投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [439]
  • 川井 浩様 ありがとうございます

  • 投稿者:貧乏人その1
  • 投稿日:2019年11月25日(月)08時07分25秒
 
鍵盤の付け根の金属のシャフトに触れれば、それをプライヤーなどで、矯正してあげることで鍵盤の下の歯に当たらくなるのではないかという気がしますが

-----------------


実は、昨日、プライヤを使って金属のシャフト部分を少し【ねじり】修正を試みました。しかし、素人修理なので微妙に間違った方向にねじることが原因なのか、空気漏れ?のような弊害も発生してしまい、シャフトねじり調整法?での対応ができませんでした(上手にできる人なら直してしまった可能性もありますが)。

現状ですと、鍵盤が微妙に左右にブレてしまい、シャフトをねじってみても左右方向へのブレが残存しているために、入れ歯の上下が噛み合わない状態が続いているのです。

なかなか名案が浮かびません。