏があって、そしてあなたに出会った。 あの思い出と、あのやさしさはまだ私の肌に残っている。

あなたもきっとわたしと同じように忘れられないでいるのでしょう? 私ははじめからあなたが好きだった。 でも、今の気持ちはちょっと違ってしまったの。

(Refrain)

夜の炎のなかで道にまよってしまった。 夜明けには道が見えなくなってしまった。 もう二度と(あなたを)失いたくない。 毎日あなたの瞳を見ていたい。 そして、今は、また一人ぼっち。

でも、ときどき思い出すの。 そして、私は知っているの。 またあなたにまためぐり合うときがあるなら、きっと同じようにするだろうということを。

気持ちを伝えることは難しいけど、もしかして、とか、そのうちにいつか、なんて言っていては気持ちを伝えることはできないわ。

あなたの気持ちがかじかんでいるときの、私に触れるあなたの手は冷たいわ。 そんなことはもう感じたくない。 それでは私の気持ちにまた迷いが出てしまうわ。

(Refrain)

夜の炎のなかで道にまよってしまった。 夜明けには道が見えなくなってしまった。 もう二度と(あなたを)失いたくない。 毎日あなたの瞳を見ていたい。 そして、今は、また一人ぼっち。

でも、ときどき思い出すの。 そして、私は知っているの。 またあなたにまためぐり合うときがあるなら、きっと同じようにするだろうということを。