teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

【重要】teacup. byGMOのサービス終了について
 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(436)
  2. アコーディオン紹介(337)
  3. Steirische Harmonika(120)
  4. ボタンかピアノか?(178)
  5. お気に入りYou Tube映像(331)
  6. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(243)
  7. アコアイドルへの道(230)
  8. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(247)
  9. アコーディオン教育、ないし教師資格認定制度(72)
  10. アコで弾いてみたい曲(25)
  11. アコde歌伴(140)
  12. アコのさまざまな音色について(140)
  13. アコラッピング(31)
  14. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(65)
  15. オカルト小噺スレッド(90)
  16. アコ上達のヒント(636)
  17. アコ・スマートコーチ(1)
  18. アコーディオンサークル紹介コーナー(76)
  19. 音楽の授業(98)
  20. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(134)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


DIAPASON談義

 投稿者:川井 浩  投稿日:2022年 3月 8日(火)08時51分40秒
  掲示板データ保存の件、ATSUO様、アドバイスありがとうございます。 その後、何とか、残されているデータの保存ができないか、もがいていますが、538ページある掲示板の書き込みをコピーしてWordに貼り付ければ、何とか、写真なども残りそうだなー、という感じでおりますが、あとは、538ページこぴる作業をすればいいだけだ、と、安心と、時間との戦いを思うと、やや気が重いのですが、たまたまた、古い書き込みを見ていたら、なんと、2010年7月22日ごろの書き込みに、当時のpくんからの書き込みに重要な情報が書き込まれていて、それにtachinonさんも反応をしています。

そのページに飛ぶには、まずこの掲示板のページを一番したまでスクロールして、右下にある、新着順、投稿順、表示切替とあるところの、新着順についている丸を、投稿順の方の丸に切り替えて、表示切替をクリックし、その上の、四角いスペースに数字の8を入力して、ページ移動をクリックしてください。

【そこを、コピペすると以下のようになります:】

ディアパソン( diapason )  投稿者:pくん  投稿日:2010年 7月22日(木)15時52分3秒
が最高だ! とゆって、吉川 肇氏は、そのディアパソンばっか、弾いてました。僕の知ってるころは。。だから、彼がピエルマリア弾いてたのは、見たことないから知らなかった。

ディアパソンというメーカーは、もうその彼が弾いてた時点で、すでに存在しなかったメーカーだったように覚えてます。たいして高級そうな、楽器には、どっからみてもみえなかったけど、彼が弾くと、なにもかもちがったなあ。

岡田 博氏も、ぼくが見たときはコンティネンタル弾ーとったよーな、記憶あります。そーか、彼もセッティミオだったのか。。

いずれにしてもそのころぼくはヴィクトリアで、なんでじぶんのは、彼らのような音が、でないんや????!!!、、と、ひたすら楽器のせいにしてました。


DIAPASON ってもしかして  投稿者:tachinonメール  投稿日:2010年 7月22日(木)21時58分5秒
こだわりピアノを造っていた、日本のDIAPASONでしょうか。むかし、NHKのTVでDIAOPASONのピアノの工場が紹介されていたのを覚えています。足踏みオルガンを作っていた様で
最近そのオルガンの内部を覗く機会があつたのですが、「MADE IN GERMANY」の「HARMOLA」(もしかしてヴェルトマイスター?と同じ工場?)のリードを使っていましたが、・・・もしかして、そのDIAPASONがアコも作っていたのでしようか?それともどこかにOEMなのか、・・・・興味深いところです。ちなみに、私の知り合いの方が今でもDIAPASONの代理店の看板を出していますよ。

【その次のページに行くと。。。】

おそらくたぶん、イタリア製だったとおもいます  投稿者:pくん  投稿日:2010年 7月22日(木)22時35分8秒
が、なにもかも不明。
誰か、しってるひといますかねえ?実際当時、彼以外に、そのdiapason弾いてるひとは、どこにもいなかった。

fisarmonica ウィキで調べると、ある程度の、メーカーの、始まりと、閉店時期が、のってますが、このdiapason は、のってない。
僕も、その、彼が、弾いてるとき、たしか日本のピアノ屋さんにもディアパソンとユーのが、あったよなあ、と、おもったんで、いまでも、おぼえてるんです。




Harmona  投稿者:川井 浩メール  投稿日:2010年 7月23日(金)00時01分47秒
「Made in Germany」は「Harmona」社に間違いないと思います。 Weltmeisterを製造しているメーカーです。 Reedも自製していると聞いています。


日本のDIAPASONはアコを作っていません。  投稿者:とよさんメール  投稿日:2010年 7月23日(金)00時22分26秒
初代DIAPASON ピアノは大橋ピアノの名工、大橋幡岩(はりいわ)氏が作ったブランドの一つですが、
当時の大橋ピアノは解散して、現在はkawai(浜松)に吸収され、販社として(株)ディアパソンの名前を残しているだけです。
DIAPASONピアノの製造はkawai工場ですが、kawaiブランドとは異なる設計思想で作られています。
http://www.diapason.co.jp/history/


以上です。

なんで、私がHarmonaの話をしているのかわかりませんが、Diapason談義でした。

たしかに、前述のようにScottlandのアコ奏者もDiapasonを調律して、娘さんの作曲した曲を弾いているのを披露したりしているので、国産PianoメーカーだったDiapasonとは関係ないかもね。

ということで、いまだにそのサウンドは、「80の爺」様のハートをわしづかみにしているということですから、当時の吉川肇さん自身が惚れこんでいた、というのも良くわかります。
私が、聴いても、特に、後追い三味線の時の伴奏のレジスタは、どこか、尺八の音色を思い起こさせる、むせび泣くような、それでいて、奥深い、何とも言えないサウンドですね。
これは、当時のこのDiapasonの素敵な音色だったのでしょう。

あ、それはそうと、そんな情報もころがっているこの掲示板ですから、なんとか、保存したいと思います。 私のそんな希望も、ややあぶなっかしいので、ここぞという情報は、ぜひ、皆様ご自身でコピーして保存しておくのもよろしいかと存じます。 がんばりますけど。

あと、読み返してみると、皆様の書き込みが面白いわー。 いろいろと勉強をさせていただいていたことが良くわかります。 改めて感謝申し上げます。 
 
 

掲示板の保存方法

 投稿者:ATSUO  投稿日:2022年 3月 7日(月)21時22分9秒
  うろ覚えですが、下位のディレクトリも含めて全ての情報を保存するようなフリーソフトがあったような気がします。

適当な時期に一度外部ディスク等に保存しておくと良いかもしれません。
 

掲示板の書き込みデータの転送は不可能とのこと

 投稿者:川井 浩  投稿日:2022年 3月 7日(月)21時06分7秒
  なんというサービス! 掲示板のこれまでのご投稿の写真や、書き込みなどのデータを一括してほかのサービスに移転させるというサービスはしていません。 以上。
というGMOからの回答でした。 なんとも、やるせない回答です。
どうしても保存したい場合は、ページごとにコピーをするという具合になるらしいので、それは、申し訳ありませんが、私にもできません。

もしも、なにか、コピーをしておきたい書き込みや写真などがある場合は、ページごとにコピーを取って、保存することはできるようですが、以下が、GMOからの回答です:

「teacup.レンタル掲示板では、過去ログを作成するための機能といったものは設けていませんが、
一般的なWebブラウザの仕様では、 表示されているページの内容をお使いのパソコン内に
保存するための機能が用意されております。

たとえば、Microsoft edge、 Google chromeいずれの場合も
右クリック→「名前を付けて保存」を選択していただくことでページの保存が可能です。

また、teacup.では、発言ログファイルの送付サービスは実施していません。
ご了承の上でご利用ください。」

そして、これからどうしていくのか、ということがありますが、それは、別途、検討してあらためて、8月1日までに、こちらでご紹介をしたいと思います。

ということで、もしも、過去の投稿などで取っておきたいものがあれば、上記の方法で、コピーをお願いします。

情けない気持ち。。。 まぁ、前を向いていきましょう。
 

掲示板終了通知!!!

 投稿者:川井 浩  投稿日:2022年 3月 7日(月)19時17分8秒
  え”~、本当ですか!!! tachinon様、情報ありがとうございます。
それは残念、というか、ちょっと、ひどい! やめてー!
どうしたらいいのか、頭真っ白です。
ご投稿いただいた皆様にも合わす顔もありません。
データの保存とか。。。 冗談抜きに、急に襲われたウクライナの気分です。
 

掲示板終了通知がでてますが。

 投稿者:tachinon  投稿日:2022年 3月 7日(月)13時21分4秒
  最近ご無沙汰気味のtachinon爺です。
私も使っているこのteacupの掲示板、あと半年?2022年8月1日で終了との事ですが、どういたしましょう。良い方法があったら、教えていいだきたいと思います。
この掲示板かなり長く続いており、貴重な情報がいっぱい詰まっています。
消えてなくなってしまうのなら、以前のものをtextにして保存したいとも思うけれど・・・
 

アコーデオンは伴奏楽器か?

 投稿者:80 の爺  投稿日:2022年 3月 6日(日)15時01分39秒
  アコーデオンの音色について早々のコメントありがとうございました。歌の伴奏はオーケストラやカラオケCD でなく、アコーデオン伴奏が人々の心に届く楽器だと信じて 数だけが増えてしまいました83 歳の爺です。
昔から、安物買えの銭失う 早くこの掲示板の主宰者やファンの皆さんの事がわかったらと残念です、人々の心に何かお伝えるには アコーデオンにそれ相応の価値を認めませんと___、
 歌とアコーデオン伴奏だけのCD 等 ありましたら、どなたかお尋ね致します。懐メロで、
 

Jimmy Shand - Melodeon Solo

 投稿者:川井 浩  投稿日:2022年 3月 5日(土)22時49分7秒
  スコットランドのレジェンド、Jimmy Shandのメロディオン(2列ボタンのダイアトニックアコ)の演奏。 さすがレジェンド。

 

Diapason accordion

 投稿者:川井 浩  投稿日:2022年 3月 5日(土)22時47分14秒
  Diapason というアコーディオンをスコットランドのGordon PattulloがTuningしたというビデオがありました。 チャンバー無しのMMML、ミュゼットチューニングでした。 ミュゼットというより、ショッティッシュサウンドに近いと思われます。
もちろんアコーディオンはチューニングで音色は大きく変化します。 グリルデザインが吉川肇さんのアコとは、ちょっとことなりますが、同じモデルだとしたら、吉川肇さんのアコも、チャンバー無しのMMMLだったのかもしれませんが、後追い三味線の音色はチャンバーのMのように聴こえました。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1998770670272005&id=217463432054488&_rdr
 

DIAPASONアコーディオン

 投稿者:川井 浩  投稿日:2022年 3月 5日(土)21時49分32秒
  画面が当時のテレビかビデオのアナログ画像のダビングのせいか、あまり鮮明でないため、細かな情報をこのアコーディオンから得ることは難しいのですが、まずは、DIAPASONというブランドのアコーディオンは、私は初めて見ました。 DIAPASONというブランドのピアノのメーカーが日本にあり、知る人ぞ知るいいピアノらしいので、かつてアコーディオン全盛の時代に、おそらく、イタリアのメーカーからのOEM供給を受けて、DIAPASONプランドで販売をされたものなのではないかと推測します。

で、おそらく、そのアコは、MMML、ハンドメード、LMチャンバーのアコーディオンではなかったか、と推測されます。


涙の渡り鳥では、MMないし、MMMで、明るくさわやかなビブラートのサウンドで演奏し、後追い三味線では、ビブラートゼロの、むせび泣くような、こもった音色のチャンバーのMの単音で伴奏をしているように聴こえます。

ただ、スタジオでプロが演奏するものは、音響効果を最大限に出すために、音は相当「作られる」場合が多いようなので、生の音がどの程度なのかは、わかりません。

私の耳には、上記のように、後追い三味線ではチャンバーのMの音色で深みのあるサウンドを演出し、涙の渡り鳥のほうでは、MMないし、MMMでさわやかなサウンドでさらりと伴奏をしている感じを受けます。

どちらのサウンドもそれぞれ味わいがあってよろしいと存じます。 やはり、ベースとなっているアコーディオンはグレードはそれなりに高いものをご使用になられていたものと推測されますので、そのような高級なアコで演奏をすれば、どのレジスタを使っても、それぞれ、それなりの味わいがあり、素晴らしい音色になります。

商売っ気を出して申し上げれば、私のところにはそんなアコがたくさんありますので、ご興味があれば、ぜひ、千葉県柏市のアコの花園へお越しください。

歌謡曲はあまり弾かない私ですが、ちょっと耳コピで演奏をしたくなってきました。
 

涙の渡り鳥 中村美律子

 投稿者:川井 浩  投稿日:2022年 3月 5日(土)21時33分26秒
  おなじ吉川肇さんの、見たところ、同じアコーディオンの音色ですが、後追い三味線の時のサウンドと異なるサウンドであることにお気づきになりますでしょうか?

涙の渡り鳥 中村美律子 Nakamura Mitsuko
 

レンタル掲示板
/540