teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. アコのさまざまな音色について(140)
  2. Steirische Harmonika(101)
  3. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(65)
  4. ボタンかピアノか?(166)
  5. アコーディオン紹介(330)
  6. オカルト小噺スレッド(90)
  7. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(180)
  8. アコ上達のヒント(636)
  9. アコ・スマートコーチ(1)
  10. アコで弾いてみたい曲(10)
  11. アコアイドルへの道(229)
  12. お気に入りYou Tube映像(325)
  13. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(433)
  14. アコーディオンサークル紹介コーナー(76)
  15. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(247)
  16. アコde歌伴(140)
  17. 音楽の授業(98)
  18. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(134)
  19. アコラッピング(31)
  20. アコ演奏に欠かせないアイテム(113)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


コロナ禍

 投稿者:藤田  投稿日:2020年 7月 5日(日)03時05分4秒
  未知のInfluenzaに対応するために開発された『アビガン』の開発者、白木教授の論文に掲載されていた内容ですが、風邪、Influenzaのような感染症の場合、感染者の呼吸した『息』の中に大量のウイルスが含まれていると。そのウイルスの大きさは『1μm』という目に見えない最小単位。

部屋が乾燥した状態であれば、感染者が息を吐き出した瞬間にウイルスは『乾燥して死んでしまう』そうで問題はないはずなのですが、日本の場合は冬季には『加湿器』を使って喉に潤いを与えるように環境設定されております。これが結果として裏目になり、コロナウイルスは乾燥死することなく空気中を漂うことが可能になります。対人距離2メートルを越えて数メートル先まで到達すると。

密閉空間+加湿器という好条件が揃ったとき、コロナウイルスは部屋の中で猛威を振るうことができるわけです。この間、手を洗う、うがいする、社会的距離を維持するなどと感染症対策の説明がありましたが、私は、それはほぼ意味のない対策だっただろうと判断しています。寧ろ『密閉空間の中で、感染者が吐き出すコロナウイルスを吸わないこと』=Aerosol感染を、阻止することが命を護る防御手段だと考えております。

北海道では『昼間からカラオケ』をするのがストレス解消ということで人気があるとのことですが、残念、この『昼からカラオケ』でコロナウイルス感染し、死亡者が発生しています。密閉空間であるカラオケ部屋の中にコロナウイルスに感染した感染者が居たはずで、その感染者が吐き出す息が部屋の中に充満してしまい、それに気が付かずに吸い込み発症したと私は見ています。

石巻市の復興団地で『カラオケを開催したい』という依頼があり、私は『会場の窓はすべて全開にする』『ドアも開放』『換気扇はフル稼働』『エアコンもフル稼働』さえ、室内に空気が滞留しないように助言し、取り組んでもらっている状況です。場合によっては扇風機を利用して室内の空気が窓の外に排出されるよう助言もしております。


手を洗う、うがいする、マスクする。効果が0だというつもりはありませんが、しかし、コロナウイルスに関していえば『Aerosol感染』を意識しない限り効果的対策を講じることは、困難なはずです。現状でBetterだと言えるのは『屋外で』歌声喫茶+アコーディオン演奏を楽しむことかな?と考えております。室内で開催する場合は、室内の空気が滞留せずどんどん室外に排出されるような工夫が絶対に、必要な時期かと思います(今は)。

コロナウイルスには特徴があり、感染者の潜伏期間は平均すると5日程度。発症するまでは感染者自身が感染したことに気が付きません。周囲も、見抜くことができません。感染者は潜伏期間中に『呼気=コロナウイルス』を大量に吐き出しているわけです。そしてそれが『室内』であれば、Aerosol感染となりますから、複数の人を感染させることになります。最近、『以前のような』生活様式に舞い戻ってしまった人が非常に多く、不特定多数が『密閉空間』に集まって飲食などを繰り返すようになってしまいました。結果、東京を筆頭に感染者数が増えてきています。

ここからは根拠ない推論ですが、国は『集団免疫獲得』の方針に転換した可能性があります。ロックダウンを継続すれば(日本はゆるいロックダウンですが)、結局、経済不況、倒産リスクが高まり経済的な死を意味する可能性が出てきます。仮に再度のロックダウンを宣言すると『休業補償とワンセット』という批判が生まれます。国はその『休業補償』することが、嫌なのです。集団免疫獲得の方針に転換すれば、休業補償する必要性は消えますし、国民人口の60%程度まで感染すれば(異論はありますが)コロナウイルスの流行は終わると。

今、コロナウイルスワクチンはありませんし、Influenzaのタミフルに相当する薬剤もありません。こんな状況で『集団免疫』方針に転換すれば、死者の数は増えてゆきますし、問題は『50歳以上』の人は、やはり致死率が高い傾向があるという事実です。アコーディオン愛好家ですとか、歌声喫茶が大好きだという方々の年齢は『おそらくは』60歳前後の方が一番多いのではないか?と思うのです。皆んなで集まって、『肩を寄せ合』って歌う歌声喫茶は、最高です。あれこそが歌声喫茶の醍醐味。しかし、今『それをやれば』コロナウイルスで死亡する危険も高い状況にあります。


どうしても『屋内』で歌声喫茶をと言う場合は換気を重視し、室内の空気を屋外に吐き出せる環境の実現が不可欠かなと私は考えているところです。それが困難な場合は、今は気温も上がり寒くありませんので『屋外』で歌声喫茶を開催する、も打開策の一つではないか?と考えています。


石巻市でもコロナウイルス感染者2名発生し、復興団地の責任者らが頭を抱えているような状況にあります。復興団地の自治会の判断次第とはいえ、『歌声喫茶の開催は当面、不許可です(というか一切のイベント開催不可)』と決まった復興団地もあります。






 
 

川井様

 投稿者:藤田  投稿日:2020年 7月 5日(日)02時30分53秒
  本当にあれやこれや、とお世話していただき感謝申し上げます。私は今、出張しており石巻市を離れております。石巻市に戻り次第、川井様にご連絡を差し上げますので、少しお時間ください。  

修理完了しました。

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 7月 3日(金)22時20分32秒
  藤田様、お預かりしたTombo 211修理完了しました。 実は、実際の修理は、私と同じ町に住む、と言っても、一年のうちに、1-2回、3か月の旅行ビザで日本に滞在する、アコ友のオランダ人のWim Vijfwinkel氏に修理を依頼していたのです。 写真は修理後、試奏をするWim Vijfwinkel氏。

彼は、エコエネルギー専門のエンジニアですが、趣味の2列ボタンアコを弾く仲間を日本で探すうちに私と知り合いになったという次第です。 たまたま、コロナで帰国ができなくなり、滞在が長引いていたこともあり、私の依頼でボランティアで修理をしていただきました。

お預かりしたTombo 211は鍵盤を、おそらく、メカのことを全く理解できていない人が、いい加減な修理をしていたようで、鍵盤の裏側は糊付け、そのため、鍵盤が浮き上がり、本来鍵盤のガイドをするところに、ほとんどの鍵盤が当たるため、押しても入らない、あるいは、引っかかるという状態でした。 ベースのリードバルブは経年劣化して、ひどい状態だったため、張替えました。 鍵盤は分解し、正常にしっかりと元通りの形に戻したので、すべての鍵盤で引っ掛かりはなくなりました。 試奏しましたが、本来のさわやかな音色で鳴っています。

週明けに修理したTombo211は都内のお仲間さんのところに発送します。

差し上げる方のもう一台は現在、念のため、いくつかのメンテナンスと調律をしておりますので、といっても、実は、これもWimさんに頼んじゃったのですが、できあがりましたお届けします。 こちらは藤田様宛てに送ればよいでしょうか? こちらは、ベースの数もそこそこあるので、音域も歌声でやる程度であれば、十分だと思いますので、まずは、こちらで、やってみていただいて、その後、それより、音域・ベースの数が必要だ、ということになれば、もう一つ上のサイズを考えればよいと思います。 41鍵・120ベースとなると、11㎏前後になりますが、たとえて申せば、私の場合は、立奏で30分も弾くと、肩に食い込むベルトで神経や血管が圧迫され、両手にしびれが出てきます。 着座して弾いても、やはりアコをしっかりと体につけるため、肩への重圧は、似たようなもので、やはり、しばらくするとしびれてきます。

昔のように、腕を組み、肩を組みあうまではいかなくとも、せめて、肩を寄せ合って歌を歌う、ということがもどってくるのか? 3-4m間隔をあけて、マスクをして、ビニールで仕切ってでないと歌声ができないのか? 気になります。
 

9年の歩み

 投稿者:藤田  投稿日:2020年 7月 3日(金)15時10分45秒
  熊本でも巨大地震が発生し、被害が発生しました。【石巻市復興を考える市民の会】は、現地熊本に飛び調査を行い、支援を開始。仮設住宅設置に併せて【歌声喫茶】を熊本でも開催しようと決意。神戸の歌声喫茶【あかとんぼ】主宰の米村さんに相談し、共同で熊本を支援することにしたのです。

市民の会がコーディネートを担当し、米村【歌声喫茶】を仮設団地で開催する。益城町と熊本市にて、数年、歌声喫茶で【被災地を応援しよう】を合言葉に、支援を行いました


https://youtu.be/ZXkLpqxqIFA

https://youtu.be/whiEwwY05ac

http://qoo-tan.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=11061365

http://qootan-4.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16235232




当会はアコーディオン+歌声喫茶だけでなく、プロのピアニストにも助けていただき、被害甚大地区にてクラシック音楽コンサートを1年、主宰していました。地域が大切にしていた集会所が津波で破壊され、大破。しかしすぐに解体することもできない状況でした。そこで当会の資金で【公民館】(地域集会所として機能)を修理し、地域の人たちが集会所として使えるように整備。当時、地域には集まる場が全くありませんでしたが、大破していたとはいえ公民館を修復できたことでコミュニティーが復活し、地域は活気づくこととなりました。


1年、クラシック音楽のコンサートを主宰したのです。

http://ishinomaki-311.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=6411310

修理した、この公民館にて神戸米村さんに、歌声喫茶も数回開催していただきました。


(この公民館は、その後、津波を阻止する防波堤建設を口実に行政に解体されてしまいました)
 

川井様

 投稿者:藤田  投稿日:2020年 7月 3日(金)14時58分17秒
  いつもありがとうございます。

1)今回修理していただく予定の個体は、修理の結果が芳しく無くても構いません。もともとが壊れた状態で被災地に持ち込まれたものですので、川井様が修理に取り組み、その結果芳しい結果にならずとも全く気にしておりません。ありがたく思っております。深く感謝申し上げます。その個体は、東京在住の当会スタッフの手元で練習用として使われる予定です。



2)川井様からの寄付の提案に、深く感謝申し上げます。チューニングされていて壊れてさえいなければ、古いアコーディオンであっても全く問題ありませんし、非常に助かります。

3)41鍵盤。重さ11kgというアコーディオンがどの程度の【重さ?】なのか、アコーディオン知識の全くない私には想像がつきません。個人的にはベースの音数が多いアコーディオンのほうが、将来的には演奏可能な曲数は増えるような気もしませんが11kgの重さというのは、現時点での私には想像がつきません。でも重いのでしょうね。どの程度の重さなのでしょうか?




実は今、出張しております。石巻市を留守にしております。石巻市に戻り次第、当掲示板に戻ったことを報告いたします。

あれやこれやと、ご支援いただき言葉もありません。当掲示板と、全国の有志の皆様に深く感謝申し上げます



追記

壊れた状態で持ち込まれたアコーディオン個体ですが、【壊れていても使いたい】という仮設団地の被災者たちがおりましたので、無償で譲渡しました。全く音がでない状態ではなく、ごまかして使えばなんとかなると仮設団地の被災者たちが言っておりましたので、こんな状態でもよければということで譲渡したのです。


現在当団体の手元に残ったのは1台のみでして、それを今回、川井様に修理していただくことになったというわけです。


2012年当時であれば当団体に寄せられた寄付金でアコーディオンを購入することは可能だったかもしれませんが、当時はボランティアのアコーディオン演奏家の皆様に、寄りかかったような状態。というか、心の余裕がなくて楽器を調達して音楽的支援を当団体が直接行うという精神的な余裕は、全く無かったのです。精神的にすこし余裕が生まれたと思ったら、今度は団体に資金が全くない、という悲惨さ。

なにをやっても、うまくゆかないものです。


 

実はすでに準備中です。

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 7月 2日(木)22時00分29秒
  藤田様、実は、まだ出来上がっておりませんが、お預かりして修理を使用としているアコーディオンは、なんとか、直そうとしていますが、はっきり申し上げると、相当破損がすすんでいて、どこまで正常にもどるか、やってみないとなんとも言えない状態です。

で、そんなこともあり、演奏の負担にならないような、私の手元にある、小型のアコを、差し上げるつもりで、整備中でした。 1-2週間以内にはお届けできると思います。

41鍵盤の大型のものもありますが、もし大型のものでもよければ、それでもかまわないのですが、11㎏前後になると、さすがに、重すぎるのではないかと逡巡をしております。
さすがに、年式や外観については、目をつぶっていただくように、お願いをしないといけませんが、少なくとも正常に演奏ができるような状態でお届けする予定ですので、お楽しみに。

他の方からのプレゼントもあるかもしれませんが、2台、3台集まれば、アコの伴奏者がそれぞれ持ち歌を分けて練習したり、合奏すればさらに盛り上がるかもしれませんね。

また、逆に、他に「壊れているアコーディオン」というものがどの程度のものかわかりませんが、拝見できれば、使用可能な程度に戻るものもあるかもしれません。 送料がかかるとは思いますが、よろしければ、拝見して、できるものは修理のボランティアをさせていただきます。

通常のビジネスとしては、やはり、手間暇かけて治した挙句、かけた手間暇分のお金が戻ってこない、あるいは、同じお金をかけるなら、別のものに買いなおした方が良い、という判断は当然すべきだと思いますし、ビジネスとしては、私の考えに変わりはありませんが、自分として、できるところまでは、ボランティアの精神でお手伝いをさせていただきたいと考えております。

まずは、もし、「壊れているアコ」というものがどのようなモデルなのかを拝見したいので、写真を撮っていただいて、お送りください。 また、症状がある程度わかれば、記述していただければありがたく存じます。




 
 

実はお願いがありまして

 投稿者:貧乏人その1  投稿日:2020年 7月 2日(木)04時36分35秒
  無理なお願いをするつもりはありません。可能であれば、ということなのですが。

調律されており、かつ【壊れていない】アコーディオンを我々ボランティア団体に1台、寄付してくださる方を探しております。古いアコーディオンでも全く構いませんが、壊れていないアコーディオンを希望しております。2011年の震災以降、複数台アコーディオンの寄付がありました。折角寄付していただいたアコーディオンだったのですが、すべて壊れていたのです。ギターであれば多少壊れていても修理は可能なのですが、アコーディオンの場合は私は全く知識がありませんので、素人修理さえできません。


困り果て、KAWAI楽器さんに相談したこともあります。しかし宮城県ではアコーディオンの修理ができる職人さんは、おりません。KAWAIさんも当団体が所有しているアコーディオンを見て一言【買った方が良いと思いますよ】と。

震災当時であれば当団体にも寄付金を寄せてくださる支援者の方もおりました。集まった寄付金は活動資金として使ったのですが、全国からの支援といっても2013年頃からは急ブレーキが掛かったかのように寄付は無くなり、団体活動費を捻り出すこともままなりませんでした。震災から9年が経過しますとボランティアさんそのものが石巻市に集まりません。まして寄付金など期待することも不可能です。当団体に資金が無いので、アコーディオンを購入する余力が、もう無いのです。情けない話ですが。


無理なお願いをするつもりは、全くないのです。ただ、使っていないアコーディオンがあり、調律されていて壊れていなければ(つまり歌声喫茶で、すぐにでも使える状態のアコーディオンであれば)、古い機種であっても構いません。当団体に1台、アコーディオンを寄付していただけたらなあと思います。


それにしても?

私どものボランティア団体スタッフも、それから私もアコーディオンを弾いたことがありませんし、アコーディオンに関する知識が全くありませんでした。ですから震災後、県外から駆けつけてくださったボランティアさんらが【このアコーディオンを是非、使ってください】と寄付してくださったことに、深く感謝していたのです。寄付していただいた直後は、瓦礫処理などに追われてアコーディオンを触る余裕は全くありませんでした。しかし、少し余裕が生まれた頃、アコーディオンに触れて音を出してみるものの【なにか変だな?】と素人でも分かります。私はギターは多少演奏できますので、なにかがおかしい?とは感じていたのです。KAWAI楽器さんと交流ができたこともあり、寄付していただいたアコーディオン数台を見てもらうと【全部、壊れてます】と言うのです。

KAWAIさんは【勿論、修理しようと思えば修理はできます。しかし修理費は高額です。こんな古いアコーディオンに大金を掛けて修理するくらいであれば、新しいトンボのアコーディオンを買うべきだと考えます】と指摘され、困り果て9年の時間が過ぎてしまったのです。


寄付しても良いと言ってくださる方がおられましたら、お声を掛けていただければと思います

当団体は【石巻市復興を考える市民の会】

私は代表の藤田利彦と申します。

 

川井様

 投稿者:貧乏人その1  投稿日:2020年 6月29日(月)00時39分9秒
  お仲間の方からは御連絡をいただき、明日発送をしていただけるようです。せめて、アコの修理で協力をさせてください。


深く感謝申し上げます。震災から9年が経過。被災地は3月11日にのみ『マスコミ報道』で特集される対象=風化、になりました。支援の熱もすっかりと冷めた状況ですが、このような形でご支援を頂き、感謝しております。


ありがとうございます、川井様、そして当掲示板の皆様。
 

暗澹たる気持ちになります

 投稿者:川井 浩  投稿日:2020年 6月28日(日)23時09分3秒
  死人からものを奪う、被災受けた家や店からものを盗む、人として、絶対に許せない、恥ずべき行為です。 最後の審判の時には、それ相応の罰を受けてもらいたいものです。 できれば、生きているうちに十分な処罰を受けてもらいたい。

残念ながら、いるんですよね、このようにモラルのかけらもない人。 悲しいことですが。

そのまま、水戸黄門か、遠山の金さん、あるいは、スーパーマンの悪役として出演してもらいたい。

お仲間の方からは御連絡をいただき、明日発送をしていただけるようです。せめて、アコの修理で協力をさせてください。

 

オルガンサロンNOEL

 投稿者:貧乏人その1  投稿日:2020年 6月28日(日)18時03分26秒
  震災当時の石巻でいいますと。


津波が去ったあと、路上には遺体が散乱しており、また車の中に閉じ込められた状態で溺死されていたご遺体もありました。あの当時、地域には警察が存在しておりません。夜陰に乗じて【ご遺体】から財布を抜き取った悪人がおります。また車のガラス窓を壊し、遺体の側に落ちているハンドバックの類から現金などを盗み取った悪人もおります(私もそれら犯罪行為を把握しております)。また、私自身も自宅から、あれこれと盗まれております。

震災当時、コンビニに押し入り(コンビニは無人になっています)レジを破壊して現金を盗んだ悪人もおりまして、コンビニ店のオーナー様から私は直接、被害を聴いております。某地方銀行は危険を察知して、金庫を溶接してしまいました。

生きるか死ぬかの極限の状況において、【他人様から金を盗む】発想が湯水の如く湧いていた悪党も居たんですね。信じがたいことですが。まして【ご遺体】から金品を抜き取るだの、【人】のすることなんでしょうか?




人間というのは【どのような生き方】もできます。ペシャワール会の中村哲さんのような生き方だって、志さえあればできます。その逆に、ご遺体から金品を抜き取ることを選択することもできます。人は自由意志に基づいて、あらゆる可能性を選択できるのです。

【清く正しく美しく】という、生き方だって【自分がそう決めれば】できるはずなのですが。


貧乏は最高です。そして貧乏は耐えることができます。貧乏は罪ではありませんし、恥ずかしいことでもありません。単純に【金を持ってない】というだけのこと。


でも心が【貧しい】ことは、実は相当に恥ずかしいことじゃないかと思います。


皆が集まって【楽しく歌】を歌い、アコーディオン演奏を楽しむ

心を浄化する、良い方法です

 

レンタル掲示板
/517