teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. ボタンかピアノか?(168)
  2. Steirische Harmonika(115)
  3. アコで弾いてみたい曲(25)
  4. アコアイドルへの道(230)
  5. アコde歌伴(140)
  6. お気に入りYou Tube映像(327)
  7. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(242)
  8. アコーディオン紹介(332)
  9. アコのさまざまな音色について(140)
  10. アコラッピング(31)
  11. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(65)
  12. オカルト小噺スレッド(90)
  13. アコ上達のヒント(636)
  14. アコ・スマートコーチ(1)
  15. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(433)
  16. アコーディオンサークル紹介コーナー(76)
  17. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(247)
  18. 音楽の授業(98)
  19. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(134)
  20. アコ演奏に欠かせないアイテム(113)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


実はすでに準備中です。

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 7月 2日(木)22時00分29秒
  藤田様、実は、まだ出来上がっておりませんが、お預かりして修理を使用としているアコーディオンは、なんとか、直そうとしていますが、はっきり申し上げると、相当破損がすすんでいて、どこまで正常にもどるか、やってみないとなんとも言えない状態です。

で、そんなこともあり、演奏の負担にならないような、私の手元にある、小型のアコを、差し上げるつもりで、整備中でした。 1-2週間以内にはお届けできると思います。

41鍵盤の大型のものもありますが、もし大型のものでもよければ、それでもかまわないのですが、11㎏前後になると、さすがに、重すぎるのではないかと逡巡をしております。
さすがに、年式や外観については、目をつぶっていただくように、お願いをしないといけませんが、少なくとも正常に演奏ができるような状態でお届けする予定ですので、お楽しみに。

他の方からのプレゼントもあるかもしれませんが、2台、3台集まれば、アコの伴奏者がそれぞれ持ち歌を分けて練習したり、合奏すればさらに盛り上がるかもしれませんね。

また、逆に、他に「壊れているアコーディオン」というものがどの程度のものかわかりませんが、拝見できれば、使用可能な程度に戻るものもあるかもしれません。 送料がかかるとは思いますが、よろしければ、拝見して、できるものは修理のボランティアをさせていただきます。

通常のビジネスとしては、やはり、手間暇かけて治した挙句、かけた手間暇分のお金が戻ってこない、あるいは、同じお金をかけるなら、別のものに買いなおした方が良い、という判断は当然すべきだと思いますし、ビジネスとしては、私の考えに変わりはありませんが、自分として、できるところまでは、ボランティアの精神でお手伝いをさせていただきたいと考えております。

まずは、もし、「壊れているアコ」というものがどのようなモデルなのかを拝見したいので、写真を撮っていただいて、お送りください。 また、症状がある程度わかれば、記述していただければありがたく存じます。




 
 
 

実はお願いがありまして

 投稿者:貧乏人その1  投稿日:2020年 7月 2日(木)04時36分35秒
  無理なお願いをするつもりはありません。可能であれば、ということなのですが。

調律されており、かつ【壊れていない】アコーディオンを我々ボランティア団体に1台、寄付してくださる方を探しております。古いアコーディオンでも全く構いませんが、壊れていないアコーディオンを希望しております。2011年の震災以降、複数台アコーディオンの寄付がありました。折角寄付していただいたアコーディオンだったのですが、すべて壊れていたのです。ギターであれば多少壊れていても修理は可能なのですが、アコーディオンの場合は私は全く知識がありませんので、素人修理さえできません。


困り果て、KAWAI楽器さんに相談したこともあります。しかし宮城県ではアコーディオンの修理ができる職人さんは、おりません。KAWAIさんも当団体が所有しているアコーディオンを見て一言【買った方が良いと思いますよ】と。

震災当時であれば当団体にも寄付金を寄せてくださる支援者の方もおりました。集まった寄付金は活動資金として使ったのですが、全国からの支援といっても2013年頃からは急ブレーキが掛かったかのように寄付は無くなり、団体活動費を捻り出すこともままなりませんでした。震災から9年が経過しますとボランティアさんそのものが石巻市に集まりません。まして寄付金など期待することも不可能です。当団体に資金が無いので、アコーディオンを購入する余力が、もう無いのです。情けない話ですが。


無理なお願いをするつもりは、全くないのです。ただ、使っていないアコーディオンがあり、調律されていて壊れていなければ(つまり歌声喫茶で、すぐにでも使える状態のアコーディオンであれば)、古い機種であっても構いません。当団体に1台、アコーディオンを寄付していただけたらなあと思います。


それにしても?

私どものボランティア団体スタッフも、それから私もアコーディオンを弾いたことがありませんし、アコーディオンに関する知識が全くありませんでした。ですから震災後、県外から駆けつけてくださったボランティアさんらが【このアコーディオンを是非、使ってください】と寄付してくださったことに、深く感謝していたのです。寄付していただいた直後は、瓦礫処理などに追われてアコーディオンを触る余裕は全くありませんでした。しかし、少し余裕が生まれた頃、アコーディオンに触れて音を出してみるものの【なにか変だな?】と素人でも分かります。私はギターは多少演奏できますので、なにかがおかしい?とは感じていたのです。KAWAI楽器さんと交流ができたこともあり、寄付していただいたアコーディオン数台を見てもらうと【全部、壊れてます】と言うのです。

KAWAIさんは【勿論、修理しようと思えば修理はできます。しかし修理費は高額です。こんな古いアコーディオンに大金を掛けて修理するくらいであれば、新しいトンボのアコーディオンを買うべきだと考えます】と指摘され、困り果て9年の時間が過ぎてしまったのです。


寄付しても良いと言ってくださる方がおられましたら、お声を掛けていただければと思います

当団体は【石巻市復興を考える市民の会】

私は代表の藤田利彦と申します。

 

川井様

 投稿者:貧乏人その1  投稿日:2020年 6月29日(月)00時39分9秒
  お仲間の方からは御連絡をいただき、明日発送をしていただけるようです。せめて、アコの修理で協力をさせてください。


深く感謝申し上げます。震災から9年が経過。被災地は3月11日にのみ『マスコミ報道』で特集される対象=風化、になりました。支援の熱もすっかりと冷めた状況ですが、このような形でご支援を頂き、感謝しております。


ありがとうございます、川井様、そして当掲示板の皆様。
 

暗澹たる気持ちになります

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 6月28日(日)23時09分3秒
  死人からものを奪う、被災受けた家や店からものを盗む、人として、絶対に許せない、恥ずべき行為です。 最後の審判の時には、それ相応の罰を受けてもらいたいものです。 できれば、生きているうちに十分な処罰を受けてもらいたい。

残念ながら、いるんですよね、このようにモラルのかけらもない人。 悲しいことですが。

そのまま、水戸黄門か、遠山の金さん、あるいは、スーパーマンの悪役として出演してもらいたい。

お仲間の方からは御連絡をいただき、明日発送をしていただけるようです。せめて、アコの修理で協力をさせてください。

 

オルガンサロンNOEL

 投稿者:貧乏人その1  投稿日:2020年 6月28日(日)18時03分26秒
  震災当時の石巻でいいますと。


津波が去ったあと、路上には遺体が散乱しており、また車の中に閉じ込められた状態で溺死されていたご遺体もありました。あの当時、地域には警察が存在しておりません。夜陰に乗じて【ご遺体】から財布を抜き取った悪人がおります。また車のガラス窓を壊し、遺体の側に落ちているハンドバックの類から現金などを盗み取った悪人もおります(私もそれら犯罪行為を把握しております)。また、私自身も自宅から、あれこれと盗まれております。

震災当時、コンビニに押し入り(コンビニは無人になっています)レジを破壊して現金を盗んだ悪人もおりまして、コンビニ店のオーナー様から私は直接、被害を聴いております。某地方銀行は危険を察知して、金庫を溶接してしまいました。

生きるか死ぬかの極限の状況において、【他人様から金を盗む】発想が湯水の如く湧いていた悪党も居たんですね。信じがたいことですが。まして【ご遺体】から金品を抜き取るだの、【人】のすることなんでしょうか?




人間というのは【どのような生き方】もできます。ペシャワール会の中村哲さんのような生き方だって、志さえあればできます。その逆に、ご遺体から金品を抜き取ることを選択することもできます。人は自由意志に基づいて、あらゆる可能性を選択できるのです。

【清く正しく美しく】という、生き方だって【自分がそう決めれば】できるはずなのですが。


貧乏は最高です。そして貧乏は耐えることができます。貧乏は罪ではありませんし、恥ずかしいことでもありません。単純に【金を持ってない】というだけのこと。


でも心が【貧しい】ことは、実は相当に恥ずかしいことじゃないかと思います。


皆が集まって【楽しく歌】を歌い、アコーディオン演奏を楽しむ

心を浄化する、良い方法です

 

川井様

 投稿者:貧乏人その1  投稿日:2020年 6月28日(日)17時46分37秒
  本人に伝えてあります。本人から連絡が入りますので、対応をよろしくお願い致します。  

オルガンサロンNOEL様を始めありがとうございます

 投稿者:貧乏人その1  投稿日:2020年 6月28日(日)17時40分31秒
  色々とありがとうございます。以下はとりとめのない私の雑談ですが。

2011年に【まさか?】の巨大津波が押し寄せ。私自身も津波に飲み込まれましたので【よく分かる】んですが(苦笑)、ありえないような規模の災害が発生すると人間というのは【実感】が湧きません。津波に飲まれた瞬間の記憶は残っていますが【え?】、、、、その程度の実感です。【え?】とか【う、、嘘っ?】という程度。人間の想像の限度を越えてしまうと、人間ってのは咄嗟には正常な判断ができなくなるんですね。震災やら津波やらを【言葉巧み】に語り部できるようになるのは、ずっと後になってからです。

災害に関して言えることは、やはり【事前に準備】をしておくと生き延びることができる確率は高くなります。これは確実に言えることです、経験者から言わせていただくと。


1)己の自宅は、どこに建っているか?を把握する。

この意味はつまり自宅の近くに【巨大な一級河川】が流れているか?あるいはダムの真下に自宅があるのか?それとも自宅の目の前が太平洋?

【水】の近くに自宅がある場合、結論からいえば自宅にそのまま居続けるのではなく鉄筋コンクリート造の3階建て、4階建ての頑丈なビルに事前に逃げる。これがもっとも確実に生き延びる方法です。津波だけでなく、最近は【豪雨】被害も甚大です。豪雨+一級河川の組み合わせがあれば=地域的には巨大津波が襲ってきたかのような破壊力があります。九州の福岡では(私も支援しましたが)、豪雨によって山の大木がなぎ倒されて濁流とともに流木と化し、【まるでミサイル】のように自宅に突き刺さり【自宅に巨大な矢を打ち込まれているようだった】と生存者が証言しておりました。流木が自宅に衝突すると、場合によっては倒壊します。自宅2階に避難していても、流木の衝突と破壊力で自宅が倒壊すれば、その家の家人は溺死してしまいます。

河川の堤防が決壊すれば、やはり津波に匹敵する破壊力が生まれ自宅など簡単に倒壊してしまいます。

ですから水の近くにお住まいの方は、自宅避難するのではなく鉄筋コンクリート造のビルに事前に逃げておく、これが助かる唯一の最適な方法論です。

2)

私は昨年2019年の巨大台風で再び自宅が浸水しました。2011年には津波に襲われ、19年は台風に襲われてと。しかし、私は2019年の台風のときは避難所には避難しませんでした。その理由は【生後6ヶ月】の仔犬が居たからです。仔犬と共に避難所に避難できるような仕組みは、今の日本の国、行政には期待できないのが実情です。


家族で介護を必要とする両親などが居る方々も、避難所への避難は最初から諦めておりますね。


このような場合は【自宅をリフォームし頑丈にしておく】必要があるのです。私の場合は津波が来るような場合は、山に逃げることにしましたが、津波以外であれば耐えられる程度の補強工事を行っております。自宅さえ倒壊しなければ(被災したとしても倒壊しなければ良いのです)、自宅を避難所として自宅避難すれば良いわけです。

そのためには耐震補強が必須。

国は1世帯あたり【1000】万円程度の耐震補強工事補助金を交付すれば、これは直ぐに解決できるんですが。

コロナ10万円給付でさえ【ケチる】国ですからね、まあ期待はできませんが。

3)

ただし耐震補強していても、福岡の豪雨被害、その後の西日本豪雨被害の実例でも明らかな通り【水位は自宅の3階まで到達する】場合があります。自宅が2階建てであれば、2階に避難していても【溺死】してしまいますね。だから自宅が、川の近くにあるのか?など【己を知る】ことが、非常に重要なのです。

4)

私の場合は仔犬がおりますから、避難所に行って【肩身の狭い】思いをするのは不愉快です。自宅を耐震補強しておいたのは、避難所に逃げなくても済むようにです(巨大津波であれば、また話は違ってきます、ケースバイケースです)。ただ、千葉県の台風災害の視察でも痛感したことは、自宅で避難生活を送る場合【ソーラー発電】の仕組みを、必ず確保しておく必要があることです。石巻でさえ、近年の夏の暑さは【殺人的】な暑さです。万が一、夏場に災害発生し、自宅で避難生活を送る場合【エアコン】がなければ、場合によっては室内で熱中症になってしまいます。とても耐えられるような環境じゃないです、最近の夏は。ですから、耐震補強だけでなく自宅にはソーラー発電が必須です。

もしくは?日産リーフを利用する車を発電所とし、自宅とリーフを繋いで電力を確保するか?

ただしこの場合、津波で日産リーフが流されてしまうと自家発電ができなくなってしまいますが。日産リーフによる自家発電の仕組みは、数年前の北海道の巨大地震時に、地元コンビニの【セイコーマート】+日産自動車が、この仕組を開発導入しておりました。セイコーマートのみ、北電が停電してもコンビニを開けて営業再開させることができたわけですね。

5)

私はギターを自宅1階に置いておりました。FENDER、GIBSON、そして真空管のMarshallアンプなどです。津波が押し寄せ、大切にしていたギター、ギターアンプ類は一切が藻屑化。楽器類は基本【自宅2階】で管理するべきと痛感しました。



2011年当時も、避難所に逃げ込むも【ノロウイルス】が流行し、酷い目に遭いました。感染性胃腸炎?の類も横行し、結局、不衛生な環境に【限度を越えた】人間が集まると=感染症が大流行する、ということなんですね。例えばですが、地域小学校を避難所に指定する場合は、学級のいくつかを【感染した被災者を収容する】隔離室にしておけば良いのです。

体育館には1600人程度、逃げ込めますが、そこに感染者1名がおれば全体に感染が拡大します。ですから40人学級の教室を確保しておき【風邪を引いている人、体調悪い人、Influenza?の人】は、体育館などに避難させず隔離した教室に収容するのです。爆発的感染を回避できるはずですが、東日本大震災当時はこのような柔軟な発想と知識がありませんでしたね。

私も路上で貰ったオニギリを食べ、数時間後に嘔吐、そして流水のような下痢が数日間続き、死ぬ思いを経験しております。

今は【コロナ】ですからねえ。命に関わってきます。

自宅でできることを良く考え【今日から】対策するべきだと思っています。

【大人用の紙おむつ】の用意を、されている人が何名おりますでしょうか?

災害時は洗濯できません。

また、よりによって病気になるものです。

弱り目に祟り目、なんですね。

だからこそ大人用の紙おむつは必須。これがあれば洗濯不要。お漏らししても、ズボンも布団も汚しません。袋に廃棄し焼却すれば感染拡大の心配もありません(汚れた下着を避難所で洗濯するから、感染拡大する)。

また都会に住む人の場合は、水洗トイレが使えなくなります。その場合のウンチの処理を、どうするのか?多くの人は考えていません。

今から対策しておかないと、大変なことになるのが自宅トイレ処理問題。



災害の規模が大きければ、大きいほど。
避難生活は長期化します。


災害発生当時は?意外に被災者は元気なんです。災害発生直後だから

気持ちが緊張してますし、【災害なんかに負けてたまるか何糞魂】が湧いてくるもの。

災害に負けるな、というアドレナリンが噴き出すんですね。

しかし?それもせいぜい、6ヶ月が限度

仮設団地が完成し、引っ越しして【鍵を掛けることが】可能になる頃から被災者は、元気が無くなってゆきます。

仮設団地に入居する、、、が最大目標ゆえ、そこまでは踏ん張れる。

だけど仮設団地が完成し引っ越ししてしまえば、当面の最大目標が達成されて=燃え尽きて、しますのです。

歌声喫茶や、アコーディオン演奏、音楽が必要になるのは実は、一定期間が経過して【から】なのです。

しかし現実は災害から期間が経過すればするほど、音楽家の姿も正比例して消えてしまうのが常です。

今は少子化なんですから、安倍こべ晋三さんも【460億円もの】無駄使いしてあべのマスクを配布する暇があるなら、この460億円の血税でアコーディオンを購入し、全国の小学校に配布してみては?(冗談抜きに)。小学校の楽器習得の対象としてアコーディオンを指定しておく。子供のときからアコーディオンに親しみ、一定の演奏が可能にしておけば?


将来、巨大災害が発生しても、避難者の中にアコーディオン演奏家が沢山いることになりますから、ボランティアさんが苦労して県外から歌声喫茶をするため駆けつける必要が小さくなります。


(真面目な提案)


https://youtu.be/gluWVySBVOU 私の自宅のすぐ近くの津波動画です(気分が悪くなる人は、ご注意願います)。動画を撮影していた人が居たんですねえ。私自身は、津波に飲み込まれていましたので撮影など不可能でした。当時の貴重な記録が残っていて、歴史の証言になると思っています。

災害を経験して痛感することは?

生きたいと思っても生きることができない人だっているんですから、生きることができる人は人生を大切にしてほしいということです。

そして死んでしまえば歌はうたえなくなるし、アコーディオン演奏が好きな方は演奏ができなくなるということです。

つまり死んで花実が咲くものか、ということ。

思う存分に歌を楽しみ、アコーディオン演奏を楽しみ、悔いのない人生にしたいものです






 

トンボのアコ

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 6月27日(土)16時47分43秒
  でしたね。 Weltmeisterではなかったですね。 私の記憶違いでした。 できるだけ早く送っていただければ幸甚です。 お待ちしています。  

言葉を失う現実

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 6月27日(土)16時46分1秒
  貧乏人その1様のご報告を改めて読み、関連You Tube映像を改めてみて、この災害には言葉を失います。 インテビューを受けていた人がぼそっといっていた、こんな時に、悪いことをする奴もいる、というような言葉で、阪神神戸の大地震の時にも同様の被害の報告があったことを思い出しました。 マスコミはとかくきれいごとを報道したり、このように具体的な非道なことがらについては、目をつぶり勝ちような気もします。
福島でも空き巣が横行していたとも聞きます。 鬼やハイエナのような輩がいるのも現実なのだということも鼻先に突き付けられる思いです。

少しでも明るい灯をともせますように祈るばかりです。
 

震災後の避難生活を思い出して身震いしました

 投稿者:オルガンサロンNOEL  投稿日:2020年 6月26日(金)23時07分6秒
  貧乏人1様の投稿は大震災直後の避難所(体育館や公民館など)での、あの隣同士の布団がかさなりあい、床がおびただしい布団で見えなくなっている状況を思い出させました。
その中でアコ演奏を続けた方 私のアコの先生でした。じっと聞いて涙を流す方 眉を顰める方
放心したように一点を見つめている方 そんな中から立ち上がって前向きに希望を持たれた大勢のかたがたでした。
段ボールで仕切りができたり、仮設に移られる方がおおくなりやっとプライバシーまもられるようになるまでは結構時間がかかったようでしたね。

あの状況て゜コロナ禍が発生したらどうなっていたでしようね。3密をさける対策 今も合唱などで公共施設は使用できません。
私どものサロンは、4月~6月まで休業していますが、この期間を新しい生活の目標を見つけたのでその準備の時として過ごしたいと思います。

貧乏人その1様 大好きな私のふるさと宮城県のためにご活躍してくださいますようにお祈りしています。
 

レンタル掲示板
/524