• [0]
  • Steirische Harmonika

  • 投稿者:管理人
  • 投稿日:2016年 5月20日(金)07時19分48秒
 
スロベニア、オーストリア、スイス、ドイツ、チェコ、などで、盛んに愛用されているSteirische Harmonika。 ダイアトニックアコーディオンの一種ながら、重低音の出るヘリコンベースがあるのが特徴。アコーディオンと同じリードを使う楽器ながら、一つのボタンの押し弾きで音が異なる。いわば、吸うときと吹くときで音がことなるハーモニカに蛇腹をつけたような構造。 構造のせいか、地域のせいか、文化のせいか、独特の方向性を持っている音楽が多いように感じる。 やはり、通常のアコーディオンとは、似て非なるものと考える方が良いように思われる。 Steirische Harmonikaにかかわるスレッドを開設してみました。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [70]
  • 好きな曲を自分の気に入るように弾きたい

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2019年 7月 8日(月)18時50分39秒
 
という極めて自分に都合のよい目標を立てて、というか、気に入ったメロディーなので、つい鼻歌にでる。 曲のながれやおかずもおいしく鼻歌にでてくるようになると、あぁ、もう何十回聴いたことだろう、となってきて、ただ、アコーディオンを抱くと、なぜか、その旋律やおかずがあいまいになる。 そこをちょっとだけ修正しつつ、最後まで気にいる演奏に仕上がるまでは、楽しい修練です。

このところ、痛く気に入っていて、アコで弾けるようになろうとしているのが次の2曲です。

Carlos Kleiberの名指揮に従って演奏している気分で。
Die Libelle op.204 Polka Mazur
https://www.youtube.com/watch?v=dunn_2wAs0o

ワイマール共和国時代のドイツのタンゴ。ノスタルジックな気分で:
Old German Tango: Dajos Béla Tanz-Orchester - Die ersten Blumen im Mai, 1931
https://www.youtube.com/watch?v=4xZZfAbIlbo

まだやってる最中ですが、いい気分です。



  • [69]
  • そんなそんな。

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2019年 7月 7日(日)18時05分49秒
 
如何に 「楽しく」 練習するか。道楽で弾いているのですから。

 高校1年生の頃、音楽大学に進んだ先輩から
 「練習は何のためにするのか。自分は 『こう吹きたい』 と思ったときにその通り吹けるように練習するのが練習だと思う」と言われました。
 何故かそんなことを思い出しました。

 でも週に数時間しか弾けないので、上達も娯楽も両方求めて欲張っております。



  • [68]
  • まさに正論だと思います。

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2019年 7月 4日(木)19時09分38秒
 
その辛抱と忍耐、我慢強さが、一歩一歩上に登っていくための、遅いように見えて、最短の道なのですね。
せっかちで、結果だけを早臨みする私は、山のふもとで猛ダッシュ、1合目にたどり着く前にへたばり、戦意喪失、という悪癖から逃れられず、高望みばかりしていて、結局は、徳利の別れの上原敏と成り下がっております。

あー、Steirische Harmonika弾けたらさぞかし楽しいでしょうねー!



  • [67]
  • 投稿直後に

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2019年 7月 2日(火)21時45分22秒
 
感想を頂いているようですのに、こちらからは忘れたころのお返事で失礼しております。

 練習と楽しむことの私なりの兼ね合いは 「課題は易しく、評価は厳しく」 です。
 難しければ片手で、1小節、1音にまで切り刻み、そして間違わない速さ(遅さ)まで遅くして、とにかく 「成功する」 まで課題を下げます。
 そこから少しづつ 「間違わない」 程度に少しづつ速度を上げるか、弾く小節数を増やすか、何とかして 「成功し続ける」 ようにして弾き続けます。
 多少じれったいですが、自分に上達していることを実感させながらですので、出来ない出来ないと思いながら頑張るより長く練習出来ます。

ま、紙上レッスンやらなんやら、あちらこちらから拝借した方法なんですが。

  • [66]
  • 場数と経験

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2019年 6月16日(日)05時28分38秒
 
Kaz@仙台様、毎日の練習では、なかなか進歩が無いなと思っても、振り返ってみると、やった分だけしっかりと進化・進歩しているものですね。
それに加えて、自分の家の、部屋の中だけでなく、外に出て、人に聴いていただいて、失敗もして、はずかしい、なにくそ、という努力が、必ず、その先の一歩につながるものですね。へこたれずに、さぼらず、言い訳をせず、前進をすることの重要さは、スポーツや、ビジネスにも全く同じことがいえるような気も致します。
努力をした分、報われる、というのは、楽器・音楽の世界は、ビジネスや、人間関係よりも、もっと忠実というか正直に結果がでますね。、努力は、自分を裏切らないですね。 あ、自分を自分で裏切れば、その効果もてきめんに現れてしまうという意味のおいても、正直だなぁ、とわたくしが感じるのは、私の場合は、自分を裏切って、すっかり、夢ばかりで、Steirische Harmonikaの練習をさぼってしまっているからでした。

Kaz@仙台様のご投稿をいただくたびに、自分の、サボタージュが痛く、恥ずかしく感じてしまいます。

あの、楽天的な、楽しい雰囲気の、人生を肯定する、Steirische Harmonikaのサウンドと、それをベースに、あるいは、それとともに発展・発達したアルプス周りの国々や地方の人々、あるいはそれらを愛する人々によって守られ、広がっている、Steirische Harmonikaの世界は素敵ですね。
僕の、Steirische Harmonikaを演奏できることへのあこがれは、実現するのだろうか?
なんて、考えていないで、次の一歩を出すことからのスタート、だなぁ、と、今日も、今日とて、他人事のような言い方。

あ、どこかで聞いたセリフだなぁ、と思ったら、「徳利の別れ 上原敏」でした:

https://www.youtube.com/watch?v=TZJndtC_3LI







  • [65]
  • 一年前とは

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2019年 6月15日(土)21時31分15秒
 
違う感想を。
お久し振りです。

この1年、持ち曲を増やすことには特段考えもせず、ただ曲集を前から順番に練習してきました。が、
来年の4月の為に(気が早い)改めて楽譜をめくると、いつの間にか10曲程の手頃な曲が揃っています。
最初「跳ばそうかな」と思っていた短い曲、簡単な曲も、まとめたり別の有名な曲の一節をはさんで嵩(かさ)を増します。
仕立て直して有効活用できるのでした。

Steirische Harmonikaの楽譜などそんなに輸入されておらず高い買い物ですから、無駄なく使い切りませんと。

なんて考えていると、益々他人に演奏をひけらかしたくなってきました。

  • [64]
  • Kaz@仙台様、ご投稿ありがとうございます。

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2019年 6月10日(月)22時47分41秒
 
ご投稿ありがとうございます。 その場の楽しいムードが伝わってくるようです。
Kaz@仙台様のご投稿をいただくたびに、あー、私も、すっかり練習をさぼっているなー、と反省させられます。
あの、Steirische Harmonikaの明るいサウンドと、陽気な音楽にあこがれています。

  • [63]
  • 今年も5月のお座敷

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2019年 6月10日(月)22時22分1秒
 
相も変わらず,宿泊型スキー教室で聞いて頂きました。
昨年と同じ志津温泉は五色沼の畔で,雪の残る(スキー場営業中)月山の夕景を遠く眺めながら,ビールのお供に。

教室:〇ーストリアスキー協会 山形赤倉校
曲目:Ein Prosit! やはりこれです。
    Lustige Spiellleut 2拍子系は心浮き立ちます
    Schneewalzer こればっかりですがスキーの集まりには欠かせません
     Lustige Schlittenfahrt 私のお気に入りです
    Geburtstags-Walzer この頃には踊る方も。踊れる方っているんですね
    Landlerisch 余所の宿からも聞きつけたお客様が
    Jagertee im Pulverschnee (Takeo Ischii)
    Vergissmeinnicht-Walzer そろそろ夕飯のお時間です

二度目の屋外。日陰の確保,風対策,虫除けと,今回の準備は上々。
「至福の一時」などお言葉頂戴し,恭悦至極に存するのでした。

なんて報告する掲示板があるのも張り合いがあります。
12月恒例の発表会も決まりましたし,練習練習。

  • [62]
  • 今月のお座敷

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2019年 3月24日(日)17時42分28秒
 
秋口に依頼を頂いておりまして。
何とも有難いお話です。

 機会:日墺国際スキー協会発足60周年@山形蔵王
      大層な名称ですが、スキー学校です。
      宿泊型教室3/8~10の夕食後の宴会です
 曲目:Ein Prosit 欠かせません。
     Geburtstags-Walzer(Happy Birthday添え)
      「一番と二番微妙に変えてるんだね」など演奏中に聞こえてきて実に良い気持ち
     die lusitige Spielleut Polka(「さんぽ」16小節入り)
      「あれっ?」て気付いた時には元の曲に戻っています
     Schneewalzer
      初出ではありませんが、スキー教室のお祝いなのですから
     Jagertee im Pulverschnee
      頑張っちゃいました。Takeo Ischii氏のCDから耳コピです。
     Lustige Schlitttenfahrt
      この教室の雰囲気がこんな感じなんです。

皆さん良い具合にお酒が進んで話が弾み、次第に私の演奏はBGM的に。
これこれ、この感じ。

この4月は異動なく、昨年逃したアコジャン参加は叶いそうにありません。

  • [61]
  • Toni Bartl`s Knedl & Kraut - Deutschmeister Regimentsmarsch

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2019年 2月27日(水)22時54分50秒
 
南ドイツ、バイエルンの最後の皇帝、ルートヴィッヒ2世の肖像画のかかる、農家の小部屋のような舞台のような、一体この舞台のセットみたいな場所はなんだんだろう? そんなひなびた場所をセットにした舞台なのだろうか? なんともいいムード。 そんな小屋みたいな古い感じの、ほんとに古そうな、Steirische Harmonikaがまたいいムードだ。

Toni Bartl`s Knedl & Kraut - Deutschmeister Regimentsmarsch
https://www.youtube.com/watch?v=qsyNrodn6_k


この人もまた、気持ちよさそうに弾きますね:
Der alte Jäger
https://www.youtube.com/watch?v=l1hSGM2VR9M


この人もうまいですねー。憧れます。
Steirische Harmonika - Mittereis Polka
https://www.youtube.com/watch?v=Co95xEvn67U&list=RDCo95xEvn67U&start_radio=1#t=16

それにしても、Steirische Harmonikaの演奏には「憂い」というものが一切感じられない。 Happyなムードがあふれている。 それがまた、いいんだなぁ。

  • [60]
  • またまたお久し振りです。

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年12月16日(日)18時40分32秒
 
昨日12/15、第5回 Music Gallery@仙〇市〇林区文化センター で弾いてきました。

 1.Lustige Spiellleut Polka(Volksweise) 「さんぽ」入り
  気が付くか試しに曲の途中に少し混ぜてみました。
 2.Gegurtstags-Walzer(Volksweise) ”Happy Birthday? 添え
  クリスマスコンサートと銘打っている以上、誕生日関連の曲を。
  そしてやはり皆が知っていそうな味も添えないと。
 3.Jagertee im Pulverschnee(Marc Alpina(?))
  Takeo Ishii 氏の歌うあれ。楽譜なしで1から音を拾っても好きな曲なら何とかなるものです。

今回は、昨年の「1音も外さない」から「失敗を最小限に食い止める」を課題に。
自己評価は、まあまあ、ってところですかね。
帰りに「来年も開催することになりましたのでまた宜しく」だそうです。
お声が掛かり実に嬉しいのでした。

  • [59]
  • 持ち歌の数

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2018年 6月19日(火)06時37分21秒
 
たしかにこれには年季が必要ですね。 かつて、サッポロでお目にかかったアコーディオン奏者の方は、演歌なら3000曲暗譜で弾けると豪語なさっていました。
もっとも、どちらかというと演歌を3000曲聴いても区別がつきにくいなぁ。。。とちょっと思ってしまったことも正直なところですが。。。
ただ、好きな曲なら歌詞も含めて空で歌える曲がいくつもある、ということもありますので、気に入った曲なら何度でも演奏したくなるし、自然と暗譜で弾ける曲の数も増えていくことでしょう。
Steirische Harmonikaでの名曲は数限りなくあるようですので、持ち歌というか、持ち曲が増えるのは楽しみですね。
で、聴く人のことも考えると、いろいろと曲想のことなる曲をまぜて演奏できるようになると飽きずに聴いてもらえるのだろうと思いますが、聴く人の聴きたい曲を弾く、なんてのは、なかなか難しいです。
Steirische Harmonikaの場合はサウンドそのものがめずらしいし、それぞれの曲自体が日本のメロディーとは異質なものが多いと思うので、どれを聴いても異文化的な要素がからんで、エキゾチックな雰囲気を醸し出すのも魅力だと感じます。

  • [58]
  • 宮仕えの身

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 6月17日(日)20時04分8秒
 
楽しみにしていたアコーディオンジャンボリー、参加しませんでした。

/13に、急遽本日出勤しなければならないことになりまして。
今年前半最大の発表の機会だったので残念至極。
曲も喋りも大分準備しておりましたのに。

放心してもいられず、お仕事して参りました。
折角御紹介頂いたのに・・・。

  • [57]
  • アコジャン

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 6月 3日(日)15時45分56秒
 
準備しながら思うのは、暗譜できている曲、すぐ弾ける或いは少しの練習で思い出せる曲が意外に少なかったことです。
季節、場所、機会に合わせた持ち曲がもっともっと必要です。
(国内手風琴少数派としては話の種も揃えませんと。)

  • [56]
  • KAZ@仙台さんアコジャンもうすぐですね

  • 投稿者:オルガンサロン
  • 投稿日:2018年 6月 1日(金)11時14分43秒
 
スキー合宿での演奏曲も5曲ですか 素晴らしいですね お持ちの楽器は低重音がすごそうですね。ダンス音楽ならではのテンポを刻む重要性があったからでしょうか。
一度演奏をお聞かせいただきたいですね。
東北アコジャンももうすぐですね。F県のフリーベースの方や仙台からご夫婦で出演する方たちも友人です。東北支援のために関東地区からも大勢応援に来られるようです。
楽しい集いの場になりますように願っております。

http://www1.hita-net.jp/~one-well/


  • [55]
  • 楽器の特性でしょうか

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 5月30日(水)00時13分48秒
 
S.H.だと,右手は常に2音以上弾くことが前提で楽譜が書かれている気がします。
また,OS民謡を弾くのに比べて,単純に ドレミファソラシド と音を並べることの何と難しいことか。

それと,伴奏のズンタッタの音が大きいことが,屋外だとより強調される感じです。
これもこの楽器が踊りとともに歩んできたことと関係あるのではないかと想像しています。

同じ手風琴でも,その土地の音楽,使われ方に応じて独自の発展を遂げたのだと思います(個人の見解です。)



  • [54]
  • Kaz@仙台様、ご精進のご様子

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2018年 5月29日(火)07時28分30秒
 
大慶に存じます。 なんといっても、人に聴いてもらうというのはうれしいものだし、また、励みにもなりますね。
ときどき思うのですが、アコーディオンでもアルピナタイプというのはあるのですが、やはり、Steirsche Harmonikaのサウンドは格別ですね。 同じ音はなかなか出せません。
並んだボタンを2本指、3本指で押せば、すぐに和音が出せるのがなんといっても強みですよね。 原理的にはアコーディオンでもできるはずだと思いますが、そこまでの技術が無い。

スロベニア、オーストラリアを中心にこれほど広く演奏されている楽器なので、やればできる、とは思う、ところまでは来るのですが、それから先になかなか進まない。

早く、Kaz@仙台さんのように、人前で弾けるようになってみたいと思います。 あこがれです。

http://。


  • [53]
  • 5月のお座敷

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 5月29日(火)00時05分55秒
 
先週末,またまた宿泊型スキー教室で聞いて頂きました。
志津温泉は五色沼の畔で,雪の残る(スキー場営業は7月迄)月山の夕景を遠く眺めながら,聞く方々はビール片手に。

教室:〇ーストリアスキー協会 今度は山形赤倉校
曲目:Schneewalzer 何と言ってもスキー教室なのですから
     Ein Prosit スキーキャンプなのに正体を無くすほど飲む人達ですから
     Tanz in den Mai 5月ですし
     Geburtstags-Walzer 残念ながら5月生まれの方はいなくて,6月生まれの方の前祝いとして
     Lustige Schlittenfahrt 雪に関係する曲でおしまい

初の屋外。僅かな風でも楽譜は捲れるし,暗譜の大切さを再認識した次第。
ちょっと油断すると間違えます。ん~,度胸も演奏技量もまだまだ。

なんて報告する掲示板があるのも張り合いがあります。
自分の都合で書くばかりで失礼しております。

  • [52]
  • スキー教室の夜の宴会でのSteirische Harmonika演奏

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2018年 4月22日(日)23時32分29秒
 
Kaz@仙台さん、ご投稿ありがとうございます。 さぞかし、いいムードだったのではないかと想像します。
どれも楽しい選曲ですね。僕も弾きたいなー。

Ein Prosit
https://www.youtube.com/watch?v=dX5QNZtQXX4

Heino - Schneewalzer (Snow-Waltz)
https://www.youtube.com/watch?v=oEqbQoFVYOU

Geburtstags-Walzer
https://www.youtube.com/watch?v=dr8LRGUpQGM

Lustige Schlittenfahrt
https://www.youtube.com/watch?v=WMKSO8JjicM

Ade du mein lieb Heimatland 2008
https://www.youtube.com/watch?v=wB7-uD5rBhA

MORGEN MUSS MEIN SCHATZ VERREISEN
https://www.youtube.com/watch?v=qxCat8cldmM




  • [51]
  • 今月のお座敷

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 4月22日(日)18時09分35秒
 
先週末、また宿泊型スキー教室の夜の宴会で弾いてきました。
御挨拶は Gruess Gott ! から。

教室:〇比スキー&スノーボードスクール
   ・このスキー場「ザイラー」ゲレンデというコースもございます。
曲目:Ein Prosit, Schneewalzer, Geburtstags-Walzer, Lustige Schlittenfahrt, Nun ade,du lieb Heimatland~Morgen will mein Schatz verreisen
(やはり楽器解説も要します。)

独語で挨拶していきなり演奏を始めたところ、後で墺国スキー教師資格をお持ちの先生(日本人です)から「こっそり言っておいて貰えば僕も歌ったのに~!」と。
いやはや現場での機転も大切。

アコジャンも申し込みました。
御紹介有難うございました。


  • [50]
  • この掲示板のおかげげですね

  • 投稿者:オルガンサロン
  • 投稿日:2018年 2月20日(火)19時07分5秒
 
仙台のkazさん   正しいお名前を入力しないでごめんなさい・
 リーダーの遠藤さんと連絡が取れました。
東北アコジャンボリーにご参加していただけるとのこと 嬉しいですね~。
リーダーの右腕としてもがんばってくださいね。ご連絡ありがとうございました。

http://www1.hita-net.jp/~one-well/


  • [49]
  • 有難いお話

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 2月18日(日)19時34分59秒
 
オルガンサロン 様

これまたお久しぶりです。
私が弾いてきたのは隣県の方の蔵王でした。

御紹介のジャンボリーをウェブで探してみました。
魅力的ですね。
定例化している12月の裏側で、丁度良い時期です。
S.H.で参加できるなら申し込んでみようと思います。
リーダーの方を御紹介頂けるとのこと。
御好意に甘えることにします(以下別途サロンのサイトから。)

早速出来る準備は始めなくては。

  • [48]
  • 覚えなければならないこと

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 2月17日(土)23時20分16秒
 
川井 様

お久しぶりです。
宿泊して滑る方、教室に参加して教わろうという方は概してオーストリアに対して好意的なので、
この楽器も喜んで頂けるようです。
翌日ゲレンデで会ったこの教室の常連さんからは「自分は毎年12/26~29に来ているのでその会期に是非」と。
有難いことですが勤め人にその日程は・・・。

You tubeですか。
投稿の仕方から頑張って勉強します。

  • [47]
  • 仙台のKAZUさん蔵王でしたか

  • 投稿者:オルガンサロン
  • 投稿日:2018年 2月14日(水)13時08分59秒
 
蔵王といえば約10か月前までにに住んでいたなつかしき第2のふるさとでのスキー教室でしたか。今年のスキー場は積雪の心配なく十分楽しまれたことでしょうね。
宿泊はゆと森倶楽部でしたか。あっそこは宴会場が閉鎖されたので団体さんは宿泊できなかったのでしたね。
とするとペンション村でしょうか。

とても楽しそうな音楽活動をなさっておられる由素晴らしいです。
今年の6月東北アコーディオンジャンボりーが松島で開催されますよ。関東アコからも
大勢おうえんにきてくださったり、宮城、福島、山形からの演奏者が大勢出場することでしょう。
是非出演されませんか。お問い合わせは下記までいただければ、リーダーの遠藤さんをご紹介いたします。

http://www1.hita-net.jp/~one-well/


  • [46]
  • もう一曲弾いてよ!

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2018年 2月14日(水)00時21分28秒
 
といわれてみたいです、私も。 それこそSteirische Harmonikaのサウンドの魅力もあり、というところですね。
ぜひ、You Tubeでお聞かせください。

  • [45]
  • 次のお座敷

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 2月13日(火)23時53分48秒
 
先週末、宿泊型スキー教室の夜の宴会で弾いてきました。
更に自ら機会を求めていかなくては。

教室:〇ーストリアスキー教室蔵王校
曲目:Am Bergl Drobn,Schneewalzer,Ein Prosit,Lustige Schlittenfahrt,Geburtstags-Walzer,Tanz in den Mai
   (楽器の解説等も交えまして)

先生にも生徒にも知り合いがいて、飲み食いしながら、オーストリアの話題に花を咲かせながらです。
貴重な機会になり、そして「もう1曲弾いてよ。」と乞われる快感といったら・・・。

それと、酒席の演奏ではおしゃべりも大事なのですね。

  • [44]
  • 訂正とお詫び

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 1月23日(火)21時51分18秒
 
川井様
早速御指摘頂きましたのにまたしても送信しっ放しに。失礼致しました。
正しくは、Tanz in den Mai(F.Michlbauer編曲)でした。
2曲目の讃美歌やクリスマスキャロルには、選曲を兼ねて原譜なしの耳探りで和音を当てていきましたが、
ゆったりした曲が多く、旋律に和音を重ね、伴奏の低音もスタッカーとしないので、「息が持たない」のでした。
既存の曲集ではあまり不便を感じていなかったのが、意外なところで4段組のS.H.が欲しくなってしまいました。
オーストリアで買ったとき、勧めに従っておけ良かったか?など少し後悔を。
(或いは旅行の口実を探し始めたとも。)

  • [43]
  • Steirische Harmonikaのサウンド

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2018年 1月18日(木)07時06分1秒
 
何といってもその音色が魅力的。 同じリードが使われているはずだけど、スイスのエルガリとも違うし、ほかのDiatonicアコとも違う。そして、アコーディオンとも違う。
アコーディオンでも、とくにAlpinaタイプといわれるモデルはこのSteirische Harmonikaのような音がでるように作られているらしいのだが、やっぱり違う。
もちろんトレモロの付け方(MMのずらし方)にもさまざまなので、一概にSteirische Harmonikaのサウンドは、と切りだすこと自体が問題で、Steirische Harmonikaにもさまざまな音色の味付けがあるようです。
もちろんリードの品質・グレード、チャンバーのあるなし、2笛か、3笛か、4笛か、などなどの違いがあるので、Steirische Harmonikaにもさまざまな音色があることは容易に想像できる。

スロベニアにはSteirische Harmonikaの名手が数多くいるが、フランツ・ミヘリッチがアルピナタイプのアコーディンもうまく弾いていたり(ちょっとミスタッチもあったけど)、もっぱらHohner Morino VMを弾いていた、あのSlavko Avsenikでさえ、Steirische Harmonikaを弾きこなしていたので、ピアノ鍵盤のアコも、ボタンアコも弾きこなせる人がいるように、アコもSteirische Harmonikaを弾きこなせてもおかしくは無い、と思うわけです。

うーん、なんか、自分に言い聞かせている気がする。 あぁ、うまく弾いてみたいSteirische Harmonika。 でも、練習しないと弾けませんね。

  • [42]
  • Tanz in der Mai?

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2018年 1月17日(水)22時06分53秒
 
Kaz@仙台様、お久しぶりです。ご投稿ありがとうございます。 演奏なさった1と2は知っているのですが、3のTanz in der Maiというのはどんな曲だろう? 文法的にはTanz im MaiかTanz in den Maiかのはずで、You TubeではTanz in den Maiというのが多く出ていたけど、曲としてはよくわかりませんでした。
Tanz im Maiという題名ではスロベニアのSteirische Harmonikaの名手、フランツ・ミヘリッチが珍しくSteirische Harmonikaではなく、アコーディオンでTanz im Maiという曲を演奏している。
それがこちら。
https://www.youtube.com/watch?v=iVo04lonL3E

それはともかく、確かに人前で弾くというのは大事ですね。 なれないとつい演奏が聴衆の目線に負けてしまう。 人前で弾くことで、人の目線に慣れてきて、人を食えるようになると一人前。
人を食べるわけではありません。
ご精進なさっているご様子がうかがえてご同慶のいたりです。 私は、気がつくとまた頓挫していることに気がつきます。

 

  • [41]
  • お久し振りです。

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2018年 1月16日(火)22時50分40秒
 
約1年ぶり、去る12/9に「Music Gallery」で演奏してきました。cf.[17]
 1.一人ぼっちの羊飼い(通常のver.+映画の中で使われたレントラーのver.)
 2.樅ノ木+きよしこの夜
 3.Tanz in der Mai
の 3曲+お話で、制限時間12分。

貴重な発表の機会ですが、今回は出来が悪く反省しきり。
原因は分かっていて、日頃の練習で「集中したい」と思って個室にこもりきりの日数が増えた結果、広場のような環境での練習が減り、雑音、他人の視線、人の動きといった集中を妨げる変化に対応する力が弱くなってしまったと痛感しています。
練習にも色々バランスが必要です。

年1回の舞台ですからそれはそれで楽しかったのですが。でも悔しい!

  • [40]
  • Slavko Avsenik - Lojze Slak

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2017年 5月30日(火)20時19分33秒
 
あのSlavko AvsenikがSteirische Harmonikaの名手であったとは!

https://www.youtube.com/watch?v=mnpJEa6anE8

https://www.youtube.com/watch?v=lIDgLnyF_mI&list=RDmnpJEa6anE8&index=16

https://www.youtube.com/watch?v=vkkHVqQt_BY


Lojze SlakはずーっとSteirische Harmonikaだからさすがにうまいよね。

伝説のコンサート
https://www.youtube.com/watch?v=giOt4NoAbL0

https://www.youtube.com/watch?v=dE5dMgS2lgo




  • [39]
  • DanajaちゃんのSteirische Harmonika演奏

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2017年 2月28日(火)00時21分27秒
 
まぁ、かわいい! Danajaちゃんの演奏する初めの曲はAvsenikのSpomin(思い出)ですね。 うっとりするような演奏。 演奏しているDanajaちゃんもうっとりしている。
208236さん、この映像のご紹介ありがとうございました。
おかげで、久しぶりに、真夜中までSlavko AvsenikやOber Krainer Musikの映像を追いかけて夜更かしをしてしまいました。


  • [38]
  • Steirische Harmonika

  • 投稿者:208236
  • 投稿日:2017年 2月27日(月)18時15分57秒
 
Kaz@仙台様、この光るキーボードの動画を観てくださりありがとうございました。
日本のほとんどの人はボタン式アコーディオンの存在を知らないと思います。ですから、余興はもちろん、楽器の解説や説明には、この光るキーボードがあったら楽しくなりますね。

今日は、素敵なスロベニアのSteirische Harmonikaの演奏動画がありましたので、また紹介させていただきます。

★ 11.tekmovanje Avsenik-Glasbeni center Rošer - Danaja Grebenc - zmagovalka tekmovanja




  • [37]
  • 実に面白い

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2017年 2月27日(月)03時35分23秒
 
1.余興、酒席での演奏の機会が多いこの楽器としては、会場を暗くして演奏するなどしたらちょっと面白い
2.楽器の構造の説明の際、「簡単ですよ」「単純ですよ」「ボタンの配列はこうなっています」のデモンストレーションとして分かりやすい
3.或る程度この楽器のことを知っている人にとっては、全く意味がなくて馬鹿馬鹿しいので楽しい

こんなことを考えました。
私の第一印象は、意外と2.に有用では、でした。

  • [36]
  • 指導用のアコか?

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2017年 2月25日(土)16時24分38秒
 
技術的なチャレンジか、テクニカル・ギャグか、アトラクションか? この光るボタンの有用性はなんなのだろう? アコ教師のデモ用か?
面白いといえば、面白いとは思うのですが、ちょっと辛辣かもしれませんが、演奏する技術を磨いたほうがいいのではないか? ただ、人には得手不得手があり、この方は、もし、自作の作品であるとすれば、Steirische Harmonikaの技術を磨くよりも、電子工学の技術を磨くことに興味があるということなのかもしれませんね。

私には、見ていて、指の位置などがわかるので、刺激になりました。

ご紹介ありがとうございました。


  • [35]
  • Steirische Harmonika

  • 投稿者:208236
  • 投稿日:2017年 2月24日(金)19時06分48秒
 
こんにちは。ご無沙汰しております。
このような動画がありましたので、ご紹介します。
押したボタンのキーが光る別のキーボードが前面に装着されています。





  • [34]
  • 困った時のTAchinonさんですから

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2017年 1月27日(金)22時22分8秒
 
tachinonさん いつもありがとうございます。先日もリードオルガン修復のメンバーさんと楽しいひと時をありがとうございました。
残念だったのは、Y先生やM先生の演奏をお聴きできなかったことでした~。

奥さまのY先生とは礼拝と音楽研修の委員でお世話になりましたが、アコを聴きたいといわれて、嬉しくなりました。出来栄えは何点?

そうですね、現行讃美歌は4声の楽譜が多いので、ベースを拾えばいいのでしょうけれど、難しいです。後でお願いいたしますね~。

29日は東京で中尾さんのコンサートに行ってきますよ。坂本光世さんとの不思議な組み合わせです。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [33]
  • 讃美歌のコード

  • 投稿者:tachinon爺
  • 投稿日:2017年 1月27日(金)22時06分59秒
 
Tachinon爺です。・・・昨日は楽しい時間をありがとうございました。
讃美歌のコードは、・・・2段の楽譜の下の五線のベースの音を拾っていけば、すぐにできますよ。
だいたい、ⅠとⅣとⅤだけで大丈夫でしょう。
必要なら、・・・拾いますよ。・・・
 ただし、明日と明後日は、いませんけれど・・・Noを教えていただければ、



  • [32]
  • 私も讃美歌を弾きたいのに

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2017年 1月27日(金)19時31分28秒
 
仙台のKAzさま そうですね、讃美歌もレパ―トリーにいいですね。でもコード記入がないので、私にはとても自分で弾けそうにありません。

もし簡単なコードで弾ける讃美歌がありましたら、是非お教え下さいませ。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [31]
  • Tanja Fleischanderl

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2017年 1月27日(金)14時50分20秒
 
 聴きながら「そうか、自分のレパートリーに讃美歌を」と気付きました。
 過日投稿の小演奏会の感想に「知っている曲が入っていてよかった」というものがありました。
 日頃遊んでいる曲集も自分の好みも、あまり日本では聞き馴染みのない、どちらかと言えば民謡臭い民謡でして、どうしたものかと思案していたところでした。

 他人のお薦めには乗ってみるものです。
 御紹介有難うございました。

  • [30]
  • Robert Goter

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2017年 1月23日(月)22時14分14秒
 
 こういうのも良いですねえ。
 色々と動画を見れば見る程、弾きたい曲が増え、曲集が欲しくなり、練習時間が欲しくなり、四段の楽器が欲しくなり、彼の地へ行ってみたくなり…。
まずは演奏人口が少ないと、輸入楽譜も値が張って大変です。

  • [29]
  • Steirische Harmonikaの二つの表情

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2017年 1月22日(日)09時19分45秒
 
Steirische Harmonikaといえばフォルクローレに使用されることも多く、楽しく、にぎやかで、元気な曲、あるいは、速弾きを聴かせるものも多くありますが、ちょっとムードが違う曲もなかなか素敵で印象的です。

Steirische Harmonikaの達人Robert Goterのロマンチックな演奏:

Robert Goter, april 2005
https://www.youtube.com/watch?v=9YzJ1cfFFE4

こちらはTanja Fleischhanderlのしっとりと聴かせるコラール。

Tanja Fleischanderl - Choral (De Zaumgwürfeltn)
https://www.youtube.com/watch?v=Xj4XvXKjBXQ&mode=related&search=

どちらもSteirische Harmonika独特のヘリコンベースと多重音のメロディーがからんで深みのある音色になっていると感じます。

  • [28]
  • 一攫千金の夢は~

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2017年 1月 8日(日)22時08分30秒
 
仙台のkAZ様(この方が入力しやすかったので)

バラ10枚 続きで10枚 主人もそれぞれ買いましたのに残念ながら末尾の300円だけでしたので、ウッディアコにも似合いそうなグリーンチロリアン風のショルタ゜ーベルトは、買えませんでした。ウッ ほんとに欲しかったのに。

今年は是非アコ持参で遊びにいらして下さいませ。tachinonさんたちと首を長くしてお待ちしています~。


http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [27]
  • 肩紐

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2017年 1月 8日(日)12時20分34秒
 
川井 様

昨日落手しました。
有難うございました。これで一安心。
現在使用中の物を並べてみると、6年使って流石に汚れているのが分かります。
革製品を水洗いという訳にはいかないですから、今度は楽器の手入れを探ってみます。


NOEL 様
 年末の一攫千金は如何でしたか。

  • [26]
  • Toni Bartl Sen.

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2017年 1月 8日(日)12時03分57秒
 
"Hannesla" Toni Bartl Sen. mit Steirischer Harmonika
https://www.youtube.com/watch?v=tIKAEiEEumY&list=RDGMEMpBkrRsgmbnoWVzfUhAA61gVMOCbdR0QV2ow&index=3

"Sen." とは、Seniorの略だ。 つまり、Toni Bartle(父)ということになる。 というのは、もう息子のToni Bartle Jr.(Junior)がToni Bartleの名前をついで、Steirische Harmonikaを演奏しているからだ。まるで木彫りのような深いしわのある落ち着いた顔のToniのやさしい演奏に愛犬も遠吠えで歌う。

Toni Bartle(父)は根っからの百姓なのか? 百姓であり、アルムのワーカーであり、スポーツマンであり、作曲でもあり、演奏家でもあった彼は、子供のころからSteirische Harmonikaを弾いていて、かつての大戦中も演奏をしていた。レストランでの演奏なども行いプロのSteirische Harmonikaの奏者だったわけだ。

息子のToni Bartle Jr.も父の後をついで、Steirische Harmonikaで活躍しているようだ。
こちらは、Toni Bartle (父)のドキュメントフィルムのデモビデオ。
Hannesla - Toni Bartl Sen. - Eine Werdenfelser Legende - Die Doku
https://www.youtube.com/watch?v=oYR0-PnayEg

こちらは、かつてToni Bartle Sr.の生涯をFilmに収めた映像チームが久しぶりにToni Bartle Sr.を訪れた時の映像。Backgroundで演奏しているのは息子のToni Bartle Jr.だ。
Hannesla-Toni Senior-Ein Besuch in Garmisch-Steirische-Harmonika.wmv
https://www.youtube.com/watch?v=ABtsmZAfJVc

彼らの故郷はかつてのバイエルン王国、現在の南ドイツのババリアのGarmischpartenkirchenだ。

Toni Bartle Sen.は(多分)兄弟か親戚のSepp BartleとのD'Hannesla という名前のDuoを組み、地元のWerdenfelser LandのGasthaus あるいはGaststuebeといわれるレストランで演奏をした。 その演奏はその地方の音楽に大きな影響を与えたといわれている、らしい。

レコード:
D'Hannesla - Partnachtaler Boarischer
https://www.youtube.com/watch?v=0LYvbUTbBFQ

その当時の演奏がこちらだ:

D'Hannesla - Musik Im Werdenfelser Land 2
https://www.youtube.com/watch?v=Kok73VJ2UyU

D'Hannesla - Musik im Werdenfelser Land 03 (HQ Audio)
https://www.youtube.com/watch?v=xmYYelpILlI

D'Hannesla - Musik im Werdenfelser Land 04 (HQ Audio)

Da Schwammerl Jaga d'Hannesla Dahoam 1959 1969
https://www.youtube.com/watch?v=UTKK5sGVr_M


息子のToni Bartle Jr.の演奏:
Steirische-Harmonika-FALKEN-LANDLER-Hannesla-Toni Bartl-Jun..wmv
https://www.youtube.com/watch?v=ht-sR9BJaTM&t=10s


  • [25]
  • 良かったですね~

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年12月27日(火)21時52分4秒
 
私も欲しかったけれど、出費が多くて買えませんでした。でも大晦日の年末ジャンボに期待を持っています。
ちなみに私の茶のヴッディアコには、赤色のチロリアン風のベルトを付けています。緑も欲しかったです。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well


  • [24]
  • これこれ。

  • 投稿者:Kaz@仙台
  • 投稿日:2016年12月26日(月)23時00分36秒
 
これです。有難うございます。
電子メールにより別ページから注文します。
良かった~。

  • [23]
  • 緑のチロリアンベルト

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年12月24日(土)17時39分45秒
 
1セットだけ在庫にありました! こちらでよろしいばあいは、お早めにご注文ください。 ご連絡をお待ちしています。


  • [22]
  • 緑に赤

  • 投稿者:川井 浩
  • 投稿日:2016年12月22日(木)08時01分19秒
 
Kaz@仙台様、緑はいまのところ、試奏ように卸してしまったものしか亡くなってしまったと思いますが、あとで再度チェックします。
たしか、それは赤いアコに付けてしまっていたと思います(あまり使ってはいませんので使用感はないのですが)。 逆に、赤に緑は映えます。 緑の葉っぱに赤い花! あ、アコが葉っぱになっちゃった。
でも、コンビネーションとしては、きれいです。 赤もお薦めです。 黒もシックですが。。。見比べるとどれも素敵に見えます。
メールでご連絡をいただければ写真をお送りします。 

  • [21]
  • 惜しい! ではなく 単なるおバカでしょうね

  • 投稿者:オルガンサロン NOEL
  • 投稿日:2016年12月22日(木)07時15分10秒
 
KAZ@仙台 様 何度か行ったホールがパトナホールだったもので、宮城野区も若林区も青葉区も区別がつかず、はっきりしているのは泉区だけの私です。
 昨日も体操グループのクリスマスの食事会で、11年も仙台に通ったのに
青葉通り 広瀬通りの区別もつかず、不思議がられました。

 読み方を教えていただき、早速カタカナで検索してみます。小さな会場での演奏はライブな音色を楽しむことができるので、尚 いいですね~。

 是非 NOELでの演奏をお聞かせ下さい。tachinonさんやアコ練習を休んでいる方など 素晴らしい刺激を頂き、今後の活動にも大きな励みになることと思います。

http://www7b.biglobe.ne.jp/~one-well



レンタル掲示板