投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [77]
  • 「百万本のバラ」の原点

  • 投稿者:ロコト
  • 投稿日:2016年 4月 9日(土)00時35分31秒
 
壮絶な歴史がこの歌の背景にあるのですね。小噺ネタかと思いきや奥深き闇の気配が…

◆「百万本のバラ」の原点   加藤登紀子
http://www.tokiko.com/poet/entame/post_12.html

引用---私がこの歌にめぐり逢った1985年は、ゴルバチョフが政権に就いた年、87年には、この原曲を歌ったアーラ・プガチョワが、日比谷野音のゲストとして来日、さらに翌年、ボズネセンスキーもゴルバチョフの片腕として来日。まさにこの歌がソ連の改革開放のシンボルだったことが伝わって来た。けれど、この歌の歴史をさらに深く知ることになったのは、その翌年、1989年。ベルリンの壁崩壊の頃、ラトビアの独立が大きく盛り上がり、民衆が両手を広げてデモをする公園に、ソ連の戦車が突入していくニュースが流れた時、その先頭に立っていたのが、何と、この歌の作曲者、ライモンズ・パウルスだったのだ。---引用終わり