teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. Steirische Harmonika(87)
  2. アコーディオン紹介(297)
  3. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(180)
  4. アコ上達のヒント(636)
  5. アコ・スマートコーチ(1)
  6. アコで弾いてみたい曲(10)
  7. アコアイドルへの道(229)
  8. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(63)
  9. お気に入りYou Tube映像(325)
  10. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(433)
  11. アコーディオンサークル紹介コーナー(76)
  12. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(247)
  13. アコde歌伴(140)
  14. 音楽の授業(98)
  15. ボタンかピアノか?(166)
  16. アコのさまざまな音色について(140)
  17. オカルト小噺スレッド(90)
  18. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(134)
  19. アコラッピング(31)
  20. アコ演奏に欠かせないアイテム(113)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


今日の旅立ち

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 3月18日(水)20時33分2秒
  Siwa&Figli Super Quattoro、Siwa&Figli社の最も売れているモデルを探し当てたのは、神奈川県にお住いの若きミュージシャンの方でした。 都内の代表的になアコ店や、機会あるごとにさまざまなアコに振れてきたものの、最終的に彼の心を最終的に射止めたのは、このSiwa & Figli社製Super Quattoroでした。 それもそのはず、セルビア出身のイワンが精魂込めて作るアコにはバルカンの魂が宿っている。 Scandalli社や、Borsini社で修業を積んだのも当然ながら、Settimio Sopranno Artist VIや、Scandalli Super VIを目指したアコ作りをするためだったに違いない。 それは一見すればお分かりのように、一般的にバルカングリルと呼ばれる独特のデザインのグリルがそのルーツというか、目指すものは、Settimio Soprani Artist VIなんだ、という強烈なメッセージを発している。グリルデザインのみならず、ベース切り替えスイッチ、トレブル側の切り替えスイッチ、鍵盤のカラーまでSettimio Soprano Artist VIの再来を思わせるデザインと機構になっている。

で、それに使用されているのリードは、かまぼこ型に研磨された、まさに手作りの最高級ハンドメードリードだ。 だから、ため息のようなピアニッシモから咆哮のようなFortissimoまでの幅広いダイナミックレンジを蛇腹の繊細な動きに応じて反応してくれる。

そこそこの人が弾いても、素晴らしい演奏に聴こえるように鳴るけど、逆に、この繊細で強烈な楽器を使いこなしているかどうかも一発で分かってしまう恐ろしい面を持った楽器ともいえる。

運転免許取りたての人がアストンマーチンVantageのマニュアル車を突然渡されたように感じるかもしれない。

一方で、ビジネスを縮小していったり、消えていくメーカーがある中で、Siwa & Figli社は米国をはじめ、故郷のバルカンでも、支持を得て、ビジネスは波に乗っているようだ。 安物で勝負するのではなく、ベストなものを求めていく姿勢が評価されているものと思われます。

とれもろは、おとなしい、Germanトレモロが施されていて、全くフラットのドライというわけではない。 よって、演奏に適した曲相の守備範囲も広い。 ざわざわしたトレモロでぎんぎんと騒がしくアコですよー!と自己主張をするのではなく、あくまでリード本来の味と蛇腹で操作するダイナミックレンジで勝負するまさに正統派としての楽器という風合いがある。

素晴らしいアコがそれを正当に評価するミュージシャンの手にわたったことを心から喜びたい。
 
 

Hohner Lucia IV P

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 3月17日(火)22時26分39秒
  私の最近の愛アコはこのHohner Lucia IV Pです。 Frontalini Artist VIは心臓がしびれそうに素晴らしいし、時々空気を入れてあげている、ほかのアコたちもどれもこれも素敵で、素晴らしいのですが、この、製造後、おそらく、50年前後立っていると思われるHohner Lucia IV Pは37鍵、96ベース、HMML、で、メタルボディの、合理的な様々な機構を備えた今のアコよりももっと前衛的なアコです。 で、重量が8.5㎏と軽い。 MMのサウンドが特に爽やかで素晴らしい。

で、なんといってもその魅力は、軽さだな、と、最近特にそう感じるようになりました。 バイクでいえば250㏄クラス、ぶん回せて、その能力を最大限に引き出してあげられそうな気がするアコです。 チャンバー付き41鍵アコももちろん、ハーレーに乗っているみたいでいいんですが、なんだか、載せてもらっている気分がいつもあって、こっちの言う通り走るというよりは、そっちの走りに乗せてもらっている感じが、いい場合と、どっちが主人なの? と感じる瞬間が不満ということもある。 非力なパワーを、軽さがカバーして、俺が弾いてやっている、っていう気がする気持ちよさ、っていっても、何言ってんだよ、と思われますよね。

しばらく、8.5㎏、250㏄バイクをぶん回して、疲れたところで、1800㏄ハーレーのFrontalini Artist VIなんか弾くと、これまた、おいしいんだなー、このサウンドが、この響きが、このダイナミックレンジの伸びが、僕が自分で歌うよりも何倍もうまく歌ってくれるこの感じ。 あ、これも、好きです。 相変わらず、1台に絞り込めない。 みずから、アコのカサノバと名乗ってしまう私ですが、今のところ、Hohner Lucia IV Pに熱中中。 でも、同時に、Frontalini Artist VIも愛しているし、棚にいて、手招いていてくれる、Brandoni,Borsini,Siwa & Figli...愛しているよー! 
 

アコーディオン産業にもコロナウイルスの影響

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 3月16日(月)17時58分8秒
  は、当然ながら押し寄せてきていて、今週は工場閉鎖となるところがでてきているようです。 コロナウイルスが一気に拡散したイタリヤではやむを得ないことだと思いますが、工場停止よりもなによりも、皆さんの安全を祈るばかりです。
 

ここでも真似されるScandalli

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 2月26日(水)22時46分11秒
  Scandalli Polyfonico。 Sax蓋つきという呼び名もある有名なモデル:

https://www.youtube.com/watch?v=VeTFnfB1KK0

https://www.youtube.com/watch?v=khkUtTR0nbo

https://www.youtube.com/watch?v=mEFKgK15rY4

https://www.youtube.com/watch?v=adqY2fc6hOE


中国のParrotがここまでコピー:

https://www.youtube.com/watch?v=cuEVYgVZth0&t=78s

https://www.youtube.com/watch?v=LxnqEN-ZCkw

https://www.youtube.com/watch?v=f99gRhGJffI


Scandalliにせよ、Settimio Sopraniにせよ、デザインを登録するということをしてこなったのを悔やんでいる、という話もあったが、これだけコピーされるということは、ある意味でそのオリジナルの価値を認めているということにもつながるのではないか、という気もする。

ただ、以前、KAWASAKI のW650というBritish Classicデザインのバイクに乗っていたことがあるが、ついに耐え切れず手放してしまったことがある。 偽物に乗っているという気分を消し去ることができなかったからだ。 オリジナルのTriumphやBSAに乗っていないという、また、それらに似せたバイクに乗っているという恥ずかしさがたまらかったからだ。

 

KAURINI アコーディオン

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 2月26日(水)21時15分38秒
  KAURINIというアコーディオンブランドをご存知でしょうか? 旧ユーゴスラビア、現在のクロアチアのザグレブに新しくできたアコーディオンメーカーのようです。
Settimio Sopranimo Artist VIも消え、Guerriniも消え、Scandalli Super VIが高級化路線を突っ走るところに、Siwa & Figliなどが市場を押さえていたが、そこに、くさびを打ち込むのがこのKAURINIだ。 オーナーの人は、どうやら、Scandalli社で修業をした、ということになっているようだが、その作るアコーディオンのデザインは、Settimio Soprani Artist VIのオリジナルデザインのバルカングリルで、姉妹機として製造しているのは、現在のScandalli Super VIに酷似している。

早速、日本向けに輸出をしてもらおうと電話で交渉してみたが、当面の間、製造するものは、すべて予約で売り切れており、いつ、海外に出せるかどうかわからないという状況のようだ。 どうやら、バルカンを中心にかなり売れ行きを伸ばすものと思われます。
サウンドを聴いてみても、オリジナルのSettimio Soprani Artist VIやScandalli Super VIとほぼ同じような、バルカンの曲想にぴったりのサウンドで、これはヒット間違いない。 これが、イタリア製のアコよりも買いやすい価格で出てくれば、Siwa & Figliに続く、旧ユーゴスラビア出身のアコメーカーができることになる。

どこまで行っても、Settimio Soprani Artist VIとScandalli Super VIが模倣の対象になるということから、やはり、この2モデルがアコのある形の最高峰であったことを実証しているように思えます。 ただ、グリルの形はどのメーカーも真似することはできるが、あとは最終製品としての価値や評価がどのようになるのか、これにはやはり、ある程度、時間がかかるであろうと思われます。 イタリア側のSettimino Soprani Artist VI復活作戦が、どこかで、あまり聞こえなくなっている間に、このKAURINIがかなり市場を席捲することは間違いないように思われます。

KAURINI tonska proba
https://www.youtube.com/watch?v=0hKsbBfQFG4

Kaurini tonska proba 2
https://www.youtube.com/watch?v=iuektrwPXDY

Kaurini tonska proba 3
https://www.youtube.com/watch?v=O6G3wgLT4tU

KAURINI Tebi majko misli lete
https://www.youtube.com/watch?v=F71OaiD3Cqw
 

Borko Radivojevic & Settimio Soprani Artist VI

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 2月26日(水)00時36分3秒
  Borko Radivojevicもやたらと指の動きの速い奏者ですね。 こちらはSettimio Soprani Artist VI。

Borko Radivojevic 36
https://www.youtube.com/watch?v=99WIASB1xFg

Borko Radivojevic 9 - Suparat am? fost de mic ( V. Pandelescu )
https://www.youtube.com/watch?v=UDZILhsqMX8

こちらも楽しんでますねー。 こちらはGuerrini。

Rumunska Pesma - Supàrat am fost de mic - Amer Šehić Šeha
https://www.youtube.com/watch?v=P9bQde6zhTE



 

Dragan Stojkovic BosanacとSettimio Soprani Artist VI

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 2月25日(火)00時29分24秒
  Dragan Stojkovic Bosanacの若いころの、貴重な映像。 このころからずーっとSettimio Soprani Artist VIだ。 この指裁きと演奏はどうだ。

Dragan Stojkovic BOSANAC
https://www.youtube.com/watch?v=N-AYgW0MiRk

Dragan Stojkovic - Acino kolo
https://www.youtube.com/watch?v=bemmOyxc1T0


 

Dragan Stojkovic Bosanac

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 2月25日(火)00時22分3秒
  セルビアのアコの名手、Dragan Stojkovic Bosanac。 地元ではもちろん、国境を越えて人気だが、地元での人気は絶大。 ほぼ、英雄といっても過言ではない。 2番目のビデオのご祝儀というか、おひねりというか、ここまでいただけるなら、僕もやりたいけど、まぁ、無理ですね。

彼の愛機はSetteimio Soprani Artist VIだけど、相当年季が入っているはずだから、Guerriniのコピーマシンも出番が増えているようだ。 Settimio Soprani Artist VIのサウンドとGuerriniのサウンドを聴き比べてみるのも面白いかもしれない。 Guerriniのメタリックなサウンドにくらべて、Settimio Soprani Artist Artist VIの何とも言えない哀愁というか、感情のこもったサウンドは格別のように聞こえる。 まさに、アコーディオン界のレジェンドといわれるゆえんでもある。

Maestro Dragan Stojković Bosanac: splet narodnih pjesma i igara na harmonici
https://www.youtube.com/watch?v=4ftN3nyoaXE

Dragan Stojković Bosanac - Humanitarni koncert za Jasku - XL Cazin 25.12.2017
https://www.youtube.com/watch?v=BbkwBiT79Rs

Dragan Stojkovic Bosanac - Konjicko Kolo
https://www.youtube.com/watch?v=Gwg8nDXLWic

Pogledajte kakav bakšiš uzme Dragan Stojković Bosanac... uživajte !
https://www.youtube.com/watch?v=KBXqSqOfTu0

Janja "Dragan Stojkovic Bosanac"
https://www.youtube.com/watch?v=ISBhxD7mYdc

Dragan Stojković BOSANAC I HAZRE-Harmoniko moja Uživo
https://www.youtube.com/watch?v=bWcG8OqSVF0
 

今日の旅立ち

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 2月24日(月)23時50分12秒
  といっても、今日ではなくて、先々週だったのですが、Brandoni King Line Cassotto Wood Super Musette 147 Special君が岐阜県のアコをこよやく愛する紳士のもとへ旅立ちました。
やはり、いろいろとくらべて、Excelsior Continentalまでお持ちなのに、このアコを選ばれた、というのは、このアコももつ魅力が大きかったということのようです。 ミから始まる38鍵、120ベース、LMチャンバーとはいえ、41鍵のContinentalに比べるとぐっとコンパクトで、抱き心地も、弾き心地も素晴らしい。 チャンバー付きのReal Hand Made ReedのMMMLのサウンドは、甘く軽快であるようで、かつ重厚で、味が濃い。 ティラミスのマスカルポーネの味、とでもいえばよいのだろうか? 単なる甘さでは無く、うまみ成分が強い。 あんみつやおしるこの甘さでは無く、もっと大人が喜ぶ甘さと、こくがある、といっても、なかなかそのサウンドと弾き心地をお伝えするのは難しい。
同型機があと1台だけ在庫にありますが、一番売りたくないアコです。 旅立ってほしくない。
 

ボスニアヘルツェゴビナのKolo

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 2月24日(月)23時03分8秒
  ボスニアヘルツェゴビナそのものが人種のるつぼみたいなところのようですが、ここでもKoloというサークルダンスが踊られている。 その伴奏というか、音楽をかなでるアコがすごい。

Pero Gudelj - Splet kola
https://www.youtube.com/watch?v=HGhD8ggKghk

 

レンタル掲示板
/509