teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. アコーディオン演奏を紹介しましょう。(245)
  2. アコーディオンの保守、管理、不具合、調整、補修、修理(402)
  3. アコーディオン紹介(286)
  4. アコラッピング(31)
  5. アコ演奏に欠かせないアイテム(113)
  6. アコーディオンサークル紹介コーナー(57)
  7. Steirische Harmonika(59)
  8. なんでも575、なんでも57577、なんでもポエム(172)
  9. アコで弾いてみたい曲(7)
  10. アコde歌伴(137)
  11. アコ上達のヒント(633)
  12. お気に入りYou Tube映像(312)
  13. アコーディオンを聴ける店、アコーディオンが聴ける場所(62)
  14. ボタンかピアノか?(165)
  15. アコde音楽会・演奏会のお知らせ(133)
  16. アコのさまざまな音色について(137)
  17. アコ・スマートコーチ(1)
  18. アコーディン教室(1)
  19. 音楽の授業(97)
  20. アコーディオン川柳(391)
スレッド一覧(全24)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


パスピエ様、ようこそ!

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年 7月30日(月)08時34分59秒
  パスピエ様、ようこそこの掲示板へ! ピアノが弾けないことを言い訳に、するわけでは無いのですが、詳しくご存知の方がいらっしゃると思うので、ご存知の方に、ピアノを弾く方にご理解をいただくような回答をいただければ幸甚です。

私が理解して居る限りでは、ベース側の構造、すなわち、ベースブロックの数によって、2オクターブ、3オクターブ、ないし、2.5オクターブ、さらには4オクターブなどの音域を分担してカバーするリードが組み込まれていて、オクターブごとに低音、中音、高音のパートなどを受け持つわけですが、一番下の音は、通常は、低音のCのさらに下のGの音であることが多いように思われますが、場合によっては、メーカーに特注で変更することも可能です。 あまり音を下げてしまうと、重量が増えたり、音の立ち上がりに遅れがでたり、という影響があります。
ベースも、ヘリコンベースと呼ばれる重低音の出るベースの場合は、さらに1オクターブ低く設定をされているようです。

Cメジャーとは、私は、普通はドミソのことかなと思っていましたが、改めて一つ一つの音を測定したことはないので、そう思っているだけですが。。。 もっとも、低音リードブロックの最低音がGである場合は、Cメジャーの低音部は、ミとソが、低音リードブロックの高いほうのミとソであることが想定されますね。つまり、ドミソのソの音が1オクターブ低い一番低い音になるのかな? と思われますが、違っているのかもしれません。 特別に、最低音をミにしてほしいというような、ご要望をいただく場合もあるので、その辺の音の組み合わせに場合によっては違和感を持たれる場合もあるせいかな? とも思われます。

私としてはその辺までしかわかりませんし、どこかに勘違いがあるかもしれませんので、どなたか助太刀をお願いします。




 
 

質問です

 投稿者:パスピエ  投稿日:2018年 7月29日(日)17時14分48秒
  初めて質問いたします。最近、アコに興味を持った者です。どなたか回答いただけたら幸いです。

アコーディオンの左手のコードボタンについて質問です
左手のコードのボタンは、Cメジャーのボタンを中心に、顎側に向かってC→G→Dのように「五度圏」、膝側に向かってC→F→B♭のように「四度圏」で並んでいることは分かりました。質問は、

1.一番下の音(根音)は何が鳴るのか
2.Cメジャーの和音は、楽譜で表せばどの音域なのか

私はピアノを弾くので気になります。他にも知りたいことはあるのですが、とりあえずこの2点が知りたいです。詳しい方に回答いただけたら幸いです。
 

ベリーダンスとアコーディオン

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年 7月29日(日)00時29分47秒
  ベリーダンスの伴奏にはアコーディオンと小太鼓が多用されている。 結構ダイナミックな奏法で踊りの伴奏としても存在感がありますね。 で、踊りも素敵だし、総合芸術と呼んでもいいとおもいます。 オリンピックの競技に加えてほしいぐらいだけど、そうなるとスケート競技のように味気ないものになりかねないので、むしろ入れてほしくない。

https://www.youtube.com/watch?v=W_2XHlsY4fg

https://www.youtube.com/watch?v=391wIDGwR5M&start_radio=1&list=RD391wIDGwR5M

https://www.youtube.com/watch?v=L9V80c_BxzU

https://www.youtube.com/watch?v=yezCLKyeBzg

https://www.youtube.com/watch?v=nfzvfskj8Js

https://www.youtube.com/watch?v=rfe9_-PjcPQ





 

V Dolini Tihi

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年 7月18日(水)19時07分31秒
  T.Tanakaさん、ご投稿ありがとうございます。 ご紹介いただいたWeb PageにLinkしなかったので、頭のhttp://をとって下記のようにしたらLinkしました。

https://www.youtube.com/watch?v=j2O5LuPltUg

V Dolini TihiとNa Golici(ドイツ名Trompetenecho)。 ロイゼ・スラカとSlavko Avsenikの名曲だ。 ともにSlovenjaの第二の国歌といってもいいのではないかという気がする。 これだけの人に愛されているアコーディオンやSteirische Harmonikaの曲があるなんて素晴らしい!

 

V Dolini Tihi

 投稿者:T.Tanaka  投稿日:2018年 7月18日(水)14時49分10秒
  日本ではあり得ない光景です。羨ましい。

http://https://www.youtube.com/watch?v=j2O5LuPltUg

 

大分のMさんへ

 投稿者:オルガンサロン  投稿日:2018年 6月25日(月)08時47分17秒
  いつもお励ましあありがとうございます。一週間何度も放映されるようですが、オルガンのペダルの踏み方も足のリハビリ中の状態でお恥ずかしい限りでした。
アコは津軽のふるさとのほんのさわりだけでしたがいつになく真面目な表情で映っていました。
 またのおいでをお待ちしていますね。

http://www1.hita-net.jp/~one-well/

 

オルガンサロンさま

 投稿者:大分のM  投稿日:2018年 6月24日(日)18時41分19秒
  テレビ出演おめでとうございます!
同じ大分県なのに観られないのが残念です。
 

ケーブルテレビに放映されました

 投稿者:オルガンサロン  投稿日:2018年 6月23日(土)10時02分25秒
  大分県日田市水郷テレビにオルンサロンNOELが紹介されました。前日にこられて翌日の取材でした。入院退院後間もない時期でオルガンもアコも弾けなかったのでとても不安があったのでした。
リードオルガンについての取材が主でしたが、最後にアコもちょっと弾き、リード楽器の素晴らしさをお伝えできたかなと思います。
ブランドーニもしっかりと映っていました。ケーブルテレビなのがちょっと残念でした。

http://www1.hita-net.jp/~one-well/

 

大塚雄一さんのストリートライブ

 投稿者:川井 浩  投稿日:2018年 6月 5日(火)06時34分55秒
  ご存知、大塚雄一さんが5月21日、柏のTサイトでのフリーマーケットで招待演奏をなさっていました。 お久しぶりにお目にかかる風貌はおひげが立派になり、軽妙な演奏と会話で道行く人との音楽談義を楽しんでいるご様子でした。

ご使用中のボタンアコはかつて私のところでお求めいただいた軽量・コンパクトなBorsiniのモデルで、お宅に数台ある大型のアコよりも、出番が一番多いとのお話でした。 大型のモデルは音がいいが、やはり長時間の立奏はつらいとのことで、移動・立奏が多い大塚さんとしては、どうしても小型・軽量のモデルの出番が増えるとのことです。

聴いていただいていたお客さんも懐かしい、親しみやすいトレモロの聴いた軽い音色で軽快に演奏する大塚さんの演奏を堪能している様子でした。

当日は、風もなく、暑いぐらいの晴天で、屋外でアコを弾くには絶好の日よりでしたが、残念なことに国道16号線に面している会場は、車の走行音がうるさく、また、フリーマーケットの主催者が流すBackground Musicの音が大きく、せっかくのアコーディオンの音色がかき消されそうになりがちでしたが、逆にその分、お客さんがアコを演奏する大塚さんにかなり近いところまで寄ってきて聴いてもらえるので、そこに会話が生まれる、というメリットもあったようです。

やはり、アコーディオンを弾く場合は、遠く離れた舞台の上で、マイクを通して演奏するよりは、聴く人の輪の中に入って、音楽を通した気分の共有、会話を通したコミュニケーション、一緒に口ずさむ歌声が聞こえる距離感、そんなものが大事だなぁ、と改めて感じた次第です。


http://JP

 

大分のMさん ありがとうございました

 投稿者:オルガンサロン  投稿日:2018年 6月 3日(日)14時16分6秒
  久しぶりにアコーディオンのお話ができるお客様そして大分のMさんと音楽談義などできて楽しかったですね。
 アコの話も今回の車の話もお聴きするとなんてラッキーなお方なのでしょう。(いいな~)
今度おいでの時はぜひデュオの演奏をお聴きしたいです。お待ちしています~。

http://www1.hita-net.jp/~one-well/

 

レンタル掲示板
/495