投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [109]
  • アコ歌伴練習・・・

  • 投稿者:tachinon
  • 投稿日:2016年11月 8日(火)19時55分44秒
 
 今日は、某所でツキイチの歌声喫茶のお手伝い。・・といっても私の場合「右手でべたコード」のみ・・・(涙)・・・なのですが、
で、夏に「伴奏講座」で教えられたこと、

〇 「すべての調(12調)で、自然に「主3和音」「副3和音」を右手で自在に押えられるように」・・・・ということで、
つまり、C調(ハ長調)なら、C-F-G と Am-Dm-Em(E7)を「自在に押えられる」こと


 これができるようになるための練習方法を工夫してみました。

 まぁ私の場合、「万年チョー初心者」レベルなので、この掲示板を見ている方には、「何ぁーんだそのレベルか」かもしれませんけれど・・・


 それは、「カラオケ」ならぬ「逆カラオケ」で、上記6和音が入っている曲の「逆カラオケ」・・・つまり、メロのみを作って、それにあわせて練習すれば良い・・・と考えました。

 曲(メロ)をシーケンサー(機械に音符を入力すればその通りに「機械的に」演奏してくれる、いわば「音楽専用コンピューター」)に「メロディ」を入力して、それに合わせて、右手でコード、左手でベース音を鳴らす練習をすれば、「手に」覚えさせられるかも・・・・

 シーケンサーで音を出す・・ということは、テンポもきっちり正確だから、メトロノームに合わせたのと同じ効果。

 ということで、アコーディオンが合う曲で、6コード全てはいっている曲は・・・
 見つけた曲が「青いジャバ」 6コードすべて出てくる3拍子、


 手もとにあったその楽譜のキーは「F」(つまり「へ長調」) F Bb C7 Gm Dm(D7) A7が散りばめられている。

 まずは、楽譜をみてシーケンサーにメロのみいれて、・・・メロのみだと早い・・・。

 装飾音符もオブリガートも(譜面にかいてないので)なし。シンプル メロディ で・・

 それから、 タイミング用に 頭に2小節くらいリズム(どん・ちゃん・ちゃん・・位)をいれて、それを鳴らしながら、アコを弾く。

 勿論テンポは、教祖様のお教え通り、半分以下にまで落として、超ゆっくり・・・でないと、手が追い付かない・・・
「眠くなるくらい」ゆっくりまでは、機械の制約もあり半分とか1/3程度が限度・・・それで正しく弾けるようになったら・・スピードを上げよう・・・。

 同時に、その楽譜を楽譜清書ソフトで描き直して(つまり電子楽譜化する。)コードネームも入れる。
 すると、必要なときは、一瞬にしてF調をG調 Eb調・・・にできるのが、電子楽譜の良いところ。

 C調ならともかく、F調でメロ聴いて、譜面(コードネーム)見ないで6コード押えられるほど上手くない・・・それが出来るように指に叩き込むのがこの練習の目的

 まずは、F調でうまくできたら、「キーチェンジ機能」をつかって別の調にして、・・・まぁ全音ずつキーチェンジさせるのが妥当かと・・・

「F♯調」みたいに半音あげなんて、今の時点ではとんでもない。・・・でも、いつかはできるようになりたい。

・・・・ということで、少し練習してみたら、今日はC-Am以外のでも、少しだけだけれど、みないで「手が動いた」・・もしかして、効果あったなかなぁ・・・??・・・きのせい・・かも。